猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~ ジャクソンギャラクシーさん

引用:https://tonarineko.com/post-2627

みなさまこんにちは、動物関連の番組がウリの、アニマルプラネットの海外ドキュメンタリー(リアリティーショー)から、今回は人気長寿番組の「猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~」(My cat from hell)を紹介したいと思います。

有料ケーブルテレビの「アニマルプラネット」の番組なので、基本的に視聴にはお金がかかるのですが、
「猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~」動画を無料視聴する方法もご紹介していきます!
海外ドキュメントやリアリティーショーは、非日常感とリアルさ、アメリカ特有のノリがあって面白いですよ!

Hulu

「猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~」ってどんな番組?

猫ヘルパーの主人公、ジャクソン・ギャラクシーさんは、「猫のしつけ専門家」です。
冒頭写真のように、スキンヘッドに巨大なピアス、過激なデザインのヒゲと両腕を覆うタトゥーといういで立ち。
普通に考えて、強面でイカツいおじさんなんですよ。
でもこんな怖そうな人が実は猫のしつけ専門家だというギャップがまず面白いですね。

このジャクソンギャラクシーさんが、ペットの猫のしつけに悩むクライアント宅を訪問し、猫をしつけ、飼い主一家も猫もみんながハッピーになる!という番組です。
猫を飼っている方なら勉強になる部分もありますよ。

ジャクソンギャラクシーさんは、ピンクキャデラックでクライアント宅に登場し、猫の目がデザインされたギターケースを持ってきます。
ギターケースの中には、各種猫用の猫じゃらしや猫用の玩具などが入っています。
強面の大男が派手な車でドドーンと現れるのに、猫のしつけのプロであるところが、もうアメリカ的というかなんというか。
猫に見せる優しさからもキュンとさせられます。

飼い主たちの悩みとしては

  • 猫が飼い主一家の特定の人にだけ過剰に攻撃する
  • 猫が飼い主、訪問者問わず過剰に攻撃する
  • 猫が家じゅうそこら中で場所を問わず糞尿をまき散らし、家がめちゃめちゃになる
  • 猫が一緒に飼われている他の猫に執拗に攻撃し、やられている猫の生活が脅かされている
  • 猫が家財道具を引っかいたり破壊する

など様々。

家がめちゃめちゃにされる飼い主や、自分だけ異常に猫から攻撃されるという飼い主は、猫を手放したいとか捨てたいなど、深刻に悩んでいます。
ジャクソン・ギャラクシーさんは「悪い猫はいない。何か原因があるので、解決すれば猫も飼い主も幸せになる」と考えており、猫に引っかかれて流血したりしながら観察、距離を縮めていき、原因を突き止めて対処法を飼い主一家に教えます。

飼い主一家は、時に解決法として与えられたノルマをこなしながら、時に動物病院での解決策も取りながら、次回ジャクソンギャラクシーさんの訪問時に猫がどうなっているか、どう変わったかを調査します。
だいたいの場合、猫は劇的に変わります。
難しい猫のしつけも、ジャクソンギャラクシーさんのアドバイスを実践すると驚くほどうまくいってしまうのです。

猫は言葉を話せないので、猫自信が恐怖やストレスを感じていても飼い主が気づけない事があるのです。
部屋の間取りだったり、猫専用スペースだったり、もちろん単純に病変があって動物病院で解決するようなこともあります。
人間の主観、人間の快適さを優先して作られた人間と猫の共同生活では、猫だけ一方的にストレスを感じてしまう事も多々あるのです。

ジャクソン・ギャラクシー全て解決した後には、猫も非常に穏やかで幸せそうにしており、飼い主一家も平穏な日常を取り戻せています。

ジャクソン・ギャラクシーさんの半生について

かなり個性的な猫ヘルパーのジャクソン・ギャラクシーさんですが、激動の半生を送ってこられました。
元々、貧困環境に育ち、重度の薬物依存症だったジャクソンギャラクシーさんは、過食症なども抱え、明日の見えない生き方をしていました。
アメリカでも、全身に露出するレベルのタトゥーをする人は基本的にアウトローが多いようで、ホワイトカラーの職では基本的にあのレベルのタトゥーは見当たりません。
ジャクソンギャラクシーさんもやはり、過去は荒んでいたわけです。
依存症との闘いと貧困の中、藁にもすがる思いで「嘘の経歴書履歴書」で仕事を見つける事ができました。
その仕事は動物保護施設です。

そこで見たものは、人間の都合で殺処分されていく罪のない動物たち。里親が見つからず安楽死を担当する事もあったようです。
自信も依存症と戦っているが、猫たちが不都合に殺されていくのも見ていられず、里親が見つからない猫をどうにかしたいという思いが出てきます。
里親を見つける為には、上手くしつける事。
問題行動の多い猫を鎮静化させてあげる事。

職場でも問題のある猫のしつけに奔走し、自宅でも引き取った猫のしつけに試行錯誤しているうちに、猫のしつけのノウハウが積みあがってきたのです。
荒れ果てた生活から、他の誰かのためになる生き方への変化に喜びを覚えたジャクソンギャラクシーさんは、そこから猫のしつけ専門家になるのです。

現在も、猫ヘルパーの経験を活かして非営利団体の委員長を務めたり保護団体などと提携したりして、猫を守る活動を精力的に行っておられます。

ジャクソンギャラクシーさん 著書

ぼくが猫の行動専門家になれた理由 ジャクソン・ギャラクシー著

感想(3件)

ジャクソンギャラクシーさんは著書も出されています。
こちらは、猫のしつけハウツー本というよりは、ジャクソンギャラクシーさんの半生や考え方などのファンブック的な立ち位置です。
しつけのハウツーは、実際の番組の方が実践的ですよ。

猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~の感想

基本的に、人間側に問題がある事がほとんどです。

  • 暴れる猫はフラストレーションがたまっているため、部屋を片付けて動けるようにする。
  • 猫のパーソナルスペースを確保して、自信を喪失させない。
  • キャットタワーを設置して、見渡せるようにして安心させる

などなど、解決方法も色々あるのですが、飼い主自信の行動や価値観、生活スタイルを上手く矯正させようとすることもあります。
飼い主が支配的な場合、猫もノビノビできないからです。
まあ、そもそもペットとの同居に向いていない嗜好の方もいますからね。。

また、飼い主が猫への愛情のあまり、ピザやドーナツなど血糖値を上げるものばかり与えて、
猫の本能である肉系の食事や狩りの本能を刺激しない、また猫をなでる時に力が強すぎて猫にとっては攻撃されていると勘違いして凶暴化している、など、飼い主の問題が微妙すぎるエピソードもあります。
デリケートな力加減で、できれば素手でかわいがるより玩具で触らずに遊んであげるのが向いている猫もいるらしいのです。

そのあたり、飼い主にも意識改革を求めたり、猫に血まみれにされながらも優しくコミュニケーションを図るジャクソンギャラクシーさんは
見ててホッとしますよ。
もちろん、登場する猫たちもとっても可愛いです。
さすがアメリカ!と言いたくなるような、めっちゃデカいピューマ的な(?)大型猫も出てきます。
そんな怖そうな猫も手なづけてしまう手腕は流石!
というか、猫のしつけの本質って、猫にとっての恐怖やストレスを取り除き、安心させてあげる事なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~ DVDは?無料視聴するには?

猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~は動物好き、特に猫好きにはたまらない番組です。
可愛い猫たちに悩んでいる飼い主たちのその後が気になりますし、飼い主には勉強になる事もあるので、気が付けば何時間も見てしまうでしょう。
シーズン9まであるので、結構なエピソード数です。

日本語吹き替え、字幕つきのDVDは残念ながらありません。
ですので、猫ヘルパーを一気に観たいという方に私が一番おすすめしているのが『Hulu』という動画見放題サービスです!

Huluでは、海外ドキュメント以外にも最新の海外ドラマもDVDが発売される前から見ることが出来ます!
もちろん、映画もバラエティ韓国ドラマもアニメも、様々なジャンルの動画を見ることが出来ます。

また、家にいる間だけでなくスマートフォンやタブレットなどマルチデバイスで視聴することが可能なので、ベッドで寝ながらや通勤時間に電車の中でなど、好きな時に好きな場所で視聴することが出来ます!

しかも、今なら2週間無料お試しキャンペーンも開催されているので、お試し期間中はタダで動画が見放題となるのです!
しかも、お試し期間中はいつでも無料で解約可能です。
気が済むまで数日見るだけでも無料です。
このキャンペーンはいつまで開催されるか分からないので、今のうちに登録しておくことをおすめします!