初めて恋をした日に読む話(はじこい)

引用:https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/

深田恭子さん、横浜流星さん主演のドラマ、初めて恋をした日に読む話(はじこい) 第8話のあらすじです。

出演者やドラマの概要、各キャラの設定などは初めて恋をした日に読む話(はじこい)キャスト、登場人物、主題歌、ロケ地は?原作漫画は?にまとめています。

ネタバレが含まれているので気をつけてくださいね。

はじこい 第8話

授業ノート ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

いろいろなことがありましたが、匡平(横浜流星)の受験勉強は続いています。結局、全教科教えることになった順子(深田恭子)は、またしても数学でつまずいてしまいます。そこへ、牧瀬(高梨臨)が紙袋を持ってやってきました。

牧瀬は、授業ノートを順子に渡しにきたのです。渡してすぐに帰ろうとした牧瀬でしたが順子と匡平が呼び止めました。

順子「やっぱり理数科目は牧瀬さんが教えてくれない?」
匡平「お願いします。」

経歴詐称をしていたけれど、東大合格者を出していた塾講師に間違いはありません。順子の申し出に驚いた表情をしました。ですが、順子の真剣な表情と頭を下げる匡平に、心を動かされたのか理数科目を教えることに承諾しました。

東大受験への味方が増え、順子は心の中で、“追い風になれ”と願いました。

プチ同窓会?! ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

その日の夜、順子は牧瀬とハングリージャングルにいました。2人はある意味いい関係で、世間話をしています。そこへ、雅志(永山絢斗)が合流、さらに美和(安達祐実)も入ってきました。

牧瀬は、今でもずっと雅志のことが好きで順子への対応とは全く違った態度で「私のこと覚えてる?」と出迎えました。しかし、その言葉に反応したのは美和でした。

美和「覚えてるも何も、噂のサバ読み女じゃん!!!」

その場のみんなが凍ってしまいましたが、なぜか山下(中村倫也)も呼ばれ、プチ同窓会が開催されました。
そして、美和の突飛な提案と山下の発言から順子・山下、雅志・牧瀬のペアで、デートすることが決定しました。

その頃、自宅で勉強していた匡平は、リビングから聞こえる父・菖次朗(鶴見辰吾)の怒鳴り声に驚き様子を見に行っていました。

なにやら仕事のことでもめているようです。

匡平「なんかあった?」
菖次朗「何でもないよ。」

すると、匡平は塾のことなど含めて感謝の気持ちを伝えました。その言葉に、初めて「頑張れよ。」と応援してくれました。

模試当日 ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

模試当日ですが、約束したデートの日でもあります。待ち合わせ場所で待っていると山下がバイクで登場します。

順子はバイクにまたがり、山下の腰に手を回しバイクからの景色を眺めます。複雑な気持ちは消えませんが、目的地へと到着しました。ですが、人気の場所で整理券配布が終了し入れず、次の目的地であったカフェも人気店のため満席になっていました。デートプランはあっけなく崩れ、山下は海の見えるところで一旦落ち着くことにしました。

山下「俺はなにをやってんだ…。」

そう落ち込む山下に順子が声をかけました。

順子「バイク乗って外で缶コーヒー飲んで、不良と学校抜け出してるみたいでドキドキする。」

その言葉を聞いて、山下は思わずキスしたくなりますが、順子との約束を思い出し、「ちゅーしていい?」と確認をしました。

一方、雅志と牧瀬のデート先はというと…牧場。雅志のデート先のチョイスに苦笑いしたまま牧瀬は、アイスを食べました。

結局キスはできませんでしたが、雅志たちをよそに山下たちは行き先を決め、楽しい時間を過ごしました。

好きになった? ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

時間になり塾に送ってもらった順子。すると、別れ間際に山下が「ちょっとは俺のこと好きになった?」と聞きます。

順子「…好きになりたいって思ってる。」

順子は自分の気持ちを正直に言ってから塾へと入っていきました。

山下「なりたいと思ってる…か。」

ボソッとつぶやくと、スマホが鳴りました。そこには“優華”と表示されています。

模試の判定 ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

準備中のハングリージャングルに、順子・匡平・牧瀬が集まりました。模試の自己採点をしているのです。その結果…よくてもD判定ということになってしまいました。

順子「ギリギリ逆転狙いなんだから!」

順子は匡平を励ましました。すると「大逆転する確率は?」と匡平が牧瀬に聞きます。少し気まずそうに、それでも少し笑顔で「5割以下だね。」と牧瀬は答えました。

現状と順子が山下とデートをしたというWパンチを食らった匡平。自宅へ帰ると珍しく酔った父が出迎えました。

菖次朗「東大なんてな、行かなくていいぞ。勉強なんてテキトーにしとけばいい。」

この前は、「頑張れよ。」と声をかけてくれた父からは、想像のできない言葉でした。匡平は激怒し、部屋へ行きました。

翌日、匡平は学校にも行かずにカフェで勉強をしていました。見かけた雅志が声をかけます。しかし、塾にも家にもいたくないという匡平。詳しい事情は聞かず雅志は自宅へ連れていくことにしました。

雅志の家で勉強を続けていた匡平は、途中で眠ってしまいます。匡平に毛布をかけると雅志は「俺はたぶん一生安心できるいとこのままだ。」とボソッと言いました。

匡平への接し方 ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

その頃、順子は山下からの電話に出ていました。学校を休んだ匡平を心配して連絡をくれたのです。匡平の話と世間話を終えて部屋に戻ると…そこには雅志が!
匡平を家へ送ったと報告に来ていたのです。「何かあったのか?」と聞かれ心当たりはあるものの、今の匡平にどう接していいかわからないと、相談されてしまいました。雅志は、なんのアドバイスもできないままただ側にいました。

翌日、順子が塾へ出社すると匡平から休みの連絡があったらと伝えられます。電話もつながりません。何があったのか…。

不正疑惑 ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

その頃、匡平は父からの電話を受けていました。電話が切られると側にあったものに怒りをぶつけます。
そこへ、順子からの着信です。出ようとしたものの、家のチャイムが何度も鳴らされます。報道を受けて自宅に押し掛けてきた記者たちでした。

講師室に戻った順子は、驚きのニュースを目にします。大学の設置認可に不正が行われたというものです。不正した官僚の中には菖次郎の名前も入っています。順子は慌てて匡平の自宅へ向かいました。

一方、南高校でも職員たちで緊急会議が行われています。そこで、山下は他の教師から吉川(平泉成)副官房長が入院したことを知らされました。

受験やめます ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

匡平の自宅の前は記者であふれかえり、チャイムが嫌味のように押されています。その様子に「そんなに何度も鳴らさなくてもいいんじゃないですか?」と順子が声をかけました。すると、記者たちの一斉攻撃に合い写真も撮られてしまいます。
そこへ、山下が現れました。順子を記者たちから助けると家のドアが開きました。匡平が門を開け、2人を家へ招きます。

自宅には菖次朗もいました。自宅待機させられているそうです。そんな父に匡平は思い切り怒鳴り散らします。本音をぶつけると匡平は自分の部屋へ行ってしまいました。

2人は匡平を追いかけ部屋に入ります。匡平を何とか説得しようとしたものの、順子の言葉も届かず、匡平は「受験やめるわ。」と一筋の涙を流しながら言いました。

好きな人のために ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

順子から相談を受けた雅志。翌日、西大井(浜中文一)との昼食中にニュースで菖次朗の会見を目にします。午後の仕事は西大井に任せ、雅志は急いで匡平の所へ行きました。
匡平はいつものカフェで勉強をしていまいた。受験をやめるといったものの、自分のために勉強がしたくなったのです。

匡平を連れ出した雅志は、東大の近くにあるカフェへ行きました。そこで、今匡平が考えていることを次々と言葉にしていきます。

匡平「なんで俺にそこまでしてくれるんですか?」

恋のライバルであり、言ってしまえば赤の他人の自分にどうしてそこまで尽くしてくれるのか気になったのです。すると雅志はこう答えました。

雅志「好きな人を悲しませたくないんだよ。」

それぞれが順子のために動きます。それは山下も同じでした。

山下の決断 ~初めて恋をした日に読む話(はじ恋)第8話 あらすじ

雅志からの言葉を受け、次の日から匡平は学校に行きました。エンドー(永田崇人)たちは喜びましたが、山下が学校に来ていません。

教頭から山下のことを聞いた匡平は急いで順子に連絡します。話を聞いた順子は急いで山下のいる場所へと向かいました。

全てを公表するのと交換条件として山下が提示したことは、娘・優華(星野真里)との再婚と吉川の後を継いで議員になることでした。

山下は自分が順子の中で忘れられない男になるのも悪くないと言い、この前のデートで順子への気持ちに諦めがついたと伝えました。そして「幸せになってほしい。初めて好きになった人だから。」と言って、順子の頭を撫でました。

順子「ありがとう山下くん。一生忘れないよ。」

翌日、学校に来た山下に匡平はお礼を言いました。すると山下は「お前はお前のために東大へ合格しろ。」と言ってきました。そして順子を笑顔にさせろ、とも。2人だけの約束をすると笑顔で校舎へと向かいました。

その頃、順子と電話をしていた雅志は上司に呼ばれました。そこで雅志は3年間のロシア行きを告げられてしまいます…。

初めて恋をした日に読む話8話 無料動画見るならU-NEXT

UNEXT