ファイナルカット

引用:https://www.ktv.jp/finalcut/index.html

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』のあらすじとキャストを紹介します

みなさま、こんにちは。今回は2018年冬の注目のドラマをご紹介します。

2018年1月9日(火)夜9時スタート のドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』(フジテレビ)。

主演は11年半ぶりのフジテレビ系ドラマ主演&単独初主演になる亀梨和也さん。

今回初の復讐をテーマにした作品に挑むという事で、話題を呼んでいます!

今回はその注目のドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』のあらすじとメインキャスト陣をご紹介します。

では、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』のあらすじ紹介

主人公・中村慶介(なかむら けいすけ)は高校生の頃、ある女児殺害事件で母を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男。

それから12年後、慶介は事件の真犯人を探し出し母を追い詰めた者たちへの復讐に動き始める。

復讐の矛先が向けられるのは当時、事件の取材・放送に関わっていたテレビ番組のスタッフ、司会者、そして事件の真相の鍵を握る美人姉妹。

慶介は素性を隠しターゲットに近づき、母を自殺へと追い詰めた者たちへの復讐を果たすため、巧妙かつ華麗な手口によって取材していき追い込む。

公開されると、その人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつける。

最後に放つ決めゼリフは「これがあなたのファイナルカットです」と〝映像”を駆使した手段で復習し、ターゲットを“ある目的”を達成するために、言いなりにしていく。

だが、ターゲットの姉妹に近づくうちに、初めて人を深く愛してしまいシナリオに狂いが生じてしまい・・・。

果たして、事件の真犯人は誰なのか?復讐に隠された“ある目的”とは?そして許されざる恋の行方は?

亡き母のため、復讐に人生を賭けた男の切なくも痛快な復讐劇をエンターテインメント感満載で描いた作品です!!

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』のメインキャスト紹介

・ 亀梨 和也 (役:中村 慶介)

中村 慶介・・・高校生の頃、母をある女児殺害事件の犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男。

幼なじみの野田大地とメディア被害を受けた人々の相談を受けるWEBサイト「MP.info.net」を立ち上げ、管理人。

12年の時を経て、母を死に追いやった罪深き者たちへ復讐を進めていくが、ターゲットとなる姉妹の1人を深く愛し始めてしまう。

亀梨 和也・・・1986年2月23日生まれの現在31歳。東京都江戸川区出身。ジャニーズ事務所所属。

1998年にジャニーズ事務所に入所し、翌1999年ドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS)で連続ドラマ初出演し俳優デビュー。

2001年にアイドルグループ「KAT-TUN」結成メンバーに。

2005年ドラマ『ごくせん』(日本テレビ)第2シリーズにメイン生徒として出演しドラマ大ヒットで知名度を上げ、同年10月期ドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ)で山下智久さんとW主演し番組ユニット「修二と彰」で主題歌「青春アミーゴ」を発売し、ミリオンセラーを達成。

2017年は、4月期のドラマ『ボク、運命の人です。』では主演を務め、共演の山下智久さんと2005年以来となるユニット「亀と山P」を組み、主題歌「背中越しのチャンス」を発売し、『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを、櫻井翔さん、小山慶一郎さんと共にに務め、7月から10月にかけては、自身初となるソロコンサートを行うなど大活躍をした。

歌・テレビドラマ・映画・舞台・スポーツキャスターなどとして、幅広く活躍を続けています。

「KAT-TUN」は現在充電期間中である。

・ 藤木 直人 (役:百々瀬 塁)

百々瀬 塁・・・
12年前の事件を取り扱った番組司会者。

人の心を掴むセンスとユーモアを併せ持っており、洗練された振る舞い・舌鋒鋭いコメント、知的と下世話の絶妙なバランスで、大衆が望むものを提供することこそが使命と考え番組作りに妥協を許さなず、お茶の間から愛されている司会者。

狂気をもはらんだ底知れぬ魅力を持ち、慶介の前に立ちはだかる存在。

藤木 直人・・・1972年7月19日生まれの現在45歳。岡山県倉敷市出身。キューブ所属。

大学2年の時にファッション雑誌『メンズノンノ』(集英社)のモデルに自薦応募したが、最終審査で落選してしまう。

しかし、芸能事務所の目に留まり大学4年の1995年に、映画 『花より男子』(東映版)の花沢類役で俳優デビューします。

同年放送ドラマ『ハートにS』でテレビドラマデビューし、1998年、NHK大河ドラマ『徳川慶喜』・『GTO』(フジテレビ)などに出演し、1999年NHK連続テレビ小説『あすか』、2000年ドラマ『ナースのお仕事3』でヒロインの相手役を演じ注目を集め、2001年ドラマ『ラブ・レボリューション』で一気にブレイクします。

その間1999年にはCDデビューも果たしており、以降、俳優・歌手・タレントとして多くの作品に携わり、幅広く活躍を続けています。

・ 栗山 千明 (役:小河原 雪子)

小河原 雪子・・・事件の真相の鍵を握る姉妹の一人。

普段は美術館で学芸員として働いており、しっかり者の美人だが、恋愛には縁遠い。

主人公・慶介のターゲットの姉妹の姉で、偶然の出会いを装い近づいた慶介に次第に心を惹かれていく。

栗山 千明・・・1984年10月10日生まれの現在33歳。スペースクラフト所属。

1989年、5歳の時に母親が芸能事務所に入れ、雑誌「ピチレモン」「ニコラ」などで、ファッションモデルとして活動スタート。

その後、身長が162cmから伸びなかったため、女優に転身することを決意し、1999年公開映画『死国』にて本格的に女優デビューします。

2000年、映画『バトル・ロワイアル』に出演し、この映画の演技がクエンティン・タランティーノ監督の目に留まり『キル・ビル Vol.1』に出演しハリウッドデビューします。

2004年、『下弦の月〜ラスト・クォーター』で映画初主演し以降、多くのテレビドラマ・映画に出演し、2010年歌手デビュー、2011年ドラマ『秘密諜報員 エリカ』(読売テレビ)でテレビドラマ単独初主演を務めるなど、現在も活躍を続けています。

・ 橋本 環奈 (役:小河原 若葉)

小河原 若葉・・・12年前の事件の真相の鍵を握る美人姉妹の妹。

主人公・慶介にターゲットの1人で、慶介に思いを寄せるが故に心乱され、次第に変ぼうを遂げていく。

橋本 環奈・・・1999年2月3日生まれの現在18歳。福岡県出身。アクティブハカタおよびディスカバリー・ネクストに所属。

小学校3年生より地元福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」に所属し、2009年にアイドルグループ「Rev.from DVL」の前進にあたる、福岡県のアイドルグループ「DVL」の一員として芸能活動を開始し、2011年 是枝裕和監督映画『奇跡』に脇役として出演するなど子役として活躍します。

2013年11月にイベントで踊っている写真がインターネットで急速に拡散され、「奇跡の1枚」「かわいすぎるローカルアイドル」「1000年に1人の逸材」などと言われ、一気に注目を集めネットを中心に社会現象となるほど騒がれました。

2014年、ディスカバリー・ネクストと業務提携。

1月発売のファッション雑誌『an・an』の表紙に単独登場や、2月には『行列のできる法律相談所』でバラエティ番組に初出演、3月までに大手6社のテレビコマーシャル起用が決定、7月にはドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ)で全国放送の連続ドラマ初出演など一気にブレイクします。

2014年4月、所属するアイドルグループ「Rev.from DVL」がシングル『LOVE-arigatou-』でメジャーデビュー。

2016年、公開映画『セーラー服と機関銃-卒業-』で映画初主演を果たし、2017年 同映画で「第40回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。

2017年3月いっぱいで「Rev.from DVL」解散し、現在はタレント・女優として活躍を続けています。

・ 林 遣都 (役:小池 悠人)

小池 悠人・・・百々瀬が司会を務める、12年前の事件を取り扱った番組の若手ディレクター。

林 遣都・・・1990年12月6日生まれの現在27歳。滋賀県大津市出身。スターダストプロモーション所属。

2005年、中学3年生の修学旅行中に渋谷駅のホームでスカウトされ芸能界入りします。

2007年、公開映画『バッテリー』で俳優デビューし主演を務めます。同作の演技が評価され「日本アカデミー賞」など、その年の多くの新人賞を受賞し注目されます。

翌年は『ちーちゃんは悠久の向こう』『DIVE!!』『ラブファイト』と映画主演を立て続けに務め、2009年高校卒業を機に上京し、本格的にテレビドラマなど俳優として活動をスタートします。

以降、テレビドラマ・映画と多くの作品に出演し、2016年からは舞台にも活動の幅を広げ活躍を続けています。

・ 髙木 雄也(Hey!Say!JUMP) (役:野田 大地)

野田 大地・・・主人公・慶介の幼なじみで同じ志を持ち、慶介が唯一本音を語ることができる存在で、慶介の復讐の手助けをしていく。

髙木 雄也・・・1990年3月26日生まれの現在27歳。大阪府茨木市出身。

2004年、オーディションを受けてジャニーズ事務所入りし、ジャニーズJr.内ユニットの「Jr.BOYS」やJ.J.Expressで活動し、2007年に「Hey!Say!7」が結成されメンバーとなり、CDデビューを果たします。

2007年9月からはHey!Say!JUMP」および「Hey!Say!BEST」のメンバーとして活動をスタートし2008年、『ごくせん第3シリーズ』で連続テレビドラマ初出演果たします。

以降、グループ活動・俳優・ラジオパーソナリティなど広く活動し活躍を続けています。

・ やつい いちろう (役:皆川 義和)

皆川 義和・・・百々瀬が司会を務める、12年前の事件を取り扱った番組のカメラマン。

やつい いちろう・・・1974年11月15日生まれの現在43歳。三重県四日市市出身。トゥインクル・コーポレーション所属。

お笑いコンビ「エレキコミック」のボケ担当。

創価大学落語研究会に入り、後輩だった今立進さんと出会い、コンビ結成。

2013年11月にタレントの松嶋初音さんと入籍。

お笑いとして活躍するかたわら、俳優やラジオパーソナリティーとして活躍しています。

・ 杉本 哲太 (役:井出 正弥)

井出 正弥・・・百々瀬が司会を務める、12年前の事件を取り扱った番組のプロデューサー。

杉本 哲太・・・1965年7月21日生まれの現在52歳。神奈川県茅ケ崎市出身。シス・カンパニー所属。

1981年 当時16歳で「横浜銀蠅」ファミリーのロックバンド「紅麗威甦(グリース)」で芸能界デビューし、ボーカルを担当しリーゼントの姿の出で立ちで人気を博した。

同年放送ドラマ『茜さんのお弁当』(TBS)にて、同じ銀蠅ファミリーの嶋大輔さんと共に不良少年役でレギュラー出演し俳優デビュー。

1984年、「紅麗威甦(グリース)」は活動を無期限休止を発表。

俳優として活動する道を選択し、同年 映画『白蛇抄』で日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

以降、テレビドラマ・映画等で多くの作品に出演し活躍を続け、一時期『笑っていいとも!』などバラエティー番組にも出演する等マルチに活動を続けています。

・ 裕木 奈江 (役:早川 恭子)

早川 恭子・・・主人公・慶介の母。

保育園の園長として働きながら、女手一つで慶介を育てた心優しい母。

12年前、自身の保育園に通う女児が殺害され、百々瀬が司会を務めるワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』からの犯人扱いされ、次第に追い込まれ自ら命を絶ってしまう。

裕木 奈江・・・1970年5月12日生まれの現在47歳。神奈川県横浜市瀬谷区出身。マネージメントは、株式会社テックスエージェンシー。

1980年代末に映画女優としてデビューし、その後1990年代になりアイドル的な人気が出て一気にブレイクし、テレビドラマ・CM・歌番組など多くの作品に出演し、なかでも1992年放送ドラマ『北の国から’92巣立ち』(フジテレビ)に出演し、吉岡秀隆さん演じる黒板純と肉体関係をもち、妊娠し中絶するという当時としては衝撃的な内容で脚光を浴びました。

1997年に所属事務所の倒産の煽りを受け事務所移籍し、テレビでの露出が激減し映画や舞台で中心に活動する。

1999年、ヘアメイクアーティストと結婚し、米国ロサンゼルスへ移住。

2006年、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に“NAE”名義で出演し、以降ハリウッド映画出演時には“NAE”名義を使用しています。

また、2009年12月30日付の、自身のブログで1月に離婚していたことを報告しています。

・ 水野 美紀 (役:真崎 久美子)

真崎 久美子・・・百々瀬が司会を務める、12年前の事件を取り扱った番組のディレクター。

水野 美紀・・・1974年6月28日生まれの現在43歳。香川県高松市出身。オフィス・モレ所属。

1987年、中学1年生の時に『第2回 東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト』に出場し、準優勝を獲得し芸能事務所・グリーンプロモーションにスカウトされ芸能界入りします。

当初は地元から通いながら雑誌のモデルやCMに出演していたが、中学卒業を機に上京し、本格的に活動をスタートさせます。

1994年、所属事務所の閉鎖に伴い、芸能事務所・バーニングプロダクションに移籍し、徐々にゴールデンタイムドラマに出演するようになり、1997年放送のドラマ『踊る大捜査線』シリーズに出演し、幅広い世代に認知されるようになります。

2001年ドラマ『女子アナ。』で連続ドラマ初主演を果たし、以降は順調に女優としてのテレビドラマ・映画・舞台など多くの作品に参加し地位を確立していく。

2005年には、独立し個人事務所を立ち上げ、2007年 演劇ユニット『プロペラ犬』を作家楠野一郎との共同主宰によって設立しています。

女優として現在も活躍中です。

・ 佐々木 蔵之介 (役:高田 清一郎)

高田 清一郎・・・警視庁新宿中央署の副署長。

12年前の事件の担当刑事で、主人公・慶介が知らない情報も数多く握るっており、復讐の行方を左右する存在。

果たして、敵か?味方か?。

佐々木 蔵之介・・・1968年2月4日生まれの現在49歳。京都府京都市出身。ケイファクトリー所属。

1988年、東京農業大学に進学し3年次に神戸大学に編入、神戸大学に入学した1990年、劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加。

大学卒業後、広告代理店に入社し(お笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦さんとは同期入社)劇団活動と両立させていたが、約2年半勤務し退社。

その後劇団活動をメインに、退団まで看板俳優として全作品に出演し活躍する。

退団後は上京し、テレビドラマや映画へと活動範囲を広げ、2000年NHK連続テレビ小説『オードリー』に出演し脚光を浴びます。

それ以降、脇を固める実力派俳優としてテレビドラマ・映画・舞台など多くの作品に出演し活躍を続けています。

ファイナルカット あらすじとキャスト まとめ

いかがでしたでしょうか?魅力的なキャスト陣が揃い、ドラマの内容も面白そうですね!

フジテレビの火曜夜9時枠ドラマはヒットし易い傾向にありますので、期待しちゃいましょう!

そんな注目のドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』は、2018年1月9日(火)夜9時スタートです!

では、今回はここまで。また。