絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 3期

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」3話ネタバレ

沢村一樹さんが主演する
ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」3話の内容をまとめています。
前回の政治家小松原が裁きを受けないまま何者かに殺害された事に関して、東堂は井沢を疑っているかのような節がありますが。。

ネタバレが含まれていますので気をつけてくださいね。

絶対零度の概要、登場人物を再確認

自殺未遂した危険人物

井沢範人(沢村一樹)には
妻と子供を殺害された過去があり、時折フラッシュバックのように記憶が甦ります。

ある日、井沢は山内徹(横山裕)に屋上に呼び出されます。
桜木泉(上戸彩)のノートになぜ井沢の名前があるのか、何か知っているのか、と切り出す山内。

山内は、唐突に1年前の殺人事件の容疑者にされていた男の名、「ウサミヨウスケ」を口にします。
その殺人事件の被害者は井沢の妻と子供でした。
井沢は、桜木のことは山内より詳しくない、何も知らないと笑って答えました。
「桜木が自分のことを調べていた理由がわかったら教えてくれ」と言い、井沢は去って行きました。

今回、「ミハンシステム」が割り出した危険人物は
栄明大学に通う、若槻真帆(柴田杏花)です。

真帆は、1年前に自殺未遂をして
現在も入院していて、通信履歴などは更新されていませんでしたが
真帆のスマホから、自身が所属していた栄明大学テニスサークルのSNSのグループに
「復讐してやる」と脅迫メッセージが送られたのです。

さらに、真帆のスマホから
医療用のニトログリセリンが購入されていました。

医療用のニトログリセリンは、特殊な技術と知識があれば
爆弾にする事ができます。

小田切唯(本田翼)が真帆の病室に行くと
入院している真帆は、昏睡状態で
1週間ほど前から、容態が悪くなっているようです。

昏睡状態で脅迫メッセージが送れない真帆になりすまし
脅迫メッセージを送った人物が誰なのか、ミハンのメンバーが調べてみると
プラスチック製品専門の工場を経営している、真帆の父親である周作(遠山俊也)と
栄明大学の薬学部に通いながら
栄明大学の学生が集まる店を経営している湯川(佐野岳)を見つけました。

湯川は、真帆が自殺未遂した後の様子からすると、真帆の事が好きだったんじゃないか?と
湯川の店で働く店員が話していました。

周作は、工場で科学薬品を扱い
湯川は、薬学部なので
2人とも、爆弾を作る事ができる人物でした。

真帆の関係者たち

後日。
小田切が、湯川の店で働いて潜入し
真帆が自殺未遂した後、大学に来なくなり
サークルにも顔を出さなくなった阿部(落合モトキ)という人物がいる事が判明しました。

阿部は、真帆が自殺未遂する前の数日間
真帆に何回も電話をかけていて
真帆が自殺未遂する前日に、真帆と会っていた事がわかりました。

阿部と会った真帆は、少し怒っているようでした。

井沢が真帆の病室に行くと、リハビリ担当の大谷がいて
そこにはひまわりの花がありました。

井沢は、看護婦から話を聞き、
真帆のスマホから脅迫メッセージが送られた日、
湯川が真帆の病室に行っていた事がわかりました。

しかし、その日の入館記録に
湯川の名前は無く、湯川は隠れて病院に行き
真帆の病室に行ったようです。

湯川の店で働き終わり、客と飲んでいた小田切が
帰宅するため、湯川と駅まで一緒に歩いていると
湯川が、体調が悪くなった小田切の事を襲いました。

小田切は以前にも襲われた経験があり、
その記憶が蘇っていました。

小田切の異変に気づき、山内が駆けつけると
湯川は、その場から逃走しました。

脅迫の犯人は?

後日。
以前、湯川が女性を襲い
事件を起こしていた事がわかりました。

そして、阿部に動きがありました。

阿部は真帆の病室に行って
「湯川が許せない」と泣きながら真帆に話していました。

真帆は、湯川に襲われたことで自殺未遂したのです。

よって、真帆が自殺未遂した原因は湯川で
脅迫メッセージを送ったのは、阿部だと
ミハンのメンバーは考えました。

その後、山内が阿部から話を聞き、
真帆が湯川に襲われた事や
真帆が自殺未遂する前日、阿部が「警察に行こう」と真帆に言ったが
真帆から「誰にも知られたくない」と言われ、断られていた事がわかりました。

阿部は、自分があんな事言ったから
真帆が自殺未遂してしまったのでは?と思い、後悔していました。

その頃、湯川の店に行っていた小田切は
何者かに襲われ、意識を失ってしまいました。

資料課にいた井沢は、脅迫メッセージを送った人物が
真帆を、自殺未遂に追い込んだのが誰かわからず
それを特定するために、脅迫メッセージを送ったと考えました。

そして、脅迫メッセージを送った人物は
病院に真帆の様子を見に来た湯川が、真帆を自殺未遂に追い込んだと確信したのです。

井沢は突然、横にいた南彦太郎(柄本時生)に
ひまわりの花言葉を調べてもらいました。

ひまわりの花言葉は
「私はあなただけを見つめる」「崇拝」

いつも真帆の側にいる人物を考えた井沢は
リハビリを担当していた大谷が犯人だと推理しました。

動き出した大谷

その頃、大谷は
襲った小田切の足を縛っており
その横には、意識を失った湯川がいました。

一方、田村が大谷の自宅を調べると
部屋中に真帆が病室で寝ている写真があり
ひまわりや爆弾を作った形跡もありました。

大谷は、理工学部を卒業していて
爆弾を作る技術を知っていてもおかしくありませんでした。

小田切が目を覚ますと、大谷が爆弾をセットし
どこかに行ってしまいました。

真帆のリハビリを担当し、幸せを感じていた大谷は
この幸せが永遠に続くと思っていましたが
真帆の容態が悪くなった事で、脅迫メッセージを送って
真帆を傷つけた人物が湯川だと特定し、殺害しようとしていたのです。

真帆の病室にいて、爆弾で湯川を殺害できると思っている大谷は
真帆をも殺害し、自殺しようと考え
真帆の点滴に液体を入れようとしましたが
井沢が大谷の手を掴んで、大谷が入れようとした液体を奪いました。

小田切が縛られていた縄をほどくと、山内と田村がやってきて
以前、爆発物処理班に所属していた田村が
爆弾を処理して、無事に小田切と湯川を救出しました。

救出される前は、自首すると言っていた湯川でしたが
自首する気は無いようでした。

罪を憎むもの

後日。
井沢は、東堂定春(伊藤淳史)に会っていました。

井沢は、ミハンのメンバーが
以前、犯罪に巻き込まれ
強い憎しみを持っている人物たちが集められたと考えていました。
自身も妻子を殺されているためです。

東堂の首の後ろには傷があり、東堂自身も
以前、事件に巻き込まれた事があったのでした。

東堂は、真帆が亡くなったという事を
井沢に伝えました。

大谷が起こした事件の被害者として、事情聴取を受けていた湯川でしたが
被害届が出ておらず、真帆を暴行した事で湯川を罪に問う事はできませんでした。

警察から出てきた湯川の事を、近くで車に乗った井沢が見ていました。

ある人物が、1人で歩いていた湯川に近づき
湯川の額に拳銃を突きつけたあと
電車が通る音に紛れ、発砲音が聞こえました。

まとめ

罪に問えない湯川を殺害したのは井沢なのでしょうか?

その事もあって、前回、「ミハンシステム」が井沢の事を危険人物に割り出したのかもしれないですね。

これからどうなるのか気になりますね!

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」4話は
2018年7月30日(月)21時から放送されます。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」見逃した方が無料動画を見るには

フジテレビ系の番組の見逃し配信はFODがおススメです。
無料体験期間があるので、無料で見れちゃいます。
⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。