健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)ドラマ

引用:https://www.ktv.jp/kbss/

吉岡里帆さんが主演するドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」ケンカツの3話の内容をまとめています。
ネタバレが含まれていますので、ご注意下さい。

登場人物やストーリーの設定など基本的な部分は以下で再確認できます。
健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)の設定や登場人物について

生活保護受給のルール

義経えみる(吉岡里帆)が担当している
日下部聡美(江口のりこ)の息子である高校生の欣也(吉村界人)が
申告せずに働いていた事で、不正受給となってしまいました。

自分が働いたバイト代を全額返還しなければいけない事に
納得できない欣也は、怒って自分のギターを壊してしまいました。
折角見つけた音楽という夢も、貧困世帯は諦めないといけないのか、そんなやるせない気持ちの欣也。

えみるは、以前
欣也のようなケースがあった時、全額返還ではなく
一部免除される事もあり
今回も、一部免除してもらえるよう
上司である京極大輝(田中圭)に頼みましたが
「利用者の感情に巻き込まれるな」と言われ
一部免除する事はできませんでした。

京極から欣也への贈り物

後日。
京極は、実家にあったギターを欣也にあげようと思い、えみるに渡しました。
しかし、全額不正受給分を徴収するよう、えみるに強く念押しします。

ギターをもって日下部家を訪れたえみるでしたが、
欣也はギターを壊した日から行方が知れず、自宅に帰っていないようで、
えみるは欣也が心配になりました。

いずれにせよ、区役所での面談の必要性があるため、
えみるは聡美・欣也と面談ができるよう
日時を決め、役所で会う約束をしました。

聡美は
以前、えみるが
「全額返還ではなく、返還金を減らせるかもしれない」と話し
期待させた事に対して、怒っていました。
欣也を心配するくらいなら、返還分の減額方法を考えてくれと詰め寄る聡美。

やるせない気持ちのえみるを七条竜一(山田祐貴)が気遣い、パーっと食事に行こう、と
えみる、七条、栗橋千奈(川栄李奈)達と食事に向かう事に。
食事には、元受給者の阿久沢が働く定食屋を選びました。
食事を楽しむえみる達を見た阿久沢は、人がいる温かさをほほえましく感じながらも
えみる達と同年代の娘の事も思い出していたようです。

自暴自棄となる欣也

一方、欣也は一度自宅に戻りました。
家に帰るなり
「ギターのようなくだらないものにお金を使うのはやめろ」
と生活苦から聡美に叱られた欣也は
またしても家を飛び出してしまいました。
欣也は路上ライブをやめ、音楽を始める前につるんでいた不良仲間と遊ぶようになっていました。

日が変わり
えみるの所に欣也の妹がやってきました。

欣也の妹は、欣也からお小遣いをもらっていた事を話し
そのお金を返しに来たのです。
妹が友人との交際費として、恥ずかしい思いや無理をしないでいいよう、
欣也がお小遣いを出していたようです。

えみるは、そのお金は受け取れないと話し
そのお金を欣也の妹に返しました。

家族がバラバラになってしまうと悲しむ欣也の妹をえみるは励ましました。

欣也の妹と別れたえみるは、京極からもらったギターを持ち
欣也の事を捜しに行く事に。

えみるは、自転車で町中を駆け回り、
やっとのことで不良集団とたむろする欣也を見つけました。
バイクでえみるを振り払おうとする欣也でしたが、
えみるの必死さを察してバイクを降りました。

えみるはギターを渡しましたが
欣也は、音楽をやめたと話し
ギターを受け取りませんでした。

欣也は、自分のような貧困家庭の人間が夢を見ても意味はない、と去ろうとしました。
えみるは、もう1回だけ話を聞いてもらえませんか?と言い
聡美と面談の約束をした日時が書かれたメモを欣也に渡しました。

欣也は、えみると別れたあと
えみるからもらったメモを捨ててしまいました。

日下部親子との面談

日下部親子と面談の日。

えみるの所に、聡美がやってきたあと
欣也もやってきました。

えみるは聡美に
自分のいい加減な返答で、期待させ
混乱させてしまった事を謝罪し
来てくれた欣也に、お礼を言いました。

その後
えみるは、先輩である半田明伸(井浦新)と一緒に
不正受給した分の返還説明を始めました。

【不正をする意思がなくても、申告漏れが度重なれば不正になってしまう】
と書かれた書類に欣也がサインしていて
一部免除する事はできないと聞いた聡美は
ちゃんと説明せず、サインさせた自分が悪いと
欣也に言いました。

半田は、バイトをしても
手元にお金を残す方法もあり、学費や免許などの支援制度もあるため、
夢をあきらめないで音楽も続けられる、と欣也に話しました。

えみるは、欣也と別れる時に
京極からもらったギターを欣也に渡しました。
欣也はバイトを続けながら音楽も続ける決意をし、
不正受給分の返還も月賦返済となりました。

ある日、えみるが役所に行くと
ギターのお礼と路上ライブを再開したという事が書かれた
欣也からの手紙が届いていました。
欣也は無事に元の音楽少年に戻れたようです。

一方その頃、長い間会っていない娘に手紙を書こうとしていた
阿久沢正男(遠藤憲一)の所に、娘から手紙が届き
母が病死したと書かれていました。

亡くなったのは、阿久沢と離婚した元妻でした。

まとめ

第3話は以上です。

聡美と欣也の全額返還の話が上手くまとまり、
欣也も夢を諦めずに前向きに生きていくと決心できて
今のところ日下部家はハッピーエンドでよかったですね。

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」4話は
2018年8月7日(火)の21時から放送されます。