パーフェクトワールド ドラマ版 松坂桃李 山本美月

引用:https://www.ktv.jp/perfectworld/index.html

昨年、三代目JSBの岩田孝則さんが出演し映画化した“パーフェクトワールド”。
フジテレビでドラマ化しました。

ドラマ「パーフェクトワールド」の出演者や登場人物などの基本情報は
パーフェクトワールド(ドラマ)キャスト、登場人物、主題歌、ロケ地は?原作漫画は?にまとめています。

ネタバレが含まれているので気をつけてくださいね。

パーフェクトワールド 第3話

つぐみと樹の初デート?! ~パーフェクトワールド第3話あらすじ

晴れて付き合うことになったつぐみ(山本美月)と樹(松坂桃李)は、ちゃんとしたデートをすることになりました。

場所は江の島。
樹は付き合い始めた記念のプレゼントを用意し、つぐみは場所を選ばずにお昼ご飯を食べれるようにと、手作りお弁当を持っていきました。
以前一緒に出掛けたときとは違い、恋人としての楽しい時間を過ごし、それぞれ用意してきたものも渡します。

樹「うん!似合ってる!それ見つけたとき、絶対川奈に似合うって思ったんだよ!」

すると、つぐみは笑顔のままなぜか泣いてしまいそうになります。

樹「うそ?!ダメだった?!」
つぐみ「ううん。ほんとはちょっと不安だったの。鮎川くん優しいから、もしかしたら私の事突き放せなくて、無理して付き合うことにしたんじゃないかなって。」
樹「無理なんかしてない。」

2人は向き合いながら、「大事にするね。」と言葉を交わしました。
翌日、つぐみは樹の家に遊びに来ています。掃除をしながらGWの予定を決めていきます。2人はGWの後半、一緒に帰省することになりました。

一方、晴人(松村北斗)は誰かと待ち合わせをしているようです。そこへ現れたのはつぐみの妹・しおりでした。
しおりは、つぐみに内緒でレンタル彼女のバイトをしているのです。そのサイトから晴人がしおりを指名したようです。
2人は挨拶を交わすとカフェを出て歩き始めます。

しおり「なんで~?モテるでしょ?」
晴人「全然モテないんだよ。」
しおり「信じらんない!あっ!どっか見えないところに欠陥あるとか?!」

晴人は苦笑いしながらしおりの言葉を交わしました。

その頃、自宅に戻ったつぐみは遊びに来ていた洋貴(瀬戸康史)に樹と付き合うことになったと報告しました。洋貴は、「おめでとう」とつぐみに笑いかけたものの、内心複雑そうです。

帰省 ~パーフェクトワールド第3話あらすじ

帰省当日。樹はつぐみを迎えにマンションまで来ました。と、思いきやしおりも一緒に帰るようです。急に一緒に帰ることになり、つぐみは不機嫌。車内は姉妹ケンカが度々起こりながらも、つぐみたちの実家へとたどり着きました。

つぐみとしおりが車から降りて、樹にお礼をしているとちょうど帰ってきたつぐみの父・元久(松重豊)と遭遇してしまいます。
今回の帰省では、樹と付き合っていることを報告しないと決めていた手前、予想がいな遭遇に3人は慌ててしまいました。
樹は、車から降りずに簡単に挨拶をすると、自宅へと戻っていきます。
元久は、その態度が気に入らなかったようで、眉間にしわを寄せたまま車を見つめていました。

家の中に入ると、元久はつぐみに向かって「あいつ礼儀知らないな~。」とボヤキます。

つぐみ「礼儀正しい人だよ。鮎川くんは。」
元久「どこがだよ!あいつ車から降りもしなかったじゃないか!礼儀正しい人間なら、車から降りてきちんと挨拶するはずだよ。」
つぐみ「簡単にできないの。…車いすだから。」

つぐみは、両親に樹が下半身不随で車いすであると伝えました。そして、今も一級建築士として活躍していると印象を良くしようと話します。…すると、感づいた元久は「付き合ってるんじゃないだろうな?!」と口にします。

つぐみ「付き合ってる。」

つぐみは真剣に付き合っていることを説明し、「人を好きになるのに障害があるとかないとか関係ないよね?!」と父に迫ります。…元久は怒って出ていってしまいました。

同級生同士 ~パーフェクトワールド第3話あらすじ

父との間に溝ができてしまった中、つぐみと樹は地元にいる美姫(水沢エレナ)に呼ばれ近所の公園へとやってきます。
待っていたのは美姫と洋貴。洋貴のあだ名の話や、美姫の新婚生活の話などで盛り上がりますが、樹が思い出したかのようにつぐみの父が怒っていなかったか聞いてきました。

つぐみ「気にしなくていいよ。」

樹は迎えに行ったときこそ、きちんと挨拶をするとつぐみに言いましたが、今のままでは乳を怒らせたままだと思い、「いい!」と思いきり拒否してしまいます。
その場に居づらくなったつぐみは、お手洗いに行くことにしました。

心配した美姫が後を追いかけてきます。2人は、元カノ・今カノとして2人だけで話をすることにしました。つぐみは、両親が交際を反対していることを相談します。すると、美姫は自分の経験を話し始めました。そして、両親を説得することを諦めないでほしいと伝えました。

2人が戻ってくるちょっと前、転がってきたボールを取ろうとした樹が段差につまずいてしまい車いすから落ちてしまいます。
気づいた洋貴は急いで樹の元に駆け寄ると、指示される通り車いすに戻る手伝いをしました。障がい者であるということを突き付けられたようです。

父の隠し事 ~パーフェクトワールド第3話あらすじ

つぐみが帰宅すると、元久は飲もうとしていた薬を座布団の下に隠しました。「ただいま」と一言父にいい、部屋に戻りかけましたが、つぐみは父の隣に座り、樹との交際について自分の正直な気持ちを話し始めます。

つぐみ「彼が好きで、ただ一緒にいたいの。」
元久「家に帰ってくるのが嫌だからか?…結婚してくれるなら誰でもいいって考えであの男と付き合ってるなら…」

心のない父の言葉に、つぐみは声を荒あげ2人はさらにケンカになってしまいます。そして、「このままずっと東京で暮らすから!!」とつぐみは言い残して、部屋へ戻っていってしまいました。

2人の声を聞いて駆けつけた母は、つぐみが去った後、父の隣へ座ります。隠してあった薬を元久に渡すと、「強がっていないで、病気のこと話したら?」と元久に声をかけました。

翌日、つぐみは予定より早く東京へ戻ることにしました。…父とは話さずに…。

大切な恩人 ~パーフェクトワールド第3話あらすじ

樹と一緒に東京へ戻ったつぐみはそのまま、樹のマンションへ行きました。出迎えてくれたのは長沢(中村ゆり)さんです。
笑顔で出迎えたものの、つぐみの姿をみるとあからさまに嫌な顔をする長沢。大人としての対応をするものの、つぐみと長沢はどこか気まずそうな雰囲気です。

すると、樹に仕事の電話がかかってきます。その間、リビングに残されてしまった2人。長沢の方からつぐみに声をかけてきました。

長沢「樹くんから聞いたわ。お付き合い始めたんですってね。」
  「どういった心境の変化なのか…前みたいな辛い思いしてほしくない…」
つぐみ「知ってます。」
長沢「知ってる?…あなたが何を知ってるっていうの?!」

そういうと、長沢はつぐみに声を荒あげます。するとタイミングよく樹が自室から戻ってきました。長沢から言われたことに動揺していたつぐみは思わずコーヒーをこぼしてしまいます。

その様子に、樹は急いで駆けつけてきますが、靴下には血が…。足の小指をカドにぶつけてしまいケガをしたようです。しかし、下半身不随で痛みを感じないため、ケガをしたことに気づいていないようでした。

初めてのことに慌てるつぐみとは反対に、長沢は手際よく救急箱を持ってきて処置していきます。つぐみは、自分の未熟さを改めて実感してしまいました。

その後、長沢は帰宅し2人は食事をとることにします。楽しく帰省中の話をした後、つぐみが「普通ヘルパーさんに渡しておくもの?」と、樹に質問しました。

樹「万が一っていうこともあるから。…嫌か?」
つぐみ「今日みたいなことが何度もあると、ちょっと気まずいかな。」

すると、樹は「連絡してから来てもらうようにする。」といい、それに付け加えて「特別な人だから、わかっといてほしい。」と伝えます。
そして、入院中自殺しようとしたときのことや、リハビリを始めたころのこと、今の事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)さんを紹介してくれたことなど、一つ一つ話始めました。
樹にとって長沢は、命の恩人であり、生きる希望をくれた恩人でもあるのです。

一方、自宅に戻った長沢は机の上に置いてある紙を見つめながら樹が一級建築士を目指すようになった時のことを思い出していました。そして、置いてあった紙…離婚届にサインをしていきます。

朝まで ~パーフェクトワールド第3話あらすじ

樹の話を聞き帰るのが遅くなってしまったつぐみ。樹は「送っていくよ。」と声をかけてくれました。すると、「帰らなきゃダメ?」とつぐみは聞き返します。何も言ってこない樹につぐみは抱き着きました。

樹「…ごめん。無理なんだ。これ以上は。…ごめん。」
つぐみ「謝らないで。…ただ隣で寝るのは…?それもダメ?」

2人は初めて隣で眠ることになりました。

樹「好きだよ。」
つぐみ「私も。大好き。」

手を繋ぎながら、何度もキスをしてから2人は眠りにつきます。

翌日、休日中の洋貴に一本の電話がかかってきました。つぐみからです。呼ばれた先は樹の自宅。パソコンが壊れてしまい直してほしいというお願いでした。

洋貴は不機嫌な表情をしたまま頼まれたパソコンの修理をしていきます。すると、つぐみは切らしてしまったコーヒーを買いに出かけていきました。2人きりになった樹と洋貴。樹の方から声をかけます。

樹「悪かったな。休みの日に。」
洋貴「いつだって飛んでくるよ。つぐみのためなら。」
樹「え?」

洋貴は樹に自分の気持ちをぶつけました。つぐみにも言っていない本心です。

洋貴「つぐみを悲しませたら許さない。お前が相手でもただじゃおかない。俺は、つぐみが好きだから。」

そして、つぐみが帰ってくる前に家から出て帰ろうとしました。…が、タイミングよくつぐみが帰ってきます。洋貴は思わずつぐみを抱きしめてしまいました。訳のわからないつぐみは「離して。」と小さな声を口に出すと、洋貴は自転車に乗って帰っていってしまいます。

樹は洋貴の言葉をただただ呆然と受け止めるしかありませんでした。

パーフェクトワールド(ドラマ)3話無料動画を見るには

フジテレビ系の番組の見逃し配信はFODがおススメです。
無料体験期間があるので、無料で見れちゃいます。
漫画も見れますよ!
⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。
無料期間の間に退会すればマジで無料!
でも、色々楽しいコンテンツが見放題なので結局退会したくなくなります!!