獣になれない私たち

引用:https://www.ntv.co.jp/kemonare/

新垣結衣さん、松田龍平さん主演のドラマ、獣になれない私たち(けもなれ)9話のあらすじです。

出演者やドラマの概要、各キャラの設定などは獣になれない私たち 登場人物・出演者、あらすじ、主題歌について!にまとめています。

ネタバレが含まれているので、獣になれない私たち 9話の内容を見たくない!という方は気をつけてくださいね。

獣になれない私たち 第9話

目を覚ますと~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

恒星(松田龍平)とビールを飲みながら、ゲームをしてその場で寝てしまった晶(新垣結衣)は、恒星のベッドの上で目を覚ましました。
部屋を出てるとソファーには、恒星が眠っています。
ちょうど、コーヒー豆を切らしていた事務所。2人はモーニングコーヒーを飲みに出かけました。
その途中、不動産屋の張り出されている物件に晶は足を止めます。
京谷(田中圭)とも別れてしまい、月末に迫っている更新日…。
今住んでいるアパートを出ていくか悩んでいるのです。
また、恒星も月末に迫っているものがありました。…不正書類の提出です。

2人は、喫茶店に入り他愛もない会話をしながらコーヒーとパンを食べます。

晶「恒星さんがいいなら、いいんじゃない?」
恒星「え?」
晶「誰かを傷つける悪事ではないし、私は税務署の人じゃないから、恒星さんを怒る理由がない。」

そう言った晶に、恒星は驚きます。初めて会った時の印象からずいぶん変わったのだと思います。

翌日、会社では初めて松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)が、2人だけで契約を取れたと喜んでいました!
晶は、2人の成長に一緒になって喜びます。
初日に遅刻するなど、一事はどうなることかと思われた朱里(黒木華)も、SEの人たちとすっかり打ち解けています。
佐久間(近藤公園)のフォローもあり、晶はこのまま見守っていくことにしました。

そこで、晶は社長である九十九(山内圭哉)にある提案をしに行きました。
今までの雑務を“当番制”にしてほしい、というものです。
しかし、その申し出に九十九は一言「いらん。」と返します。
そして、次に出てきた言葉が…

九十九「それ全部秘書にやらせぇ。深海晶を、営業部長に任命する!」

晶は思わぬ言葉に「部長?!」と大きな声で聞き返します。九十九は「営業部の特別チーフクリエイター部長!!」と答えました。

九十九直筆の任命書を持ち、佐久間と松任谷・上野に相談します。
すると、佐久間は「俺のせいかもしれない…。」と、少し申し訳なさそうに答えました。
前回、九十九と衝突した時に「給料が2倍になれば、転職も考えなおすのに…。」という、安易な言葉をそのままの意味で九十九は受け取ってしまったのかもしれないと、佐久間は言います。
晶を営業部長として前線に立たせて、業績を上げる事ができたら、辞めそうになっているSE社員の給料をUPさせ、引き留めることができると、考えているのです。
さらに、九十九は秘書として入社したばかりの朱里を任命してきました。

雑誌の1ページ~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

晶が会社で嬉しくない昇進をしていた頃、恒星は不正の決算書類を作っていました。
コピーされた書類を手にした恒星の表情は厳しいものでした。
そこへ!ラーメン屋店員・岡持(一ノ瀬ワタル)がやってきました。
それも、ものすごい勢いで。

岡持「えらいこっちゃ!!!」

そう言葉を繰り返す岡持に恒星は「その先言えよ。」と言います。
少し落ち着いたのか、岡持は持ってきた雑誌の1ページを見せました。
そこには、呉羽(菊地凛子)と抱き合う恒星の姿が映り、記事には“奔放な夜の一部始終”と書かれています。

夜、呉羽を含めた4人が5tapに集まりました。
呉羽によると、雑誌の記事は前に所属していた事務所の嫌がらせだと言います。
4人と店主・タクラマカン(松尾貴史)が話していると、常連客の一人が店に飛び込んできました。「外すごいことになってるよ!!」と。
店内からのぞくと、5tapの周りは記者たちでいっぱいになっていました。

タクラマカン「オアシスが…。」
呉羽「なんでこんな騒ぎになってるの?」
岡持「これのせいじゃないっすか?」

そう言って、SNSに載ってしまった呉羽と人気バンドマンとの関係を岡持は見せました。呉羽は、とにかく外の騒ぎを止めようと、店の外へと出ていきました。

呉羽「ここ、迷惑なんで、解散!ね?」

それだけを言って、店に戻ろうとした呉羽。
しかし、記者の質問にいつもの調子で返してしまいます。
呉羽が出ていったことによって、明らかに外の騒ぎは大きくなりました。
その様子を見て、恒星は岡持に呉羽の回収に行くよう指示します。

日曜日~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

呉羽の一部始終を朱里はネットで見ていました。日曜日の朝です。
そんな朱里には、以前まで晶にいっていた九十九からの連絡が、一斉に入ってきます。
秘書に任命されてしまったからです。
その連絡にいら立ちを感じていると、家のドアが開く音が聞こえました。

京谷の母・千春(田中美佐子)が訪ねてきたのです。
合鍵を持っていたため、千春はチャイムを押さずに部屋に入ります。
女性ものの靴が玄関に置かれているのを発見すると「晶ちゃん…?」と声をかけてきます。
夫が亡くなったばかりで、まだ京谷は千春に別れたことを伝えていなかったのです。

思わぬ来客に慌てた朱里は、荷物をまとめ、うさぎをゲージに入れて千春の見ていない隙に、家を飛び出しました。
千春は、状況をのみこむことができず、京谷に電話しました。

千春「今あなたのマンションに来たんだけど…どうなってんの?!」
京谷「え…あ…あの…。なんで勝手に来たんだよ!」
千春「思い立ったの!」

京谷との連絡を終え、千春は朱里の姿を見せた部屋を押し開けました。
そこには明らかに住んでいる様子。「どうなってんの…?」と一言もらしました。

慌てて家を飛び出した朱里が向かった先は、晶のアパートでした。
会社からも近いし、晶の所以外、いく所がないと言います。
しかし…晶の方にも千春から連絡が来ていて、家にいると返事をしてしまったのです。
見事に、3人は鉢合わせになってしまいました。

晶の家に来たのに、京谷の元カノがいることに驚き千春は、「なんで?!どうなっちゃってんの?!」と思わず声に出してしまいました。

反省会~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

3人は、5tapに移動しました。そこで、晶の方から事情を全て説明しました。

千春「育て方間違えちゃったかしら…。」

京谷のとっていた、どっちつかずの行動に千春は落ち込んでしまいました。
しかし、「時間はあっという間に過ぎてくの!」と、自分の気持ちをはっきり伝えてこなかった晶にも、母親のような言葉をかけます。

ですが、最後に戻ってくるのは、京谷のしてきた行動に対する批判です。
京谷の事を批判している中、朱里が「京谷のおかけで生きている」という言葉を千春に伝えました。
仕事のことで悩んでいた朱里に、生きるという選択肢を与えたのは、まぎれもなく京谷です。
今までの京谷の行動を全て批判されてしまうと、自分が生きていることを批判されているように感じてしまうと、伝えたかったのでしょう。

晶「朱里さんが生きててよかった…。」

朱里の話を聞いた晶が、泣いたいはずの朱里より先に、涙を流してポツリと言葉を漏らしました。3人は泣きます。ビールを飲みながら泣きます。

女同士~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

仕事を終えて、5tapに駆けつけた京谷。目の前では、母親・元カノ・つい最近別れてしまった彼女、という謎のメンバーで談笑しています。
全く状況をのみこめない京谷は、恒星の隣へと案内されました。

恒星「楽しそうですね。」

3人が声を合わせて「「タクラマカーン」」と呼ぶ声を聞くと、恒星が話かけました。

京谷「なにがなんだか…。」
「女の人って何考えてるんだろ…。分かります?!」
恒星「全く分からない。」

すると、思い出したかのように京谷は「晶とはただの飲み友達って聞いて…。」と話を変えてきました。
2人が別れる前に、京谷が呉羽と、晶が恒星と、浮気をしたともめたことがありました。
この場を借りて、というのもおかしいですが、恒星は京谷に真実を伝えました。
「晶とはやってない。」という事実を。
京谷は噓をつかれ、恒星は噓のせいで殴られました。
結局お互いさま、ということで話は終わりました。

5tapを後にした晶と朱里は、帰宅してからもお互いの恋愛観を話ました。
前の晶と朱里の関係からは想像できないほどの、仲の良さです。
お互いに対する接し方も変わりました。
明日も仕事があるということを忘れて、2人は話続けます。

翌朝、目覚ましがなりません。
目を覚ました晶は、大慌て!出勤時間ギリギリです。
朱里を無理やり起こし、急いで出社します。

出社してきた2人を待ち受けていたのは、激怒している九十九でした。
休日の間、九十九の連絡を無視していた朱里。
そのことに対する暴言と、出社が遅かったことに対する暴言言われ続けます。
佐久間もSE室の方から、心配そうに見つめています。

ようやく社員たちとも打ち解けられ、会社に慣れ始めようとしている朱里には、とても厳しい当たりでした。
晶は、九十九に抗議しに行きます。
しかし、営業部の目標として10社に営業をかけるように怒鳴られます。
営業に加えて、秘書の指導もしろ、と指示する九十九に、晶は内ポケットにしまってある爆弾を使ってしまおうかと考えました。
…しかし、その目に映ったのは、必死に仕事を覚えて社会復帰できるように頑張っている朱里の姿でした。

朱里の努力~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

晶は、社長から言われた10社の営業を振り分けることにしました。

晶「私が半分持つから、松任谷さん3社、上野くん2社ね。」
松任谷「私3社?!」
晶「うん。先輩でしょ?」

どこの会社に行くのかは、本人たちに決めさせました。
振り分けていると、朱里が質問してきます。
九十九の要求は、事細かに注意点があり、全てをスピーディーにこなさなければなりません。
自宅に戻ってからも、晶のアドバイスは尽きることがありませんでした。

九十九の要求にこたえようと、朱里は必死になって動きます。
晶のいない接待も、頼りない上野とともに、無事に終えました。
ですが、帰ってきた朱里は布団にそのまま倒れこんで、何も言わずに寝てしまいました。

翌日、晶は上野から話を聞くことにしました。

上野「会食が終わって、先方の人たちが帰ったとたん…急に…“なにしとんねん!!”」
晶「長門さん何やったの?」
上野「僕から見ると全然ちゃんとしてて…」

九十九は、朱里と晶を比べていたのです。
九十九に文句を言われるのが面倒で、怒られるのが面倒で、全ての業務を完璧にこなした晶。
そんな晶の行動と、まだ会食にも慣れていない朱里の行動が比べられ、否定されてしまったのです。

話を聞いた晶は、外周りに行かなければなりません。
直接朱里に言葉をかけられずに会社を出てしまいました。
そんな時、事件は起こってしまいました。

機密データ~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

九十九から言われるたくさんの業務に、朱里はメモを取るのも、確認するのも一苦労です。
1つのことが終わってないのに、要求は次から次へと舞い込んできます。

朱里は、いっぺんに言われたことにテンパってしまい、確認を怠りメールの送信先を間違えてしまったのです。
これは、機密データ漏れです。九十九側の責任となります。
このままでは、会社としての信用を失うことにもなります。
さらに、相手の会社が大切な取引先ということもあり、契約を打ち切られたら九十九の会社はやっていけません。

九十九をはじめとする、営業部全員が慌ただしく会社から出ていきます。
その様子を、九十九のおつかいから帰宅した朱里は聞いてしまいました。

できなかった~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

話を聞いてしまった朱里は、晶の家から持ってきた荷物を全て持って出ていきました。
途中、大切な枕を落としていることにも気づきません。
それほど落ち込んでいたのです。

偶然通りかかった岡持は、枕を拾うと朱里に届けました。
いつもの明るい調子で声をかけます。

岡持「俺、変態じゃないですよ…?恒星さんとも、晶さんともご友人なんです。」
朱里「…できなかった…。」
岡持「え?」
朱里「働けなかった。」

そういうと、思い切り泣いてその場に座り込んでしまいました。

その頃、恒星は監査の仕事で大熊が依願退職していたことを知ります。
上司の横領を告発したものの、もみ消されてしまい、さらには退職へと追い込まれたのです。
大熊は、「なにもできなかった。」と恒星に会いに来ました。
そして、告発するために用意していたメモを全て破き捨てました。

その日の夜、晶は家に残された手帳を持って、休業することになった5tapの前で恒星と話ました。

晶「なんにもできなかった…。」
恒星「自分のためになんかするのも難しいのに、人のためなんてできるわけないでしょ。」
  「誰かのためって、所詮自己満足だから。」

いつもの毒舌が始まります。
それでも晶は自分の生き方を恒星にぶつけます。

晶「じゃあ、みんなどうやって生きてるの?」
 「誰かの手を必要として、必要とされて生きていくんじゃないの?」

恒星は何も言わずに、手帳に残された“ごめんなさい”という紙を破りました。
そして、ぐちゃぐちゃに丸めると「何もできないよ…。」とボソッと言いました。

やめよう~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

翌日、印鑑が押され、完成した不正書類を眺めながら、恒星は考えていました。
このまま提出するのか…、それともやめたいという意志を示すのか…。

一方、晶は出社して来ない朱里に連絡を入れます。
もちろん繋がりません。そんな朱里のデスクを見ると、“必要な人になる”と書かれた付箋が貼られていました。
朱里は朱里なりに頑張ろうとしていたのです。
その努力に目もくれず、ただただ「最近の若いやつはダメだな!!!」と、全社員の前で怒鳴り散らす九十九に、晶はしびれを切らし声をあげます。

晶「は?!やる気?やる気があればミスもしないし、やる気があれば何でもできる。」
 「…やる気ってそんなにすごいんですか?」

今まで言ってこなかった心の声を全てぶつけます。
誰かが怒鳴られていても、助けようとしない社員みんなにも語りかけます。
そして最後には「こんな会社でどうやって働けっていうんですか?!」と、大きな声で言いました。

九十九「ほなやめたらええ。さっさとやめ。今すぐやめ!!!!」
   「深海1人おらんくてもどうとでもなる。」

九十九の言葉に、誰も反論しません。
その様子に「失礼しました。」と、小さな声で晶は謝ります。
晶に現実が突き付けられたのです。

2人のこれから~獣になれない私たち(けもなれ) 9話あらすじ

恒星は、書類を全て破りました。
取りに来た人には「もうできません。」と300万と1枚の紙を渡します。
しかし、始めてしまった以上、損をするのは恒星の方だと言われてしまいます。

恒星も現実を突きつけられたのです。
結局抜け出すことができませんでした。そんな恒星の元に晶が来ました。

晶「どうにかしようとした?」
恒星「うん。した。…けどダメだった。」

外は雨が降りだしてきました。

恒星「どうした?晶さんなんかあった?」
晶「…会社で、初めて吠えた。」
恒星「爆弾投げた?」
晶「投げようとして、投げられた。……私は、必要なかった。いなくてもどうとでもなる。」

今にも泣きだしそうな晶。
恒星は抱きしめました。
優しく、それでも力強く。
そのまま2人は一夜を共にしました。お互いがお互いを必要だというように…。

翌朝、恒星に声もかけず晶は事務所を出ていきました。
恒星も、目は覚ましていたものの声をかけませんでした。
晶は帰宅途中、「間違った…?」と自分のした行動に思わず突っ込んでしまいました。

獣になれない私たち(けもなれ)9話見逃し無料動画は?

獣になれない私たち(けもなれ)9話見逃し無料動画はHuluがおすすめ!

Hulu