絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 3期

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/

沢村一樹さんが主演する
ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」6話のあらすじ、内容をまとめています。
ネタバレが含まれていますので気をつけてくださいね。

絶対零度の概要、登場人物を再確認

裁けない犯罪者への天罰

東堂定春(伊藤淳史)の子供時代の回想。
父と遊園地で遊ぶ子供時代の東堂。そこで突如発生した無差別殺傷事件により、東堂の父、東堂も犯人にナイフで切られてしまい、そのまま東堂の父は死んでしまう。。
(練馬台無差別殺傷事件)

そして現在に場面は戻ります。

ジャーナリスト川上の射殺事件は捜査一課が担当することになり、
警部補・早川誠二(マギー)や巡査長・板倉麻衣(田中道子)が捜査にあたります。

ミハンチームにも、川上の死が伝えられると、南彦太郎(柄本時生)は「天罰が下ったと思いました」と言い、東堂は「以前もこんなことがありましたよね」と
小松原の転落死の事を話しました。
また、エリート大学生の湯川の件にも触れました。
湯川はミハンの捜査が終わった後、行方不明となっています。

この3人には共通点がありました。
3人とも法で裁けない犯罪者、かつミハンが捜査に関わっていたという共通点です。

東堂いわく、これらの事件には3つの可能性が考えられます。
一つ目はミハンの情報が漏えいしていること。
二つ目はミハンに内通者がいること。
そして三つめはミハンの中に犯人がいるということ。

東堂は情報漏えいを疑い、真相次第ではミハンの解散も視野に、捜査の開始を命じました。

井沢範人(沢村一樹)と山内徹(横山裕)は小松原が転落死したホテルに向かいます。
もしこれが事故ではなく殺人なのであれば、犯人は当日小松原を監視していた可能性が高いため、
事件当日の小松原の足跡に合わせ、防犯カメラをチェックすることになりました。

一方、小田切唯(本田翼)と田村薫(平田満)は湯川の携帯のGPSが途絶えた高架下に向かいました。
小田切は、本心では湯川が再び犯罪を起こすことはないという事で、ホッとしていると漏らしますが、田村も同様に安堵の気持ちを持っているようでした。

小田切は現場近くの病院から出てくる従業員に、湯川失踪当日に不審な車を見なかったかと尋ねました。
また、山内は小松原を尾行する不審な車を突き止めており、小田切も病院スタッフから不審な車の証言を得ました。
いずれの目撃例でも、茶色いコンパクトカーが証言されていましたが、映像が不鮮明なので特殊な方法でナンバープレートの割り出しを行うことになりました。

連行されてきた井沢

一方、捜査一課ではジャーナリスト川上の殺人事件に関して、犯人と思われる人間の目撃者が現れ、似顔絵の作成が始まりました。
また、ミハンが目を付けた茶色いコンパクトカーのナンバーから、車の持ち主は古宮という人物だと判明しました。
しかし、古宮の戸籍はロンダリングされた不審な戸籍であり、本人以外の第三者に使いまわされているような形跡があったため、捜査は行きづまってしまいます。
東堂はミハンチームを集めましたが、そこには井沢の姿はありませんでした。
山内は犯人像として「犯罪者を誰よりも願い、事件の再発を誰よりも防ぎたいと願っている者…」とつぶやきましたが、
小田切は「誰の事を言っているの?」と意味深な雰囲気に。
井沢の過去を知らない南と田村は話についていけないようです。

その時、東堂に電話があり、川上殺しの犯人として井沢を引っ張るとの報告があったとメンバーに伝えます。

捜査本部に東堂、山内、小田切が向かい、説明を促しました。

捜査一課の早川が差し出した写真には、あるビルのオフィスに入ろうとする井沢の姿が写っていた。
東堂は、岡崎直哉の捜査過程で川上が関係者として浮かび上がってきたと説明すると、早川は目撃証言から作成した似顔絵を差し出したが、その似顔絵は井沢とうり二つでした。
そこに井沢が連行されてきて、早川が井沢の妻子が宇佐美に殺害された過去の事件を切り出しました。
井沢はやはり、犯罪者たちを野放しにしておけなかったのだと言う早川。
井沢の過去を知らなかった南と田村は動揺しているが、山内は「どうやったって、井沢さんが犯人像に当てはまるんだよ」と漏らしました。

真犯人は井沢なのか?他にいるのか?

尋問を受けている井沢は、隣室で尋問を見ている東堂に二人きりで話たいと持ちかけました。
東堂はそれに応じ、取調室に入ると、井沢にあなたが犯人なのか、と切り出しました。
しかし井沢は、川上が殺されるかもしれないと警戒し、尾行してはいたものの、自分が川上を発見した時には既に川上は殺されていたと伝えました。

犯罪に強い憎しみを持つ人物が犯人だと東堂は一連の事件の特徴を話しますが、井沢は「それはみんな一緒ですよ」と語りました。
「あなたは私を疑っているのですか?」と話す東堂に、
井沢は目をそらさず「疑っていますよ」と答えました。
時間が来たため、早川に席を立つよう促される東堂。
東堂の最後の質問、「行方不明の間、何をしていたのか」という質問に答えない井沢。

小田切は隣室で、井沢が犯人ではないという事にさらに混乱していました。

東堂はオフィスに戻ると、子供時代に遭遇し父が犠牲になった無差別殺傷事件の事を思い出しました。
また、井沢の「疑ってますよ」という言葉を思い出しながら、涙を流して床に崩れ落ちました。

そのころ、真っ暗な部屋にフードを被った何者かが現れ、パソコンを操作し始めました。
その瞬間、部屋に電気がつきました。
そこには井沢が立っていました。
「ここには来ないでほしい。そう思ってここにいました。信じたくなかった。あなたが犯人なんですね?田村さん」
と話す井沢。
フードを被った人物は、何と田村でした。

田村の過去と結末

田村の過去を調べると、戸籍売買をしている人物との関連が浮き上がってきました。
この部屋がその人物のオフィスとなっており、井沢が前日ここに訪れた事を知った田村は
証拠隠滅のためここに現れたのでした。
田村は
「もう一線を越えた私はそちら側の人間じゃない。もう戻れない。わかって下さい」と言い残し、部屋を去りました。

ミハンチーム内でも、田村が犯人だったと東堂から説明がありました。
東堂は、練馬台無差別殺傷事件に田村も関わっていたと明かします。

事件当時、田村は所轄警察の捜査員でした。
事件の兆候になりそうな動物虐殺・殺傷というサインに気付いた田村は上司に訴えていたが、上司は聞く耳を持たなかったようです。
そして事件が発生し、田村は婚約者を亡くしていたのです。

そのころ、田村は車でどこかに向かっていました。
犯罪の予兆を感じていたが、対処できなかった事など、被害者の家族から責められて土下座をしていた過去、そして婚約者を目の前で失った過去。
そんな記憶に取りつかれている田村。

東堂は田村がどこに向かっているのか想像がつくと話し、
田村を追う東堂も、かつての田村の姿を思い出していました。
事件後、警察官になった東堂と田村が再会した際、東堂は田村に「犯罪を未然に防ぐシステムを立ち上げようと思っています。その時は力を貸してもらえませんか?」
と話していました。

そしてミハンチームは練馬台無差別殺傷事件の現場に到着しました。
そこには、やはり田村がいました。

「25年前の事件はあなたのせいじゃない」オフィスに1人残る南が涙ながらに訴えかけますが、
「私は人殺しです。」と小松原、湯川、川上の殺害を自供する田村。
田村は井沢に銃口を向け、
「来ないでください。いずれ見破られるんじゃないかと思い、私は貴方が怖かった」
と語りました。

田村は、自分が異常行動を起こして勝手に事件を起こしたように処理してくれ、と東堂に頼むと
「みなさんと出会えてよかったです。ミハンを必ず実現させてください」
と告げ、自らの頭を撃ち抜きました。
駆け寄って泣き叫ぶ小田切。呆然と立ち尽くすミハンメンバー。もう田村は完全に息絶えていました。

まとめ

川上を殺したのは井沢であるかのような描写が続いていましたが、
田村だったとは。。。

また、東堂は田村が真犯人であると気付いたからこそ、泣き崩れたのかもしれません。
そして、ミハンはほぼみんな犯罪被害に遭ってつらい思いをしていた人間です。
東堂と同じくつらい思いをした田村をミハンに引き入れたものの、
結果的にまた悲劇の連鎖が止まらない事も、東堂の涙の裏にあったのかもしれません。

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」7話は
2018年8月20日(月)21時から放送されます。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」見逃した方が無料動画を見るには

フジテレビ系の番組の見逃し配信はFODがおススメです。
無料体験期間があるので、無料で見れちゃいます。
⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。