健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)ドラマ

引用:https://www.ktv.jp/kbss/

吉岡里帆さんが主演するドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」ケンカツの10話最終回の内容をまとめています。
ネタバレが含まれていますので、ご注意下さい。

登場人物やストーリーの設定など基本的な部分は以下で再確認できます。
健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)の設定や登場人物について

保護費しか見ていない母親/ケンカツ10話最終回あらすじネタバレ

生活保護費が自分の口座に振り込まれていない事に腹を立て、ハルカ(永岡心花)の母・梓(松本まりか)が交際相手を連れて役所に現れました。
義経えみる(吉岡里帆)は、住所に実際に住んでいるか確認できなかったため振り込めなかったと説明するも、梓は声を荒めて
「住んでますけど!?」と言い放ちます。
生活状況が確認でき次第、保護費は振り込まれると指導係・半田明伸(井浦新)が説明しました。
「じゃあ今日帰りますんで、お金ください」
と、お金さえ貰えればいいという男性に促され、梓は帰ろうとするも、えみるは静かに
「お金より大切な事があるんじゃないですか」
と伝えました。

梓はその場で、自分の虐待が疑われ、ハルカが児童保護施設に預けられていることを知りましたが、
梓の交際相手の男は「いいから金出せよ!」と声を荒げるばかりです。
生活状況が把握できない限りは払えない、と係長・京極大輝(田中圭)が断るも、
男は暴れはじめ、ついには警察官に取り押さえられる事に。

幸せな家庭を諦めている麻里/ケンカツ10話最終回あらすじネタバレ

阿久沢麻里(阿部純子)の入院先にいる阿久沢正男(遠藤憲一)のもとに訪れた、定食屋店主・青柳円(徳永えり)。
阿久沢と麻里の間に入り、円は麻里の子供の父親がマサノリという男性であることを聞き出したようです。

その後、麻里の病室にて阿久沢は、借金を完済できたのはケースワーカーのえみるのおかげだと話しました。
しかし、麻里は、かつて自分たちが阿久沢のせいでどんなに惨めだったかわからないでしょう、と答えました。
麻里は既に生活保護受給を検討して役所の窓口に相談したことがあるのですが、その時の担当ケースワーカーが不親切な対応だったため、
ケースワーカーという言葉に拒否反応が出るのでした。

続けて、麻里は阿久沢の扶養紹介が届いた際に非常に惨めな気持ちになったと告白し、うつむきながら
「生まれてきた子供に同じ思いをさせないためにも、やはり子供は産まない方が良いと思う」
と話しました。

えみるは、ハルカが預けられている児童保護施設を訪問しました。
施設職員の説明では、母親である梓に改心が見られなければ、ハルカを返すことができないとの事でした。

ある日、麻里と阿久沢は病院の待合室にて、生まれたばかりの赤ちゃんと共に幸せそうに退院していく夫婦を目撃しました。
麻里が寂しそうな表情でその夫婦を見つめていることに気付いた阿久沢は、何かを決意したように、早速スーツを着こんで証明写真の撮影を始めました。

えみるの葛藤・子は親に会いたい?/ケンカツ10話最終回あらすじネタバレ

えみると半田が丸山家を訪問。
母親の梓の現所では、ハルカは施設から返せないと説明するえみる。
しかし、梓はハルカを施設に預ける気はないと主張した。
「ハルカちゃんは1人だったんですよ?ご飯買うお金もなくなって、寂しさに耐えて。。その時の気持ちがわかりますか!?」
えみるは声を荒げ、親としてもっとちゃんとハルカの気持ちを考えてあげて欲しいと梓に訴えました。

梓はハルカの処遇をはっきりしなけれれば保護費が貰えないと知り、ハルカが施設に入所する同意書を書いてきました。
これにより、ハルカは児童養護施設に移されることになり、えみるは面会できるようになりました。

えみるが面会に訪れると、ハルカは寂しそうにまだ帰れないのか、何で帰れないのか、と尋ねてきました。
ハルカを守りたいと答えたえみるに、ハルカはお母さんに会いたいと漏らし、えみるを驚かせました。

その頃、阿久沢はとある児童養護施設の面接を受けていました。
麻里の子供を迎えるため、定食屋の仕事に加えて昼間も仕事をしようと考えている阿久沢。

えみるは施設職員に、
「あんなに辛い目にあっても、お母さんに会いたいんですね・・・」と漏らすと、職員は
「ここに来る子供たちのほとんどが、どんなに親にひどい目にあわされても、同じことを言うんです」
と答えました。
子供が親に会いたいという気持ちは当然であり、その気持ちを大切にしてしているという事、施設は親と子のスタートの場所である事を語る職員。
親子が再び一緒に暮らせるよう、手助けをしているとの事でした。

えみるは自分の行動に疑問を抱き始めていました。
ハルカのためを思って、施設入所を急いだものの、ハルカは母親と会いたいという。
果たして施設への入所はハルカの未来にとって本当に正しい選択だったのか?これでよかったのか?
と葛藤を抱えます。

阿久沢父娘の絆/ケンカツ10話最終回あらすじネタバレ

定食屋を訪れたえみると半田。
阿久沢は円に促され、麻里がケースワーカーに不親切な対応を受けた過去を、半田とえみるに明かしました。
すると、半田は一度麻里に会ってみたいと提案しました。

帰り道。
えみるは半田の過去を京極係長から聞いたと伝えると、半田はその話には続きがあると語り始めた。
母親に虐待され、母親が逮捕されたというその子は、立派に成長して来春から新社会人になるのだ、と、その子から貰った手紙をえみるに差し出す半田。
えみるは、人にはそれぞれの過去と人生があるのだと、改めて感じました。
思い立ったようにえみるは、再びある児童養護施設を訪れる。

その後、麻里の病室を訪れた半田に、何しに来たんですか、と不信感を見せる麻里でしたが、
半田は同じケースワーカーとして麻里に残念な思いをさせたことを謝罪し、
阿久沢と麻里が別の世帯に分かれる事で、生活保護を受給できる可能性があると告げました。

しかし、麻里は投げやりに、「もういい。どうせ父親もいないし。。」と断りました。
すると、阿久沢がいつになく強い口調で、
「いつまでそんなこと言ってんだ!!」
麻里を叱りました。
続けて阿久沢は、家族につらい思いをさせたことを謝罪し、娘の麻里の存在があったからこそ自分は頑張れたと告げました。

「もう一度家族を作ってみたいんだ!勇気を出してマサノリくんとちゃんと話そう?お腹の赤ちゃんのためにも。」
と優しく語りかける阿久沢。

母娘関係の再構築/ケンカツ10話最終回あらすじネタバレ

えみるは調査により、梓もまた幸子に育児放棄されて児童養護施設で育ったという事を突き止めました。
えみるが訪ねていた施設は、梓が入所し育ったという施設だったのです。
梓は当時、施設で孤立していたようで、虐待された経験がハルカに向かっているのか?と桃浜都(水上京香)は予想しました。
七条竜一(山田裕貴)そんな事情があっても、育児放棄は許されることではないと言いました。
そんな時、ハルカが下校してから施設に帰っておらず行方不明だという連絡が入り、
えみるは自転車でハルカを探しに飛び出していきました。

その頃、ハルカは自宅へ帰ってきていましたが、相変わらず梓は不在でした。
ハルカはそこへ役所の職員がやってくるのを見つけ、再び行方をくらませました。

えみるは遅れて到着しましたが、ちょうど帰ってきた梓と自宅前で遭遇。
ハルカがいなくなってしまったので、自宅で待っていてくれと梓に告げるえみる。
しかし、梓は
「私から離れちゃったんで、私には関係ないですから。どうせ私なんか母親失格だってわかってるし」
と答え、その場を去ろうとします。
「自分たち親子は別々に生きていった方がよいんですよ」
投げやりに言う梓。
梓は梓なりに、自らの虐待された過去や親としての自信の喪失と戦っている様子が見て取れます。

立ち去ろうとする梓にすがりながら、えみるは
「それは違う!だって、施設にいるハルカちゃんの気持ち、梓さんが1番理解できるじゃないですか?」
「自分たちが出来る限りの支援をしていきます!いつか必ずここでハルカと暮らすことができるようにします」
「お母さんなんですからしっかりしてください!私たちになんでも相談してくれていいですから!私たちが支えますから!」
とえみるは涙ながらに説得する。
そこへ、京極から連絡が。
ハルカが見つかったようでした。

えみるはハルカが発見されたと梓に伝えると、梓は大声で泣き始めました。
「大丈夫、大丈夫ですから」
優しく梓の背中をさするえみる。

一方、麻里の病室では、麻里が子供を産む決心がついたと阿久沢に切り出しました。
自分が阿久沢に甘えれなかった分、孫の世話は阿久沢にたくさん協力してもらうと語る麻里に、
阿久沢は満面の笑みで「もちろん!」と力強く答えました。

えみると梓はハルカの元に到着しました。
ハルカは梓を気にかけ、
「お母さん、ちゃんとご飯食べてる?」
来てくれてありがとうと礼を言った。

「・・・ごめん。ごめんね、ハルカ」
涙ながらに謝罪する梓を見て、ハルカの目にも涙があふれます。
母娘は抱き合いながら号泣していました。

やがて、ハルカはえみるの方を向き、
「お母さんに会わせてくれて、ありがとう」
梓は
「これからも、よろしくお願いします」
と、えみるに頭を下げました。
もらい泣きしているえみるは、元気に「はい」と答えました。

その後、定食屋では阿久沢と円が麻里の子供の父親であるマサノリを待っていました。
店のドアが開き、身構える阿久沢と円ですが、やってきたのはえみると半田でした。
阿久沢と円は拍子抜けです。
しかし、約束の18時ぴったりに、1人の男性がドアを開きました。
麻里の交際相手でお腹の赤ちゃんの父親・マサノリ(おばたのお兄さん)だった。
スーツを着込み、手土産を持った好青年マサノリを見た円は安堵の表情を浮かべ
「いい男じゃん」
と阿久沢にひそひそと伝えるのでした。

エピローグ/ケンカツ10話最終回あらすじネタバレ

ある日、生活課に新しい自転車がやってきた。
「新しい自転車の1番乗り、使わせていただきます!」
えみるはさっそうと自転車に乗り、利用者の訪問に漕ぎ出していきました。

「生活保護、それは命を守る再度の砦。今日もその現場で私たちは働いている」
自転車をこぎながら、ケースワーカーという仕事への思いと責任感をかみしめるえみるでした。

まとめ/ケンカツ10話最終回あらすじネタバレ

なんとかハッピーエンドでしたね!
しかし色んな人生、いろんな家庭、親子関係があるんだなと考えさせられるドラマでした。

「健康で文化的な最低限度の生活」見逃し無料動画は

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」見逃し無料動画はFOD!
ケンカツ以外にもフジテレビ系ドラマを幅広くみれますよ!
⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。