ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット』第7話のネタバレあらすじ

ファイナルカット

引用:https://www.ktv.jp/finalcut/index.html

みなさま、こんにちは。今回は2018年2月27日に放送されたドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット』(フジテレビ)の第7話のネタバレ・あらすじや感想をお届けします。

では、ご覧ください。

スポンサーリンク

ファイナルカット キャスト紹介

ファイナルカットのキャストをご紹介いたします。

中村慶介  : 亀梨和也
百々瀬塁  : 藤木直人
小河原雪子 : 栗山千明
小河原若葉 : 橋本環奈
野田大地  : 髙木雄也
井出正弥  : 杉本哲太
真崎久美子 : 水野美紀
小池悠人  : 林遣都
皆川義和  : やついいちろう
高田清一  : 佐々木蔵之介
早川恭子  : 裕木奈江
芳賀恒彦  : 鶴見辰吾
小河原達夫 : 升毅
小河原菜摘 : 長野里美

ファイナルカット 前回のあらすじ

中村慶介は、12年前に起きた女児殺害事件で、百々瀬塁司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』によって、母・恭子を犯人扱いされてしまい、結果、母は追い詰められ自殺を図り亡くなってしまった過去を持つ。

 

そして現在、警察官となった慶介は、愛する母を奪ったメディア関係者への復讐のために幼なじみの野田大地と共に動き始めた。

 

番組プロデューサー・井出、フリーのディレクター真崎、ディレクター・小池、カメラマン・皆川と次々とターゲットを追い詰めることに成功したが、番組の顔 百々瀬塁を追い詰めようと近づいたが百々瀬の機転でファイナルカットムービーはフェイクニュースとしてされてしまった。

 

前回はザ・プレミアワイドが慶介を調べ出し逆襲を計画する。

 

そんな時、恋人を殺害したと疑いをかけられた矢口から相談を受け、矢口を助けようと奔走した慶介と大地。

 

慶介は矢口を助ける為に、警察官の格好をしたままテレビに映ってしまい、素性がバレてしまった。

 

一方、慶介は雪子を呼び出し、12年前の事件の事を話し「その事件の真犯人は小河原祥太、君のお兄さんだ」と告げた。

スポンサーリンク

ファイナルカット 7話ネタバレあらすじ 俺の名は早川慶介

「俺の名は早川慶介」と自ら名を名乗り、12年前の事件の事を話しその事件の犯人が雪子の兄だと告げた。そして当時警察に母を見たと証言した事を覚えているだろうと伝えると、雪子は何も言わずに去ろうとする。

 

慶介は後を追い、事件の後留学し姿を消すなんておかしいと思わないか?と問うが、雪子は「だから私達に近づいたの?名前を変えて優しいふりをして」と返す。慶介は正面から聞いても何も話さなかっただろうと言い、雪子は「お母さまの事はお気の毒だと思います。でも事件の日兄は家にいました。もし兄に不審な点があったら当時厳しく捜査されているはずです」と答えるが、「誰かが捜査を妨害した」と慶介は続け、「変な言いがかりは止めてください。これ以上私達を巻き込まないで」と雪子は告げ去って行った。

 

一方、ザ・プレミアワイドでは百々瀬を中心に慶介に脅されていたスタッフ達が、慶介の事を調べ続々と情報を得ていた。百々瀬はただ吊るし上げてもしょうがない、もっと有意義にもっと面白く使うと井出に告げた。

 

慶介も先日の美人料理評論家殺人事件で容疑者の矢口を助ける場面が報道され、刑事部部長・芳賀に12年前の事件の事を知られてしまった。芳賀は「これからも活躍を期待しているよ」と言いながら、「監視を頼む」と高田に指示した。

 

その夜、勤務を終え署を出たところで真崎からインタビューされた慶介。何も答えずに立ち去り、自宅に戻り、思ったよりも早く身元がバレ時間がない、ここからどう行くか?と大地と相談し、「どんな手を使っても辿り着いて見せる、待ってろ小河原祥太」と誓った。

 

小河原家のセキュリティーが堅く、しかし祥太の父・達夫と母・夏美を追わなければ難しく策を考える事になった。

ファイナルカット 7話ネタバレあらすじ 12年前

高田は12年前の被害者の女児の母に会いに行った。そこで最近また取材させて欲しいとメディアが来ている事を知る。その名刺はザ・プレミアワイド小池のだった。

 

高田は慶介に先走るなと忠告したはずだと言い、12年前の被害女児の遺族に、メディアが取材させて欲しいと調べ直していると告げた。慶介の過去も自分の所で止めていたのに、上に報告せざる終えなくなった、お前が引き起こしていると苦言を言い去って行った。

 

慶介は達夫の事務所に連絡し、アポイントを取った。

 

雪子は若葉に慶介の事を教えた。12年前祥太は雪子と約束していたが、事務所には居なかった。だが若葉が風邪で家に居て、祥太はずっと家で勉強し生姜入りの紅茶入れてくれたりしたと話し、兄が犯人なはずは無い、慶介は誤解している、また来るかもしれないから気を付けるように雪子は告げた。

 

達夫の事務所を訪れた慶介。MP.info.netの代表と名乗り、メディア被害にあった人からの相談を受けていると、12年前の被害者遺族が最近また取材攻勢にあっていて困っていると伝え、事件当時同じビルにあったこの事務所に相談に来たと伝えるが、「うちは今不動産をメインにやっていて」と断られてしまった。

 

慶介が事務所を出ると、達夫が誰かに早速連絡を取っているのを盗撮カメラで確認した慶介と大地。相手が誰かを突き止める事になった。

 

百々瀬は高田に会い、慶介の言い分が正しかったらとんでもないスクープになる、今後慶介が言う真犯人・小河原祥太を徹底的に調べると告げた。

ファイナルカット 7話ネタバレあらすじ 刑事部長の芳賀

大地は達夫の時計を盗撮カメラ内蔵の物とすり替え、会食の様子を見た。相手は刑事部長の芳賀だった。この2人が12年前の事件の真相を知っていると大地と話す慶介。芳賀はキャリア組で順調に出世しているが、その裏でキナ臭い噂もかなりあった。

 

署を出た慶介を若葉が待っていた。若葉は祥太が今何処で何しているか調べ、協力するから恋人にしてと迫った。慶介は「これ以上は」と断り去って行った。

 

大地は芳賀達を追って張り付いていたが、チンピラ風の男らに追われてしまう。自宅に戻り、達夫と芳賀の会話の様子を見ていると、芳賀が誰かと電話し「素性は?何で張り付いていたか聞き出せ」と電話で話しているのを聞いて、慶介は大地の身に何かあったと急いでGPSを頼りに大地の元に行った。

 

大地は男達にやられていた。巻き込んだことを詫びる慶介に「俺に優しかったのは恭子先生。だから一緒にやる」と大地は告げた。「許さない、あいつら」と慶介は答えた。

 

慶介は芳賀を呼び出した。そして「こちらをお納めください」と、ファイナルカットムービーを見せた。そこには百々瀬と会っている様子、そしてガサ入れの情報をリークしていた証言、さらにチンピラを使い傷害事件を起こした証拠などが映っていた。

 

慶介は12年前の事件で百々瀬に現場に落ちていたハンカチの事をリークし、捜査線上にあった小河原祥太の名前を削除した事を突きつけた。

 

さらに慶介は芳賀の娘が女子高時代に集団万引き事件を起こし、達夫に示談交渉をしてもらい恩があり、捜査資料から祥太を削除し、恭子に疑惑が行くよう仕向けたのだろうと告げると、芳賀は「逮捕直前だった。君の母親が犯人だと裏付ける証拠や証言があった」と反論する、慶介は「なら再捜査しろ!」と言い、小川原祥太を洗い直せと告げた。

 

芳賀は新事実が出てこない限りは無理だと答えるが、「じゃぁ俺が探す。新真実とやらを」と返す慶介。だが「そんな勝手が許されると思ってるのか」と芳賀は止めさせようとするが、「お前のせいだろが!仲良しメディアに不確定な情報をリークして、すぐ近くにいる真犯人を逃した。いいか?今後俺の邪魔をするな、さもないとお前のキャリアはここで終わる」と慶介は言い放った。

 

しかし芳賀は笑い「そろそろ良いんじゃないのか!」と言い、高田が現れた。高田は盗撮器を隠しており、芳賀は「おめでとう、刑法222条脅迫罪立派に成立だ」と告げ、自分のファイナルカットムービーと交換するか?と要求して来た。

スポンサーリンク

ファイナルカット 7話ネタバレあらすじ 高田は味方か

しかし、高田は「残念ながら、それは出来ません。撮れていません」と盗撮器が壊れて映像が撮れていないと言い出した。そして「カメラが壊れているといえば思い出しますね」と、12年前の事件当時何度か保育園周辺で若い男を見たという証言を得て小河原祥太を調べようと思い、ビル入口防犯カメラを調べたが怪しい人物は映っておらず、法律事務所前のカメラを調べようとしたら、何故か壊れていると言われたことを話し出した。

 

不審に思い、何度か上に意見したところ何故かその後担当を変えられたと、芳賀を見て言う高田。そして「中村君と同意見です。無認可保育園女児殺害事件、もう一度小河原祥太を洗い直すべきです」と告げた。

 

芳賀は「高田!誰のおかげで今の地位があると思ってるんだ、よく覚えとけ!」と、高田に怒鳴るが「覚えとくのは、あんたの方だよ!忘れるな自分のキャリアどう編集されたい?エリート人生お蔵入りにしてやろうか?いいか、二度と俺の邪魔をするな!これがあなたのファイナルカットです!」と慶介は芳賀に突きつけた。

 

芳賀は達夫に連絡し、慶介の事を伝え「いずれそちらにも現れるかもしれない」と教えた。

 

高田は芳賀に勝手に動くのは黙認すると言わせはしたが、これで黙っている男じゃない、この先自分達がどうなるか分からないと慶介に言い、慶介は高田をずっと疑っていた事を正直に伝えた。

 

高田は12年前、あまりにも早く早川恭子を疑う一方がメディアに流れ、何か変だと自分なりに調べたら現場から外され、何とか理由を付けて捜査資料を見ても何かを隠蔽した形跡があり、闇雲に動いても真相が遠のくと思い知り、芳賀達に信用されるよう近づき、メディアにもパイプを持ち12年前に何が起きたかを知り遺族に報告するために慎重に動いてきた。

 

そして、以前慶介が事件の心象を訊ねたことに触れ、「俺は君のお母さんは無実だと思っている」と告げた。

 

慶介は「ありがとうございます」と母を信じてくれている事に礼を言う。

 

高田はこれから少しづつ捜査をして、真相を探ろうと思った矢先に慶介が現れ引っ掻き回した事で、奴らが動き出したとザ・プレミアワイドの事を指した。

 

ザ・プレミアワイドでは小河原祥太の情報を次々入手し動いていた。真崎は「見つかったら凄いストーリーが作れる」と話していた。

ファイナルカット 7話ネタバレあらすじ 真犯人がチャットに

井出は百々瀬に、「死亡してても良いし、生存してたら尚良いし」と、いかようにも料理できると伝えていた。百々瀬は「だから言ったろ。もっと面白くなる!」と呟いた。

 

ザ・プレミアワイドにとってこれは事件じゃなく、壮大なリアリティーショーだ、そうならない為に地道に事実だけを洗い直さないといけないと慶介に告げ、慶介は「教えてください。事件の夜、高田さんの覚えている事全部」と言い、高田は事件の夜の事を話しだした。

 

だいたいは捜査資料にある通りだと説明し、その中の恭子の証言に「濡れるから外じゃなくて」という言葉に違和感を覚えた慶介は高田に訊ねると、当日通り雨が現場周辺に10分位降り、その事だと教えた。さらに慶介は雪子の証言を再度読み返し、ある事実に気付く。

 

そして慶介は確かめる為に、事件現場に雪子を呼び寄せた。事件当時の事を思い出してとお願いし、雨の事を訊ねた。そして、ビルの前が濡れていなく学生が何人か居た、それはつまりその場所が濡れていなく車が止まっていたと考えられる、犯人は女児を殺害後裏口から出て車で工場跡まで行き、その後帰宅したと推測する慶介。

 

雪子は「何で現れたの?あなたさえ現れなければ、こんな事件終わってたのに」と立ち去ろうとする。慶介は雪子に「そんなのおかしいだろ!」と捕まえる、「あなたさえ現れなければ、こんな風に思う事も・・」と泣きながら伝える雪子。

 

慶介はそんな雪子にキスをした。雪子は慶介を叩いた。

 

その頃、両親の寝室にいた若葉は、チャットで「HELLO Dad?」と呼びかけがあり驚く。若葉は「お兄ちゃん? わかば」と返すと、「若葉?久しぶり、元気?」と返事が返ってきた。

 

慶介と雪子は互いを求め熱いキスをしていた。

 

第7話 完

ファイナルカット 7話ネタバレあらすじ まとめ・感想

いかがでしたでしょうか?敵だと思っていた高田が味方で驚きました。

 

そして、事件の真相が段々見えてきましたが、本当に小河原祥太が犯人でしょうか?ドンデン返しがあるのでしょうか?

 

来週も目が離せません。

 

それでは今回はここまで。また。

 

もしファイナルカットを見逃した方がいるようでしたらFODプレミアム(31日間無料)新規入会の会員になっていると8がつく日(8日、18日、28日)に付与されるポイントを使って視聴することができますので、良かったらご覧ください。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

 

■他にも記事を書きましたのでよかったらこちらの記事もどうぞ!!
ファイナルカット 4話ネタバレあらすじ 子役の転落事件とカメラマンの話
ファイナルカット 3話ネタバレあらすじ 暴言教師の真実とは
ファイナルカット 2話ネタバレあらすじ 容疑者インタビューの作り方
ファイナルカット 1話ネタバレあらすじ 1話完結と思いきや復讐劇は始まったばかり
ファイナルカット あらすじとキャスト 亀梨くん主演、銭の戦争みたいな感じのドラマ
ファイナルカットの主題歌は??もちろんこのグループ!!どんな歌??
ファイナルカットの脚本家は誰??亀梨和也との関係は??

では、今回はここまで。また。

スポンサーリンク