健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)ドラマ

引用:https://www.ktv.jp/kbss/

吉岡里帆さんが主演するドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」ケンカツの6話の内容をまとめています。
ネタバレが含まれていますので、ご注意下さい。

登場人物やストーリーの設定など基本的な部分は以下で再確認できます。
健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)の設定や登場人物について

父、雷から逃げ回る島岡光

前回、生活保護申請の際に、親族からの援助が可能かどうか確認する「扶養紹介」を断固拒否し、実父との一切の接触を拒否していた島岡(佐野岳)。
しかも、その理由を話そうとしません。
島岡の父、雷(小市慢太郎)は息子を心配し、えみるに島岡と会わせるよう話します。
総合病院の院長であり社会的地位の高い雷が島岡への扶養の意思を示したのです。
島岡は父との対面を拒否するあまり、パニックを起こして逃走し、駅で自殺を図りました。

役所内には緊張が走りますが、幸い島岡は命に別状はなく、怪我をして入院している状態だとのことでした。
面会謝絶の状態です。
えみる(吉岡里帆)に雷から電話が来て、島岡がどこの病院に入院しているのか聞き出そうとしましたが、
島岡は面会できるような状態ではないため、答えませんでした。
すると、雷は窓口に直接やってきますが、えみるが事情を説明するも、それは島岡の常とう手段であり、息子を甘やかすなと話す雷。
役所の隠ぺい体質、逃げ回り体質を批判するように猛烈な剣幕で島岡の居場所を聞き出そうとします。
えみると京極(田中圭)は雷の豹変ぶりに驚きを隠せません。

家族の問題は他人には見えない

扶養照会をさせる判断は間違っていたのか、早かったのか、と悩む半田(井浦新)と京極。
「もう少しで人が死ぬところだったんですよ!」と語気を強める半田。
えみるも島岡親子の問題を見抜けず責められましたが、京極は自分の責任だと宣言します。

島岡親子について役所内で会議が開かれ、父親の虐待を疑い今後の対策が話し合われました。
親子間の問題をケースワーカーが把握するのは難しいという事、しかし家族の内情を知らず生活保護を受けられるのも問題であるという事などが話し合われました。

一方、前回水原典子の息子、悟は母親の愛情を受けた覚えはないと、扶養照会の手紙を破いていました。
水原は男と出歩き帰ってこず、警察沙汰を起こすなどで悟に迷惑をかけていたためです。
水原の元に向かう桃浜でしたが、水原は悟に拒否された事に後悔と寂しさを感じていました。

思い詰めるえみる、雷による虐待も発覚

えみるは定食屋にいますが、食事が喉を通らず思い詰めているようです。
また、栗橋と桃浜は、家族の絆を絶対的なものと盲信していたため、逆に利用者を傷つけてしまった事を話し合っていました。
自分の家族以外の問題は見えていないことの方が多いのだ、と話す栗橋。

その後、島岡への面会が許可され、えみると京極が病院を訪ねますが、
主治医から島岡が性的虐待を受けていたという事を聞かされました。
島岡は8歳から15歳まで性的虐待を受けており、PTSDを発症しているとのことです。
主治医は、島岡は父親と縁を切って治療に専念すべきだと進言しました。

京極は島岡に詫び、父の援助は受けないという事で大丈夫か、と島岡に尋ねると、島岡は断固拒否しました。
京極は、自分たちが島岡を守ると約束します。
病院からの帰り道、えみるは自責の念や人を傷つける事への恐怖から、これ以上もう無理だと京極に漏らしました。。

桃浜の元にある女性が訪ねてきました。
その女性は悟の妻の真奈美でした。
彼女は、夫の母親の生存を知りたかった、出来る事なら会ってほしいと思っている、と心情を吐露します。

役所からの帰り道で、えみるは半田に事情を伝えながら、島岡の保護決定まで頑張ると話します。
えみるの頑張りを称える半田に、自分は役に立てず迷惑をかけているだけだとえみるは涙を流します。
しかし、半田はえみるを伴走者になる力のある人間だ、と励ましました。
えみるは阿久沢や欣也の顔を思い出しました。

桃浜は水原典子の元に向かい、
真奈美が水原と悟の対面を望んでいると伝えました。
水原は、悟が初めて打ったホームランボールだと言って、野球のボールを出してきました。
「これを悟に渡してください」

島岡の保護決定となり、京極はえみるをランチに誘い出しました。
「今回はキツかったと思うが、こんなことばかりではない。一人で背負わずもっと頼って良い」
とえみるに伝えます。

阿久沢(遠藤憲一)は娘の麻里と共に、亡くなった元妻の墓参りに向かいます。
墓前で、私もお母さんも色々あったから、、とつぶやく麻里。

雷が島岡の病院を強襲

一方、七条が雷を島岡の病院近くで目撃し、その旨をえみるに電話で報告。
雷は、京極の名刺を使って面会に向かいます。

えみるは大至急病院に向かいます。
京極は病院に電話し、雷が京極を装って島岡に会いに行っている事を伝えました。
雷は病院内で島岡を探しています。

えみるは病院に到着し、雷を説得します。
「落ち着いてください、光さんを自由にさせてあげましょうよ」
しかし、雷は、お前に何がわかる、私は父親だ、と怒鳴ります。
雷に突き飛ばされるも、虐待の事を言いかけるえみる。

そこに現れた京極が
「あとは我々が自立支援するので、役所にお任せください」
と言いますが、雷は
「私が支援すると言ってるだろう。息子の嘘に騙されているのか?厚労省に報告させてもらう。」
と口論に。
京極は
「どうぞ報告してください。我々も厚労省に報告します。」
と返します。
不法侵入、公務執行妨害、過去の虐待の事実に関してです。
雷は去っていきました。

家族の絆もケースワーカーの仕事も少しづつ

えみるは島岡に生活保護を受けられる旨を報告し、自分は島岡の味方なので安心してほしいと伝えます。
島岡は安心し、えみるに感謝の気持ちを伝えました。
島岡は、新居の地区のケースワーカーに引き継がれることになりました。

一方、真奈美から孫の写真と家族写真が送られてたと、水原が桃浜の元を訪れました。
「今は会いたいという気持ちはないが、あなたの孫の写真を送ります」と悟が書いたメモも同封されていました。
少しづつでも関係を築いていければ、、と笑顔を見せる水原。

えみるは島岡から感謝されたことで、小さな努力の積み重ねを決心するのでした。

まとめ

窓口での簡単な面談だけではわからないような、家族関係の深い闇。
毒親かどうかなんて、短時間ではわかりません。
京極は島岡家の問題を軽視したせいで失態を犯しましたが、反省してしっかり挽回していますね。
えみるも自信を取り戻してきました。

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」7話は
2018年8月28日(火)の21時から放送されます。