花のち晴れ~花男 Next Season~

引用:http://www.tbs.co.jp/hana_hare/

今回はドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の10話の内容について調べてみました!

杉咲花さんが
主演のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の10話です。

10話の内容ついてまとめていますので、これからドラマを見る方や、内容知りたくない方はご注意ください!

スポンサーリンク

花のち晴れ 第10話ネタバレあらすじ

音と晴

江戸川音(杉咲花)は
神楽木晴(平野紫耀)が
自分を信じてくれた事を
バイトの同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)に話していました。

音は
晴から抱きしめられた時に
ずっとこのままがいい。と思ってしまいました。

音は
晴の事が好きになっていました。

晴は
西留めぐみ(飯豊まりえ)に
明日の朝、話がある。とメッセージを送りました。

音は
晴にはめぐみがいて
自分には
馳天馬(中川大志)がいるから
自分の気持ちには蓋をして
天馬と向き合いたい。と紺野に話しました。

紺野は
晴にも天馬にも失礼すぎる。
音は自分が傷つくのが怖いだけ。
周りの事ばかり気にして
自分の気持ちは後回しで
結局どっちつかずになってる。
そういうのが1番
人を傷つけてる。
周りがどう言おうと
答えは音の中にしかない
音が決めるしかない。と話しました。

音は晴にもらった
金の豚の置物である
「ワシントン」を
缶の入れ物に入れて
蓋をしました。

音は天馬に会い
近衛(嘉島陸)の事は許せないが
誰にでも分け隔てなく優しい
真っ直ぐな天馬が好き。と話しました。

天馬は
柔道、弓道、剣道の3種目で
晴と試合をする事を
音に話しました。

音は
昨日の事が原因?と天馬に尋ねましたが
天馬は否定しました。

音は
天馬を応援すると
天馬に話しました。

晴とめぐみ

晴は
土下座して謝罪し
音が好き。という事と
天馬と試合をし
負けたら音を諦める事をめぐみに話しました。

晴は
自分が負けたら
父である
神楽木巌(滝藤賢一)の言うとおりにする。と約束したから
巌は
自分とめぐみを
結婚させようとするから
そうなる前に俺と別れてくれ。と言おうとしましたが
全て言い切る前に
めぐみが
別れないよ。
晴が負けたら
音への思いを
ゼロに断ち切るんでしょ?
つまりそれって
私にもまだ
チャンスがあるって事でしょ?
なら、絶対
晴と別れない。
正直に話してくれて嬉しかった。と話しました。

この後、撮影の予定がある
めぐみは
この事、音には言わないから
安心して。と言い
晴の部屋から出ていきました。

近衛(嘉島陸)は
音には何もしなくていい。
残りのお金は全て支払う。
ことは全部動き出しましたから。と言い
電話で話し
晴と天馬が試合をする。と書かれた
桃乃園のホームページを開いていました。

音は
晴の近くにいると
抱きしめられた時の気持ちを思い出すから
晴と距離を置こうとしましたが
晴に連れられ
天馬との試合に
音の事は関係無い。と晴に言われました。

音は
晴が負ける。とは思っていませんでしたが
なんで、こんな無茶な提案をするのかな?と思っていました。

晴は
天馬の得意な事で勝てば
英徳の一発逆転だ。と
自分以外の「C5」メンバーに言い
本当の事は話しませんでした。

平海斗(濱田龍臣)や
成宮一茶(鈴木仁)、栄美杉丸(中田圭祐)は
晴の事を
杉丸の道場に連れて行きました。

真矢愛莉(今田美桜)は
晴が
デートを中断して
音の所に行った事を
めぐみから聞いた。と音に話しました。

愛莉は
音と晴の話を聞いた時
前みたいに
喜べなかった。
けど、音にとっては
それでいいんだよね?と音に言いました。

音は
うん。と言いました。

柔道と剣道の練習

晴は
柔道、剣道の練習をしますが
一方的にやられてしまいました。

海斗は
試合を辞退するか
杉丸と代わるよう
晴に言いましたが
そんなダサい真似できない。と晴が言いましたが
天馬に惨敗し醜態を晒す方がダサい。と海斗が言い
めぐみのおかげで
英徳の評判良くなってきてるのに。と一茶が言いました。

晴は
やるって決めたら
やるんだ。と言いました。

めぐみは学校に来ていませんでした。

音は
めぐみに
デートを中断させてしまった事を謝りたい。と思っていましたが
めぐみが学校に来ていない事に
ホッとしている所もありました。

音の携帯に
メッセージが届きました。

音は
母である
江戸川由紀恵(菊池桃子)から
仕事のため漁船で海に出ている
音の父
江戸川誠(反町隆史)が帰ってくる。という話を聞きました。

そこには
馳利恵(高岡早紀)もいて
天馬の父である
馳一馬(テット・ワダ)の会社で
新たに設立する
化粧品部門の責任者として
誠を迎え入れる事になった。と利恵が話しました。

利恵は
音たちが3人で住める
部屋を手配してくれていました。

由紀恵と利恵は
音の誕生日に
結婚式を挙げよう。という話で盛り上がっていました。

試合をやめるか

音と由紀恵が
外を歩いていると
トレーニングしている
晴がいましたが
音は何も声をかけず
その場を去りました。

音のクラスメイトは
なんで、晴は勝ち目が無い試合を
申し込んだのか?
晴のせいで
英徳のブランドが崩れ去る。という話をしていました。

晴以外の「C5」メンバーから
晴は
柔道、剣道、弓道
全て絶望的だから
試合をやめるよう
天馬に頼んでほしい。と言われた音は
なんで最初から
負けるって決めつけるの。
晴は
負けず嫌いで
やるって決めた事は
やり遂げる男だよ。と言い
その場を去りました。

愛莉は音の事を追いかけ
ガツンと言ってくれてありがと。
晴は頑張る男だもんね。と言いました。

音は
全力で天馬を応援したい。
晴の事、頼んだからね。と愛莉に言いました。

海斗や一茶、杉丸、愛莉は
協力して
晴の事を特訓していました。

天馬が
明日、柔道の練習に
音が来る。と近衛に言うと
明日の練習は遠慮しますね。
身の潔白を証明できるまでは
音も自分に会いたくないでしょうから。と近衛が天馬に言いました。

音は
天馬の練習を見学していました。

晴や海斗、杉丸、愛莉が
一茶についていくと
西門総二郎(松田翔太)が弓道をしていました。

西門は
花沢類(小栗旬)から
晴の事を聞いていたようです。

晴は
今回の試合は英徳のためだけでなく
本当は
惚れた女のため。という事を
西門に話しました。

西門が晴に
弓道を教えてくれる事に。

試合をする本当の理由を知った愛莉は
周りの人をみんな傷つけて
人を物みたいに。と怒りました。
晴は
自分がダサい事も
最低なのも
わかっている。
だから、これ以上
自分に嘘をつけない。と愛莉に言いました。

愛莉は
晴に頭突きをして
もしちょっとでも
これ以上ダサい真似したら
頭、ペチャンコにするからね。と言いました。

天馬に負けるはず

めぐみは
晴から
試合の事を聞く前に
巌の乗る車に乗り
巌から晴の試合について聞いていました。

晴が絶対
天馬に負ける。と思っている巌は
試合が終わった後
晴をスイスに留学させる。
留学する晴の横には
めぐみにいてほしい。
その時には
婚約を結び
将来を約束したうえで。ですが。とめぐみに言いました。

めぐみは
巌が乗る車から降り
晴の側から
絶対離れません。と巌に言うと
では、詳しい話は
試合の後に。と巌は言いました。

天馬の練習を見学していた音は
近衛を見つけ
あなたは嘘をついたままで平気なの?
それで天馬の側にいて
苦しくならない?と言いました。
近衛は
一体
何の話をされているんです?
この試合を機に
桃乃園への転入を
再度検討してはいかがですか?と言いました。

あなたのいる学校に来いっていうの?と音が言うと
あなたの天馬への思いは
僕程度の存在で揺らぐものなのですが?
天馬は
どんな事があっても
揺らがず音を愛しているのに。と近衛が言いました。

音は
悔しい。と思いましたが
近衛の言うとおりだ。と思っていました。

音が
弓道を練習する
天馬について行くと
同じ場所で
晴が弓道の練習をしていました。

そこには
「C5」のメンバーもいました。

晴は
的に当てる事ができませんでしたが
天馬は
何回も的に当てました。

なんとか
晴も
的に当てる事ができました。

晴が的に当てた時
音が少し笑顔になっている事に
愛莉は気づきました。

西門から
あの子がお前の惚れてる女?と
音の事を聞かれた晴は
普通の女に見えるかもしれないですけど
俺には特別なんです。
初めての特別で
最後の特別なんです。と話しました。

晴と天馬の練習が終わった後
1人になった音に
やっぱり晴の事が好きなの?
そうなんでしょ?と愛莉が言いました。

音は
愛莉はずっと
そう言ってたよね。
けど、私と晴の事
全部、無かった事にして忘れて。と言い
去っていきました。

晴と天馬

晴と天馬は
同じ場所で着替えていました。

晴が
好きな女を信じられねえ奴には
負けねえ。と言うと
僕は、手を抜かない。
全力でお前を潰す。
音は渡さない。と天馬が言いました。

音は
西門に
晴の練習が順調か尋ねました。
メキメキ上達してるよ。と西門は言いましたが
天馬は自分の頭くらいで
晴は地面。と手で表しました。

西門が
勝負は何が起きるかわからない。
だから楽しいんだよ。恋も人生も。と音に言うと
そんなの…
私は楽しくないです!と激しい口調で言った音でしたが
すぐ謝罪しました。

西門は
君とあいつを見て
思っただけ。
歴史は繰り返されるなぁって。と言い
去っていきました。

晴は
小林(志賀廣太郎)から
巌が先代から
厳しく育てられた。という話を聞いていました。

小林は晴を信じている。と話しました。

小林のジャケットの中には
晴が捨てたはずの
開運グッズがたくさんありました。

音は
学校で
めぐみに会い
以前、デートを中断させてしまった事を謝りました。

試合の結果は決まってる。と話すめぐみに
晴はめぐみに応援してほしいと思う。
好きな人に応援してもらったら
すっごく元気出るだろうし。と音が言うと
それ、音が言う?とめぐみが言いました。

音を
誰もいない所に連れていっためぐみは
音が
どっちを応援するのか尋ねました。

音は
どっちかを応援なんてしたくない。
どっちにも負けてほしくない。
こんな戦いやめてほしい。と言いました。

音だけは
そんな事
言っちゃダメ。
音のために
みんな必死になってるんだよ。と言っためぐみは
晴が負けたら
音を諦めると
巌と約束した。という事を話しました。

めぐみは
わかってるよね?
音が応援しなきゃいけない相手は誰なのか?
天馬だよ。そうでしょ?と音に言いました。

音は
きちんと話さなきゃ。と思っていました。

勝負はやらなきゃわからない

弓道を練習していた晴は
前よりも
的に当たるようになっていました。

晴の柔道と剣道の腕前を聞いた西門は
仕方ないな、ついてこいよ。と晴に言いました。

天馬から
試合の事
聞いたんだね。と言われた音は
こんな
自分に有利な試合を受けるなんて
天馬らしくない。と言いました。

きっかけは何でも良かった。
僕か晴か
好きな方を応援すればいいし
自分の気持ちに従ってくれたらいい。って
前の僕ならそう言ったと思う。と天馬が言いました。

天馬は
音が桃乃園への転入を延期したいと言った時
強引に止めれば良かった。と後悔していました。

そうしていれば
今みたいに
音と心が離れる事も無かった。と天馬は思っていました。

もう
物分かりの良い自分でいるのは
やめたんだ。と天馬が言うと
私が一緒にいたいのは
天馬だよ?と音が言いました。
言ったよね?
音に関しては
本当に自信が無いんだ。と言った天馬は
音を抱きしめ
晴と離れれば
元の自分たちに戻れる。
音を幸せにするのは僕だ。と天馬が言いました。

音は
ここまで天馬を思い詰めさせたのは自分だ。
だから
私が天馬を元に戻さなきゃいけない。
二度と不安にさせない。
天馬の側にいる。と思っていました。

紺野の自宅に
愛莉とめぐみが来ていました。

3人でたこ焼きパーティーをするようです。

たこ焼きパーティー

紺野が
彼氏に
自分の夢である
将来、旦那と子供とたこ焼きパーティーしたい。と話してみたら
彼氏が音信不通になり
既読無視されている。と話し
なんでうちが傷つくってわかってて
こういう事するんだろう。と紺野が言いました。

めぐみは
相手が傷つくってわかってて
傷つけるって最低ですよね。と言い
音に試合の事を話した。と
紺野と愛莉に言いました。

試合の事を知った紺野は
晴の事を心配しました。

めぐみは
音が
晴も天馬も
負けてほしくない。と言っていた事を話し
晴が勝つかもしれないと思っているのは
音だけ。とめぐみが言いました。

私は
晴が負けた後の事ばっか考えていた。
音みたいに
まっすぐ晴を信じて応援できないのが悔しい。と言い泣き出すと
愛莉も泣き出し
愛莉の好きな人たちが苦しむくらいなら
恋愛なんて
世界から消滅すればいいのよ。と言いました。

試合当日。

音は
缶の入れ物を落としてしまい
「ワシントン」が出てきました。

音は
「ワシントン」を缶の中に戻し
蓋を閉めました。

会場には
英徳の生徒よりも
桃乃園の生徒の方が
多く応援に来ていました。

音は
由紀恵、利恵と一緒に
桃乃園側の席に座っていました。

由紀恵から
私服で来ればよかったわね。と言われた音が
大丈夫だよ、お母さん
どんな服を着ていても
気持ちが一番だから。と言うと
近衛が
そのとおり。
さすが音さんだ。
今日は一緒に
馳さんの応援
頑張りましょうね。と言いました。

音は
ええ。と言いました。

めぐみと巌は
同じ場所から試合を見るようです。

試合は3番勝負で
先に2番
勝った方が勝利です。

最初の勝負は
柔道です。

入場した晴を見た音は
私は天馬を応援する。と思っていました。

天馬が入場すると
音は
天馬くん
頑張って!と声をかけました。

柔道の結果

試合は
天馬が
晴に一本勝ちしました。

その結果を見た
巌は
席を立ち
めぐみに
お先に失礼。と言い
その場から
去りました。

倒れた晴が
起き上がりません。

晴は倒れたまま
マジかよ。と言い
右手を押さえていました。

晴は
右手を負傷したようです。

花のち晴れ 第10話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」10話は終わりました。

柔道で負けてしまった晴。
剣道、弓道で天馬に勝てるのでしょうか!?
ついに次回
最終回です!

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」11話(最終回)は
2018年6月26日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

花のち晴れ 第9話ネタバレあらすじは以下になります。

花のち晴れ 第9話ネタバレあらすじ

天馬の食事会

江戸川音(杉咲花)は
馳天馬(中川大志)が怒っていないか心配しましたが
天馬は食事会に音が来てくれたから
それで十分だよ。と音に言いました。

真矢愛莉(今田美桜)は
神楽木晴(平野紫耀)と西留めぐみ(飯豊まりえ)が
抱き合っている所を見ていました。

天馬は
食事会に晴がきてくれたおかげで
うまくいった。と
近衛(嘉島陸)に話しました。

英徳の
校舎の前にある
英徳のマークに落書きしたり
めぐみの誕生日ケーキを爆発させた犯人は
めぐみの大ファンで
めぐみが女子高から
共学である英徳に転入し
男子との接点が増える事に対する嫉妬をぶつけるために
落書きや
誕生日ケーキを爆発させたようです。

めぐみの誕生日パーティー後
英徳の世間的評判は上昇していました。

めぐみは
晴から初めて名前で呼ばれ
晴の彼女(仮)の「(仮)」が外れた事や
野菜炒めを作り
「悪くねえ」という
晴なりの褒め言葉を言われた事を
音に話しました。

音は
バイトの同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)に話しました。

音が襲われる

音が夜
歩いていると
後ろからやってきた2人組に
スプレーをかけられ
目が開けられなくなってしまいました。

2人組は
「英徳に未来はない」と言い
去っていきました。

音が助けを求めると
近衛と
桃乃園の生徒たちが音の事を助けました。

天馬が病院に行くと
音と近衛、桃乃園の生徒がいました。

音が言われた
「英徳に未来はない」という言葉は
英徳のマークに落書きされていた
言葉でした。

事情を聞いた天馬は
警察に被害届を出し
今回の事を晴に連絡した方がいいんじゃない?と音に言いました。

近衛は
音を桃乃園に転入させた方がいい。と話しました。

天馬は
転入は
音の気持ちを尊重したい。と言いました。

めぐみは
晴の彼女(仮)の「(仮)」が外れた実感が湧かないから
証が欲しい。と話しました。

めぐみと晴の初デート

めぐみは
晴と初めてデートする事に。

晴は
めぐみとのデートプランを考えていましたが
いい場所が思い浮かびませんでした。

音は
襲われた事を
晴に話すと
デートどころじゃなくなってしまうかも。と思っていました。

音は
めぐみとのデートプランに悩む晴に
めぐみに
何をしてあげたいか。とか
どう喜んでほしいか。とか
考える事が大事。という事を話しました。

音は
襲われた事は
晴とめぐみのデートが終わってから話そう。と決めました。

音と晴が話しているのを
めぐみが遠くから見ていました。

音が自宅に帰ると
馳利恵(高岡早紀)が来ていました。

利恵は
謝罪しに来たようです。

食事会の時
怒っていた利恵でしたが
天馬から
利恵が気に入らないのは
音と天馬の事ではなく
亡くなった天馬の母の事が気に入らないのでは?と言われたのでした。

天馬は
自分にとって母は1人だが
父である
馳一馬(テット・ワダ)にとって利恵は
必要で大切な存在だから
自分も家族として
利恵の事を大切にしたいと思っています。と利恵に話していました。

利恵は嫉妬を正当化するために
音のせいにしていたのでした。

晴の名の由来

利恵は
晴との関係を疑っていた事を謝罪し
音と音の母である
江戸川由紀恵(菊池桃子)の前で
音と晴が写っている写真を燃やしました。

利恵は
私たち
家族になるのよね。と言いました。

晴は
めぐみと
正式に付き合う事になった。と
父である
神楽木巌(滝藤賢一)に話しました。

中途半端な事はしない。と話す晴に
巌は
やっと神楽木家の人間らしくなってきたな。と言い
「晴」と名付けた理由を話しました。

「晴」という名前は
人々を晴れやかに照らし
導く男になってほしい。と願って名付けたのでした。

紺野の自宅に愛莉がいました。

どうやら
たこ焼きパーティーをするようで
音は天馬の所に行ってから
紺野の自宅に行くようです。

天馬は
剣道、弓道、柔道の3競技で
全国チャンピオンになっているのでした。

晴は
小林(志賀廣太郎)に調べてもらい
めぐみの仕事現場に来ていました。

晴は
めぐみを喜ばせる方法を見つけるため
めぐみとなるべく長く一緒にいる事に。

音は
天馬からのリクエストである
野菜炒めを
差し入れとして
持っていこうと
歩いていると
近衛が
2人の人物と話していました。

犯人の二人組

めぐみの仕事現場のカメラマンが
晴とめぐみの写真を撮ってあげる事に。

近衛と一緒にいた2人は
音の事を襲った人物たちでした。

近衛は
また音の事を襲ってほしい。とお金を渡し
頼んでいました。

どうやら
落書きやめぐみの誕生日ケーキを爆発させたのも
近衛が依頼したようです。

音は
近衛が
2人の人物と別れたのを見て
声をかけました。

近衛は
今からでも遅くない
桃乃園に転入されたらどうです?と言いました。

近衛は
音が天馬を悲しませている事に対し
怒っていました。

近衛は
音よりも自分の方が
天馬を喜ばせられる。と音に言いました。

近衛は
この事を天馬に話したければ
ご自由に。と音に言い
去っていきました。

晴とめぐみは
一緒に写真を撮っていました。

音は天馬に差し入れを渡し
近衛の事を話そうとした時
近衛がやってきました。

近衛は
音に
その後
目の具合いかがですか?と言いました。

音は
近衛が犯人だ。と天馬に言いますが
近衛は
自分が桃乃園への転入を急かしたから
音に嫌われ
怒った音が嘘を言ってしまったんだ。と天馬に謝罪しました。

音は必死に
近衛が犯人だと天馬に伝えようとしましたが
天馬は
もしかしたら
何かの見間違いじゃないのかな?
自分の大切な仲間が
そんな事をするとは思えない。と言いました。

近衛は
音が桃乃園への転入を延期した前日に
音と晴が一緒に歩いているのを見た。
晴の事が理由で
桃乃園への転入を延期したのでは?と思い
音を問い詰めてしまった。と話すと
音は怒って近衛に掴みかかりました。

近衛と天馬

天馬が音の事を止めましたが
天馬が食べようとしていた
音の差し入れが
床にこぼれてしまいました。

天馬は
ちゃんと話し合おう。と言うと
差し入れをこぼしてしまった事を謝罪し
片付けていました。

音は
天馬くんは
信じてくれないんだね。と言うと去っていきました。

天馬は
音を追いかけようとしますが
音は
ああすれば
追いかけてきてくれる。と思っている。と近衛が言い
追いかけようとする
天馬を止めました。

音は
愛莉と紺野が待つ
たこ焼きパーティーに行けない。と連絡していました。

晴とめぐみがカフェにいると
音が通りかかりました。

音は
これから天馬とデート。と嘘をつき
急いでその場を去りました。

晴が音の事を気にしていると
めぐみは
自分も音の事
心配。
今日は写真撮れて幸せだし
仕事で疲れたから
帰りたくなっちゃったから
音の所に行って。と晴に言いました。

晴が近衛に負ける

晴は
めぐみに
あとで連絡する。と言い
音を追いかけると
公園のベンチで
音が泣いていました。

音は
自分は近衛に負け
天馬は近衛を信じたんだ。と心の中で思っていました。

音は晴に
何があったか
聞かれましたが
言いたくない。と言いました。

音が
天馬のために
泣いて
ボロボロになっているのが
なんかムカつく。と話す晴は
音を自宅まで送る事に。

音と晴が
話しているのを
音の事を襲った2人組が
スマホで撮影していました。

天馬は
近衛に
音が言っている事に
心当たりがないか
改めて確認しました。

心当たりがない。という事を話した近衛は
音に謝罪したい。と天馬に言いました。

近衛が携帯を確認すると
さっき
2人組が撮っていた
音と晴の写真が送られてきていました。

紺野の自宅

紺野の自宅に
めぐみがやってきました。

めぐみは
デート中に
音と会った事を話し
行ってほしくなかったが
音の所に行って。と言った事を話しました。

愛莉は
晴はそんな女心
わかるわけない。
愛莉がずっと欲しかったものを
パっと手に入れといて
うじうじすんじゃないわよ。
手に入れた以上は
かっこつけてないで
首に鎖つけてでも
捕まえときなさいよ!とめぐみに言いました。

めぐみは
愛莉にお礼を言いました。

音と晴が2人で歩いていると
天馬と
音の所に謝りに行く前に
手土産を買おうとしていた近衛に会いました。

近衛が
音と晴を見て
また密会ですか?
天馬の気を引くための
パフォーマンスですか?と音に言うと
そんな事
わざわざ言いに来たわけ?と音は怒りました。

晴は
音たちの話を聞き
音が近衛を犯人だと思っている事や
音が襲われた事を知り
天馬に
好きな女の言ってる事
信じなくてどうすんだよ!と言いました。

音は
なんで晴が
自分が欲しい言葉を言ってくれるんだろう。と思っていました。

晴と天馬が
言い争いになりそうになった時
音が
2人とも
もう帰って。
お願い。1人にして。と言いました。

晴は
去っていきました。

近衛は去り際
音の方を見ると
笑みを浮かべた後
音を睨み
去っていきました。

1人になった音が泣いていると
晴が戻ってきました。

ワシントン

音は全て
晴に話しました。

落ち込んでいる音の肩に
手を回そうとした晴でしたが
音に気づかれるかも。と思い
手を回せませんでした。

晴は
ポケットから
金の豚の置物である
「ワシントン」を音に渡しました。

近衛と
車に乗っていた天馬は
なんで
音の気持ちがわかるのは
自分じゃなく
晴なんだろう。と言いました。

車の中から
亡くなった母の棺に入っていた花が
売られているのを見た天馬は
母が亡くなった時
音はずっとそばにいてくれた事を思い出しました。

天馬は
車から降り
音の所に走って向かいました。

天馬は
音の自宅に行きましたが
音はいませんでした。

音は
信じてくれてありがとう。
嬉しかった。
さっき、晴がいてくれてよかった。と言い
晴と別れました。

音が歩いていると
後ろから晴が抱きついてきました。

晴が
1分だけ。と言い
音に抱きついたまま
じっとしていると
天馬がやってきました。

晴が悪ふざけして。と音が言うと
とられるぞ。
ちゃんと音を
捕まえておかないと
誰かにあっという間にとられるぞ。
余裕ぶっこいてすかしてないで
音を1番に考えろよ。わかったな。と晴が言い
音の事を離しました。

晴は
じゃあな。江戸川。と言うと
去っていきました。

天馬は
絶対に犯人を見つける。
音を信じてないわけじゃないけど
近衛も大切な仲間だから。と音に言い

だね。と答えた音は
天馬と手を繋ぎ歩きだしました。

音は
天馬らしい答えだ。と思っていました。

天馬と晴

自宅に帰った音は

「ワシントン」を見て
晴を思い出し
自宅から出て
どこかに向かい
走りました。

晴の部屋に
天馬がやってきました。

天馬が
音に近づくな。と晴に言うと
晴は
今、はっきりわかった。
俺は音を
諦めない。と言いました。

音の気持ちは?と話す天馬に
音の事を信じてない奴に
気持ちがどうのこうのなんて言われたくねえよ。と晴は言いました。

自分の気分次第で
音の気持ちを弄んで。と天馬が言うと
弄んでのは
お前だろうが!と晴は言い
天馬に向かっていきました。

天馬は
晴の事を
簡単に避け
突き飛ばしました。

晴と天馬の事を
離れた所から
巌が見ていました。

晴は
天馬に向かっていきますが
倒されてしまいました。

巌が晴の部屋に入ってきました。

巌は
お前は何をやっているんだ。
私に言ったよな?
もう中途半端な事はしないと。と晴に言いました。

巌は
天馬にお願いがある。と言い
晴が
完璧にはほど遠いことを
わからせてやってほしい。と言い
ある賭けを
天馬に話しました。

対決

賭けの内容は
剣道、弓道、柔道の3競技で
晴と天馬が勝負し
天馬が勝てば
晴は音に2度と近づかせない。

巌は
晴が負けたら
英徳を辞めさせて
留学させようとしているようです。

晴が勝てば
自由が手に入る。という事です。

音は
紺野の自宅に行き
紺野に抱きつきました。

天馬は
晴が不利だ。と言いましたが
晴はハンデはいらない。
その賭けやらせてください。と言いました。

戸惑う天馬に
逃げんのか?と晴が言うと
天馬は
後悔しても知らないぞ。と言いました。

晴は
するかよ。
言っただろ?
俺は音を諦めない。絶対にだ。と天馬に言いました。

音は
紺野に抱きつきながら
紺野さん
どうしよう、私…私…と言いました。

花のち晴れ 第9話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」9話は終わりました。

晴と天馬の勝負は
どうなるのでしょうか!?

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」10話は
2018年6月19日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

花のち晴れ 第8話ネタバレあらすじ

音の桃乃園転入延期

江戸川音(杉咲花)は
自分らしく生きる事から逃げたくない。
自分の力で
英徳を好きになってから
桃乃園に行きたい。と
馳天馬(中川大志)に話しました。

音の桃乃園転入は
延期になりました。

音と天馬が話しているのを
少し離れた所から
桃乃園の生徒会の生徒が見ていました。

神楽木晴(平野紫耀)は
西留めぐみ(飯豊まりえ)の
彼氏(仮)になる事に。

その事を知った
真矢愛莉(今田美桜)は怒り
どこかに行ってしまいました。

めぐみの事を名前で呼べない晴に
めぐみは
(仮)がとれたら
名前で呼んでほしい。と言いました。

平海斗(濱田龍臣)は
「庶民狩り」をしなくなった事で
歪みが生じてしまう。
しかし
晴とめぐみが交際している事が
英徳の最後の希望だ。と話しました。

晴が着ていた
ジャケットのポケットに
真珠を抱えた
金の豚の置物が入っていました。

小林(志賀廣太郎)は
晴から
大量の通販で購入した商品を捨てるよう
言われた時に
この豚の置物は
晴にとって大切な物だから。と思い
捨てずにいたようです。

ワシントン

小林は
豚の置物に
「ワシントン」という名前をつけていました。

馳利恵(高岡早紀)は
天馬の事を
振り回している音が
婚約者に相応しいのか
考えさせてもらう。と天馬に話しました。

晴が
「ワシントン」をジャケットのポケットに入れ
学校に行くと
校舎の前にある
英徳のマークに
「英徳に未来はない」と落書きされ
英徳のマークに「×」がつけられていました。

海斗は
監視カメラの映像を確認しに行きました。

落書きされたのは
英徳を守れない
「C5」のせいだ。という事を
周りの生徒が話していると
音がやってきました。

音は
落書きを消すための
バケツと雑巾を持ち
すぐに
「C5」のせいにするのはおかしい。
自分たちの学園でしょ。と言いました。

めぐみも掃除用具を持って
やってきました。

「C5」のメンバーも
落書きを消す事に。

成宮一茶(鈴木仁)と栄美杉丸(中田圭祐)は
音が来てくれた事に
感謝していました。

自分から
落書きを消そうと
めぐみから掃除道具を借りる生徒もいました。

晴は
「ワシントン」の効果だ。と思っていました。

ブレスレット

音は
英徳の事を好きになるまで
英徳を辞めない。という事を
晴に話しました。

晴は
めぐみの
彼氏(仮)になった事を
音に話しました。

音と晴は
友達としてよろしく。と言い
握手しました。

海斗が
監視カメラの映像を解析した所
特徴的なブレスレットをしている事がわかりました。

晴は
落書きをした犯人の特徴を
全校生徒にメッセージで送信するよう
海斗に言いました。

音は
晴から
めぐみの彼氏(仮)になった。と聞いた。という事を
めぐみに話しました。

音に
自分の気持ちを押し付けて
嫌われるのが
怖い。と話す
天馬に
生徒会の生徒は
もっと
わがままになって
押し付けてもいいと思う。という事を話しました。

神楽木巌(滝藤賢一)は
晴を呼び出しました。

晴が
めぐみと交際している事を
知った巌は
自分の会社と
めぐみの父親の会社で
ビジネスの提携を結ぶ話がある事を
晴に話し
中途半端な事はするな。
完璧な人間しか
いらない。と晴に言いました。

バイトをしていた音は
同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)に
晴とめぐみが交際している事を話していました。

晴とめぐみ

音は
晴がめぐみと交際している。と聞いた時
ちょっとだけ胸がチクンとした。
何回考えても
好きで大事にしたいのは天馬。と
紺野に話しました。

天馬は
音に電話をかけ
デートに誘いました。

紺野から
映画のチケットを貰い
天馬をデートに誘おう。と音は考えていたので
天馬からデートに誘われた事に
驚いていました。

めぐみは
自身の誕生日パーティーを
英徳で行いたい。と晴に話しました。

めぐみは
モデル仲間と英徳の生徒
全員を招待すれば
英徳の生徒が
誕生日パーティーをきっかけに
1つにまとまるのでは?と考えていました。

晴が了承した事で
めぐみは
招待状を配りに行く事に。

音は
晴と一緒に映画館に来ていました。

めぐみから
不在着信が入っている事に
音は気づきました。

めぐみは晴と一緒に
音と天馬がいる映画館にやってきて
誕生日パーティーの招待状を
音と天馬に渡しました。

めぐみは
私たちも一緒に
見ちゃう?と晴に言い
4人で映画を見る事に。

音と晴が
仲良くしているのを
天馬とめぐみは
複雑な気持ちで見ていました。

かき氷屋さん

4人は
かき氷屋さんに来ました。

ここでも
音と晴は
楽しそうに話していました。

めぐみは
音と晴が席から離れた時に
言ったのに
ちゃんとつかまえといてって。と天馬に言いました。

天馬の父である
馳一馬(テット・ワダ)は
天馬が音に振り回されている。と思い
音の話を聞くため
音と音の母である
江戸川由紀恵(菊池桃子)を呼び
食事をしよう。
そこで
天馬の婚約者に相応しいか
判断させてもらう。と天馬に話しました。

天馬は
かまいません。
僕は、音を信じています。と言いました。

一馬は
6月2日に食事をしよう。と提案しましたが
その日は
めぐみの誕生日パーティーがある日でした。

その事を天馬が話すと
話をうやむやにしようとしている訳じゃないでしょうね?と
利恵が天馬に言いました。

晴が
めぐみに
誕生日に欲しい物を聞くと
名前で呼んでほしい。と言いました。

由紀恵は
研修旅行に行くようで
水着を持っていこうとしていましたが
音に止められました。

音の自宅に
天馬がやってきました。

天馬は
音と由紀恵に
6月2日は
うちの家族と食事をしてほしい。と
話しました。

音は
めぐみの誕生日パーティーに行けない。という事を
めぐみに電話で話しました。

めぐみは
音が誕生日パーティーに来れない事を
晴に話しました。

晴は
音が
先約を断るなんて
らしくないな。と言いました。

めぐみが
晴にケーキを食べさせてあげようとしましたが
晴は
何かを考えているようでした。

めぐみは
今、誰の事考えてる?と
晴に言うと
晴の部屋から出ていってしまいました。

晴は
部屋に残されていた
誕生日パーティーの計画が書かれた
めぐみのノートを見ていました。

めぐみのノート

ノートには
「C5」のみんなに自分ができる事。
英徳のみんなで盛り上がれる事は何か。
みんなが笑顔になれる会にする。と書かれていました。

それを見た晴が
部屋を飛び出すと
めぐみがいました。

晴は
自分にめぐみの誕生日パーティーを
仕切らせてくれ。と話しました。

晴が
めぐみの誕生日パーティーの準備をしていると
音が通りかかりました。

音は
誕生日パーティーに参加できない事を
謝罪しました。

音の異変に気づいた晴は
音から話を聞く事に。

音は
晴に
天馬の家族と食事をして
一馬から
天馬の
婚約者に相応しいか
判断される。という事を
晴に話しました。

私らしく生きようと思ったら
たくさんの人を傷つけてしまった。と音が言うと
晴は
俺には
俺は俺らしく生きろって言ったんだから
逃げずに自分を貫けよ。という事を音に言いました。

晴は
めぐみが誕生日パーティーで
ケーキのろうそくを吹き消したら
付き合おう。と告白しようと思っている。
めぐみと
面倒くさいから
愛莉には内緒だからな。と話しました。

音は
晴に
ありがと。
あんた最高の友達だね。と言うと
晴は
おめーもな。と言いました。

音がバイトしていると
めぐみがやってきました。

音の自宅に
愛莉、めぐみ、紺野が集まっていました。

野菜炒め

めぐみは
音が作る
野菜炒めの作り方を教えてほしい。という事で
音の所にやってきて
たこ焼きパーティーをしながら
野菜炒めを作る事に。

愛莉は
なぜ自分が呼ばれたのか
疑問に思っていましたが
音に
好きな友達呼ぶのに
理由なんている?と言われると
音好き!と言い
音に抱きつきました。

めぐみは
玉ねぎを切り
目が痛くなってしまいました。

めぐみは
晴の彼女(仮)の(仮)が取れるのか
それとも別れてしまうのか
不安になっていました。

音は
晴はめぐみの事
思っている。と話しました。

恋愛ってしんどい。と話すめぐみに
それだけ
晴に真剣って事でしょ。
愛莉も晴のそばにいるだけで
幸せ。って時があったから。と愛莉が言いました。

杉丸から
本当にめぐみの事が好きか?
音に恋している時と顔が違う。と言われた晴は
音の時とはちょっと違う。
めぐみといると
こんな俺を好きなやつが
世界に確かに1人はいるんだ。って思える
そういう恋の形もあるんじゃねえのか?と話しました。

めぐみが作った
野菜炒めは焦げてしまいました。

めぐみは音と一緒に
夜遅くまで
野菜炒めを作る練習をしていました。

誕生日パーティー当日

めぐみの誕生日パーティー当日。

音は
天馬の家族たちと食事会に行く前に
由紀恵と待ち合わせとしていましたが
由紀恵が研修旅行に持っていかなかった
水着とゴーグルに気づくと
待ち合わせの時間を遅らせました。

音は
めぐみの誕生日パーティー会場に行き
めぐみが
たまねぎを切る時に
目が痛くならないように。と
ゴーグルを
めぐみに渡しました。

めぐみの誕生日パーティーを中止しろ。という
脅迫状が届いていました。

愛莉は
誕生日パーティーは中止しよう。と言いましたが
めぐみは
それじゃ
犯人の思う思うつぼだから
誕生日パーティーを成功させて
英徳を一致団結させたい。と言いました。

晴は
めぐみの事を心配しましたが
みんなが私の事
守ってくれるんでしょ?とめぐみが言いました。

音が由紀恵と一緒に
天馬の家族との食事会に向かっていると
街の大型ビジョンに
めぐみの誕生日パーティーの様子が
映しだされていました。

そこに
落書き犯と同じブレスレットをしている人物が
映っていました。

それに気づいた音は
愛莉に電話をかけましたが
愛莉は
電話に気づかず
出ませんでした。

音は由紀恵に
お店、先行ってて
なるべく早く行くから。と言い
走り去ってしまいました。

先に
お店に着いた由紀恵は
天馬、一馬、利恵に謝罪しました。

一馬は
食事の用意をするよう
店員に言いました。

利恵は
その方が
音が来た時に
気を遣わずに済む。と話しました。

「C5」は不審者がいないか
見張っていました。

めぐみの誕生日ケーキを持ってきた人物の腕には
落書き犯と同じ
ブレスレットがついていました。

犯人

めぐみが
誕生日ケーキのろうそくを消そうとした時
音がやってきて
神楽木!メグリンと逃げて!と言いました。

晴がめぐみを抱きかかえ
倒れこんだ時
誕生日ケーキが爆発しました。

めぐみに怪我はありませんでした。

音や晴以外の「C5」は
犯人を追いかけました。

めぐみは
みんな驚かせるサプライズだったかのような
演技をして
今、会場のみんなの心が
ビックリって気持ちで
1つになったよね。
こんな風に
私も
英徳のみんなと「C5」と
心を1つにしたいと思っています。
みんな今日はありがとう!と言いました。

音や晴以外の「C5」のメンバーが
犯人を追いかけ
犯人は捕まりました。

晴から食事会の事を聞かれた音は
勝手な事した私を
みんなが許すわけないよ。と言いました。

一馬と利恵が
帰ろうとしていると
音がやってきました。

晴も一緒です。

晴は謝罪し
音が英徳のピンチ救ってくれた。と話しました。

利恵から
音との関係を聞かれた晴は
大切な友人です。と言いました。

晴は
音が
どれだけ天馬の事を思っているか
話しました。

晴がもう1度
謝罪し
音も頭を下げると
一馬が近づいてきて
もうそんなに謝らなくていい。
音ちゃんの気持ちは十分わかったからさ。
音ちゃんも
素敵な友達をもったね。と話しました。

帰ろうとする晴に
めぐみにゴメンって伝えて。
それとお幸せに。と言いました。

晴は
2人も。と言うと
去っていきました。

誕生日パーティーの会場にいためぐみは
1人で泣きながら
野菜炒めを作っていました。

そこへ晴がやってきました。

めぐみは
玉ねぎが目にしみただけ。と
涙をふきましたが
まな板の近くには
ゴーグルが置いてありました。

めぐみは
サプライズで
晴に野菜炒めを作ってあげようと
考えていたようです。

晴は
めぐみに抱きつき
1人にして悪かった。
誕生日おめでとう。めぐみ。と言いました。

めぐみは泣いていました。

音は天馬と一緒に歩いていました。

今日はごめん。ありがと。と音が
天馬に話している途中で
天馬は音の事を抱き締めました。

花のち晴れ 第8話 ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」8話は終わりました。

音と天馬、晴とめぐみ
それぞれのカップルは
これからどうなるのでしょうか!?

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」9話は
2018年6月12日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

以下は、第7話のネタバレあらすじです。

花のち晴れ 第7話 ネタバレあらすじ

桃乃園に転校

江戸川音(杉咲花)は
馳天馬(中川大志)から
桃乃園に転校してこないか?と誘われました。

音は
18歳まで
英徳に所属する。という婚約の条件を気にしましたが
そこは天馬が
馳利恵(高岡早紀)を説得する。と話し
音は桃乃園に転校する事に

小林(志賀廣太郎)は
音の事を思い出していた
神楽木晴(平野紫耀)の事を誘い
ジグソーパズルを作りました。

ジグソーパズルには
めぐみの写真と
QRコードがありました。

晴がその事に気づくと
晴の部屋に
西留めぐみ(飯豊まりえ)が入ってきました。

めぐみは
晴から
うざったい。と言われ
帰りました。

「C5」は
庶民狩りを再開する事に。

音は
晴からの告白を断った。と
真矢愛莉(今田美桜)に話しました。

愛莉は
晴が
気を紛らわすために
庶民狩りするのでは?と思いましたが
晴は
英徳を守りたい。という
気持ちで庶民狩りをやる。と話しました。

それを聞いた
愛莉は
晴が決めたなら
何も言わない。
けど、何も手伝わない。と話しました。

庶民狩り

晴たちの所に
1人の生徒がやってきました。

音のクラスの教室に
晴、海斗、成宮一茶(鈴木仁)、栄美杉丸(中田圭祐)がやってきました。

晴は
音のクラスの生徒に
庶民狩りとして
退学するように言いました。

音は晴と目が合いました。

晴は
次の庶民狩りをするため
教室から出ていきました。

庶民狩りを再開したのは
自分のせい?と考えた音は
晴と話し
庶民狩りをやめさせなきゃ。と思い
晴の事を追いかけました。

音が晴を追いかけると
音が追いかけてくると
予想していた
一茶が杉丸と一緒にいました。

一茶と杉丸は
晴が庶民狩りを始めたのは
音のせいではない。と話しました。

一茶は
音に
「C5」が庶民狩りを始めたきっかけを
話しました。

以前、晴が
「F4」がいた頃のような英徳に戻そう。と考えていた時
英徳は
別の人物が
英徳を支配していました。

他の生徒たちに
恐れられていたその人物は
生徒たちの弱みを知ると
人間関係をめちゃくちゃにして
楽しんでいたのでした。

晴は
その人物に英徳をやめてもらう。と考え
海斗が見つけた
その人物が
学費を滞納しているという情報を
晴が本人に言い
その人物が英徳を去ったのでした。

その後、一時的に
英徳の雰囲気が良くなった事で
「C5」は庶民狩りを始めたのでした。

スーツ

一茶は
晴と海斗の頑張りが実を結びだしたから
庶民狩りをやめさせないでほしい。という事を
音に話しました。

晴は
神楽木巌(滝藤賢一)から声をかけられ
スーツを作ってもらう事に。

巌から
週末、そのスーツを着て
食事に行き
これからの事を
色々話しておきたい。と言われた晴は
巌に認められた。と思っていました。

音は
桃乃園への転入祝いと
これまでのお詫び。という事で
天馬、馳利恵(高岡早紀)と一緒に
食事をしていました。

利恵は
天馬が席を外した時に
以前、音と晴の写真を送った事を謝罪しました。
そして
18歳まで英徳に所属する。という
音と天馬が婚約する条件は
音の家が
学費を払えなくなり
退学する。と考えていたのでした。

利恵は
天馬と音が婚約する事に
反対していたようですが
今は、2人が想いあっている。とわかり
応援しているのでした。

音は
桃乃園に通い
天馬のそばにいたい。と利恵に話しました。

音と利恵が話しているのを
天馬は隠れて聞いていました。

桃乃園見学

音は
桃乃園に行けば
庶民狩りを見なくて済む。と思っていました。

音は
見学のため
桃乃園に来ていました。

音は
桃乃園の校内を案内してくれていた
生徒会の生徒から
以前、天馬に救われた。という話を聞きました。

生徒会の生徒から
天馬を悲しませたりしないでくださいね。と言われた音は
もちろんです。と言いました。

晴は
巌と一緒に食事に来ていました。

巌から
神楽木家の将来に関わる事を話す。と言われ
晴は期待していました。

晴と巌のテーブルに
めぐみとめぐみの父親がやってきました。

晴とめぐみは
驚いていました。

巌は
晴に内緒で
晴とめぐみを婚約させようとしていたのでした。

晴の事を
10点満点中、5点がいいところ。だと話す巌に
怒っためぐみは
婚約はしない。
自分の力で晴の心を手に入れる。
私たちを、ビジネスに利用しないでください。と言うと
晴を連れて
去ってしまいました。

めぐみの父親が
巌に謝罪しましたが
巌は
一層、めぐみの事を気に入った。と話しました。

晴は
1人にしてくれ。とめぐみに言い
去りました。

晴の父

晴は
巌から
完璧でない人間はいらない。と言われ
育てられていたのでした。

音は
英徳を辞める。という事を
バイトの同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)に話していると
晴と連絡がつかない。
食事会で巌から
ひどい事言われた。と
晴の事を捜している
めぐみがやってきて
音に心当たりがある場所を聞きました。

心当たりは無い。と話す音に
これから仕事がある。というめぐみは
音に連絡先を渡し
去っていきました。

バイトが終わった音は
晴がいそうな場所の心当たりは無い。と思っていましたが
ある場所を思い出しました。

音が
道明寺邸に行くと
晴がいました。

音は
英徳を辞め
桃乃園に転入する。と晴に言いました。

音が
その場から去ろうとすると
西田(デビット伊東)に声をかけられました。

音と晴が
道明寺邸に入ると
道明寺邸でメイド頭をしている
タマ(佐々木すみ江)がお茶を入れ
待っていました。

道明寺司(松本潤)が
小さい頃から
すごかった。と知った晴は
自分とは元が違う。と感じました。

赤札

小さい時
巌から見放された。という事を話した晴に
タマと西田は
「F4」がやっていた赤札の事を話しました。

赤札をロッカーに貼られると
学園中からの
いじめの対象になり
学園を去る事になる。

しかし、司は
1人の女性と出会い
変わったのでした。

晴は
司も
はじめからすごかった訳ではない。
間違ったと思えば
そこから
軌道修正すればいい。という事を
タマと西田から聞きました。

晴は
そんな悠長な事を言っていたら
学園も巌も待ってくれない。と話しました。

音と晴は
お茶をご馳走になり
道明寺邸から帰りました。

音と晴は
帰り道に
こうして会うのは
これで最後だ。と思っていました。

音は
晴と別れる時
完璧になろうと
悩んで、もがいて
必死に頑張っているのが
神楽木の良さだと思うから
神楽木らしくいてね。
バイバイ、神楽木。と言い
去っていきました。

音と晴が
別れた後
桃乃園で
音の事を案内してくれた生徒が
音と晴の事を見ていたようです。

音が自宅に帰ると
桃乃園で
音の事を案内してくれた生徒が
桃乃園の制服を持ってきてくれていたようで
江戸川由紀恵(菊池桃子)が受け取っていました。

婚約の条件

音は
由紀恵に
桃乃園に転入する。
婚約の条件は大丈夫。と話しました。

めぐみの携帯に
晴から
「家に着いた」
「今日は悪かった」というメッセージが届きました。

めぐみは
「明日
お昼一緒に食べてくれたら許す」と晴に
メッセージを送信しました。

晴は
庶民狩りを続けるようです。

音は
英徳に退学届を出そうとしていました。

以前、音のクラスで
庶民狩りされた
生徒が
話を聞いてほしい。と晴に頼んでいました。

英徳を辞めたくない。という生徒に
晴は
庶民狩りに
例外は無い。と言いました。

庶民狩りされた生徒が
他の生徒に連れていかれそうになりましたが
庶民狩りされた生徒は抵抗しました。

抵抗され
押された生徒が
近くにあった花瓶で
庶民狩りされた生徒を殴ろうとした時
音が
庶民狩りされた生徒を守ろうとしたのですが
間に入った
晴に花瓶が当たりました。

晴は
もうやめた。
こんなだせえ事
もうやめた。と言いました。

他の生徒たちに
自分は完璧じゃなく
弱く、しょうもないが
そんな自分から
もう逃げない。
庶民狩りなんかせず
俺が英徳の品格を取り戻す。
だから、頼む
俺を信じてくれ
俺に力を貸してくれ。と言うと
音が拍手しました。

愛莉や他の生徒も拍手し
神楽木コールが起きました。

一部の生徒は
だっせ。と言い
立ち去りました。

晴は
その場から
立ち去る音に
最後まで、ありがとな
江戸川。と心の中で思っていました。

音は
桃乃園に行き
天馬に会いに行くと
天馬君、私
桃乃園には転入できません。と言いました。

花のち晴れ 第7話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」7話は終わりました。

桃乃園に転入しない。と話す音。
これからどうなるのでしょうか!?

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」8話は
2018年6月5日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

以下は第6話のネタバレあらすじになります。

花のち晴れ 第6話ネタバレあらすじ

音と天馬

江戸川音(杉咲花)は
正式に付き合った
馳天馬(中川大志)の事を
バイトの同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)に紹介しました。

神楽木晴(平野紫耀)は
これまで努力すれば
なんとかなってきたが
天馬には
何をしても勝てる気がしない。と思っていました。

天馬は
馳利恵(高岡早紀)に
音と付き合う事になり
会うのは
月1回だけじゃなくなるから
デートに行くための服などの
贈り物は
もうしなくてもいい。という事を話しました。

利恵は
音と晴が一緒にいる写真を
以前、音の家に送っていました。

天馬は
あの写真がきっかけで
音と向き合う事ができた。と利恵に話しました。

西留めぐみ(飯豊まりえ)は
落ち込んでいる
晴を元気づけようと
晴の自宅の厨房を使って
料理を作りました。

晴は
小林(志賀廣太郎)にめぐみの作った料理を食べさせましたが
料理を食べた小林は
具合が悪くなってしまいました。

めぐみから
食べたい物を聞かれた晴は
音が作った野菜炒めが食べたい。と言いました。

晴は
音の料理がすごい。という事を
めぐみに話しました。

めぐみが料理を片付けようとした時
晴は
めぐみの料理を食べました。

なんとか飲み込んだ晴は
すっごいまずい。と言いましたが
めぐみにお礼を言いました。

音の携帯に
天馬から
昨日は楽しかった、ありがとう。というメッセージと
水族館で撮った写真が送られてきました。

音は
笑っている天馬の写真を見て
気持ちが明るくなっていました。

神楽木が
久しぶりに
「庶民狩り」をしていると聞いた音は
神楽木にひどい言い方をしてしまった事を思い出し
謝罪しなければ。と思っていました。

けど、今日は
どんな顔して
晴と話したらいいかわからない。と音が思っている時
晴も
同じように
どんな顔して
音と話したらいいかわからない。と思っていました。

音がいる教室に
英徳の制服を着ためぐみがやってきました。

晴は
音がいる教室にやってきましたが
音と目が合うと
去っていきました。

「C5」のメンバーが集まっていました。

英徳の評判を良くするため
めぐみを英徳に編入させたのは
平海斗(濱田龍臣)でした。

めぐみが
SNSで英徳に転入する事を発表すると
英徳に転入したい。という人が
増えていました。

めぐみがいると
音に勘違いされてしまう。と
真矢愛莉(今田美桜)が晴に言うと
晴は
音は関係無い。
音は天馬と正式に付き合いだした。と話しました。

今日は帰る。と言う晴に
海斗は
英徳のために
めぐみと付き合え。言いました。

晴は何も言わず
去っていきました。

めぐみは
昨日、晴と一緒に
音がバイトしているコンビニに行こうとした時
音と天馬が話している所を見た。と音に言いました。

音は
晴に
全部見られていたかも。と思いました。

めぐみは
音には彼氏がいるし
晴と付き合ってもいいよね?と音に聞きました。

音は
うん、元々関係無いですし。と言いました。

不良に絡まれ
殴られた晴は
気を失っていました。

晴が
目を覚ますと
晴の部屋に
神楽木巌(滝藤賢一)がいました。

巌は
晴に言った
神楽木家にふさわしいかを見定めるテストを
わかっていない。
わかっているなら
音に執着したりしない。と言いました。

巌は
晴の事を
10点満点中
良くて5点。
音の事は
いいお嬢さんだと思っていましたが
周りの環境を含め
マイナス10点で
神楽木家に最も相応しくない相手。と思っていました。

巌は
これ以上
私を失望させるな。と晴に言いました。

巌が
晴の部屋から出ると
小林とめぐみがいました。

小林から
リゾートホテルチェーン「ニシドメ」のご令嬢。と紹介された
めぐみは
巌に挨拶をしました。

めぐみは
晴の部屋に入りました。

落ち込んでいる晴に
めぐみは
晴を絶対1人にしない。と言い
ベッドで寝ている晴に
寄り添いました。

めぐみが作ってきた弁当を食べた晴は
まずくて、ほっぺたが腐りそう。と言いました。

めぐみは
次の休みに
どこか出かけよう。と晴を誘いました。

音の自宅に
真矢愛莉(今田美桜)が来ていました。

音は
愛莉が持ってきてくれた
お米でおにぎりを作っていました。

愛莉は
音が天馬と付き合い始めた事を
確認しに来たのでした。

音は
天馬を選んだのは
天馬が笑顔になった事や
音の母親である
江戸川由紀恵(菊池桃子)が元気になり
嬉しかった事だと話しました。

天馬と付き合い
音の心も穏やかになったようです。

音は
紺野に
おすすめのデートスポットを聞いていると
音のバイト先に由紀恵がやってきました。

音に
自分は
バリバリ働くから
天馬とデートを楽しんでおいで。と由紀恵が言いました。

音は
電話で
天馬をデートに誘いました。

天馬との電話を切った音は
晴からもらった
真珠を持った
金の豚の置物を見ていました。

音と天馬は
遊園地に来ました。

音は
ジェットコースターに乗り
体調を崩してしまいました。

音は
自分と同じように
体調を崩している人を近くで見つけました。

なんと近くで体調を崩していたのは
晴でした。

晴は
めぐみと一緒に遊園地に来ているようです。

めぐみは
音たちに
ダブルデートを提案しました。

音は嫌がりましたが
天馬がオッケーすると
晴は一瞬躊躇いますが
男らしい所を見せようと
オッケーし
ダブルデートする事に。

ダブルデート

めぐみが
ダブルデートした事はある?と他の3人に聞くと
音と天馬は無いと答えましたが
晴は
腐るほどある。と言いました。

晴はその流れで
音や紺野、紺野の彼氏で
バッティングセンターやもんじゃ焼き屋で
ダブルデートした。と言いましたが
音が大きな声を出し
遮りました。

天馬のスカした顔が気に入らない晴は
その顔を崩してやろうと
天馬を誘い
コーヒーカップに乗りました。

めぐみから
お腹抱えて笑った事ある?と聞かれた音は
笑った事を思い出すと
神楽木との事ばかりでした。

コーヒーカップに乗って
晴は体調を崩してしまいました。

コーヒーカップに乗っても平気だった天馬が
食べ物を買いに行こうとすると
音が
弁当を作ってきた事を天馬に話しました。

晴とめぐみも
音が作った弁当を食べる事に。

天馬は美味しいと言い
食べました。

めぐみは
晴が
音の料理の話をしていた事を話しました。

晴は
こんな弁当は
音らしくない。と言い
トイレに行きました。

晴は
天馬と一緒に
お化け屋敷に入っていました。

天馬は
晴が
天馬と2人で話したがっている。と思っていましたが
違いました。

晴と天馬を待っている間
音はめぐみから
晴の父親である
巌の事について聞いていました。

音は
めぐみの話を聞き
以前、音がバイトしている時に
道を尋ねてきた人物が
晴の父親だと知り
なぜ自分に
会いに来たのだろう?と思いました。

晴は
お化け屋敷の中で
天馬から
お前、音が好きか?と聞かれました。

晴が
だ、だったらなんだよ。と言うと
天馬は
どうもしない。
お前の勝手だ。
でも、音は渡さない。と言いました。

めぐみの提案で
観覧車に乗る事に。

ちゃんとしたペアで
観覧車に乗るため
まず、音と天馬が
観覧車に乗ろうとしたのですが
めぐみが
ファンの人たちに声をかけられ
天馬は
靴紐を結び直すため
しゃがんでいると
観覧車の方に
考え事をしながら歩いていた
音と晴が
同じ観覧車に乗ってしまいました。

観覧車の下で待っている
天馬にめぐみは
晴はわざとじゃないと思う。と話していました。

天馬から
晴の彼女?と聞かれためぐみは
今、頑張っている所なので
音の事を離さないでくださいね。と言いました。

音は
めぐみの事をひどく言う晴に
めぐみの気持ちをもてあそんだら
可哀想だよ。と言うと
晴は
もてあそんでんのは
お前だろ。と音に言いました。

俺の気持ち
気づいてるくせに。と言った晴は
音の肩を掴み
知らんぷりしてんじゃねえよ。
わかってんだろ。
俺が好きなのは…。

晴が何か言おうとした時
観覧車が1周して
地上に戻り
係員が扉を開けました。

音は
晴を振り払い
外に出ました。

音は
帰る途中
胸がドキドキして
晴に掴まれた肩が熱い。と思っていました。

音たちが帰ろうとした時
近くにいた女の人に
男の人がぶつかり
女の人のベビーカーが
階段から落ちてしまいました。

ベビーカーには
赤ちゃんが乗っていました。

晴は
体を張って
ベビーカーを止め
赤ちゃんを助けました。

晴に抱きつくめぐみを見て
天馬は
行こっか。
あのまま2人きりにしてあげた方がいいかなって。と音に言いました。

音と天馬は
手を繋ぎ
晴とめぐみがいる場所から去りました。

めぐみは
ちゃんとお付き合いしませんか?と晴に言いました。

断ろうとする晴に
まだ結論出さないで。
私を付き合って
絶対良かったって思わせる。
ラブパワーMAX!
今は
カッコ仮「(仮)の意味」でいいから隣にいさせて。と晴に言いました。

音と天馬が
飲食店で座っていると
桃乃園の生徒が
天馬に気づき
声をかけてきました。

女子生徒が
もしかして
デートですか?と聞くと
天馬は
うん、そうだよ。と言いました。

それを聞いた女子生徒は
彼女いたんですね。
失礼します。と言い
泣いていました。

それを見た音は
泣いてたけど
いいの?と天馬に言いました。

天馬の怒り

天馬は
自分の事を好きな子を
慰めたり
そばに寄り添っても
音は何も感じないの?
今日1日、僕が
嫉妬したり
傷ついたりしてないって思ってる?ときつい口調で
音に言いました。

こんなに怒っている天馬を
音は初めて見ました。

感情的になった事を
謝罪した天馬に
音は
自分が悪い。と言いました。

音は
晴から
告白のような事をされ
自分がグラついている事を
天馬に見透かされている。と思いました。

音は
ごめんなさい。
ちゃんとはっきりさせるから
少しだけ
私に時間をください。と天馬に良い
どこかに行ってしまいました。

音は自宅に帰り
自分の部屋に行き
すぐに自宅から出ました。

晴が自分の部屋に行くと
音がいました。

音は
観覧車での
話の続きをしに来た。
あなたは
私の事が
好きなんですか?と晴に言いました。

晴は
好きだ。と言い
どれくらい
音の事が好きかを話し
本当に音の事が
大好きだ。と言いました。

音は
ありがとう。
そんな風に思ってくれて。と言い
晴に
金の豚が真珠を持っている置物を返しました。

音は
今まで苦しめた事を謝り
天馬と付き合っている。
これ以上、自分のせいで
誰かを傷つけたくない。
大事な人に
ただただ笑っていてほしい。と晴に言いました。

晴は
意味わかんねえ事言うなよ。と言いましたが
音は
だね。
ごめん。
けど、そういう事だから。と晴に言い
部屋から出ていこうとしました。

晴が
音の名前を呼ぶと
部屋から出る少し前で
音が止まりました。

晴は
泣きながら
お前はそれでいいのかよ。俺との事。
こんなんで終わりかよ。と音に言いました。

音は泣くのを堪えながら
晴と私は
何も始まってないよ。と言い
部屋から出ていきました。

晴は
1人になった部屋で
泣いていました。

音は天馬に会い
ちゃんと伝えてきた。
私が付き合ってるのは天馬だって。と言い
謝罪しました。

天馬は
音が話している途中で
音の事を抱き締め
もういい。
わかったから。と言い
音にキスしました。

天馬は
音に
音、桃乃園に転校してこないか?と言いました。

この記事のまとめ
という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」6話は終わりました。

音はこのまま
英徳学園に残る事はできるのでしょうか!?

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」7話は
2018年5月29日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

花のち晴れ 第5話のネタバレはこちらです。

花のち晴れ 第5話ネタバレあらすじ

成宮のパーティー

江戸川音(杉咲花)は
真矢愛莉(今田美桜)に連れられ
成宮一茶(鈴木仁)が主催するパーティーに来ていました。

そのパーティーには
人気モデルである
西留めぐみ(飯豊まりえ)も来ていました。

神楽木晴(平野紫耀)は
音を
誰もいない所に連れていき
愛莉が行方不明になった時
ガキのように当たってしまった事を謝罪しました。

その事は
もう気にしていない音でした。

音が少し怒っているのは
晴がめぐみに
鼻の下を伸ばしていたからのようです。

音は
一茶が
華道を披露しているのを
愛莉とともに
VIPルームから見ていました。

近くには
晴と平海斗(濱田龍臣)がいました。

音は
愛莉に教えてもらった
貸し切り露天風呂に入っていました。

温泉で働いている人が
「宙の湯」にかかっていた
女湯の札を
男湯の札に変えました。

晴が
露天風呂に入ろうとすると
めぐみが
露天風呂に入っていました。

それに驚いた晴は
転んでしまいました。

晴の事を心配して
寄ってきためぐみを見て
晴は気を失ってしまいました。

音が帰ろうとすると
少し挙動不審な晴がいました。

晴も帰るようで
音と一緒にいた愛莉は
晴と音を一緒に帰らせる事に。

晴は
露天風呂でめぐみと鉢合わせた事が
音にバレたくないと思っていました。

音は
母である
江戸川由紀恵(菊池桃子)が
パートの面接に受かった事を話していました。

その事をお祝いしようとしている
音に
晴は驚いていました。

驚いている晴に
音が
住む世界が違いすぎてわからないよね。と言うと
晴は
知らない事はあるけど
わかんない事は無い。と言いました。

晴は
音に壁を作られる事で
傷ついているようです。

車を待っていた音と晴の事を
カメラで撮影している人物がいました。

音と晴は
車内で気まずい雰囲気になりましたが
晴が咳をした時に
音が晴に
持っていたのど飴をあげました。

音は
いつもと違い
晴の事を意識しているようです。

音の自宅

音の自宅に着きました。

音は
飴が包まれていた紙で
何かを作り
晴にあげていました。

音の事を送った晴は
由紀恵に会いました。

晴は
由紀恵に丁寧な挨拶をして
帰っていきました。

音は
由紀恵が晴に対し
ドキっとした。と話している事に
同意した後
我にかえり
今日の自分は
どうしちゃったんだろう。と思っていました。

音と愛莉が
学校でお昼ご飯を食べていると
晴がやってきました。

晴は
以前、道明寺司(松本潤)の自宅に行った時
お茶をご馳走してくれる。と言われたのに
途中で帰ってしまい
このままだと失礼なので
音を誘い
もう1度、道明寺の自宅に行く事に。

バイト前の時間なら空いている音は
晴と
放課後、道明寺の自宅に行く事に。

音と晴の事を
カメラで撮影していた人物が
馳利恵(高岡早紀)に
音と晴が一緒に写っている写真を渡していました。

英徳に
他の学校の制服を着た
女子生徒がやってきました。

晴は
道明寺の自宅に行った後
音に告白する。と決め
その事を「C5」のメンバーに話しました。

晴が
バラの花束を買おうとした時
財布を無くした事に気づくと
めぐみがやってきました。

近くには
放課後、道明寺の自宅に行くため
晴と待ち合わせをしていた音がいました。

晴の所に行っためぐみは
晴に財布を渡しました。

晴は
露天風呂に入った時
財布を忘れていたようで
学生証を見ためぐみが
財布を持ってきてくれたのでした。

晴は
めぐみと一緒に露天風呂に入った。と疑われ
動揺していました。

めぐみは
以前、晴に会った事がある気がする。と話していた理由がわかったようです。

めぐみがハマっている
スマホゲームに登場する
めぐみの推しキャラに
晴が似ているのでした。

晴とめぐみ

他の生徒たちは
めぐみは晴の彼女?と
話していました。

晴とめぐみが
話しているのを見ていた音は
愛莉に
晴へ
やっぱ帰る。という伝言を頼み
立ち去りました。

音は
追いかけてきた晴に
怒っているようで
どいて、邪魔。と言い
去っていきました。

その場に残された晴の所に
めぐみがやってきました。

音は
バイト中も
いら立っているようでした。

音がバイトしているコンビニに
愛莉がやってきました。

愛莉は
晴とめぐみの事は誤解。と伝えに来たようです。

音は
同僚の紺野亜里沙(木南晴夏)から
ヤキモチを妬いているんじゃ?と言われ
愛莉が
昨日も晴とめぐみの事を見て
怖い顔していた。と言うと
だから
違うって言ってるでしょ!とキツい口調で言ってしまいました。

音は
ゴメンと謝り
バイトに戻りました。

落ち込んでいる晴の所に
めぐみがいました。

めぐみは
音が
晴の彼女ではなく
片思いの相手と知り
気持ちを伝えた方がいい。と言いました。

めぐみは
練習のため
素直に好きだって言ってみて。と晴に言いました。

晴は
好きだ。と言った後
変な事させんじゃねえよ。と言い
その場から去りましたが
めぐみは
何か感じているようでした。

音が
自宅に帰ると
音と晴が一緒に写っている写真が
利恵から
送られてきていました。

利恵は
馳天馬(中川大志)に不服があるなら
無理に婚約を続けなくてもいい。と思っているようです。

由紀恵は
写真を見て
音が浮気しているのかも。という事が気になり
今日から行くはずだった
パートに行っていませんでした。

由紀恵には信用してもらいたいと
思っていた音は
怒って
出て行ってしまいました。

音が外に出ると
天馬がいました。

天馬は
利恵の誤解を解き
その事を伝えようと
音の所に来たのでした。

音は
今の自分は最悪で
天馬の事を傷つけてしまうから
このまま帰って。と言うと
天馬は
ほっとけるわけないだろ。
音になら傷つけられてもいい。と言いました。

晴の自宅に
海斗、一茶、栄美杉丸(中田圭祐)がやってきました。

海斗は
晴に
めぐみ付き合え。と話しました。

最近
天馬が音のため
英徳に寄付をした事が広まり
噂になっているようで
英徳の評判が下がり
桃乃園の評判が上がっているのでした。

天馬の婚約者である音に
晴が恋している事がバレたら
もっと評判が悪くなる。
そう思い
海斗は
英徳のために
晴とめぐみを付き合わせようとしているのでした。

晴は
磨いていたガラスの球を置き
ランニングに行きました。

晴が
扉を閉めた衝撃で
壁に掛けてあった絵画が落ちそうになりましたが
海斗たち
3人で
なんとか受け止めました。

しかし、晴が置いたガラスの球が
棚から落ちて
割れてしまいました。

晴の父である
神楽木巌(滝藤賢一)は
天馬の父である
馳一馬(テット・ワダ)と
利恵に会っていました。

利恵は巌に
天馬の婚約者である音と晴が
とても仲良くしている。という事を話しました。

巌は
音という名前を
小林(志賀廣太郎)から聞いた事を思い出していました。

音とデート

ランニングから帰ってきた晴は
ガラスの球が割れている事に気づき
驚いていました。

天馬は
月1回、音と会うのとは別で
音の事を
デートに誘いました。

音と天馬が
音の自宅に帰ると
自宅の前に
由紀恵がいました。

天馬は
利恵の誤解は解いてある。と由紀恵に話しました。

天馬から
由紀恵と仲直りするように言われていた音は
由紀恵と仲直りしました。

音がバイトしていると
巌がやってきて
音に道を尋ねました。

巌が
晴の父だと知らない音は
メモに
目的の場所までの地図を書き
巌に渡しました。

巌は
小林の車に
乗っていました。

どうやら
巌は
音がどんな子なのか
見に来たようです。

音の事を
気立てが良さそうな子だ。と感じた巌でしたが
音にもらったメモをくしゃくしゃにして
だが、神楽木家には相応しくない。と言いました。

巌は
晴から音を引き離さなくては。と考えていました。

音が天馬とデートするために自宅から出ると
お洒落な服を着て
待っていました。

月に1回
天馬と会っている時は
天馬の家から
もらった服を着ていた音でしたが
今日はいつも通りの服装でした。

古着屋に来た
音は天馬の服を選び
コーディネートしてあげました。

会計をする時
天馬は
音が
試着していた帽子を持ってきて
音にプレゼントしました。

音と天馬は
水族館に来ました。

撮影のため
水族館にめぐみが来ていました。

それに気づいた音は
めぐみがいる所から離れようとしましたが
音に気づいためぐみが
音と天馬の所にやってきました。

めぐみは
晴が落ち込んでいた事を話すと
晴の事が頭から離れず
胸が苦しい。
ゲームでの恋しか知らず
リアルの恋は知らないけど
このまま、晴の事を考え続けてもいいですか?と
音に聞きました。

音は
ご自由にどうぞ。というと
強く手を握っていました。

音は
私には一切関係の無い事ですので。と言うと
天馬を連れ
その場から去りました。

天馬は
自分と音の間に壁があるから
音の事になると自信が無くなってしまう。
これからは
1枚ずつでも壁を壊して
音に近づいていくから。と言いました。

それを聞いた音は
壁を作られる事で
傷ついていた
晴を思い出していました。

晴の部屋

晴の部屋に
めぐみがやってきました。

晴が
音の事で傷ついている。と見抜いためぐみは
両手を広げ
弱った心にはハグが1番。と言いました。

音は
天馬に壁を感じさせていた事を
謝罪しました。

自分が昔と変わったからだ。と音が言うと
天馬は
昔も今も音は音だ。と言いました。

晴は両手を広げるめぐみの横を通り
ちゃんと告白して
音にわからせる。と言いました。

外を走っている晴の後ろを
めぐみが追いかけていました。

天馬から
音は僕にとって特別だよ。
もし音の隣に僕がいてもいいなら
もう音を離さない。と言うと
音は
天馬の手を握り
こんな私なんかでいいの?と聞くと
こんな音がいいんだよ。と天馬が言いました。

音は
誰に聞かれても
胸張って
私の彼氏は天馬君だって言いたい。
私と付き合ってください。と天馬に言いました。

音と天馬の事を
近くから晴とめぐみが見ていました。

音が
なんか変な感じ。と言い笑うと
天馬は
僕は
今、世界で一番幸せだなって思ってるよ。と言いました。

音と天馬の事を見ていた晴は
飴が包まれていた紙で音が作り
以前、もらった物を持っていましたが
落としてしまいました。

この記事のまとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」5話は終わりました。

音はこのまま
英徳学園に残る事はできるのでしょうか!?

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」6話は
2018年5月22日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

花のち晴れ4話ネタバレは以下になります。

花のち晴れ 第4話ネタバレあらすじ

愛梨の謝罪

江戸川音(杉咲花)が
神楽木晴(平野紫耀)、音のバイトの同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)、紺野の彼氏でもんじゃ焼き屋にいると
真矢愛莉(今田美桜)が入ってきました。

愛莉は
音に
学校から追い出そうとしたり
隠し撮りさせたの写真を拡散した事などを
謝罪しました。

晴から
愛莉の事を許すか、許さないか
選べばいい。という事を言われた音は
自分も家の事を隠していて悪いから…という理由で
愛莉の事を許しました。

音と友達になろうとした愛莉でしたが
音は
今すぐ、愛莉と友達になるのは難しそうで
その事を理解した愛莉は
音と友達になるチャンスが欲しい。と話し
音も了承しました。

どうやら愛莉には
友達がいないようです。

学校で音は愛莉と一緒にいました。

音は
愛莉が自分と友達になりたがっている事を
不審に思い
晴も音と同じように
愛莉が音と仲良くしようとしている事を
不審に思っていました。

晴は
愛莉がニコニコしている時は
ろくでもない事を考えている時だと思っているようです。

愛莉が何をしようとしているのか
気になっていた晴は
栄美杉丸(中田圭祐)から
「確かめればいい」と言われ
平海斗(濱田龍臣)と一緒に変装し
音と愛莉の会話を聞く事に。

愛莉は
サプリメントをご飯代わりにしているようです。

愛莉は
自分が小さい時に太っていた写真を
音に見せました。

愛莉は
甘やかされっぱなしで育ち
世界は自分のものだと思っていたようです。

友達がいなくても
お菓子とおもちゃがあれば

小学校4年生の時に行った遠足で
お菓子の食べすぎで歩けなくなり
他の生徒に置いていかれてしまった愛莉の事を
晴が助けてくれたのでした。

愛莉の事を
おんぶして
他の生徒の所まで連れて行ってくれたのでした。

その日から
お菓子を大量に食べる事をやめた愛莉は
痩せたのでした。

愛莉は晴の事を恩人だと思い
「C5」を守りたい。と思っていました。

晴は
愛莉が
秘密にしていた
遠足での出来事を音に話した事に
驚き
愛莉に話しかけました。

愛莉は
晴に
遠足での出来事を
黒歴史だから。という事で
口止めしていたようです。

愛莉は
音に心を開いてもらえるように
自らの事をさらけだしたのでした。

妹みたいなもの

晴は
愛莉にムカついたら
いつでも殴っていい。
俺にとって愛莉は妹みたいなもの。と音に言いました。

「妹みたいなもの」と言った時
愛莉の表情が一瞬固まりましたが
愛莉も音に
晴の事を殴っていいからね。と言いました。

愛莉は
音と遊ぶ約束をして
そこに晴も誘いました。

海斗から
何を考えている。と聞かれた愛莉は
晴に嫌われないように頑張っている。と言い
喋ってみると
音はいい子だ。と思っているようです。

晴の事が好きな愛莉でしたが
晴が振り向いてくれないなら
そばにいよう。と考えているようです。

音が自宅に帰ると
天馬から花束が届いていました。
江戸川由紀恵(菊池桃子)に電話をかけた天馬は
音の事を心配していたようです。

病院で天馬と話して以来
音は天馬と話していませんでした。

天馬の自宅に
桃乃園の生徒が
音のために天馬が
英徳に寄付をした事を確かめるために
やってきました。

その会話を
馳利恵(高岡早紀)は聞いていました。

桃乃園の生徒は
天馬が
ライバルである英徳に寄付した事に対し
良く思っていないようでしたが
天馬は
英徳の事を敵だとは思っていませんでした。

晴の部屋で
晴と愛莉が音の事を話していました。

部屋の外から
晴の父が見ていました。

晴の父は
小林(志賀廣太郎)に音の事を聞いていました。

晴の父は
音が
神楽木家の跡取りの相手として相応しいかどうかを
小林に聞くと
小林は困りました。

晴の父は
晴に
人を見る目を養え。
これ以上、私を失望させるな。と伝えるよう
小林に言いました。

音は愛莉と遊ぶ約束をし
愛莉の事を待っていました。

愛莉が音の所にやってくると
後ろに晴がいました。

愛莉は晴の事を置き去りにして
音に服を選んであげました。

音は
天馬の事が好きなのに
素直になれない事に悩んでいました。

愛莉は
それは晴と天馬がライバルだから
晴が仲良くなってしまった事で
音が気を遣っているんじゃない?と言いました。

音が入っている試着室の扉を閉めた愛莉は
冷たい表情をしていました。

レストラン

愛莉に服を選んでもらい
晴の所に行った
音と愛莉は
3人で
レストランに行く事に。

音たちの事を
上のフロアから誰かが見ていました。

コース料理を注文する際
音と晴は
前菜、メイン料理で同じ料理を選びました。

晴は
デザートは音と違うものを選ぼうとしました。
それは
甘いものを食べない晴が
音に違うデザートを食べさせてあげるためでした。

愛莉はまたサプリメントをご飯代わりにするようです。

愛莉が
晴と昔行った
隣町の工場の話をしましたが
晴は覚えていませんでした。

愛莉が飲み物をこぼしてしまい
音にかかってしまいました。

愛莉は服を洗った方がいい。と言い
音の事をトイレに
連れていきました。

従業員用トイレの方が近いからと
愛莉が音と歩いている時
愛莉は
晴が工場の事を覚えていなかったので
残念そうでした。

音は
愛莉のために
何かしてあげるのは
晴にとって当たり前だったんじゃないですか。
あいつ意外と優しいし。と言いました。

閉じ込められる

愛莉は
晴の事、良くわかってんだね。と低い声で言い
扉を開けました。
この先がトイレだという愛莉に音が近づくと
愛莉が音の手をつかみ
音を
部屋に入れ
扉を閉めてしまいました。

愛莉は
冷蔵室に音を閉じ込め
扉に鍵を閉めた後
あんたなんかと友達になるわけないじゃない。と言い
その場から立ち去りました。

音は携帯を見ましたが
圏外でした。

音が携帯のライトで照らしながら
冷蔵室の中を歩くと
天馬が座っていました。

天馬は
「音の友達」という人から
音が倒れた。という連絡を受け
送られてきた住所にやってきて
愛莉の案内で冷蔵室の前に
連れてこられ
そこで男たちに襲われてしまったようです。

音が試着している間に
音の携帯から
天馬の連絡先を見つけ
愛莉が「音の友達」として連絡したようです。

天馬は自分が着ていた上着を音にかけて
音に抱きつきました。

晴が待っているテーブルに戻った愛莉は
どっか行ったよ。
晴は騙されてる、あの女に。と言いました。

愛莉が合図をすると
カーテンが閉まり
冷蔵室にいる
音と天馬の映像が映されました。

天馬は
音をひどい目に遭わせた奴らに
腹が立つが
音と一緒にいられて嬉しい。という正直な気持ちを話しました。

音と天馬

音は
親が決めたからではなく
天馬が初恋の人で
この気持ちは変わらない。と思っていたが
音の父の会社が倒産した後は
ご飯を奢ってもらう事や
服などをプレゼントしてもらうと
バイトの時給で計算してしまって
自分が何もしてあげられないのが辛い。と話しました。

天馬は
音の事を抱きしめ
自分の母が亡くなってから今まで
そばにいてくれたのは
音だけだった。と話しました。

天馬は
音の事は僕が守る、絶対にだ。と言いました。

怒って音の居場所を聞こうとする晴に
無視されるより
怒って名前を呼ばれる方がマシだと
愛莉は言いました。

晴は
お前クソだな、吐き気がするぜ。
2度と俺の前に現れんな。と愛莉に言い
その場から去りました。

晴が
音の事を捜していると
騒がしい場所を見つけました。

冷蔵室から出て

晴が
冷蔵室の中に入ると
スプリンクラーが作動していて
濡れている音と天馬を見つけました。

晴に対し天馬は怒りましたが
音が止めました。

天馬は音を連れ
冷蔵室から出ました。

音は天馬と車に乗っていると
小さい頃読んだ絵本を思い出していました。

その絵本は
誰からも愛されるお姫様がいて
夜になると
美しい花に変身し
人を惹きつけ
近づいてきた人を食べてしまう。という話でした。

音は絵本の結末を
思い出せませんでした。

音を自宅まで送った天馬は
本当の気持ちを話してくれた音にお礼を言いました。

天馬は
音と出かけるたび
音に嫌われているのかもしれない。と思っていたようですが
音はそれを否定しました。

これからは音の事を不安にさせない。と天馬が
音に話していると
由紀恵がやってきました。

由紀恵は
天馬の服が濡れている事に気づきました。

音の自宅で風呂に入った天馬は
実演販売のパートの面接を受ける由紀恵が
ウインナーを焼く練習をしているのを
手伝っていました。

馳利恵(高岡早紀)は
出かけている時に
音が晴、愛莉と一緒にいる所を見ていました。

愛梨の行方

音は
学校で弁当を食べようとしていました。

音は
愛莉が
遠足の話をした時
友達になれるかも。と思っていたのでした。

音の所に
海斗、成宮一茶(鈴木仁)、杉丸がやってきて
音に謝罪しました。

晴は
愛莉はもう仲間でも
幼馴染みでもない。と海斗たちに話したのでした。

音がバイトをしていると
海斗がやってきて
愛莉がどこにいるか知らないか?
どこか心当たりは無いか?。と話しました。

愛莉が行方不明になり
大騒ぎになっているようです。

音は
以前、天馬に話した
絵本の結末を思い出しました。

村人に花に変身する事がバレ
みんな嫌われ
1人ぼっちになってしまい
自分の持つ毒で
命を絶つのでした。

音は
愛莉が話していた
工場の話を思い出しました。

晴の自宅に
音と海斗が行き
工場の場所を聞きましたが
晴は言いませんでした。

晴は
なぜ音が愛莉の事を
庇う事を疑問に思い
天馬と2人きりになれた事に感謝しているからか。と言うと
音は
愛莉の事は好きじゃないが
晴のために一生懸命になっているのが可哀想。と言いました。

隣町の工場

音は
「隣町の工場」という情報だけで
愛莉の事を捜しました。

雨が降る中
音は
色々な工場を捜し
ある工場の中で倒れている愛莉を見つけました。

音は嫌がる愛莉の事を
おんぶして歩きだしました。

音が倒れそうになった時
晴がやってきて
音と愛莉の事を支えました。

音は自分はいいからと
晴に愛莉の事を任せました。

晴は
工場を覚えていたようです。

晴に抱えられた愛莉は
大好きだったよ。と晴に言いました。

音は
微熱があるようで
バイトを休んでいました。

音の自宅に愛莉が来ていました。

愛莉は
靴のまま
家に入っていました。

由紀恵が
一緒に愛莉とご飯を食べようとしていましたが
愛莉はサプリメントを出しました。

音は
愛莉にサプリメントを飲ませず
靴を脱がせ
一緒にご飯を食べる事に。

愛莉は
たくさんご飯を食べました。

愛莉は
パパに頼み
工場を買い
昔のままにしていましたが
工場を売りに出したようです。

愛莉は
音の部屋に行き
金の豚が真珠を持っている置物を見つけました。

それが
晴からもらった物だと知った愛莉は
音と晴に幸せになってもらう。
音と友達だから
友達の恋を応援する。と決めました。

愛莉から
心は天馬でいっぱいで
晴はいない?と聞かれ
音は
少し考えました。
即答できない事で
晴にも希望がある。と思った愛莉は
ある所に音を連れていきました。

晴は海斗から
音に工場の場所を聞かれた時に言った事を
音に謝罪しろ。という事を言いました。

音と愛莉は
何かのイベント会場にやってきました。

みんな豪華な服を着ていましたが
音は愛莉が用意してくれた服を着ずに
普段着で来た事を後悔していました。

愛莉が
晴たちを見つけた後
音は
西留めぐみ(飯豊まりえ)の事を見つけました。

一茶がめぐみに声をかけましたが
めぐみは
一茶の事を通りすぎ
晴の顔に近づきました。

めぐみは
ねえ、前にどっかで会った事ある?と晴に言いました。

花のち晴れ 第4話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」4話は終わりました。

音はこのまま
英徳学園に残る事はできるのでしょうか!?

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」5話は
2018年5月15日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

花のち晴れ3話ネタバレは以下になります。

花のち晴れ 第3話ネタバレあらすじ

隠れ庶民

江戸川音(杉咲花)が学校の中に行くと
英徳の生徒たちが
使っているスマホのメッセージ画面に
音が隠れ庶民である事や
音が馳天馬(中川大志)の婚約者である事などが
書かれていました。

校舎の中から音の事を見ていた
真矢愛莉(今田美桜)は
「さっさと消えて
晴の前から」と呟きました。

晴は
平海斗(濱田龍臣)と一緒に車で学校に向かっていました。

晴は
悪運を鼻で吸うという
真珠を持った
小さな豚の置物を持ってきていました。

どうやら
晴はその置物を
音にあげようと思っているようです。

音が学校内に入ると
他の生徒たちに囲まれ
暴言を言われてしまいました。

音が暴言を言われている姿を
少し離れた所から
愛莉が見ていました。

走って逃げた音が
豚の置物の話をしている
晴と海人に会いました。

豚の置物は
鼻から悪運を吸えば吸うほど
真珠が大きくなるようです。

音は晴に
スマホのメッセージ画面を見せました。

メッセージは現在も書き込まれていました。

音は
泣きながら
「ひどいよ、神楽木」と言い
去っていきました。

晴はは音を追おうとしましたが
「C5」らしく振る舞うように。という事を
海斗に言われ
止められました。

晴と海斗の後ろには
「C5!C5!」と言う
生徒たちがいました。

音が
スマホのメッセージ画面を見ると
音の母である
江戸川由紀恵(菊池桃子)が
レストランのメニューを見ている時に
英徳の男子生徒が絡む様子の動画が投稿されていました。

それを見た音は
スマホの電源を消しました。

「C5」のメンバーが
音の事を話していました。

成宮一茶(鈴木 仁)と栄美杉丸(中田圭祐)が
スマホのメッセージに
由紀恵や
音の自宅の写真が投稿されているのを見て
やりすぎだ。という事を話していましたが
愛莉は
問題はそこではなく
庶民が英徳に通っている。という事を話しました。

どうやら
愛莉が男子生徒にやらせて
由紀恵や
音の自宅の写真を投稿させたようです。

愛莉は
男子生徒たちに
やり方がぬるい。という事を話すと
近くにあった植木鉢を
投げつけ
「絶対許さない」と言いました。

音は
亡くなった
天馬の母のお墓参りに来ていました。

天馬の母が亡くなる前
天馬の母から
「天馬のそばに
ずっといてくれる?」と聞かれた音が
「はい」と答えると
「約束よ」と天馬の母が言いました。

庶民である事がバレて
18歳まで英徳に所属する事ができない。という事を思った音は
天馬に会おうとしていました。

天馬の現在の母である
馳利恵(高岡早紀)は
家にあがってもらったら?という事を天馬に言いましたが
天馬も音に同じ事を言ったようですが
音が断ったようです。

利恵は
第4日曜日以外に
天馬が音と会う事に対して
気に入らない様子でした。

音は
英徳を辞める。
これで遺言に縛られなくて
天馬君は自由だよ。という事を
天馬に話しました。

それを聞いた天馬は
「うん、わかった」と言いました。

そこへ
利恵がやってきて
家にあがらない?という事を言いましたが
音は断り
帰りました。

利恵は隠れて
音と天馬の会話を聞いていました。

天馬が帰った後
「今ごろ気づいたの?」と呟きました。

コンビニバイト

音が
コンビニでバイトしていると
英徳の男子生徒が
バイトしている音の事をスマホで撮影していました。

海斗は
音を
英徳から退学させる。という事を
晴に話しました。

音が
通学しながら携帯の電源を入れると
スマホに
音の事に関するメッセージが
大量に届き
バイト中の音の写真も投稿されていました。

音は
苦しい英徳での生活の中で
少しだけ自分らしくいられたのは
晴といる時だった。という事を思い
晴は
道明寺司(松本潤)の真似じゃなく
自分なりのやり方で
英徳を守ればいいと思えたのは
音といる時だった。という事を思っていました。

音が学校に入ると
ある生徒から
生卵を頭にぶつけられ
大勢の生徒に囲まれて
外に連れていかれました。

愛莉は
「あの女には
きちんと償いしてもらう」と晴に
言いました。

外で
大勢の生徒に囲まれた音は
正座しろ。という事を言われ
正座しました。

音は
退学届を出しに来た。という事を話しますが
その姿をスマホで撮影され
ビンタされてしまいます。

騙していた事を謝れ。という事を言われた音は
嘘をついていた事は悪いと思っているが
由紀恵や天馬を笑い者にするのは
間違っている。という事を言うと
ある生徒がバットを持ってきて
音の友人である女子生徒に
バットで音の事を殴らせようとしました。

晴は
愛莉に
さっき言っていた「償い」の意味を聞くと
「女に腑抜けにされたリーダー…なんて
思われるわけにはいかない」と言いました。

一茶は
外が騒がしい事に気づきました。

晴は外に向かおうとしましたが
愛莉に止められました。

晴は
音の事は排除できない。という事を言うと
外に向かいました。

晴以外の「C5」メンバーが
廊下を歩いていると
海斗の携帯が鳴りました。

バット

音の友人が
バットで殴るのを躊躇っていると
友人だから殴れないのか?という事を
他の生徒が言いました。

すると
音が
「友達じゃない!」と言いました。

音は自分が
嘘をつき、騙して裏切り
怖くて信用していなかったから
友達だと名乗る資格が無い。という事を言いました。

晴が
騒がしい現場にやってきましたが
周りの生徒が多く
音の所になかなか行けません。

男子生徒が
音の友人からバットを奪い
音の事を
バットで殴ろうとした時
天馬が音の前に現れました。

天馬が
音の事を殴ろうとしていた男子生徒や
他の男子生徒を倒すと
音の所に行き
「もう大丈夫、音」
「神楽木、これが英徳の
お前のやり方か」
「最低だな」と言うと
愛莉、一茶、杉丸の3人がやってきました。

愛莉が
寄付金も払えない庶民は
さっさと出てって。という事を言うと
「ダメだ!」と言い海斗がやってきました。

寄付金

海斗は
学園長から報告を受けたようで
天馬が
音名義で
5.000万円を寄付したようです。

天馬は
戸惑う音に対し
音が
天馬君は自由だよ。という事を言ったから
今日からは好きに生きる。
音への気持ちも。という事を話しました。

音の事を抱き抱えた天馬は
今度、音を傷つけたら
婚約者として
お前を潰す。という事を晴に言いました。

天馬が寄付した事によって
英徳は桃乃園に寄付金額で抜かされずに済みました。

そして
天馬が
音名義で寄付してくれたおかげで
音は退学しなくてもよくなりました。

類登場

「C5」のメンバーがいつも集まっている場所に
晴が行き
音の事を助けれなかった事を後悔していると
花沢類(小栗旬)がいました。

晴は類に
色んな事がごっちゃになり
自分は大事なものがわからなくなっている。
こういう時
司ならどうするのか?という事を聞きました。

類は
「さぁ?」
「司は野生だからさ
そのごちゃっとした中の
1番大事なものしか眼中に無いよ」と言いました。

晴は
小林(志賀廣太郎)に
何かを調べてほしい。という事を頼みました。

天馬は
大事をとって
音を入院させる事に。

音は
あんな大金
天馬の両親も心配するから
天馬が寄付してくれたお金を返還してもらえるように
頼もう。という事を考え
天馬に話しましたが
天馬は
自分が運用して作ったお金だから。という事を話しました。

天馬は
心から音の事を思っていましたが
今までちゃんと伝えられずにいましたが
音に伝えました。

音も
自分の気持ちを天馬に伝えようとしますが
うまく言えませんでした。

天馬は
音の病室から出ていきました。

天馬が病院のエレベーターに乗り
扉が閉まると
横のエレベーターから晴が降りてきました。

晴が音の病室に入ろうとした時
音が
天馬を追って病室から出てきました。
晴が
「大丈夫…か?」と言いながら
音の胸の所に晴の手がありました。

「何してんのよ!」と言い
音が晴を殴ると
晴は失神してしまいました。

愛梨の暴走

晴が目を覚ますと
横に音が座っていました。

音が晴を殴って
失神させた事を謝ると
晴は
愛莉の暴走を止めれなかった事を謝りました。

その事を聞いた音は
最初は晴の事を疑ったが
晴じゃないとわかっていた。
隠し撮りをしたり
暴力を振るったり
そんな事をしないと思っていたから。という事を話しました。

音は
入院する予定でしたが
由紀恵を1人にできない。という事で病院から帰る事に。

病院から帰る時
晴は
悪運を鼻で吸うという
真珠を持った
小さな豚の置物を音にあげました。

音は
以前、晴が通販で購入した
火星の石の存在を
英徳から退学させられないかわりに
誰にも言わない。という事で
持っていましたが
火星の石を晴に返しました。

音が学校で昼ご飯を食べていると
後ろから
女子生徒たちが
音の事を話している声が聞こえてきました。

一茶がやってきて
女子生徒たちに
みんな仲良くね。という事を言いました。

音が一茶の所に行くと
「気にしないで
うちのぶちゃい奴が
迷惑かけたお詫び」とウインクして言いました。

音の友人が2人
音の所に来ました。

友人は
嘘をつかれていたのは許せないし
無理に一緒にいると
音も辛いだろうから
元には戻れない。という事を言いました。

音は
2人に今までのお礼を言い
そして、謝罪すると
2人は去っていきました。

バッティングセンター

音のスマホに
天馬から
「体の具合はどうですか?」というメッセージがきました。

晴は
愛莉を呼び出し
お前は大事な仲間だが
次やったらもう終わりだ。という事を言い
その場から去りました。

愛莉は
自宅で暴れながら
自分の事を許せるぐらい
晴の心は穏やかなのか?という事を思っていました。

音がコンビニでバイトしていると
晴がやってきました。

音の同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)が
翌日
自分と自分の彼氏と
音、晴の4人で
出かける事を提案しました。

晴は即答で
行く。という事を答えましたが
音は断りました。

1度は断った音でしたが
紺野と一緒に晴が出かけると
失礼な事を言うかもしれない。という事を思った音は
一緒に出かける事に。

音と晴は
バッティングセンターに来ました。

どうやら
ホームランボードに当てると
人気モデルである
西留めぐみ(飯豊まりえ)の抱き枕がもらえるようです。

バッティングセンターに
紺野と紺野の彼氏がやってきました。

紺野と紺野の彼氏は
ダブルデートだと思って来ているようです。

音は
紺野の彼氏の事を
お世辞で「かっこいい」と言いました。

紺野の彼氏は
ホームランボードを狙って打ちますが
当たりませんでした。

紺野の彼氏が打っているのを見て
「すごいですよ」という事を言う音を
晴が見ていました。

紺野に言われ
晴も打ってみる事に。

晴は
なかなかバットに当てる事ができませんでした。

晴は
ブラックカードを使って
球を買い占めてこい。という事を
音に言いましたが
音は
バッティングセンターでブラックカードは使えない。という事を言いました。

ホームランボード

その後
晴は
日が暮れるまで
打ち続けましたが
なかなかバットに当たりません。

晴の手には
マメができ
血が出ていました。

晴は音からもらった水を飲み
音に
紺野の彼氏のような人が好きなのか?という事を聞きました。

晴は音が
「かっこいい」と言ってから。という事を言うと
「あれは言わされたっていうか…」と音は言い
「えっ
なんでそんな事
聞いてくるわけ?」と音は心の中で思っていました。

晴は
「絶対負けねえ」と言いながら
もう1度打ち始めました。

すると
1球目、バットに当たりました。

音は
晴が
変な奴だけど
1つの事にひたすら
まっすぐな所
そこだけはすごいと思っていました。

その後
晴が
打ち続けると
ホームランボードに当たりました。

晴は
めぐみの抱き枕を欲しがっている
紺野と紺野の彼氏に
抱き枕をあげました。

晴は
自分の事を見ている音に
「なんだ
お前も欲しかったのか?」と聞くと
「そうじゃなくて」と音が言うと
「なんだよ」と晴が言いました。

音は
「そういう優しい所も
あんたのいいとこだし」と晴に言いました。

4人でもんじゃ焼きを食べていると
紺野が
音が最近明るくなったのは
晴の影響だ。という事を言いました。

晴は
いつもメチャクチャだけど
そのメチャクチャに
音は
ちょっとだけわくわくしていたのでした。

もんじゃ焼き屋に
誰か入ってきました。

音と晴が見ると
店の入り口に
愛莉がいました。

花のち晴れ 第3話 まとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」3話は終わりました。

音はこのまま
英徳学園に残る事はできるのでしょうか!?

花のち晴れの2話ネタバレは以下になります。

花のち晴れ 第2話ネタバレあらすじ

音の婚約者

神楽木晴(平野紫耀)に
婚約者がいる。という事を知られた
江戸川音(杉咲花)でしたが
馳天馬(中川大志)が婚約者。という事は
バレずに済みました。

音は
音のバイト先の同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)が晴のタキシードに料理をこぼしてしまった時
晴が紺野にひどい言い方をした事は許していないが
助けてくれてありがとう。という事を晴に言いました。

それを聞いた晴は
胸が痛くなりました。

音がバイトに行くと
音の事を襲った
バイトの同僚である男性は
バイトを辞めていました。

晴は「C5」のリーダーとして
英徳から庶民を退学させていましたが
どうも調子が悪そうでした。

音は
紺野から電話で
前日、晴が音の事を追いかけて行った。という事を聞き
なぜ、晴が自分に構うのか
不思議に思っていました。

真矢愛莉(今田美桜)は
晴の様子がおかしい事に気づいていました。

「C5」のメンバーは
晴に好意がある愛莉には
音の存在を内緒にしていましたが
愛莉は栄美杉丸(中田圭祐)から
その事を聞き出していました。

音の事を知らない愛莉は
平海斗(濱田龍臣)に
晴の事を脅している女の事を調べさせる事に。

晴は
海斗に
音に婚約者がいる。という事や
天馬に会った事などを話していました。

音の顔が頭から離れない晴に対し
海斗は
音に惚れている。という事を晴に言いましたが
晴は否定しました。

音はクラスメイトから
「次世代パンケーキ」を食べに行こうと誘われましたが
財布を忘れた。と嘘をつき
断りました。

音の事を襲った男性が
バイトを辞めたのは
晴のおかげでした。

その事を聞いた
音は
お礼を強要されていると思い
お礼を言うと
「そこまで言うなら
お礼させてやる。」と晴は言いました。

パンケーキ

晴は
「次世代パンケーキ」を一緒に食べに行くなら
チャラにする。という事を話しました。

晴は
音がクラスメイトと話していたのを
隠れて聞いていたのです。

男子1人だと
パンケーキのお店に行きにくい。と思った音は
晴と待ち合わせの日時を決める事に。

晴は日曜に行こうとしましたが
日曜は
音と天馬が会う日なので
土曜に行く事に。

音は
いいよね
これで関わらなくてよくなるなら。と思っていました。

着ていく服に迷っていた晴は
小林(志賀廣太郎)に言われ
星占いのラッキーアイテムを参考にする事に。

音が待ち合わせ場所に行くと
カウボーイの格好をした晴がいました。

音と晴が
パンケーキ屋に行くと
閉まっていました。

音が他の見せを探そうとすると
晴が店に入りました。

なんと晴は
お店ごと買い取っていました。

音はパンケーキを食べていましたが
晴は
生クリームが苦手なようで
パンケーキを食べていませんでした。

音は
お店を買い取れるなら
1人でも来れるし
女子についてきて欲しいなら
「C5」の愛莉と来ればいい。と思った音は
なんで自分に構うのか。という事を
晴に聞きましたが
天馬との婚約がバレた訳でもなさそうでした。

音は
晴が運気があがる
通販グッズを買っている事を
誰にも言わないようにするためだと思い
誰にも言わないからほっといてもらっていい。という事を晴に言いました。

音が
英徳にいたい。という事を話すと
音が「F4」に憧れているからだと
晴は
勘違いしました。

晴は
道明寺邸の前に
音を連れていきました。

道明寺邸

晴は
道明寺邸の前に立ち
音に
道明寺司(松本潤)に憧れている。という事を話していると
道明寺邸でメイド頭をしている
タマ(佐々木すみ江)から
お茶に誘われ
音と晴は道明寺邸の中に。

晴の道明寺に対する思いを聞いた音は
自分が英徳にいなければいいけない理由を
晴に話しました。

音は
婚約の条件で
18歳まで英徳にいなければいけない。
自分の婚約者は天馬。
英徳から追い出さないでほしい。という事を話し
その場から立ち去ろうとしました。

晴が音に
天馬にすがって
貧乏から脱出するのか。
ひっでえ人生だな。という事を言いましたが
音の顔は見れませんでした。

音は
「言われなくてもわかってる。
ほんとしょうもないって。
でも、そのしょうもない人生にあなたは1ミリも関係ないでしょ。」と晴に言い
立ち去りました。

晴はまた胸が痛くなりました。

タマから
音の事を追いかけ
謝るように言われましたが
その場に倒れてしまいました。

晴は
道明寺家の秘書である
西田(デビット伊東)に
自宅まで送ってもらいました。

音は
天馬から貰った服を着て
天馬とのデートに出かけましたが
少し胸が痛んでいました。

愛莉がショッピングしていると
気に入った服があったのですが
在庫がありませんでした。

愛莉に見つかる

愛莉が気に入った服を来ている人を
店内で見つけました。

その人物は音でした。

愛莉は音の事を詳しく知らず
音には気づきませんでしたが
一緒にいたのが
天馬だという事に気づきました。

晴は寝込んでいました。

晴の自宅に来た海斗は
晴から
音の婚約者が天馬だという事を聞いていました。

目を瞑ると
音の顔が浮かんでくる。という事を
晴から聞いた海斗は
晴が音に恋した。という事を
晴に話しました。

晴は
認めませんでした。

小林が
「私が思う恋とは
気がつくと
相手の事を考えていて
ふとした瞬間、特に心が沈んだ時
どうしても相手の顔を見たくなってしまうという
そういう感情です」と言うと
「よし、やっぱり違う!
俺が隠れ庶民なんかに
惚れるはずがねえ!」と晴が言いました。

音と天馬はレストランに来ていました。

普段、履き慣れない靴を履き
足が痛くなった音に気づいた天馬は
靴を脱ぐと気持ちいいよ。という事を話し
音の事を気遣ってあげたり
他の客が連れてきていた赤ちゃんが泣いており
VIPルームに移動できる。という事を店員に言われた天馬は
赤ちゃんを連れてきていた家族をVIPルームに移動させてあげました。

音は、昔から
天馬のこういう所が好きなのでした。

天馬から
学校の事を聞かれましたが
友達とパフェを食べに行ってないが
パフェを食べに行った。という嘘を話しました。

一茶ガールズ

成宮一茶(鈴木 仁)は
「一茶ガールズ」が集めてきた情報を
「C5」のメンバーたちに話していました。

情報とは
天馬が日本中のB級金持ちを
桃乃園学院にかき集め
入学者数をかさ増しした。
英徳を蹴り
桃乃園に入学する生徒もいる。という事でした。

「C5」のメンバーは
桃乃園の制服を着て
桃乃園学院校内の情報を調べる事に。

桃乃園では
チャイムが生演奏。
校内にネイルサロン。
さらに
バーチャルリアリティーで授業が行われていました。

天馬の母親から
音の母親である
江戸川由紀恵(菊池桃子)に電話がかかってきていました。

電話をかわった音は
天馬の母親に
服や店を用意してもらったお礼を言いました。

音は毎月
新しい服じゃなくても
前に貰った服もあるので。という事を言うと
天馬の母親は
形だけでも馳家に相応しくしてほしい。
学校での友達も選んでもらわないと…
神楽木家のご子息が英徳に…という事を言いました。

桃乃園に潜入していた
「C5」のメンバーは
ロボットに桃乃園の学生ではない事がバレてしまい
校内から出ようとしましたが
以前、英徳に通っていて
「C5」に退学させられた生徒が
晴に気づきました。

その生徒は
英徳を退学した後

桃乃園に転入していました。

C5

「C5」のメンバーは
校内を騒がさせた事に対する謝罪を求められましたが
晴は
「1度だけしか言わねえ。
邪魔だ。どけ。」と言いました。

騒ぎに気づいた天馬は
「やめろ!
僕のゲストだ。
失礼な振る舞いは許さない」と言いました。

「C5」のメンバーが座っている部屋に
コーヒーを持ってきた天馬は
婚約者が晴にお世話になっている。という事を話しました。

晴が
自分たちを助けた狙いを
天馬に聞きました。

天馬は晴に
手を差し出しました。
天馬は
両校の親睦を深めたい。と思っていたのです。

その手を振り払った晴は
最初に喧嘩売ったのは
英徳の前でビラを配っていたそっちだ。
俺は、絶対お前に負けねえ。という事を言い
部屋から出て行こうとしました。

天馬は
ビラを配っていた生徒は
探しだして注意する
申し訳なかった。という事を晴に言い
頭を下げました。

音がバイトしていると
コンビニの外に晴が座り込んでいました。

晴は
無意識でこの場所に来ていたのです。

小林が言っていた
「恋の感情」についての言葉を思い出した晴は
「俺じゃダメか?」と音に言いました。

晴は
2日間、何も食べておらず腹が減り
動けなくなってしまいました。

音は
自宅に連絡して
迎えに来てもらう事を勧めましたが
晴は
自宅には帰りたくない。という事を言い
断りました。

晴の父親

晴は
自宅に父親がいるから
帰りたくないようです。

音の同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)が
自宅に音と晴を招きました。

音は紺野に言われ
料理を作る事に。

紺野は
音と晴が喧嘩していると思っていて
音に
仲直りしちゃいなよ。という事を言い残し
飲み物を買いに外出しました。

音が晴に
さっき言っていた
「俺じゃダメか?」の言葉の意味を聞きました。

晴が何か言おうとすると
紺野が帰ってきました。

音と晴、紺野の3人でご飯を食べました。

紺野の自宅からの帰り道の途中で
晴は音の事を送っていました。

音は
「俺じゃダメか?」と言ったのは
晴が自分と道明寺を比べて言った事だと思い
晴に言いました。

音は
自分と天馬の関係を
晴に話しました。

昔は
月に1回、天馬と会う事が楽しみだった音ですが
親の会社が倒産してからは
貰った服や
食べさせてもらった金額を考えてしまっていたのです。

亡くなった天馬の本当の母親の遺言に
天馬が縛られているのでは?と音は考えていました。

晴は
自分なら悩ませたり
気を遣わせたりしない。という事を言うと
音は
だろうね。
見るからに不器用じゃん。という事を言いました。

完璧になろうとする晴に
「完璧になろうと
必死に頑張っている。
そんな神楽木には
神楽木なりの良さがあるはずだよ」と音が言いました。

音の事を自宅まで送った晴は
道明寺邸で言った事を謝ろうとしましたが
音は笑って
「もういいよ」と言いました。

帰ろうとする音に晴は
「約束する。
俺、お前の事は
庶民狩りしねえから。
お前は例外だ。
だから、関わるなとか言うな。
人生に1ミリも関係ねえとか言うな。」と言い去っていきました。

去っていく晴の方を見て
音は
笑いながら
「変な奴」と言いました。

晴は
自宅に海斗を自宅に呼び
音の事が好き。という事を言いました。

音には婚約者がいる。という事を
海斗が言いましたが
晴は
絶対負けない。という事を言いました。

退学させられないと思いながら登校していた
音の携帯にメッセージが届きました。

周りの生徒にも届いているようです。

メッセージ

メッセージには
音の顔写真があり
「2年D組 江戸川音は隠れ庶民!」と書かれていました。

どうやら送信したのは
愛莉のようです。

愛莉は
校舎の中から
音を見て
「絶対許さない」と呟きました。

音の周りにいた生徒たちが
メッセージの画面を
音の方に見せました。

音は
心の中で
「神楽木、なんで?」と言いました。

花のち晴れ 第2話 まとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」2話は終わりました。

音はこのまま
英徳学園に残る事はできるのでしょうか!?

次回のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」3話は
2018年5月1日(火)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

第1話のネタバレはこちらです!

花のち晴れ 第1話ネタバレあらすじ

C5が牛耳る英徳学園

お嬢様だった
江戸川音(杉咲花)は
父親の会社が倒産した事によって
裕福な生活を続ける事ができなくなっていました。

音は
貧しい生活をしている事を隠しながら
英徳学園に通ってたのです。

なぜ
貧しい事を隠さないといけないかというと
「C5」(コレクトファイブ)が
英徳学園にいる
庶民を減らそうと
寄付金を渡さない生徒や授業料未納の生徒を
強制退学させ
英徳学園の品格を正そうとしているからでした。

この日も
音のクラスに「C5」がやってきて
1人の生徒を退学させました。

「C5」のメンバーは
神楽木晴(平野紫耀)、平海斗(濱田龍臣)
真矢愛莉(今田美桜)、成宮一茶(鈴木 仁)、栄美杉丸(中田圭祐)の5人です。

リーダーの晴は
スポーツ万能で7か国語を話せる天才なのです。

晴の父親は
日本三大財閥の1つである
神楽木ホールディングスの社長をしていて
10年連続
世界で最も影響力のある100人に選ばれています。

音が学校から帰ろうとしていると
車とぶつかりそうになってしまいました。

その車には「C5」のメンバーが乗っていました。

「C5」のメンバーと会った事に驚いた音は
急いでその場から
立ち去りました。

音の母

音の母である
江戸川由紀恵(菊池桃子)は
パートの仕事を探していましたが
お嬢様育ちで
なかなか仕事を見つける事ができませんでした。

音の父は
漁船で出稼ぎに出ており不在でした。

音はコンビニでバイトしていました。

音は
バイトの同僚である
紺野亜里沙(木南晴夏)から
モデルをしている
西留めぐみ(飯豊まりえ)が何かの撮影をしている事を教えてもらい
紺野と一緒に見ていました。

「C5」のメンバーは
英徳学園の入学者が少なくなり
英徳学園のライバルである
桃乃園学院が存在感を増している。という事を話していました。

桃乃園学院が存在感を増してきたのは
1年生の時
生徒会長に選ばれた
馳天馬(中川大志)のおかげでした。

天馬の父親は
IT時代の風雲児と呼ばれ
IT企業「HASE・LIVE」の社長をしています。

英徳から桃乃園に転入する生徒もいるようです。

桃乃園学院

音はコンビニで客に
「飲むと身長が伸びるドリンク」と
「へそに入れると運気が向くパワーストーン」の
荷物を渡していました。

月に1度
音に
高級な服やバッグなどが
送られていました。

音の婚約者である
天馬の家から送られてきていたのでした。

音の家が貧しい暮らしをしているのに
婚約が続いているのは
天馬の母親の遺言だったからでした。

婚約には
18歳まで
英徳学園に所属していなければいけない。という条件がありました。

久しぶりに
晴の家族が揃って食事をしていました。

晴の母親と父親は
仕事があり
自宅にいない事が多いようです。

晴の父親は
「完璧でない人間はいらない」という事を
晴に話すと
かかってきた電話に出て
立ち去りました。

完璧な息子

晴は
父親から
「完璧な息子しかいらない」と言われ
育てられたのでした。

音が
英徳学園から出ると
桃乃園学院の生徒が
桃乃園学院の冊子を配っていました。

その冊子の表紙には
天馬の姿がありました。

音が
その冊子を見ていると
「C5」のメンバーがやってきました。

晴は
桃乃園の生徒から冊子を奪い
「こんなものに構うな
英徳の誇りを持て!」と言うと
冊子を地面に捨てました。

それを見た音は
思わず声を発してしまい
晴たちに見られてしまいますが
「失礼しました!」と言い
その場から走って立ち去りました。

晴の家の執事である小林(志賀廣太郎)が
腰を痛めてしまいました。

音がコンビニでバイトしていました。

同僚である紺野は
お嬢様として育った音が
わからない事を
親切に教えてくれたのでした。

「カリスマ性に磨きがかかる
火星の石(フルネーム印字入り)」を取りに来た客を見ると
晴でした。

音に気づいた晴は
荷物を受け取らず
コンビニから出ていってしまいました。

晴は
カリスマ性を上げようとして
石を買った事が
他の生徒にバレてしまうかもしれない。と心配していました。

「へそに入れると運気が向くパワーストーン」を
購入していたのも晴でした。

道明寺司登場

晴は
小林に
自分は
喧嘩が強い。という噂を
ツイッターに呟かせたり
「ありがとう」という言葉しか話せないのに
7か国語話せる。という嘘をついたり
通販で開運グッズを買い漁ったりしていました。

晴は
憧れの
道明寺司(松本潤)に近づこうとしてたのでした。

海斗は
音の父親の会社が倒産した。という情報を見つけていました。

音は
バイト先の人から
知り合いなら晴に
荷物を渡してほしい。と言われ
火星の石を持って帰ってきていました。

音が由紀恵に
英徳を辞めたらどうなるのか。という事を聞くと
家族全員で死ぬしかない。という事を
音に言いました。

由紀恵は
天馬を結婚して
いつも笑っていた頃の
音に戻ってほしい。と思っていました。

音は
コンビニでバイトしているのが晴にバレた事で
退学させられる。と思いながら
英徳学園に行くと
急に車に乗せられました。

車には
晴が乗っていました。

晴は
自分は英徳を守らなければならない。
英徳に庶民はいらない。という事を
音に言いました。

音と晴が車に乗っていると
英徳学園の校門で
英徳の女子生徒が不良に絡まれていました。

晴と一緒にいた海斗は
杉丸を呼びに行き
晴は
その場から
立ち去ろうとしました。

音は
助けにいかない晴に対し
「なにが「C5」よ
なにがコレクトファイブよ
正しき5人なんて名前
名乗る資格
あなたにはない」
と言い
持っていた火星の石の箱を晴に向かって投げました。

音は
「ほんとしょうもない人!」と言いました。

晴は
以前、不良に絡まれていた友人を助ける事ができず
司から
「しょうもない野郎だな、お前」と言われ
司に助けられた事を思い出していました。

晴は司から
「大切なものを守るためには
強くなるんだ」と言われていました。

晴と不良

音は
女子生徒を助けに行きました。

司から
「頼んだぜ、英徳を」と言われていた晴は
不良たちに向かって
「おい!」
「怪我したくなかったら
さっさと帰れ」
「きたねえ手で触んなって言ってんだよ」と言いました。

晴は心の中で
「もう2度と
誰にも、しょうもないなんて」と呟き
「言わせねえ!」と言いながら
不良に殴りかかろうとすると
足が絡まり
躓いてしまいましたが
そのお陰で
相手にパンチが当たりました。
晴が顔を上げると
晴の頭が
相手の顎に当たり
3人の不良たちが
一気に倒れました。

絡まれていた女子生徒が晴にお礼を言い
周りの生徒が晴に拍手をすると
晴は
「俺が英徳学園を守る」という事を言うと
数人の生徒が晴の事を担ぎました。

音は
落ちていた火星の石の箱を拾い
「私を英徳にいさせなさい」
「さもないと全部バラす」
とノートにマジックで書き
晴に見せて
火星の石を晴に見せると
その場から
走り去っていきました。

晴は
「C5」のメンバーに
音の口を塞ぐ方法を聞くと
一茶が
音を晴に惚れさせればいい。という事を話しました。

音はバイト中に
同僚である男性から
食事に誘われて困っていましたが
紺野に助けてもらいました。

紺野は音の愚痴を聞いてあげようと
音の事を喫茶店に誘い
音と話をしていると
晴がやってきて
音の事を自宅に誘いました。

音が返事をする前に
紺野が2人で行く。という事を言ったのでした。

晴の自宅に行くと
パーティーの準備がされていました。

音の水筒

晴は
音の水筒を見て
貧乏だな。という事を思っていました。

晴が水筒を元の場所に戻しましたが
地面に落ちてしまいました。

はしゃいでいた紺野が
地面に転がっていた水筒に躓き
転んだ時に
持っていた料理を晴のタキシードにこぼしてしていました。

紺野は弁償する。という事を言いましたが
タキシードや割ってしまった皿を弁償するには
1000万円以上必要でした。

晴は
庶民を馬鹿にするような事を話し
音の友達だから弁償しなくてもいい。
自分は庶民と違って心が広い。という事を言うと
音が大きな肉の塊で
晴の事を叩きました。

音は
自分の事ではなく
紺野を傷つけるような事を
晴が言ったので
怒ったのでした。

音は
「あんたって
ほんとしょうもない」
「2度と話しかけないで
もうほっといて!」と言うと
持っていた肉の塊を置き
立ち去りました。

紺野は
晴が音の事を好きだが
フラれてしまったと思い
音にフォローしておく。という事を晴に話しましたが
晴は否定し
どこかに行きました。

天馬が車に乗っていると
歩いている音を見かけ
車を止めてもらいました。

音が歩いていると
後ろから
バイトの同僚である男性から
肩をつかまれ
襲われてしまいました。

するとそこへ
晴がやってきました。

晴は
音を襲っていた男性に向かって噛みつき
追っ払いました。

晴は
音の事が好きではない。という事を話すと
音は
自分には婚約者がいる。という事を話してしまいました。

晴が
「誰なんだよ、それ」と聞くと
そこに
天馬がやってきました。

この記事のまとめ

という所でドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」1話は終わりました。

スポンサーリンク