デイジー・ラック

引用:https://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/

今回はドラマ「デイジー・ラック」の最終回10話の内容について調べてみました!

佐々木希さんが
主演のドラマ「デイジー・ラック」の最終回10話です。

最終回10話の内容ついてまとめていますので、これからドラマを見る方や、内容知りたくない方はご注意ください!

スポンサーリンク

デイジーラック 最終回10話ネタバレあらすじ

安芸からのプロポーズ

安芸開人(鈴木伸之)からプロポーズされた
山城楓(佐々木希)は
プロポーズを受けました。

楓はフランスに行っても
パン職人の修行を続けるつもりでした。

楓と安芸は
「北村ベーカリー」で働く人たちに
結婚しフランスに行く事を話しました。

楓は
「ひなぎく会」のメンバーとご飯に行き
周防薫(夏菜)、讃岐ミチル(中川翔子)、岩代えみ(徳永えり)に
結婚しフランスに行く事を伝えました。

楓は
母である
山城遼子(片平なぎさ)に
結婚しフランスに行き
安芸が働く同じ店で
パン職人として働こうと思っている事を伝えました。

えみは
岩代隆(長谷川朝晴)と一緒に
隆の実家に行き
隆の親族から
昔から隆が
カフェをやりたがっていた。という話を聞きました。

ミチルは
仕事で約100万円騙された事を
カバン作りの師匠たちに話しました。

ミチルが師匠たちに
一緒にメンズバッグを作ろう。と頼んでいると
周防貴大(磯村勇斗)がやってきて
ミチルと同じように
師匠たちにお願いしました。

ミチルは
師匠たちに貴大の事を紹介しました。

師匠たちは
一緒にメンズバッグを作ってくれるようです。

薫は
新店舗のマネージャーになる事に。

薫は
大和孝一郎(桐山蓮)と同棲していましたが
お互い仕事が中心の生活で
寂しい。と感じでいました。

翌日、大和は出張に行くようです。

パンの絵

「北村ベーカリー」にやってきた少女が
学校で描いた
「好きなもの」の絵を楓に見せました。

そこには
少女と楓
そして楓が作ったパンが描かれていました。

少女はその絵を
楓にあげました。

隆の実家から帰る途中で
えみから
やっぱり無理してない?と言われた隆は
田舎の風景を見ながら
こんな所で
お店できたら幸せだろうなぁって思ってはいたかな。とえみに言いました。

薫が
大和と一緒に暮らす自宅に帰ると
大和はいませんでした。

大和がいない。という事に
どこかホッとしている薫がいました。

薫は
今、大和も
同じ気持ちなのかな?と思っていました。

安芸はフランスに行き
体調を崩した店長に会っていました。

安芸と電話で話している
楓は安芸から
安芸と同じ店では
働けない。という事を聞きました。

安芸は
落ち着いてから
働ける店を探そう。と楓に言いました。

ミチルと貴大はデートの予定があるようで
ミチルに電話した貴大は
絶対来てよね。とミチルに言いました。

大和は薫に電話をかけ
夜、外食しよう。
ちょっと話さない?と言いました。

フランス行き

えみは
隆が読んでいたカフェ経営についての本を読み
隆がやりたい事なら
私は応援する。と隆に言いました。

「北村ベーカリー」に
松下リエコ(芦名星)がやってきました。

楓が
結婚してフランスに行く事が
ちょっと不安。とリエコに話すと
リエコは
どういう決断をしても
不安はゼロにならない。
決めなきゃいけない時は
決めなきゃいけない。という事を楓に教わった。と楓に話しました。

ミチルは貴大とご飯を食べていました。

プロポーズ

貴大がミチルに
プロポーズしようとした時
薫と大和が店にやってきました。

大和に挨拶した
貴大とミチルは
店から出ました

貴大がミチルにプロポーズしました。

ミチルは
プロポーズを受けました。

薫は
以前、結婚したかったのに
今は
そう思わなくなっている。
冷めたわけではなく
幸せのかたちは
人それぞれだよなぁ。と大和に言いました。

大和は
薫といると
前向きな気持ちになる。
俺たち2人の今後について
話がしたい。と薫に言いました。

楓と安芸が
「北村ベーカリー」で働く最後の日。

津幡章生(矢野聖人)や箱崎るり(井上苑子)は
悲しんでいました。

楓は自宅で
安芸から
フランスに行ってからの話を聞いていました。

安芸は
楓を一人前のパン職人する。と言ったのに
フランスに行かなければいけない事を
楓に謝罪したあと
でも、やっぱり
一緒にいたいんだ。と楓に言いました。

楓は
安芸と離れたくない。
同じ夢を追いかけられるのは素敵だし
何かあったら
すぐそばでサポートしたい。と安芸に言いました。

楓の送別会

「ひなぎく会」のメンバーは
楓の送別会をするため
4人で旅行に来ていました。

ミチルは
貴大からプロポーズされた事を
話しました。

薫は
大和と別れないが
同棲をやめて
別々に暮らす事にした。と話しました。

大和は
たくさん会いたいのと
一緒に住むのは別なんじゃないかな。と薫に話しました。

薫も同じ事を思っていたので
同棲はやめ
別々に暮らす事にしたのでした。

えみは
隆が
本当にカフェをやりたいなら
応援しようと思う。と話しました。

楓は
安芸と同じ店で働けない。
他の店で働く事になっても
安芸に頼ってばかりになり
そんなのでいいのかな。と話しました。

楓は
安芸にたくさん会いたいし
一緒に暮らしたいけど
やっと掴まえた夢も
諦めたくない。と話しました。

いっぱい悩む時期

ミチルが
フランスに行っても
1人で残っても
後悔は残るんじゃないかな。と話すと
薫が
いいんじゃないの?
後悔した時点で考えれば。
やってみて
あれ、違う。と思ったらやり直せばいいんじゃない?と言いました。

えみは
いっぱい悩みなよ。
きっと今は悩む時期なんだよ。
どんな結論になっても
私たちは応援するから。ね?と言うと
薫とミチルが頷きました。

楓は
ありがと。と言いました。

楓は
安芸を自宅に呼び
フランスに行くのをやめたい。
結婚はやめずに延期したい。と話しました。

楓は
自分の足で立ち
安芸に頼ってもらえるくらいになりたい。
今はこっちで修行を続けて
夢を叶えます。
安芸と離れるのは嫌だけど
一人前のパン職人になって
安芸のためにパンを焼く。
だから、それまで待ってて。
と泣きながら安芸に話しました。

安芸が
そう言われる気がしてた。と言うと
楓は謝罪しました。

安芸は
楓のそういうとこ
やっぱ好きだよ。と言いました。

楓と安芸は抱きあいました。

楓と安芸は
「北村ベーカリー」に行き
楓が「北村ベーカリー」で働かせてもらえるよう頼んだあと
遼子に会い
楓がフランスに行かなくなった。という事を話しました。

安芸は
フランスに行きました。

1年後。
ミチルと貴大が結婚式を挙げていました。

そこには
楓や薫、えみ、大和、隆
そして一時帰国した安芸がいました。

その後
ミチルとえみには
子供が産まれていました。

デイジーラック 最終回10話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」10話(最終回)は終わりました。

次回クールは
清原果耶さん主演の
ドラマ「透明なゆりかご」が
2018年7月20日(金)の22時から放送される予定です!

気になる方は是非チェックしてみてください!

デイジーラック 9話ネタバレあらすじは以下になります。

デイジーラック 9話ネタバレあらすじ

楓と安芸が付き合う

山城楓(佐々木希)は
安芸開人(鈴木伸之)と付き合う事に。

楓のパンが
「北村ベーカリー」に並び
発売を始める事に。

自分のパンを
安芸に褒められた楓は
人生の中で
良い波がきているかもしれない。と思っていました。

周防薫(夏菜)は
上司である
高桑瑞枝(MEGUMI)から
出店コンペで薫の会社が選ばれた事を教えてもらい
喜びました。

薫の携帯に
大和孝一郎(桐山蓮)から
「おめでとう」とメッセージが届きました。

岩代隆(長谷川朝晴)は
体調が悪いようですが
仕事が忙しいようで
午前中だけ
会社を休み
遅れて出勤するようです。

ミチル、入金されず

讃岐ミチル(中川翔子)は
入金される予定だった
仕事のお金
合計100万円が入金されておらず
相手の会社に電話をかけましたが
何回かけても
電話番号は使われていない。と
自動メッセージが流れ
騙された。と
ミチルは思いました。

楓のパンが
売り切れ
楓は喜びました。

松下リエコ(芦名星)は
新居や
新しい仕事が決まった事で
「北村ベーカリー」を辞めるようです。

「北村ベーカリー」から出た
リエコは
楓に
安芸は
鈍感なくせに
ハート弱い所がある。と言いました。

楓は
安芸と一緒に
材料の買い出しに行く事に。

買い出しが終わった後
楓は
安芸から
デートに誘われました。

デート中
安芸から
この先
やりたい事を聞かれた楓は
「北村ベーカリー」でパンを焼きまくる。と話しました。

楓が
同じ事を安芸に聞くと
いつかは独り立ちして
自分の店を持ちたい。と話しました。

デート中の安芸に
電話がかかってきました。

安芸は
フランス語を話していました。

隆は
もうすぐ自宅に帰る。と
岩代えみ(徳永えり)に電話をかけました。

電話を切った隆が
歩いていると
階段を踏み外してしまいました。

隆が怪我をする

薫は
大和と食事に来ていました。

薫は
実家を出よう。と考えている事を
大和に話しました。

大和の家に住みたい。と思っている薫は
大和が
うち来る?と言ってくれるような方向に持っていきました。

大和が
うち来…と
言っている途中で
行く!と薫が言いました。

隆が自宅に帰ってくると
怪我していました。

疲れが溜まっていた
隆は
階段の途中で寝てしまい
落ちてしまったのです。

隆は
わざと仕事に追われ
カフェをやりたい。という夢を
紛らわせていたのかも。とえみに話しました。

えみが
そんな甘くないと思うよ?
お店やるのって。と言うと
ちゃんと考えてるつもり。
夢見ちゃダメかな。と隆が言いました。

隆は
1番大事な事が
生活していく事というのは
わかっていて
いきなり仕事を辞めたりはしない。とえみに話しました。

デートの帰り
楓は
自宅まで送ってくれた
安芸に
お茶でも飲んでいきますか?と言いましたが
安芸は
明日また早いし、今日は。と言い
断りました。

ミチルは
周防貴大(磯村勇斗)と一緒にいましたが
お金が入金されない事が
気になっているようです。

自宅から
外に出たミチルは
相手の会社名を
ネットで検索しましたが
そんな会社はありませんでした。

フランス

薫は
安芸の元気が無い事を
心配していました。

北村等(小林隆)は
安芸の事を
呼びました。

安芸が
フランス時代にお世話になった店長から
北村の所にメールが届いていました。

メールには
安芸がフランスに戻る許可がほしい。と
書かれていました。

安芸は
デート中にかかってきた電話で
フランスの店長から
体調が悪いから
戻ってきて
店を手伝ってほしい。と頼まれていたのでした。

安芸は
最初に拾ってくれ
基礎を教えてくれた北村の所に戻ってきた。という事を
北村に話しました。

北村は
ここに縛られてほしくない。
いずれ店を持った方がいい。
その時に
有効な道を選ぶべきだと思う。
アイツを見つけたのは
俺だ。って言わせてほしい。
遠慮はしないで。
君が思う道を選んで。と話しました。

安芸は
仕事楽しいよ。という事を
楓と津幡章生(矢野聖人)に言いました。

「ひなぎく会」のメンバーが集まっていました。

えみは
隆が倒れた事を話しました。

薫は
大和と仲直りして
同棲を始めようとしている事を
話しました。

ミチルは
貴大と付き合っている事を
話しました。

「北村ベーカリー」に
楓の母である
山城遼子(片平なぎさ)がやってきました。

遼子は
楓のパンを見に来たのでした。

薫は
大和の自宅に引っ越しました。

遼子は
楓のパンを見た後
楓の自宅に泊まるようで
安芸を紹介しなさいよ。
夕飯作って待ってるから。と言い
去っていきました。

薫は
貴大と食事をしていました。

ミチル、持逃げされる

貴大は
ミチルの事を話す薫に
ミチルだって
不安になる事くらいわかってる。
俺、真剣だから。
絶対、ミチルの事
守るから。と言いました。

ミチルは
入金してこない会社の住所を調べ
会社が無い。という事がわかりました。

どうやら
商品を持ち逃げされてしまったのです。

ミチルの自宅に
貴大がやってきました。

貴大は
俺、ミチルの事守るから。
不安な事とか
辛い事があったら
何があっても
支えるから。とミチルに言いました。

ミチルは
泣きながら
貴大に抱きつきました。

楓の自宅に
安芸が来ていました。

楓、遼子、安芸がご飯を食べていると
遼子が安芸に
楓のどこが気に入ったのか?という事を
聞きました。

安芸は
本当に楽しそうに
パンを焼くんです。
それも、食べてくれる人の笑顔を想像して。
本気で誰かを笑顔にしたい
幸せにしたい。って思いながら焼いてる姿に感動しました。と遼子に言いました。

遼子は
楓にデザートの買い出しを頼み
安芸と2人になりました。

楓と安芸が結婚?

遼子は安芸に
楓は
優しいが
ちょっと危うい所もあるの。と言うと
安芸は
知ってます。と言いました。

遼子は
だから
あなたみたいに
しっかりした人が
そばにいてくれたら
心強いわ。
よろしくお願いします。と安芸に言うと
安芸は
はい。と言いました。

安芸は
帰る時に
楓さんの事
大切にしますから。と遼子に言いました。

遼子が
はい。と言うと
安芸は
帰りました。

甘えとかじゃなく
心が落ち込んだ時に
誰かがそばにいてくれると
心強い。と思ったミチルは
100万円騙された。という事を
貴大に話しました。

隆は
今度の休みさ
実家行こうかと思っている。と
えみに言いました。

安芸は
楓に
フランスの店長から
店を手伝ってほしい。と言われている事を楓に話し
いつかは日本で
自分の店を持つ。という夢は変わらない。
ただ、良い機会だから
もう1回
フランスで勉強してこようと思っている。
一緒にフランスで勉強しないか?
俺と一緒に来てほしい。と話し
楓の事を誘いました。

楓が
それって…と言うと

結婚してくれないか?と
安芸が言いました。

はい!と言った楓でしたが
すぐに
はい?と言いました。

デイジーラック 9話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」9話は終わりました。

楓は
フランスに行くのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」10話(最終回)は
2018年6月22日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

デイジーラックの8話ネタバレあらすじは以下になります。

デイジーラック 8話ネタバレあらすじ

リエコと安芸

松下リエコ(芦名星)は
安芸開人(鈴木伸之)と復縁したいと思い
告白しましたが
安芸は
すぐに返事をしませんでした。

リエコの告白を聞いてしまった
山城楓(佐々木希)は
安芸がリエコと復縁してしまうかも。と思っていました。

岩代隆(長谷川朝晴)は
将来、田舎でカフェをしたい。という夢を諦めているようでした。

讃岐ミチル(中川翔子)は
周防貴大(磯村勇斗)と一緒にいた時の事が
頭から離れなくなっていました。

貴大からミチルに電話があり
携帯を購入した事を
話したミチルは
貴大とメールをする事に。

貴大とメールをしたミチルは
私たち
付き合っているんだ。と感じていました。

周防薫(夏菜)は
仕事に気合いが入っていました。

レストランで
しばらく会わない方がいいかもね。と話してから
薫の所に
大和孝一郎(桐山蓮)から
連絡は無いようです。

終わらせるなら
早いに越した事はない。と
薫は思っていました。

楓と安芸は
楓が
新作パンのコンペで作ったパンを
店に出すため
改良していました。

ミチルは
貴大に大量のメッセージを送り
「既読」になっていましたが
貴大から
返信はありませんでした。

ミチルの店に
岩代えみ(徳永えり)がやってきました。

えみは
以前、ミチルが貴大と一緒にいる時に会っているという事もあり
ミチルは
貴大と付き合っている事を
えみに話しました。

ミチルは
楓や薫には
まだ言わないで。とえみに頼みました。

ミチルは
初めて男性と付き合い
楽しいと同時に
不安な気持ちになる。というみんなの気持ちが
やっとわかった。とえみに話しました。

楓の誕生日

楓は
もうすぐ30歳の誕生日です。

楓は
北村万里江(とよた真帆)から
リエコが1人暮らしを始める。という話を聞きました。

北村等(小林隆)が
腰を痛め
動けなくなってしまいました。

薫は
上司である
高桑瑞枝(MEGUMI)から
出店コンペの前日
交流パーティーに出席してほしい。と頼まれ
出席する事に。

薫は仕事中
大和に会いましたが
何も話しませんでした。

薫は
辛いのは今だけで
そのうち何も感じなくなる。と思っていました。

等が
リエコの引っ越し作業を手伝う予定でしたが
腰を痛めてしまったため
安芸が手伝う事に。

楓は
安芸が
リエコの自宅に行き
何か進展があるんじゃないか?と
考えてしまいました。

楓の携帯に
「ひなぎく会」をやろう。と
薫から電話がありました。

薫は
大和と別れた。という事を話しました。

ミチルは
貴大と付き合っている事を
みんなには
まだ言いませんでした。

えみは
隆が
田舎でカフェをやりたがっている。という事を話しました。

薫はコンペ後の打ち上げで
楓の誕生日に会えない。という話をすると
えみもその日の予定が
まだわからない。と話し
今日の「ひなぎく会」が
前祝いで
改めて、ちゃんとお祝いしよう。という事になりました。

安芸の事を聞かれた楓は
何も言えなくなってしまいました。

新作パンが店頭に

楓が
新作パンのコンペで作ったパンを
安芸とともに
改良し
等に試食してもらいました。

等から
「OK」が出て
店に並ぶ事になりましたが
楓と安芸は
まだ改良の余地はある。と思っていました。

ミチルの店に
貴大が来ていました。

貴大は
自分だけ舞い上がっている。と感じていました。

ミチルは
貴大と別れてしまったら
薫との関係が悪くなってしまうのではないか?など
考えてしまっていました。

貴大は
なんで最初から
ダメになるって決めつけるんだよ。とミチルに言うと
ミチルは謝りました。

薫は交流パーティーに来ていました。

大和の姿を捜していた薫でしたが
大和は仕事の都合で来ていないようです。

大和は仕事をしながら
薫の事を思い出していました。

薫が仕事帰りに
歩いていると
大和が
薫さん!と言い
やってきました。

大和は
こんな気持ちのまま
仕事なんて無理だ。と薫に言いました。

大和は
別れた妻からも
「ちゃんと向き合いたい」と言われていたのですが
どうしていいかわからず
話して解決しない、お互い傷つけ合うよりも
綺麗に別れた方がいい。と思っていたのでした。

結婚に向いていない。と思った
大和は
誰かと向き合い
拒絶されるのが怖いと感じていました。

薫は
怖いのはこっちも同じだけど
自分の気持ちを押し殺して
逃げても何にもならない。と言いました。

ぶつかって壊れちゃったなら
それは、しょうがないけど
ぶつかりもしないで逃げるって
私、1番嫌い…と
薫が話している途中で
大和が
別れたくないんだ!と言い
薫に抱きつきました。

大和は
薫の事が好きだ。と話し
だから、別れたくない。と言いました。

薫は
コンペの前日に
敵を翻弄する。っていう作戦じゃないでしょうね?と大和に聞くと
そんな事をしなくても
勝つ自信はある。と大和が言いました。

薫が
いいえ、明日はうちがとります。と言うと
2人は抱き合いました。

誕生日に残業

楓が街を歩いていると
泣いているリエコがいました。

楓は
自宅にリエコを連れてきました。

1人になるのが怖い。と話すリエコに
リエコが頑張っているのは
みんな知っている。
安芸さんだって…。と楓が言いました。

楓は
安芸がリエコに贈った指輪を見た。事を話し
リエコが入院した時や離婚した時
安芸はすごく心配していた。
退院した時のパンも
安芸のアイデアです。と言い
リエコは1人じゃない。という事を話しました。

楓の誕生日当日。

楓は
安芸に
大切な話があるから
仕事終わりに
レストランに来てほしい。と言いました。

楓が
休憩中に買い出しに行くと
元彼である
清水浩太(浅香航大)に会いました。

浩太は
パンの事を話す楓に
前より良い顔になったよ。と言いました。

貴大は
ミチルに電話をかけようとして
やめました。

ミチルは
携帯を見ていましたが
貴大からの
連絡はきていないようです。

安芸が
レストランで楓を待っていると
リエコがやってきました。

リエコは
楓から食事に誘われ
レストランにやってきたのでした。

楓と安芸

楓は
「北村ベーカリー」で残業し
パンを作っていました。

誕生日に残業か。と楓が言うと
でも、そんなに悪くないんじゃない?と言い
「ひなぎく会」のメンバーが
子供の時の姿で現れました。

「ひなぎく会」のメンバーは
少なくとも
不幸じゃないよね。
好きなパンに囲まれて
片思いでも好きな人がいて
良い友達が3人もいるじゃん。と言うと
楓は
うん。と言い
笑顔になりました。

楓の携帯に
安芸から電話がかかってきました。

楓は
電話に気づいていましたが
出ませんでした。

楓の携帯には
楓の母である
山城遼子(片平なぎさ)や
「ひなぎく会」のメンバーから
誕生日おめでとう。のメッセージが届いていました。

コンペに出し
店に出すパンを完成させた楓は
自分には
何もない。と思っていた頃を思い出し
何かを手に入れられたのかな?と考えていました。

そこで
思い浮かんだのは
安芸の姿でした。

楓が泣きながら
大丈夫、大丈夫
頑張れ私。と心の中で思っていると
「北村ベーカリー」に安芸がやってきて
くそ、2分過ぎた。と言いました。

安芸は
リエコに言われ
「北村ベーカリー」にやってきたのでした。

リエコは
レストランで
自分が弱い所を見せたから
楓が仕組んでくれたんだ。と思い
安芸に話していました。

安芸は
リエコに
この前の
告白の答えを言いました。

安芸は
リエコの事は友達として好きだし
いつでも力になりたい。と思っているけど
もう昔には戻れない。と話しました。

リエコが
これからも
友達でいてくれる?と言うと
安芸は
ああ。と言いました。

リエコは
指輪は捨てちゃって。
今日は、楓の誕生日だよ。と安芸に言いました。

リエコは
楓の自宅に行った時
カレンダーを見て
気づいたようです。

安芸は
前に好きだって言ったの
無かった事にしろって言ったよな?
お前はもう
俺なんかどうでもいいって思ってるかもしれないけど
俺は、俺が好きなのは
楓だから。と言いました。

驚いた楓は
今でも安芸の事
大好きです。と言いました。

楓が
私は1人前になったのでしょうか?
だって、前に安芸さん
私が1人前になるまで…と言おうとすると
安芸が楓に抱きつき
こういう時は
建前は忘れろ。と言いました。

安芸が
誕生日おめでとう。と言うと
楓は
ありがとうございます。と言いました。

安芸は楓にキスし
抱きつきました。

デイジーラック 8話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」8話は終わりました。

果たして楓は
パン職人になれるのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」9話は
2018年6月15日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

デイジーラック7話のネタバレあらすじは以下になります。

デイジーラック 7話ネタバレあらすじ

リエコ復活

「北村ベーカリー」で
松下リエコ(芦名星)が
以前のように、働きだして
3日が経ち
リエコに笑顔が戻っていました。

「北村ベーカリー」で働く人が集まり
ご飯を食べていました。

山城楓(佐々木希)は
安芸開人(鈴木伸之)とリエコが
楽しそうに話しているのを見て
少し胸が締めつけられていました。

リエコは
みんなに
離婚した事を報告しました。

「北村ベーカリー」で
新作パンのコンペが行われる事に。

新作パンを作るのは
楓、安芸、津幡章生(矢野聖人)の3人です。

周防薫(夏菜)は
大和孝一郎(桐山蓮)の家にいました。

大和は
コンペで薫と争う事を
知りました。

コンペで大和と争うのは
ちょっと気になる。と薫が話すと
大和は
コンペが終わるまで
会うのをやめよう。と薫に言いました。

薫は
戸惑いつつ
了承しましたが
大和が
何を考えているか
わからない。と思っていました。

岩代隆(長谷川朝晴)から
休日に行きたい所を聞かれた
岩代えみ(徳永えり)は
楓のいる
「北村ベーカリー」に行きたい。と話しました。

ハリウッド女優のバッグ

ハリウッド女優が
讃岐ミチル(中川翔子)のバッグを使っていた事で
ミチルの店に
たくさんの注文がきていました。

ミチルが修行していた
革具店の知り合いから
頑張ってれば
ちゃんと報われる。
見てくれてる人は
ちゃんと見てくれてるよ。と言われたミチルは
周防貴大(磯村勇斗)の事を思い出し
笑っていました。

薫は
大和と同じ部屋で
コンペの仕事をしていました。

大和が女性の同僚と話しているのを見て
顔が近い。と思っていました。

薫は
コンペの書類の事で
上司である
高桑瑞枝(MEGUMI)から
注意されてしまいました。

楓が
コンペ用のパンを考えていると
安芸が楓の事を食事に誘いました。

楓は
一瞬、喜びましたが
リエコも一緒。という事に気づくと
コンペ用のパンのアイデアを練る。と言い
断りました。

新作パン

楓は
リエコに渡すため
安芸と一緒に作ったパンで使ったソースを参考にして
新作パンのアイデアを考えていました。

安芸は
離婚したリエコの事を心配していました。

楓の自宅に
「ひなぎく会」のメンバーが集まっていました。

薫は
ミチルに
彼氏ができたのでは?と言いました。

貴大が
ミチルの事を心配していた。という事で
薫は
ミチルに彼氏ができたのでは?と思ったようですが
ミチルは否定しました。

楓は
コンペ用のパンを
みんなに食べてもらっていました。

クリームは美味しかったのですが
生地に改良が必要なようです。

貴大が薫に
何か話したのか
心配になったミチルは
貴大に電話をかけましたが
貴大は薫に
何も話していませんでした。

ミチルと貴大

薫が
大和から
コンペが終わるまで
会うのをやめよう。と言われ
必死で大和の事を
嫌いになる理由を探しているが
嫌いな所を見つけても
でもなぁ…と思ってしまう。という事をミチルから聞いた貴大は
嫌いになろうとしても
「でも」って食い下がってしまうのは
好きだからだ。と話しました。

自分もそうだったから
すごいわかる。と貴大が話すと
ミチルは「ふーん」と聞いていました。

貴大は
お前の事じゃん!
今から行くから!茶いれて待ってろ!と言い
電話を切りました。

ミチルは
自分の事?と戸惑いながらも
部屋を片付け
お茶をいれました。

いつも貴大が来る時とは
違う感情を抱いている事に
ミチルは気づきました。

ミチルは
貴大にときめいていたのです。

ミチルの店にきた貴大は
ミチルに告白しました。

ミチルと貴大は付き合う事になり
貴大がミチルにキスしました。

今日、泊まってっていい?と貴大が聞くと
お泊まりは
まだちょっと…とミチルが言い
断りました。

これまで男性経験の無い
ミチルは
困っていました。

ミチルと貴大は
デートをする
約束をしました。

田舎でカフェ

「北村ベーカリー」に
えみと隆がやってきました。

パンを作っている所を見た
隆は
仕事と辞めて
えみと
田舎でカフェを経営したい。と話しました。

えみが
急な事で驚くと
隆は
今すぐにではないよ。と話しました。

ミチルと貴大がデートしていると
「北村ベーカリー」に行っていた
えみと隆に会いました。

ミチルは
後で説明する。
薫にはまだ話していないから
内緒にして。という事を
表情でえみに伝えると
急いで去っていきました。

楓は
リエコに
パン職人になった経緯を話していました。

薫は
仕事に集中できていない所を
高桑に見られてしまいました。

高桑は
薫を誘い
お酒を飲む事に。

薫が
大和と付き合っている事を
見抜いていた高桑は
薫に
振り回されるのが嫌だったら
振り回してやればいい。と言いました。

薫は大和に会い
以前、大和と女性の同僚と顔が近かった事を
大和に聞きましたが
今日は
こういう面倒くさい事を話そうと思った訳じゃない。と言い
これまで思っていた事を話しました。

薫は
コンペが終わるまで
会うのをやめよう。とか
大和が何を考えているのかわからない。
自分に
大和が好きだから
このままで幸せなんだ。って言い聞かせてきたが
しんどかった。と大和に言いました。

コンペが終わるまで
会うのをやめよう。と言ったのは
大和が薫の仕事を
邪魔していないか不安になったからでした。

薫は
大和が不安に思っていた事に気づけなかった事を
謝罪し
思っている事を
全部ぶつけあいたい。と言いました。

薫の不満を聞こうした大和でしたが
自分の思っている事は
話そうとしませんでした。

話そうとしない大和に対し
やっぱり
しばらく、会わない方がいいかもね。と言い
薫は去っていきました。

新作パンコンペの結果

隆が
田舎でカフェを経営する。という話は
もうちょっと考えてから話すべきだった。とえみに言い
謝罪しました。

ミチルは
これまで男性経験が無い事を
貴大に話しました。

いいの、俺で?と貴大が聞くと
ミチルは頷きました。

貴大とミチルは
抱き合いました。

楓は
コンペ用のパンを完成させました。

コンペ当日。

コンペの結果
楓のパンが
次の新作パンに決まりました。

新作パンに選ばれた事を
喜んでいた楓に
安芸が
お前のパン
うまかったよ。おめでとう。と言いました。

楓は
自分には
これしかない。と思っていましたが
自分にはこれがある。と言える気がする。と思っていました。

薫は
高桑に注意された書類を修正し
高桑に提出すると
大和の会社には
絶対に負けないんで。と言いました。

えみが
自宅の掃除をしていると
ベッドの下に
田舎カフェに関する本が
数冊あり
たくさんの付箋が付いていました。

ミチルは
ベッドを見て
貴大に
男性経験が無い事を話した時の事を
思い出していました。

厨房の裏で
休憩していた安芸に
リエコが
新作パン、残念だったね。と言うと
安芸は嬉しそうな表情をしました。

昔の安芸なら
悔しがってた。と言うリエコに
俺も、楓みたいに
あんな楽しそうにパン作りたいなと思って。と安芸は言いました。

仕事に戻ろうとした
安芸の腕を掴んだリエコは
もう1回、やり直せないかな?私たち。と安芸に言いました。

楓は
厨房から
裏に出る扉の近くで
リエコが言った事を聞いていました。

デイジーラック 7話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」7話は終わりました。

果たして楓は
パン職人になれるのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」8話は
2018年6月8日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

以下はデイジーラック 第6話のネタバレあらすじになります。

デイジーラック 6話ネタバレあらすじ

リエコの流産

松下リエコ(芦名星)が倒れ
病院に運ばれました。

病院にいた
山城楓(佐々木希)と安芸開人(鈴木伸之)の所に
北村等(小林隆)と北村万里江(とよた真帆)がやってきました。

楓と安芸が帰っている途中
安芸の携帯に電話があり
リエコのお腹にいた
赤ちゃんが
亡くなってしまったという事を
等から聞きました。

リエコは
何日か入院する事に。

リエコの夫は
仕事が忙しいようで
すぐには
リエコの所に
来れないようです。

リエコは
退院した後
少しの間、実家にいるようです。

楓は
リエコのために
作っていた
お祝いパンを
お見舞いパンとして作りましょう。と
安芸に提案しました。

安芸は
楓の提案を受け入れました。

讃岐ミチル(中川翔子)は
知り合いの
革具店に行き
修行させてほしい。と頼み
修行する事に。

ハリウッド女優

周防薫(夏菜)は
大和孝一郎(桐山蓮)とご飯を食べていました。

薫は
大和の自宅に行きたい。という話をした後
大和との関係が
うまくいきますように。と思っていました。

岩代えみ(徳永えり)の自宅に
夫である
岩代隆(長谷川朝晴)の母親がやってきて

隆の母親は
同窓会の帰りに寄ったようで
隆と子供についての話をしていました。

隆の母親は
えみの自宅に泊まるようです。

楓の母親である
山城遼子(片平なぎさ)は
夫と喧嘩し
楓の自宅に泊まっていました。

遼子は
夫のご飯を作るため
自宅に行っていましたが
夫から
戻ってきてくれ。と言われるまで
帰らないようです。

ミチルの店に
周防貴大(磯村勇斗)がやってきて
仕事で
ハリウッド女優にインタビューする。という話をしました。

貴大は
ハリウッド女優が
バッグコレクターという事で
ミチルのバッグをプレゼントしようと思っているようで
ミチルは
自分用に作っていたバッグを
貴大に渡しました。

薫の携帯に
大和から
「今日これから予定ある?」
「家に来ない?」というメッセージがきました。

隆の母親は
子供の事で
えみが自分の意見を言えていないのでは?と
心配していました。

隆の母親は
自分の息子が
えみと結婚できた。という事だけでも
感謝しないといけない。と話し
すぐに子供を作らなくてもいい。という事を
えみに伝えました。

隆の母親は
翌日、帰るようです。

リエコの過去

大和の自宅に
薫が来ていました。

大和は
再婚を考えていないようで
薫は
この先どうなるの?と
思っていました。

大和が
今が楽しいってだけじゃ不満?と薫に聞くと
薫は
ううん、幸せだよ。と答えました。

楓と安芸は
一緒に
お見舞いパンを作っていました。

安芸の携帯に
リエコから電話がかかってきました。

リエコは
心の方が参っちゃった。
私、選択を間違ったみたい。と話しました。

安芸が
翌日、病院に行く。という事を話しましたが
翌日
退院するリエコは
お昼頃、「北村ベーカリー」に来るようです。

楓は
お見舞いパンを
安芸が1人で渡した方がいいのでは?と言いましたが
安芸は
2人で作ったパンだし
自分1人だと
どう慰めていいかわからない。と話し
2人で渡す事に。

貴大は
ハリウッド女優が
ミチルのバッグを気に入っていた。と
ミチルに電話で話していました。

楓と安芸は
「北村ベーカリー」にやってきた
リエコに
お見舞いパンをあげました。

リエコは
3人で食べよう。と提案しました。

安芸がテーブルを準備しに行っている間
リエコと2人になった楓は
以前、安芸と付き合っていたんですよね?とリエコに聞きました。

リエコは
ヨーロッパまで
追いかけて行けばよかった。と後悔しているようでした。

今、安芸とは
いい友達だという事を
リエコは楓に言いました。

安芸が戻ってきて
安芸とリエコが話しているのを見ていた楓は
用事を思い出した。と言い
パンを食べずに
帰ってしまいました。

楓は
2人の事を見ているのが
辛かったようです。

楓が自宅に帰ると
家出中の
遼子が
夫から
頼むから、帰ってきてほしい。と言われた事を
楓に話しました。

送別会

遼子は
楓の自宅で
送別会をする。と話しました。

遼子は
「ひなぎく会」のメンバーを
楓の自宅に集め
女子会をするようです。

ミチルの店に
貴大がやってきました。

貴大は
ハリウッド女優が
何かの番組でインタビューを受けている動画を
ミチルに見せました。

ハリウッド女優は
ミチルが作ったバッグを持っていました。

貴大は
驚いて固まっているミチルに
キスしました。

貴大が
迫ってくるのに耐えきれなかった
ミチルは
貴大の事を
手で押し退けてしまいました。

楓の自宅に
「ひなぎく会」のメンバーが集まり
遼子と一緒に
ご飯を食べていました。

薫はミチルのバッグが
ハリウッド女優にべた褒めされた。という話を
貴大から聞いていたようで
みんなに話しました。

貴大の事は
もう少し
黙っておこう。とミチルは思っていました。

1人で飲んでいた貴大は
やらかした。と思っていました。

同じく1人で飲んでいた大和は
薫から
再婚を考えた事はないの?と聞かれた事を
思い出していました。

安芸は
楓が
用事を思い出した。と言い
パンを食べずに帰った時の事を
思い出していました。

酔っ払った遼子は
薫、ミチル、えみに
恋愛アドバイスをしていました。

自宅に帰ったえみは
隆に
もう少しだけ新婚気分でいたいな。と話し
まだ子供は作りたくない。という事を伝えました。

隆は
それを受け入れました。

遼子は
寝てしまったようです。

楓の自宅に残っていた薫と
話していた楓は
安芸とリエコの事を薫に話していました。

薫は
大和と大和の元妻の事を
楓に話しました。

リエコが北村ベーカリーに

薫は
上司である
高桑瑞枝(MEGUMI)から
仕事に身が入っていないんじゃない?と言われました。

高桑は
大和の会社と
出店コンペになりそうな仕事を
薫に任せても大丈夫?と言いました。

薫は
はい。と答えましたが
高桑がいなくなった後
大和との事が気づかれているのでは?と思っていました。

薫は
貴大から呼び出され
一緒にご飯を食べていました。

貴大は
「ひなぎく会」で集まった時
ミチルが何か言っていなかったか。という事を
薫に聞きたかったようです。

薫は
ミチルに彼氏ができたのではないか?と思い
貴大に聞きましたが
貴大は
何も聞いてない。と答えました。

等は
新商品のコンテストをやろうかな。と楓に話しました。

リエコが
「北村ベーカリー」にやってきました。

リエコは
お見舞いパンのお礼を
楓に渡しました。

安芸は
リエコと2人で話していました。

安芸から
辛い時は
辛いって言えばいいから。と言われたリエコは
私たち夫婦
もうダメみたい。
子供ができたら変わるかもって
思ったんだけど。と言い
泣いていました。

楓が
ご飯を食べようと
「北村ベーカリー」の外に出ると
安芸の肩に
泣いているリエコが
寄り添っていました。

安芸はリエコに
俺の前では
頑張る必要無いよ。と言っていました。

楓は
外に出るのをやめました。

楓は
安芸から
閉店後、パン作りの練習に誘われましたが
断りました。

楓が街を歩いていると
安芸が現れました。

安芸は
楓に避けられているのでは?と思っていましたが
楓はそれを否定しました。

言いたい事
溜めとくと
身体に悪いぞ。と安芸が言うと
楓は
安芸が好き。と言った事を
無かった事にしてほしい。
勢いで言ってしまったけど
お互い仕事がしにくくなった気がするし
私が一人前になっても
何も変わらないと思うし
ここで1度チャラにした方がいいんじゃないかと。と言いました。

安芸は
無しにしたいなら
反対しないが
俺は仕事がしにくくなった訳でもないし
楓に対する態度も変えてない。
勝手に人の気持ちを
忖度すんな。と言いました。

楓は
色んな事を
考え始めたら
キリが無い。
今は
安芸のそばで
大好きなパンを焼ける幸せを感じよう。と思っていました。

箱崎るり(井上苑子)が
就活のため
バイトを休むようで
その代わりに
リエコが
「北村ベーカリー」で働くようです。

デイジーラック 6話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」6話は終わりました。

果たして楓は
パン職人になれるのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」7話は
2018年6月1日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

デイジーラック5話のネタバレは以下になります。

デイジーラック 5話ネタバレあらすじ

えみの行方

山城楓(佐々木希)の所に
電話をかけてきたのは
岩代えみ(徳永えり)の夫である
岩代隆(長谷川朝晴)でした。

隆が
えみと連絡がとれない。と楓に伝えると
楓は
一緒に食パンを作っていた
安芸開人(鈴木伸之)に事情を話して
えみを捜しに行き
周防薫(夏菜)と讃岐ミチル(中川翔子)にも
えみと連絡がとれない事を伝えました。

えみは
SNSでえみの事を見つけ
メッセージを送ってきた学生時代の先輩から
ご飯に誘われ
先輩に会っていました。

楓は
薫やミチル、隆と合流しました。

ミチルは
えみが
隆の浮気を疑っている。と隆に言い
楓が
そういう事、本当にあったんですか?と聞くと
隆は
言葉に詰まりました。

えみは
先輩から
仕事の話を聞いていましたが
ここに何しに来たんだろう。と思っていました。

えみは
途中で店を出てしまいました。

楓がえみに電話をかけると
電話に出ましたが
隆が
楓の携帯をとり
電話をかわりましたが
えみは電話を切ってしまいました。

隆が
電話から聞こえた音を頼りに捜すと
えみが座っていました。

隆は
浮気していない。と話しました。

えみは
隆の事を信じられなくなってしまったようです。

隆は
えみに携帯を渡し
上着とズボンを脱いで
エアロビをする時の服装になりました。

そして隆は
流れてきた音楽に合わせ
踊り出しました。

えみが持っている携帯には
エアロビの映像が流れていました。

隆は
浮気ではなく
本当にエアロビの練習に通っていた成果を
えみに見せたのです。

えみと隆は
仲直りできたようです。

えみがいた場所は
以前、えみと隆が出かけた時に
はぐれてしまい
隆は困った思い出しかありませんでしたが
その時も隆がえみの事を見つけてくれたようで
えみにとっては
良い思い出だったのでした。

隆は
えみに言われた
最近、お腹出てきたね。という言葉を気にして
エアロビを始めたのでした。

えみと隆は
気になる事があったら
言おう。と話していました。

リエコの出産

「北村ベーカリー」に
松下リエコ(芦名星)がやってきました。

リエコは
「北村ベーカリー」の近くで
出産するようです。

リエコの夫は
地方に単身赴任しているのでした。

安芸は
北村等(小林隆)に
楓が焼いた食パンがうまく焼け
美味しかった。という話をしていたようです。

楓が
食パン作りの途中で
えみを捜しに行った事を
安芸に謝罪すると
安芸は
友達大丈夫だったか?と聞き
楓が
はい。と言うと
安芸は
なら良かった。と笑顔で言いました。

楓は
安芸の笑顔に
グッときていましたが
「男で悩んでいる暇があったら
仕事をしろ。」と
安芸に言われた事を思い出して
我にかえり
仕事を続けました。

楓たちは
「ひなぎく会」でご飯を食べていました。

えみは
他の3人に謝罪し
薫はえみに
えみの悩みは幸せな悩み。と言った事を謝罪しました。

楓は
ちゃんとパン職人になるまで
恋は封印しよう。と思ったのですが
安芸の事が好き。という気持ちもありました。

薫は
楓の携帯で安芸に
「今度おいしいパン屋さんに
リサーチに行きませんか?」とメッセージを送りました。

安芸からすぐに
「千葉に、
行ってみたいパン屋がある。」と返信がありました。

楓は
帰宅した後
母である
山城遼子(片平なぎさ)に
自分の話を
友達の話として相談していました。

遼子は
恋も仕事もどっちもとればいい。
恋するのは悪い事じゃないし
恋してるから
頑張れる事もある。と言いました。

楓は
「北村ベーカリー」に行き
安芸に
メールした事を話すと
安芸は
パン屋に行く事を
楽しみにしていました。

薫は
大和孝一郎(桐山蓮)の元妻が
働いているエステに来ていました。

バッグのデザイン

ミチルは
バッグのデザインを提出しましたが
担当者から
このデザインだと
ちょっと色気を感じない。と言われていました。

ミチルは担当者から
色気を感じられるような
デザインに変更してほしい。と言われました。

薫は
エステを受けていました。

薫を担当しているのは
大和の元妻でした。

薫が話を聞くと
元妻は
大和の過去の事を知りたかったようですが
大和は
そういう事に執着が無く
疲れてしまった
元妻が
自分から大和に別れを切り出したようです。

大和と元妻は
別れてからの方が
良い関係を築けているようです。

大和と元妻が話しているのを
薫が見ていると
元妻が薫に気づき
話しかけましたが
薫は
大和に気づかれないように
カバンで顔を隠し
店から出て行きました。

ミチルが
色気を出すために
雑誌を見ていると
周防貴大(磯村勇斗)が
差し入れを持って
やってきました。

以前、貴大はミチルに
俺じゃダメ?旦那。と言っていたのですが
今日は
いつも通り、普通な感じでした。

貴大は
ミチルと別れた後
ため息をついていました。

薫は大和とご飯を食べていました。

大和は
薫が大和の元妻を指名し
エステを受けた事を知っていました。

薫は
好きなった人の事は全部知りたい。
私に全然興味無い?と言うと
大和は
過去より
今とか、これからの方が大事でしょ。
興味あるよ、ちゃんと。と言いました。

パン作りを教える立場

楓は安芸と待ち合わせ
パン屋に向かっていました。

楓は
安芸と一緒にパンを食べ
楽しそうにしていました。

楓は
帰りのバスの中で
安芸の事が好きです。
パンも安芸も大好きなんです。と話しました。

安芸は
気持ちは嬉しい。
でも今は
パン作りを教えている立場と見習いの立場だから。
楓を一人前にする責任もある。
楓が一人前になるまでは
今のままでいよう。と言いました。

楓は
「ひなぎく会」で集まり
ご飯を食べ
安芸との事を話していました。

薫は大和と一緒にいました。

薫が
私の事好き?と聞きました。
大和は
今、こうやって2人でいるっていう事が
全てじゃないの?
薫こそ、本当に俺の事好きなの?
好きならもっと信じてほしい。と言いました。

薫が
私は…と言おうとすると
大和が薫にキスしました。

ミチルのパソコンに
今回は採用を見送る。というメールが届いていました。

ミチルは
自分だけ同じ所をぐるぐる回って
進めてない。と思っていました。

隆は
自身の母が
孫の顔が早く見たい。と話していた事を
えみに言いました。

えみは隆と
子供は男の子がいいか
女の子がいいか。と話していましたが
できればまだ
2人っきりでいたい。と思っていました。

楓は
リエコと店番をしていました。

リエコの夫は
長野で単身赴任しているようです。

楓はリエコから
リエコの夫の話などを聞いた後
店の厨房に行き
安芸にパンの数を報告すると
安芸の事を見つめていました。

安芸に気づかれた楓が
リエコの所に戻ると
リエコが倒れてしまいました。

安芸は
津幡章生(矢野聖人)に
救急車!と言いました。

デイジーラック 5話 ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」5話は終わりました。

果たして楓は
パン職人になれるのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」6話は
2018年5月25日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

第4話のネタバレあらすじは以下です!

デイジーラック 4話ネタバレあらすじ

指輪

山城楓(佐々木希)は
安芸開人(鈴木伸之)のロッカーから落ちた
「to Rieko」
という文字が彫られている
指輪を
安芸に渡せず
自宅に持ち帰ってきていました。

安芸と楓は
松下リエコ(芦名星)に渡すための
お祝いパンの試作の写真を
北村等(小林隆)と北村万里江(とよた真帆)に見せていました。

安芸は
お祝いパンの試作ができたし
親睦もかねて
楓を食事に誘いました。

楓は
安芸に指輪を渡しました。

楓は
安芸が
リエコに指輪を渡すのかと思っていましたが
安芸は
ヨーロッパに行く前
「待っていてほしい」と
リエコに指輪を渡したのですが
1年後に
送り返されてしまったそうです。

安芸は
1年で日本に戻る予定でしたが
2年延期したのでした。

楓は
安芸がリエコに
まだ好意がある。と思っていました。

讃岐ミチル(中川翔子)の所に
雑誌を見て、ミチルのバッグを知り
今回、新ブランドの
バッグのデザインをミチルに依頼したい。という人物がやってきました。

ミチルも知っているメジャーな会社で
仕事を受けましたが
条件があり
会社オリジナルデザインにするため
ミチルの名前は出ない。という事でした。

その代わり
契約金は上乗せするそうで
お金に困っていたミチルは
仕事を受けました。

岩代えみ(徳永えり)は
来週
結婚後、初めてとなる
夫の岩代隆(長谷川朝晴)の誕生日。という事をSNSに投稿していました。

えみは
帰宅した隆が
隠れて誰かと電話で話しているのを見て
やっぱり浮気している。と思っていました。

楓が
安芸と食事に行く時の服を選んでいると
小さい頃の楓や薫など
「ひなぎく会」のメンバーが出てきて
楓に「浮かれている」という事を話すと
楓は
1日も早く
立派なパン職人になる。と強く言い切ると
目の前から
小さい頃の
「ひなぎく会」のメンバーたちはいなくなっていました。

男前職人特集

「北村ベーカリー」に
周防貴大(磯村勇斗)がやってきました。

津幡章生(矢野聖人)や箱崎るり(井上苑子)は
楓の彼氏かと思っていましたが
楓は
友人の弟だと
紹介しました。

貴大は
雑誌の
「男前職人特集」という企画で取材したい。と安芸に話しましたが
そういうのは苦手。と
安芸は断りました。

楓は
津幡が取材を受ければ?と提案しました。

周防薫(夏菜)は
大和孝一郎(桐山蓮)と連絡先を交換したのですが
大和から連絡がこない事で
もどかしそうにしていました。

薫の同僚たちは
コンペで採用されなかった事が
こたえているのかな?と思っていました。

薫が大和に連絡すると
大和は忙しく
連絡ができなかったのでした。

大和から食事に誘われ
薫の機嫌は良くなりました。

等は
「男前職人特集」の取材があり
安芸に任せようとします。

楓はそれを聞き
ちょっと待った!と思いました。

安芸は
そういう事で
店の名前を売りたくない。と拒むと
楓が津幡を推しました。

津幡は
「男前職人特集」に出る。という事を
友達に話したようで
今さら、訂正するのはカッコ悪い。と話す津幡に
楓は
津幡を推す。と話しました。

津幡は
楓は自分の事が好きだから
推してくれるんだ。と思っていました。

薫は大和と食事をしていました。

楓と安芸が食事をするため
店に行くと
楓の携帯に貴大からメッセージが届き
「男前職人特集」は安芸に決まった。と連絡がありました。

安芸は
店長に押しきられたのでした。

薫は大和と
楓は安芸と
お互い気づいていませんでしたが
同じ店で食事をしていました。

楓が
津幡を推したのは
津幡が友達に
「男前職人特集」の事を話したから。と言うと
安芸は
自分が嫌われているかも
と思っていた事を
話しました。

バツイチ

楓が薫に気づき
声をかけました。

楓は薫に安芸を紹介しました。

大和は
薫と付き合っていると
楓に言いました。

楓は
牧村真司(柳俊太郎)とは
どうなったのか。という事を
「ひなぎく会」で説明するよう
薫に言いました。

大和は
薫と2人で歩いている時に
告白し
薫と大和は付き合う事に。

付き合う事が決まってから
大和は
自分が「バツイチ」である事を明かしました。

楓は
薫は貴大の姉である事や
「ひなぎく会」のメンバーと会っている事を
安芸に話していました。

楓が自宅に帰ると
母である
山城遼子(片平なぎさ)がいました。

遼子は
夫といるのが嫌で
楓の家にやってきたのです。

えみが寝室に行くと
隆は寝ていました。

えみは
SNSでえみの事を見つけ
メッセージを送ってきた学生時代の先輩から
食事に誘われました。

薫は
上司である高桑瑞枝(MEGUMI)から
ライバル会社の視察のため
大和の会社のエステに行き
施術を受けた話を聞いていました。

高桑の施術を担当したのは
トップのエステティシャンで
大和の元奥さんだったようです。

薫は
大和の同じ職場に
元奥さんがいる。という事に
困惑していました。

楓は
津幡と話し
津幡に彼女がいる。という話になった時
津幡が申し訳なさそうにするのを見て
誤解されている。と思いました。

等と安芸が組合に行こうとすると
「北村ベーカリー」に
リエコがやってきました。

楓が洗い物していると
リエコが手伝ってくれ
等や安芸の事で何かあったら
内緒にしておくから相談してね。誰にも言わないから。と
リエコが楓に言いました。

楓は
リエコはいい人だ。
安芸は
こういう人が好きなんだ。と思っていました。

ミチルの所に
貴大がいました。

貴大は
ミチルが
名前が出ない仕事を受けた事に対し
それでいいの?と思っていました。

ミチルは
仕事を始めた頃
お金よりも信念を大事にしたい。と言っていたようです。

理想だけじゃ食べていけない。と話す
ミチルは
貴大の出版社が取り上げてくれた事によって
独り立ちできた事には感謝していました。

理想を捨てた訳じゃないが
今は、仕事を選んでいる余裕は無い。
旦那がいれば、好きな仕事だけできるけど。とミチルが言うと
貴大は
俺じゃダメ?と言いました。

貴大には彼女がいましたが
別れたのでした。

ミチルは
貴大を
そういう対象で見た事ない。と言うと
貴大は
ちぇっ、まだ子分のままかよ。と
笑いながら言いました。

恋愛運

隆は
遅くなるから
ご飯はいらない。とえみに電話をかけ
自分の誕生日に食べたい物をえみに聞かれた隆は
その日は
抜けられない用事がある。とえみに話しました。

安芸は
「北村ベーカリー」で
雑誌の取材を受けていました。

楓や等たちが近くで見ていましたが
津幡は
少し残念そうな顔をしていました。

取材を受けている安芸を見て
等が
安芸の事をイケメンだね。と言うと
万里江は
人気でちゃうんじゃないの?と言いました。
それを聞いた楓は
「確かに」と思っていました。

楓は
翌日、休みでしたが
安芸が仕込みのついでに
食パンの作り方を教えてくれる事に。

楓は
安芸に対して一瞬
優しい。と思いました。
しかし
師匠と弟子の訓練だ。と自分に言い聞かせましたが
自信は無いようです。

万里江から
雑誌に載っていた
占いを教えてもらった楓は
薫、ミチル、えみを誘い
行く事に。

占ってもらった結果
楓は
「今年は恋愛運がきてる。12年に1度の大幸運期。」

薫が
大和の事を信じていいか聞くと
「恋愛はともかく、家庭とはご縁が無い方。」

えみは
「相手の方は、深く愛していますよ」と言われますが
信じられずにいました。
「疑いの気持ちが生じた時は
黄色い物を身に付けると
災厄から守ってくれる。」

ミチルが
将来、好きな事で食べていけるか。という事を聞くと
「路頭に迷う事は無いと思う。
30歳で結婚する。」と言われました。
もう30歳のミチルは
あと10ヶ月しか
30歳の期間は残されていませんでした。

占いに行ったあと
4人でご飯を食べていました。

エアロビ大会

薫は
真司と別れ
大和を交際している事を話しました。

薫とミチルが
恋愛の事で口論になり
それをえみが止めようとしますが
薫は
えみは
いつだって誰かに守られていて
悩む必要が無い。
えみの悩みは
幸せな悩みだと思う。と言うと
結婚したら幸せになれるなんて
幻想で
仕事は大変だけど
誰かに認めてもらえる
掃除や料理は
必死にやった分だけ
虚しくなる。
幸せな悩みなんて無い。
甘えてるって言われたら
何も言い返せないけど
私にとっては
すごく切実な事なんだよ。と泣きながら言い
食事の代金を置いて
えみは
店から出ていきました。

えみが
店から出た後
薫はえみに
ミチルは薫には言いすぎた。と思いました。

薫がメールで謝罪しようとし
楓も携帯を取り出すと
えみが隆の浮気を疑っている。と
ミチルが言いました

えみが自宅に帰ると
黄色い服を着た隆が
音楽に合わせ
踊っていました。

黄色い服を見て
占いで言われた
「黄色」を思い出していました。

隆は
エアロビ教室に通っていて
自身の誕生日に
用事がある。というのは
名古屋で
エアロビの大会に出場するためでした。

隆は
内緒にしていた事を謝罪し
お祝いは
また別の日に。と言いますが

えみは
隆が何を考えているかわからない。と言い
自宅から出ていきました。

えみの携帯に
隆から電話がかかってきましたが
えみは出ませんでした。

えみの携帯に
学生時代の先輩から
「今東京駅にいます。
急だけど、
これからメシでもどう?」とメッセージが届きました。

楓は安芸と
「北村ベーカリー」で
食パンを作っていました。

安芸が楓のほっぺに付いた
粉を取ってあげました。

楓が作った食パンは
少し形が不細工でしたが
おいしく焼けました。

楓は
安芸の事が好きだ。と思っていました。

安芸は
楓が以前、男に振られた話をしていたような?と話しますが
楓は誤魔化しました。

楓が
どうやってリエコの事を吹っ切ったか。と
安芸に聞くと
毎朝3時に起き
ひたすら
窯の前でバケットを焼いた。
他の事なんて考える暇が無いぐらい
必死になって働いた。
だから楓も
男で悩んでいる暇があったら
仕事をしろ。と言いました。

楓は
たった今
目の前で
シャッターが下ろされてしまった。
始まる前に
速攻で終了した。と思いました。

楓の携帯が鳴りました。

「えみちゃんが!?」と
電話に出た楓が
言いました。

デイジーラック 4話ネタバレあらすじ まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」4話は終わりました。

果たして楓は
パン職人になれるのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」5話は
2018年5月18日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

3話ネタバレの記事はこちらです。

デイジーラック 3話ネタバレあらすじ

北村ベーカリーの娘

「北村ベーカリー」にやってきた
松下リエコ(芦名星)は
北村等(小林隆)と北村万里江(とよた真帆)の
娘でした。

リエコは
結婚するまで
「北村ベーカリー」で働いていたようです。

楓は
安芸とリエコが
不倫しているのではないか?という事を考えていました。

周防薫(夏菜)は
出店コンペでのライバルである
大和孝一郎(桐山蓮)に負けぬようにと
張り切っていました。

岩代えみ(徳永えり)は
讃岐ミチル(中川翔子)の店に行き
夫である
岩代隆(長谷川朝晴)が浮気しているかもしれない。という相談をしていました。

ミチルとえみは
学生時代の先輩の話をしていました。

刺激が足りないんじゃない?という事を言われた
えみは
寝る前に
栄養ドリンクを出しておこうか。という事を
ミチルに話しました。

楓は
安芸開人(鈴木伸之)が
リエコとの関係を隠しているのではないか?と思い
安芸から
なんとかして聞き出そうとしていました。

安芸は
以前、リエコと付き合っていたが
ヨーロッパに行ってる間に別れた。という事を楓に話しました。

安芸とリエコが付き合っていた事は
等たちも知らないようです。

等たちは
リエコが妊娠した事を話していました。

隆の行動

えみは
お家デートをしようと
豪華な料理を作ったり
オシャレをしたりして
張り切っていました。

隆が帰宅しましたが
どうやら
自宅でやらなければいけない仕事があるようです。

隆は
お腹いっぱいになると
眠くなって仕事ができない。という理由で
ご飯を残しました。

えみは
怪しいと思っていました。

えみは
栄養ドリンクを隆の前に置き
あとで一緒にお風呂入ろう。という事を誘いましたが
仕事が何時に終わるかわからない。という理由で断られてしまいました。

薫は
同僚たちが帰ったあとも
仕事をしていました。

男性社員から
どんなに忙しくてもキレイにしてないと。という事を言われた薫は
24時間365日、女でいるのは無理。という事を心で思いましたが
口には出しませんでした。

「北村ベーカリー」に
周防貴大(磯村勇斗)がやってきました。

「北村ベーカリー」で働く人たちは
楓の彼氏かな?という事を思っていました。

貴大に
自分はまだ雑用。という事を話した楓は
1人前になるまでには
果てしなく遠い。という事を思っていました。

安芸は
同僚から
楓の元気が無いのではないか?という事を聞きました。

安芸は
楓が空き時間に
試作として作った食パンを見つけて
食べました。

安芸が楓に話を聞くと
いつになったらパンが焼けるのか?という事で悩んでいたようです。

薫の出店コンペ

等は安芸に
リエコの子供が産まれた時に
サプライズ用のお祝いパンを作ってほしい。という事を頼みました。

それを聞いた
楓は
「それはちょっと…」と思いますが
安芸は
引き受けました。

楓が
その場から立ち去った後
安芸が等に話しかけました。

薫が
プレゼンに向かうと
プレゼンを終えた大和に会いました。

プレゼンを終えた薫は
出店コンペで選ばれれば
出店する予定で
現在、建設中のファッションビルを見ていました。

薫の横に
大和がやってきました。

大和は
薫の経歴を調べていました。

目の下のクマが隠せていないから
疲れているのではないか?
プレゼンお疲れさまでした。という事を言い
大和は
立ち去りました。

等は
安芸と
一緒にお祝いパンを作ってほしい。という事を
楓に話しました。

楓は
パンが作れる。という事で
喜んでいました。

SNS

えみが
1人で
夜ご飯であるお総菜のお寿司を食べていると
隆が帰ってきました。

遅くなる予定でしたが
早めに帰ってきたようです。

えみは
お寿司とうどんの夜ご飯で
手抜きなのがバレる。という事を思いましたが
隆は
美味しそうに食べ
えみを責める事はありませんでした。

えみは
やましい気持ちがあるから
自分の事を責めないのか?という事を考えていました。

薫の携帯に
牧村真司(柳俊太郎)からメッセージが届きましたが
どうやら別の女性に送ろうとしたメッセージを
間違えて送信したようです。

すぐに
真司から薫に電話がかかってきました。

薫の所にやってきた真司は
たまたま2人で飲んだ。という事を話しました。

薫は
真司に別れを切り出しましたが
真司から優しい言葉をかけられ
別れる事ができませんでした。

えみは
隆の携帯を見ようとしましたが
見るのをやめました。

えみの携帯に
学生時代の先輩から
メッセージがきました。

先輩は
SNSでえみの事を見つけ
メッセージを送ったようです。

リエコへのお祝いパン

楓と安芸は
リエコへの
お祝いパンで
どんなパンを作ろうか考えていました。

安芸は
お祝いパンに
等への感謝の気持ちも込め
作りたい。という事を楓に話しました。

安芸が
楓に
パン作りの基本はできるようになってきた。という事を言うと
楓は
自分は褒められて伸びるタイプだから
もっと褒めてください。という事を言いました。
安芸は
楓が作った試作の食パンは30点。という事を楓に言うと
楓は残念そうな顔をしていました。

楓は
等から言われ
安芸が仕方なく楓と一緒に
お祝いパンを作っている。と思っていましたが
実は
安芸が等に頼んで
楓と一緒に作る事になったのでした。

安芸は
そろそろ楓にパンを焼かせてみようと思って。という事を
等に話していたのでした。

たこ焼きパーティー

楓の携帯に
ミチルから
「今夜、「ひなぎく会」でタコパやらない?」というメッセージが送られてきました。

「ひなぎく会」でたこ焼きパーティーをする事に。

えみは
先輩からメッセージが届いた事を話しました。

えみ以外の3人は
そこから不倫に発展してしまうのではないか。という事を話しました。

ミチルは
隆が浮気している事を話しそうになりましたが
えみに止められました。

薫は
真司が間違えてメッセージを送ってきた時の事を
話していました。

楓やミチルは
真司と別れた方がいい。という事を言いましたが
薫は仕事で無理してる分
甘えさせてくれる人が必要だから。という理由を話しました。

薫は
女を使って仕事をしてる。とか
わがままだ。だと思われたくない。という理由で
意地でも仕事を頑張っているのでした。

大和のおんぶ

安芸は
お祝いパンの第1回試作品のイラストを
楓に見せました。

安芸が
ロッカーにイラストをしまい
その場から去った後
安芸のロッカーが開き
物が落ちました。

楓が
小さな箱を開けると
「to Rieko」
という文字が彫られた
指輪が入っていました。

高桑瑞枝(MEGUMI)は
薫に
コンペで採用されたのは
大和の会社だった。という事を話しました。

薫は
建設中のファッションビルを見ていました。

薫の横に
大和がやってきました。

大和は
コンペの担当者から
薫がプレゼンした概要を聞いたようです。

大和は薫の事を
手強いライバルだと思っているようです。

薫と大和が歩いていると
真司が女性と歩いている事に
薫が気づきました。

薫は
真司の顔を殴り
真司に別れを告げました。

その場から
立ち去ろうとした薫は
躓いてこけてしまいました。

全て見ていた大和は
薫に何も言いませんでした。

大和におぶってもらったり
大和の肩を借り
薫は歩いていました。

大和と見つめあった時
薫は「キスしたい」と思っていました。

薫は大和にキスしました。

エンジェルベイビー

楓と安芸は
お祝いパンの試作品を完成させました。

リエコが好きな
ベリー系のフルーツが使われたパンでした。

そのパンに
安芸は
「エンジェルベイビー」という名前をつけていました。

楓が
「幸せですね。
こんなに思われて。いいな」と言うと
安芸が
「お前にも作ってやる。
お前に子供が産まれる時には
お前のためにも
パンを焼いてやるよ」と言いました。

安芸が
「本番までは
企業秘密だぞ」と言っている後ろで
楓は
安芸に気づかれないように
泣いていました。

デイジーラック 3話まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」3話は終わりました。

果たして楓は
パン職人になれるのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」4話は
2018年5月11日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

デイジーラック 2話ネタバレあらすじ

佐々木希さんが
主演のドラマ「デイジー・ラック」の2話のネタバレです。

2話の内容ついてまとめていますので、これからドラマを見る方や、内容知りたくない方はご注意ください!

北村ベーカリー

パン職人を目指す
山城楓(佐々木希)は朝5時に起き
パン屋で働いていました。

楓が働く
「北村ベーカリー」の人たちは優しかったですが
世界のパンを見るために
3年間、ヨーロッパに行っていたパン職人の安芸開人(鈴木伸之)は
楓に厳しく接していました。

忙しい生活で
楓は
早まったかも…という事を思っていました。

楓の携帯に
元カレである
清水浩太(浅香航大)から電話がかかってきました。

仕事終わりに楓の自宅に
浩太が来る事に。

楓は
復縁できるかもしれない。という事を考えていましたが
浩太は楓の自宅の合鍵と浩太の自宅に置いてあった服を持ってきただけでした。

楓は浩太に
パン屋で働いている事を話しました。

楓は
帰っていく浩太に
別れたくない。
悪い所も直すし
浩太の言う事
なんでも聞く。という事を
言いましたが
「楓の
そういう所がもう無理なの」と浩太は言い
去っていきました。

楓は
30歳までに何かを手に入れるために
男にすがるような
みっともない事は今日限りやめる…つもり。という事を
思っていました。

周防薫(夏菜)は
大仕事が決まり
出店コンペの担当になった
お祝い。という事で
彼氏である
牧村真司(柳俊太郎)と
ご飯を食べようと思い
電話をかけますが
真司は電話に出ませんでした。

相席

1人でご飯を食べ
お酒を飲んでいた薫は
店が混雑してきてので
店員から相席を頼まれました。

薫と同じテーブルに座った男性から
お祝いでお酒を飲んでいる。という事を見抜かれ
引かれた。思っていた薫でしたが
気にせず飲んでいました。

鞄職人である
讃岐ミチル(中川翔子)は
鞄の売れ行きが良くなく
野球選手のサイン入りユニフォームや
サインボールなどを
ネットオークションに出す事に。

パン作りをしてみたい楓でしたが
安芸は厳しく
まだパンを作る事はできませんでした。

岩代えみ(徳永えり)は
ご飯を作り
夫である岩代隆(長谷川朝晴)の帰りを待っていましたが
隆から
帰りが遅い。という内容の電話がかかってきました。

楓は
母親である山城遼子(片平なぎさ)から
実家に帰ってきたらいい。という事を言われていました。

ネットオークション

ネットオークションに出した商品を見ていた
ミチルですが
入札者が1人いました。

ミチルの
希望落札価格は109.000円でしたが
入札者の購入希望価格は4.989円でした。

ミチルは
本気で営業しなければいけない。という事を思い
営業しますが
収穫はゼロでした。

ミチルは
街で貰ったポケットティッシュに入っていた
怪しげなバイトをやってみようと思い
ポケットティッシュを配っていた男性と話していました。

ミチルが
男性と話している姿を
周防貴大(磯村勇斗)が見ていました。

ミチルは
喫茶店で
男性から話を聞いていましたが
怪しい仕事だと思い
立ち去りました。

えみは
作った夕食の写真と撮り
SNSに投稿していました。

隆から
仕事相手とご飯を食べ
帰りが遅い。という内容の連絡があり
えみは
作った料理を
「ひなぎく会」のメンバーと一緒に
薫の仕事が決まったお祝い。として食べようと考えました。
みんなを自宅に呼んだ
えみでしたが
本当は
隆のために作った料理である事を
隠している事に罪悪感を感じ
夫の帰りが遅いから…
という事をみんなに話しました。

お互いの話

「ひなぎく会」のメンバーで
薫の彼氏の話をしたり
浩太に
別れたくない。と
すがった事を
楓は話しました。

ミチルは
怪しい仕事に
手を出しかけた事を話しました。

楓は
「私、しばらく男はいいや
今は好きなものに
全力投球する」と薫たちに言いました。

「北村ベーカリー」は臨時休業していました。

ワイン試飲会のイベントから
パンの発注があり
たくさんのパンを作っていました。

安芸に言われ
楓がオーブンを開けると
焼いていたパンが焦げていました。

楓がオーブンから
目を離した事が原因のようです。

店長である北村等(小林隆)や
安芸たちが急いで
パンを作り
なんとか間に合いました。

片付けをしていた楓は
「北村ベーカリー」でバイトをしている
箱崎るり(井上苑子)から
パン職人を目指した理由を聞かれ
「パンが焼ける時の匂いって
すごく幸せに感じるから」と答えました。

安芸は
楓と箱崎が話しているのを
後ろで聞き
片付けをしていましたが
片付けを楓たちに任せて
出ていきました。

安芸が厳しい理由

楓は
安芸が厳しい事を
等に話しました。

それは
安芸なりに責任を感じているから。という事を
楓に言いました。

これまで安芸が
教えた新人は
仕事がキツく1年未満で
みんな辞めているようです。

忘れ物をした楓が
「北村ベーカリー」に戻ると
安芸が試作のパンを作っていました。

安芸は
「この仕事を軽く考えないでもらいたい」と楓に言いました。

「軽く考えてませんけど」と答えた
楓が
パンが焼ける時の匂いが好きだから
パン職人を目指している事を知った
安芸は
「勝手に自分のうちでやってくれ」と
楓に言いました。

楓は
軽い気持ちじゃなく
必死になって考えた。という事を
安芸に言いました。

「私にはもう
これしか無いんだから!」と楓が言った後
「お前…」と言った安芸が
倒れてしまいました。

安芸をソファに寝かせ
楓が安芸の
おでこを触ると
熱があるようです。

熱さまシート

楓は
ネットで
熱を下げる方法を調べ
首にネギを巻くのがいい。という内容の記事を見つけ
ネギや熱冷ましのシートなどを買ってきました。

楓が
熱冷ましのシートを貼ってあげようとすると
「リエコ…」と安芸が呟きました。

安芸が目を覚ますと
おでこには熱冷ましのシートが貼ってあり
テーブルの上には
風邪薬などが置かれていました。

安芸の首には
ネギが巻かれていました。

楓が連絡してあったようで
北村万里江(とよた真帆)が
「北村ベーカリー」にやってきて
楓にお礼を言った方がいい。という事を安芸に言いました。

ライバル会社の社員だった

薫は
上司である高桑瑞枝(MEGUMI)と
歩いていると
コンペで一騎討ちをする会社の社員と会いました。

その社員は
薫が相席した男性の
大和孝一郎(桐山蓮)でした。

薫は
初対面である事を装いましたが
別れ際に大和が
「今度どこかでお会いしたら
シャンパンでもご馳走させてください」と薫に言いました。

大和は
相席した時にお酒を飲んでいたのが
薫だという事に気づいていたのです。

楓は
自宅でパンを作りながら
安芸に言われた事を思い出していました。

外を歩いていた楓は
パン屋を見つけました。

パン屋から
出てきたお客さんから
ネットで評判のパン屋。という事を聞いた楓は
店に入ると
安芸がレジで会計していました。

安芸を見つけた楓は
店を出ようとしましたが
安芸に気づかれてしまいました。

ライバル店チェック

楓と安芸は
「北村ベーカリー」にいました。

安芸も楓と同じように
新規店舗の偵察をしていたようです。

安芸は
偵察だけでなく
商品研究もしていました。

楓と安芸は買ってきたパンを食べようと
半分に割る。という
同じ動作をしていました。

楓と安芸は
食べる前に
パンの匂いを嗅いでいたのでした。

安芸は
看病してくれたお礼を
楓に言うと
楓は
安芸が
「リエコ…」と言っていた事を話しました。

楓は
安芸の弱味を握った。という事を思っていました。

薫と真司は
ホテルにいました。

真司がホテルの事に詳しい事に
薫は少し不思議そうでしたが
1人暮らししようか考えている。という事を真司に話しました。

薫と真司がキスしていると
真司の携帯が鳴りました。

真司は
電話に出ませんでした。

本当に欲しい人のため

ミチルの店に
貴大が来ていました。

貴大は
彼女がミチルの鞄を注文したい。という事を話しますが
ミチルの生活を助けようとして
注文しようとした事が
ミチルにバレていました。

ミチルは
「私は
ほんとに欲しいって人のために
バッグ作ってんの!
あんたのお情けにすがって
仕事する気は無いんだよ!」と貴大に言いました。

貴大は
「そうやって
やせ我慢してるうちに
飢え死にするぞ」と言いました。

えみは
帰ってきた隆と抱き合った後
石鹸の匂いがする事に気づきました。

楓は
実家には帰らない。という事を
電話で遼子に話していました。

楓は
安芸の後輩である
津幡章生(矢野聖人)から
パンを作るための事などを
教えてもらっていました。

楓が
休憩していると
安芸から
修行時代にとっていたノートを貰いました。

安芸に会うため
「北村ベーカリー」に
ある女性がやってきました。

女性の名前は
松下リエコ(芦名星)といい
安芸が呟いていた
「リエコ」という人物のようです。

デイジーラック 2話 まとめ

という所でドラマ「デイジー・ラック」2話は終わりました。

果たして楓は
パン職人になれるのでしょうか!?

次回のドラマ「デイジー・ラック」3話は
2018年5月4日(金)22時からスタートです!
気になる方はチェックしてみてください!

第1話のネタバレは以下をご覧ください。

デイジーラック 1話ネタバレあらすじ

ひなぎく会

山城楓(佐々木希)、周防薫(夏菜)、讃岐ミチル(中川翔子)、岩代えみ(徳永えり)の4人は
幼馴染みで
小さい頃「ひなぎく会」という会を作っていました。

それぞれ夢があり
薫は社長、ミチルはバッグアーティスト
えみは保母さん。
楓の夢は…

大人になった楓たちは
えみが結婚して
結婚式を行う。という事で
久しぶりに「ひなぎく会」のメンバーが4人
集まる事に。

結婚式の途中で
楓の携帯が鳴りました。

なんと
楓の勤めていた会社が倒産してしまったのです。

楓は
これを期に
結婚するのもアリかな。という事を
「ひなぎく会」のメンバーに
話していました。

楓は
小さい頃にみんなで書いた
プロフィール帳を持ってきていました。

えみは
プロフィール帳に
20歳で結婚して
結婚相手は
優しくて思いやりのある人。という事を書いていました。

それを聞いたえみは
「まあ、9年もオーバーしちゃったけど
ちゃんとその通りの人
見つけられたかな」と言いました。

「ひなぎく会」のメンバーに
「ひなぎく会」を復活させよう。という事を
楓が言いました。

結婚観

楓は自宅に帰ると
彼氏である
清水浩太(浅香航大)に
結婚についての話をしましたが
浩太は楓と結婚しようとは
思っていませんでした。

薫は
小さい時から
仕切り屋なところがあり
現在は
高級なエステサロンで働いていています。

薫には
牧村真司(柳俊太郎)という
学生の彼氏がいます。

ミチルは
フリーランスで
鞄職人の仕事をしていて
かつて
いじめられていた薫の弟である周防貴大(磯村勇斗)を助けた事で
貴大は
ミチルの事を「アニキ」と呼び頼っている。

えみは
新婚で
専業主婦をしている。

得意な事は料理で
美味しいご飯を旦那に作っている。

楓は家に来た
母親に
浩太との結婚が無期限延期になった事を話しました。

「ひなぎく会」を開こうと計画していましたが
楓以外の3人は
仕事や家庭の事情などで行く事ができない。という連絡がありました。

楓が街を歩いていると
一軒のパン屋を見つけます。

「北村ベーカリー」に入った楓は
バイトとして
パン作りを教えてほしい。という事を頼みましたが
断られてしまいました。

パン屋でバイト

楓はパン屋で働こうと
他のパン屋に
履歴書を持っていきますが
断られてしまいました。

そのパン屋で
パンを試食した楓が
「ちょっと甘すぎるかな」と呟くと
「同感。俺もそう思うよ」と横にいた男性が言いました。

楓が他のパン屋に行き
履歴書を持っていくと
そのパン屋にも
さっきの男性がいました。

ミチルの
貯金が残り少なくなっていました。

最近、まともな注文を受けていなかったようです。

お腹がすき
倒れていると
貴大がやってきました。

ミチルは
貴大にご飯を買ってもらい
食べていました。

貴大は
返すのはいつでもいい。という事を話し
ミチルに5万円貸しました。

えみの旦那である
岩代隆(長谷川朝晴)は出張が多いようです。

北村ベーカリー

楓は
また別のパン屋に行き履歴書を見せていましたが
断られていました。

楓は
「北村ベーカリー」に行きました。

「北村ベーカリー」で試食のパンを食べた楓は
「こんなに悲しいのに
美味しい」と言い
泣いてしまいました。

落ち着いた楓は
もう一度「北村ベーカリー」でパン作りを教えてほしい。という事を話しますが
断られてしまいました。

別の日。
楓は「北村ベーカリー」に店主の北村等(小林隆)と北村万里江(とよた真帆)が
やってくるのを待ち
早起きが得意。という事を話したり
等に栄養ドリンクの差し入れをするなど
アピールしていました。

薫が街を歩いていると
浩太の事を見つけました。

楓の彼氏である浩太の事を知っていた薫は
浩太に声をかけました。

薫は
浩太から
楓と別れた。という事を聞きました。

「ひなぎく会」の楓以外のメンバーは
楓が浩太を別れた。という話をしていました。

薫の提案で
「ひなぎく会」を開く事に。

「ひなぎく会」当日。

楓は
パン職人になる。という事を
「ひなぎく会」のメンバーに話しました。

楓は
小さい時に書いた
プロフィール帳の将来の夢の所に
「パン屋さん」と
書いていました。

「北村ベーカリー」で働いている
楓が売り場にパンを運ぼうとした時
こけそうになり
運んでいたパンが落ちそうになってしまった時
ある人物がパンをキャッチしてくれました。

その人物とは
楓がパン屋で試食した時に
「同感。俺もそう思うよ」と言っていた男性でした。

この男性の名前は安芸開人(鈴木伸之)
かつて「北村ベーカリー」で働いていたパン職人で
また「北村ベーカリー」で働く事になったようです。

安芸は
世界のパンを見るために
3年間、ヨーロッパに行っていました。

安芸に年齢を聞かれた楓が
「29です」と答えると
「結構いっちゃってるけど
大丈夫かな」と安芸が言いました。

楓が「歳は関係無いと思いますけど」と言うと
「いや、大いに関係あるでしょ」と安芸が言いました。