ドラマ『海月姫』第5話のネタバレあらすじ

海月姫

引用:https://www.fujitv.co.jp/kuragehime/

みなさま、こんにちは。今回は2018年2月12日(月)に放送されたドラマ『海月姫』(フジテレビ)の第5話のネタバレ・あらすじや感想をお届けします。

では、ご覧ください。

スポンサーリンク

キャスト紹介

海月姫に出演しているキャストをご紹介致します。

倉下月海 ・・・芳根京子
鯉淵蔵之介・・・瀬戸康史
鯉淵修  ・・・工藤阿須加
ジジ様  ・・・木南晴夏
ばんばさん・・・松井玲奈
まやや  ・・・内田理央
千絵子  ・・・富山えり子
桐山琴音 ・・・最上もが
稲荷翔子 ・・・泉里香
佐々木公平・・・安井順平
花森よしお・・・要潤
鯉淵容子 ・・・床嶋佳子
倉下深雪 ・・・小雪(友情出演)
鯉淵慶一郎・・・北大路欣也

海月姫 第5話ネタバレあらすじ 前回のあらすじ

前回、蔵之介は男だとバレるが、男として育てられたと誤魔化し、尼~ずに歓迎された。

 

そして、蔵之介の後輩・琴音からの依頼でミュージックビデオにクラゲのドレスが使用されることになり、バックダンサーの分も制作に入る。

 

期日に間に合わないかもと一度は諦めるが、天水館の為と再度気持ちを一つにして何とか間に合わせた。そして蔵之介は、ドレスをバンバン売り、天水館を買うと『jelly fish(ジェリーフィッシュ)』というブランドを立ち上げた。

 

一方、月海に気持ちを告げた修は、父・慶一郎の策略で稲荷とくっ付けられそうになるが、月海の事が気になるから、今後勘違いされるような行動は止めて欲しいと告げた。

 

だが、そんな天水館に再開発の手が伸びようとしていた。

スポンサーリンク

海月姫 第5話ネタバレあらすじ ソウルにて

韓国 ソウル――。

 

稲荷は千絵子の母に会いに韓国まで来ていた。天水館の買取の契約の為に訪れ、オリンピックの男子フィギアスケート最前列プレミアチケットを賄賂に、羽生結弦の観戦を思う存分してくださいと千絵子の母に気に入られていた。

 

蔵之介は、慶一郎が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明することと、天水館の買収が100%決まったみたいだと花森から聞き、慌てて天水館に向かった。

 

天水館では、終わった・・天水館が取り壊されてしまうと尼~ずが嘆き絶望を味わっていた。そこに現れた蔵之介に、月海はクラゲのドレスを一杯作って、一杯売らないと天水館が粉々になってしまうと訴え、蔵之介は尼~ずに慶一郎がパーティーで賛成派を表明するから、その日にファッションショーをぶつけ、ネットで生配信もし一気にジェリーフィッシを有名にすると告げる。ジジ様が「やりましょう!もうクラゲドレスで一発逆転狙うしかない」と言い、「やるぞ!」と立ち上がる尼~ず。

 

早速作戦会議を開き、クラゲのドレスなんて面白いから絶対人気が出る、注文がドンドン来るだろうからプロを雇って縫製してもらわないといけないと蔵之介は話し、千絵子の知り合いにプロがいると蔵之介・月海・千絵子で訪ねて行った。

 

その友人・ノムさんに会うと部屋中にたくさんの人形が飾られていた。ノムさんは人形専門の服作りのプロだった。ノムさんは千絵子以外には素っ気ない態度だが、千絵子が「このドレスの型紙引いていただけないでしょうか?」とクラゲのドレスを見せると、「ドフッ!」と発しこれは良いドレスだと、すぐさま型紙を引いた。

 

だが、それは人形用サイズの型紙で蔵之介は仕方ないので、拡大コピーをした。千絵子はノムさんにお手本に1枚縫って貰えないかと頼み、協力してくれたらデザインを人形用に使用しても良いと言う条件でノムさんは了承した。

 

あとはショーの会場探しだと、蔵之介は会場を探しに行くが何処も埋まっていた。花森が尾行している事に気付き問いただすと、慶一郎が妨害していた事を知り、自宅に戻り慶一郎に「どういうつもり?」と問い詰めた。しかし慶一郎はパーティーにショーをぶつけ妨害しようとしているのは蔵之介の方だと言い、パーティーで紹介するから蔵之介もパーティーに参加するよう告げる。

 

やりたい事があるなら、それ相応の力を持ってからにしなさいと告げる慶一郎に、「親父には一生かかっても分からないよ、俺のやりたい事なんて」と言い蔵之介は部屋を後にした。その話を修は聞いており、部屋を出た蔵之介とすれ違った。

海月姫 第5話ネタバレあらすじ ドレス作成

一方天水館では、ノムさんと尼~ずがドレス制作作業に取り組んでいた。月海は覚醒モードに入り目が座っていた。ようやく1着ドレスが出来上がり、試着しサイズ調整だと話しているが蔵之介が居なかったので、1人サボっているまややに代わりにドレスを無理矢理着せサイズ調整を行った。

 

2着目のドレスが形になって来たころ、蔵之介が現れるがまだ会場は確保できていなかった。月海はこの天水館を海の中の竜宮城のようなイメージにし、ここでショーを行うのはダメですか?と伝えた。

 

「良いじゃん!月海天才!」と賛同を得て、会場は天水館に決まった。部屋の飾りつけ等は蔵之介の後輩に頼むと話していると、「いつまでこれを着とけば良いのだ!」とドレスに身を包んだまややが文句を言いに現れた。

 

蔵之介はまややのドレス姿を見て、あることを思いついた。

 

その後も急ピッチで作業を再開していたが、ノムさんの人形友達のヘルプがボランティアでと話した途端にドタキャンされてしまい、ショーまでに間に合わなくなった。延期するしかないと言う尼~ずに、その日じゃないとダメだと蔵之介は言い、月海は縫うから時間が掛かるから縫わないで作れないか?と言い、ノムさんが縫わないで作る方法がある、ただしそれには虫けら(人間)の犠牲が必要だと不気味な笑顔を見せた。

 

そして、まややがその犠牲となり体にボンドを塗られ布を張り付けられていった。しかし途中でまややは逃げ出し、腹に木工用ボンドを塗られるために天水館に入居した訳じゃない!と抵抗した。蔵之介はまややはモデル体型の美しい女性だから、一緒にショーのモデルをやってもらうと説得し捕まえようとするが、まややは転倒してしまい、その前髪で隠れていた目が露になった。

 

まややは「俺の目を見た奴は絶滅させてやる!」と逃げ出し部屋に引き籠った。そして、小・中・高と、この目のせいで殺し屋というあだ名を付けられた、目つきが悪いからそう呼ばれ、高2から前髪で目を隠すようになったら、今度は竹ぼうきと呼ばれるようになった、この目もヒョロっとしたこの体も嫌いなんだと話すまやや。

 

千絵子は小・中・高通してあだ名はハム、ばんばさんはアフロ、ジジ様は幽霊、月海はクラゲ、そんな自分達が気兼ねなく暮らせる場所をやっと見つけたんじゃないかと話し、月海はここが好きです、この場所を失いたくないと言い、まややは協力することにした。そんなまややに千絵子は、頑張ったら皆で三国志のガチャポン100個買ってあげますからねと伝えた。

 

蔵之介は「良かったな」と月海に告げ、残り1日「いざ!参りましょうぞ!」と月海が掛け声をかけラストスパートした。

スポンサーリンク

海月姫 第5話ネタバレあらすじ パーティ会場

そして翌朝、何とかドレスは間に合った。蔵之介は眠っている月海の頭を撫で、天水館を出て慶一郎のパーティーに向かった。

 

パーティーに訪れた蔵之介に驚く、母や修。「みんなに俺を紹介したいんだろ」と告げ、慶一郎は進行表に蔵之介の挨拶を盛り込んだ。

 

その頃、天水館では蔵之介の後輩らが手伝い、ショー会場の準備を急いでいた。花森も手伝うように言われており、ばんばさんは「おい!お前、人数分叙々苑の焼肉弁当を買って来い」と花森に命令した。「かしこまりました、ばんば先輩」と花森は買いに行った。

 

パーティーでは慶一郎が再開発賛成派だと発表していた。

 

いよいよ、ショーが始まる直前だというのに蔵之介が来ていない事に焦る尼~ず。ショーの司会も準備していなく困っていると、花森が弁当の買い出しから戻って来た。花森はメイクアップしたまややに、名刺を渡し自己紹介してナンパしようとしたので、「それどころじゃない」と千絵子に止められ、「何かお困りですか?」と司会をかって出た。

 

「みなさま大変長らくお待たせしました」と花森の挨拶が始まり、ショーがスタートした。

 

緊張するまややに、ガチャポン100個と尼~ずは背中を押し、まややは「いざゆかん!赤壁の闘い!」と、舞台に出た。会場はその美しさに歓声を上げた。

 

じっと止まってガチャポン20個、ウォーキングでさらに20個、クルっと回ってまた20個、歩いて戻ってもう20個、決めポーズかまして計100個と心の中で呟きながら、まややはモデルを演じた。

 

その様子を蔵之介もネット配信で確認していた。パーティーは押しており長引いていた。

 

1人モデルとして頑張っていたまややだが、残すところあとまややは1着。しかし、あまりの激務に血糖値が下がりボーっとすると、少し疲れて倒れ喉が渇いたと言うので、ノムさんが果汁ジュースを渡す。まややは一気に飲むが、倒れてしまいハナカサクラゲのドレスに果汁ジュースの染み付いてしまった。

 

ショーが途中で止まってしまい、月海は花森に15分だけどうにか繋いで欲しいとお願いし、花森は「姫は只今お色直し中です」と一旦休憩時間にした。

海月姫 第5話ネタバレあらすじ ドライヤー

果汁の染みを手洗いし、だいぶ染みは落ちたが乾かす為にドライヤーが必要になったのだが、尼~ずは誰もドライヤーなど持っていない。ご近所さんから借りてくることになり、月海は勇気を振り絞り1人借りに向かった。

 

その頃パーティ会場で蔵之介はネット配信を確認して、「SOS」が出たのを見て焦り、修が反対派の意見を聞くべきと挨拶しているところに、「これ以上長引かせるな」と壇上に上がり、代わりに話し始めた。

 

一方天水館では、休憩が長引きお客が次々と帰って行ってしまっていた。月海が頑張ってドライヤーを借り戻って来ると、「もう終わりにしましょう」とジジ様が言い、お客も結構帰ったし、ドレスを乾かしたとしても着れる人がいないと千絵子が言うと、「蔵子さんがいるじゃないですか!」と言う月海だが、「何処にだ!あいつはまややに全て押し付けて逃げただろうが!」とばんばさんが言った。

 

月海は「違います!絶対に来ます!」と訴え、1人ドレスを乾かし始める。その時「ゴメン遅くなって」と蔵之介が現れた。

 

もう来ないかと思っていた!と千絵子は詰め寄り、なんだその男みたいな恰好は?とばんばさんが指摘すると、父のパーティーには男装で出席するのが鯉渕家のしきたりだと誤魔化し、客は俺が引き連れてきたからと急いで準備に入った。

 

実はジジ様は蔵之介がパーティーに参加することを知っており、ピンチの際にはサインを送る事になっていた。蔵之介は月海に1人でドライヤーを借りに行った事を変わったと褒め、尼~ずの皆も変わったと話し、蔵之介が引き連れてきた大勢の観客の為、第2幕をスタートさせた。

スポンサーリンク

海月姫 第5話ネタバレあらすじ 第2幕スタート

蔵之介とまややが一緒に登場し華やかにスタートし、会場には修も来ていた。月海は修に気付き、修も月海に気付き、2人が見合っているのを見た蔵之介は「月海!俺を見ろ!」と叫んだ。そして観客に「僕がさっき父のパーティーでお目にかかった鯉渕蔵之介です!」と挨拶した。

 

『お母さん、私が蔵之介さんと初めて会ったあの夜。思えばあの夜が全ての始まりだったのかもしれません、お母さんが居なくなってからずっとずっと私の中で何かが止まっていて、私はそれで良いと思っていたんです。十分幸せだと思っていたんです。でも皆でドレスを作り始めて、私の中で何かが動き出したんです。大切なパールが付いた宝物みたいなこのドレス、これを身に纏った蔵之介さんは、このお城を守ってくれる強くて美しいお姫さま。だからきっと大丈夫、このドレスが天水館を守ってくれるはず。そうですよね?お母さん』と心の中で思いながら、ショーを見て涙した。

 

パーティー会場では慶一郎が蔵之介が壇上に上がり、ショーの宣伝をし最後に皆様が関心を示す大事な発表がありますと告げ、来賓者を連れて行った事を考えていた。妻・容子はやる事が大胆でリナさんにそっくりと言っていた。

 

ショーも無事終え、蔵之介はこのドレスは全て天水館で作られ、ジェリーフィッシュのデザイナーはここで暮らしており、ここはアトリエだが再開発により取り壊されてしまうかもしれない、だから自分達は再開発に反対しますと告げ、地上げ屋に買い取られる前にドレスを沢山売りここを買い取り天水館を残したいと思っていると発表した。

 

会場から拍手が起こり、蔵之介はSNSでどんどん拡散して欲しいと言い、ショーを締めくくった。その場には慶一郎も見に来ていた。

 

稲荷は修に「とんでもないお兄さんがいたもんね」と全く似てないから血が繋がってないとか?と言う。修は「失礼な事言うな正真正銘僕の兄です、兄に変な事したら僕は許しませんよ!」と答えた。

 

ショーの余韻に浸っていた月海の所に、蔵之介が現れ「ありがとな」と、自分が絶対来ると月海だけが信じて待っていたとジジ様から聞いたと礼を言った。

 

でも、月海は本当は蔵之介が来なかったらと思うと凄く不安だったと涙声で伝え、蔵之介はそんな月海を愛しく思いキスしてしまう。驚く月海。

 

その様子を見てしまった修。

 

10時間後、イタリアミラノでそのショーの様子を見た蔵之介の母・リナは修に電話した。

 

第5話 完

海月姫 第5話ネタバレあらすじ まとめ・感想

いかがでしたでしょうか?ラスト蔵之介が月海にキスをする場面は衝撃的でした!

 

そして、とうとう蔵之介の母が登場しましたね、今後の展開が気になります。

 

では、今回はここまで。また。

 

●もし第1話を見逃した方はこちらの記事もどうぞ
海月姫 1話初回動画、pandoraやデイリーモーションで見れる??

 

●他の「海月姫」の記事はこちら!!
海月姫 あらすじとキャストを紹介します!
海月姫 主題歌はBeverly(ビバリー)さん!!どんな人??
海月姫 脚本家・原作について調べました!脚本家は「僕たちがやりました」の人!