suits -スーツ月9 日本版-

引用:https://www.fujitv.co.jp/SUITS/

織田裕二さん、中島裕翔さん、中村アンさん、鈴木保奈美さん主演の月9ドラマ、SUITS 7話のあらすじです。

出演者やドラマの概要、各キャラの設定などは月9 SUITS 登場人物、あらすじ等にまとめています。

ネタバレが含まれているので、SUITS 7話の内容を見たくない!という方は気をつけてくださいね。

スーツ 第7話

桜庭リゾート&ホテル ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

甲斐(織田裕二)は、自身のクライアント・桜庭リゾート社長、桜庭庸司(高橋洋)に会いに来ていました。
今回桜庭リゾートのホテルが5つ星をもらえることになったのです。
そして、5つ星獲得を機に大手ホテルグループ『KJO』と合併することを考えているようです。
そこで、顧問弁護士の甲斐に、合併することの報告、さらに協力をお願いしました。

一方、大貴(中島裕翔)は1人カフェで落ち込んでいる聖澤真琴(新木優子)を見かけます。
大貴は、真琴に声をかけにカフェへと入っていきました。
「蟹江(小手伸也)先生にでも怒られた?」と冗談っぽく声をかけると、「そんなやわな女に見えます?」といつものような返事が返ってきます。
真琴は、来年司法試験を受けることになっているのですが、受験恐怖症で悩んでいたのです。
大貴はそのことを聞くと「わかった!任せて!」と言い、2人で試験対策に取り組むことになりました。

「KJO」グループ ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

甲斐は、事務所に戻るとすぐに、合併を申し出てきた「KJO」グループに、問題がないかどうか、大貴に調べるように頼みます。

大貴「KJOグループって、海外展開に力を入れている企業ですよね?国内にもホテルを?」
甲斐「桜庭リゾートとの合併を望んでいる。量じゃ敵わないが質は桜庭が上だ。」
大貴「なるほど。わかりました。」

そういって、大貴はドアのほうへと進んでいきますが、目にとまる写真がありました。
そこには、サッカー選手のイニエスタが写っており、直筆のサインも書いてあります。
甲斐は、代理人になったため、イニエスタと食事に行っていたのです。
大貴は、「僕はまだ一度も食事に誘われてないな~と思って。」と羨ましそうにいいます。
すると、甲斐は「まだ顔じゃない。」と言ってキャラメルを渡してきました。
「ですよね。」と、残念そうにキャラメルを1つ手にした大貴は、仕事へと戻っていきました。

交渉相手 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

甲斐は桜庭から食事に誘われていました。
そこには、いつもお世話になっているから、と言って玉井(中村アン)も同席しています。

甲斐「ジーン社長が来日を?」
桜庭「えぇ。合併に前向きだってメールしたらすぐにでも会いたいって。」
甲斐「代理人弁護士は?」
桜庭「これから、いらっしゃいます。」
甲斐「これから?」

そういうと、甲斐の後ろの方を見た玉井が目を丸くします。
…木次谷がきたのです。大手ファーム「弁護士法人セイント」に移籍した木次谷が、「KJO」の代理人弁護士だったのです。
前に木次谷の息子の件で会って以来の再会です。
2人は、“これからよろしく”と最後に握手しますが…、お互いの手をギュッと強く握り、笑顔での握手というわけにはなりませんでした。

試験対策 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

その頃、真琴と大貴は司法試験に向けて、対策をしていました。
時間を決めて問題を解いていくのです。
同じような問題でミスしていることを大貴が指摘すると、真琴は「全部ひっかけ問題に見えるので。」と少し拗ねてしまいます。
大貴は、ミスしたところの説明をしようとすると、真琴が「ビールを頼んでも?」と言います。
もちろん大貴の答えは「ダメ。」です。
しかし、“ピンポーン”と、ボタンを押してしまいました。
結局2人は、お酒を飲みながら対策ではなく話をすることになりました。

大貴「そっか~。お父さん弁護士なんだ。」
真琴「完璧なんです。うちの父親。」

そういうと、自分の父がプレッシャーになっていることを話始めます。
大貴は「気にしすぎだよ!」と励まそうとしますが、「気になります!」と返されてしまいます。
それに加え、お父さんは、「代表(幸村)と甲斐先生を足て、蟹江先生で割った感じ!」と言われ、大貴は思わずワインを吹きだしそうになってしまいます。

新人採用面接 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

翌日、事務所では新人採用の面接が行われていました。
蟹江が面接官です。そこへ幸村が入ってきて「今日の面接はあなたに任せていい?」と言ってきました。
野暮用ができたというのです。
その言葉に蟹江は、甲斐のシニア昇格に向けて根回ししに行くのだと勘付きます。

蟹江「失礼ながら。野暮用とはどのような?最近代表が何かの根回しに動かれていると小耳にはさみまして。」

そういうと、幸村は「野暮用を聞くなんて、それこそ野暮じゃない?」といって、上手くかわします。
そして、面接は蟹江に任せ、出かけていってしまいました。

蟹江がイライラしているころ、大貴は面接に2年前、替え玉受験をした女性が来ていることを知ります。
それに、その女性は真琴の大親友というではありませんか。
もしかしたら、自分の正体がバレてしまう!そう思った大貴は急いで甲斐に報告します。
ですが、甲斐は相変わらず、「鈴木先生のおかげで司法試験に合格しましたなんて自分から言ってくるやついるか?」と言ってきます。
そして、大貴は心配しすぎだと言わんばかりに、笑って仕事に戻ってしまいました。

因縁のファームへ ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

甲斐は、合併交渉のため木次谷のいるセイント事務所を訪れました。
なんと大貴も一緒です。大貴は木次谷の息子の替え玉受験をしたことから、自分が弁護士をしていることを知ってしまったら…と心配しています。
ですが、甲斐は「合併交渉ってのは精神的優位に立ちたい。君がいたほうが話がしやすい。」と言ってきます。
確かに、木次谷の不安要素をあおるにはもってこいの人材です。
桜庭が合流して、「いよいよ合併交渉ですね。」と言いながら甲斐と握手、セイント事務所へと入っていきました。

合併交渉 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

事務所についたものの、木次谷しかいません。
待っている間、木次谷はジッと大貴を見つめています。
その様子にしびれを切らせたのか、甲斐が「ジーン社長はまだですか?」と時計を見ながら聞きました。
空港からの道が渋滞しているようで、約束時間を過ぎているのです。
すると、木次谷の携帯に連絡が入りました。
ジーン社長が到着しました。

ジーン社長と桜庭が挨拶を済ませると、一緒に会議室へ入ってきた男性が、「木次谷君、彼らを食事に案内してくれ。ジーン社長は寿司が食べたいそうだ。」と言ってきました。
代表弁護士であるはずの木次谷にそんなことを言ってきたのは…
セイント事務所代表の聖澤敬一郎(竹中直人)です。真琴の父親でもあります。

甲斐「代理人弁護士は木次谷先生では?」
聖澤「彼には、東京での連絡係をやってもらっているだけですよ。KJOグループの世界戦略はこの私が。」

合併の提案 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

KJO側から、合併比率についての提案用紙が甲斐に渡されています。
その用紙を一読した甲斐は聖澤に投げ返しました。

甲斐「こんな合併比率じゃ、話になりませんね。」

KJOからの提案には、現在、桜庭リゾートで働いている従業員の保証がなく、“桜庭”という名前さえも無くされていたのです。
対等な合併でなければ桜庭リゾートとして提案を受け入れられないと、甲斐ははっきりと言いました。
しかし、聖澤が反撃してきました。

聖澤「対等?君はそもそも、うち(KJO)と桜庭リゾートが対等だと?」
甲斐「(うなずく)」
聖澤「“井の中の蛙大海を知らず”とはまさにこのことだろう。桜庭さんは、この日本じゃ有名かもしれないが、世界では誰も知らない。つまり…“顔”じゃない。それでもジーンは桜庭さんを取締役に受け入れようとしている。お互いウィンウィンの条件になっていると思うけどね。」

その言葉に甲斐は「会社の価値は事業規模だけで決まるわけじゃない。」と返し、1回目の交渉は決裂してしまいました。
2人のやりとりを見ていた大貴は、甲斐が退室すると聖澤に一礼し、ついていきました。

パワハラ面接官 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

その頃、事務所では蟹江が幸村に呼ばれていました。
先日の新人採用面接のことがSNSに書きこまれていたのです。
イライラが収まっていなかった蟹江の面接は、パワハラに近い形で行われていたようで、そのような書き込みがあり幸村が激怒しています。

幸村「たかが面接でファームの評判落してくれるとか…」
蟹江「このような書き込みはなんの影響力もありません。」
幸村「あなたに任せた私がバカだった!!」
  「今すぐ対処して!」

幸村に言われた蟹江は、ドアへと向かいます。
すると、タイミングよく甲斐が戻ってきて入室してきました。
甲斐が交渉決裂の報告をする前に幸村から「交渉決裂だって?」と言われました。
桜庭から幸村に連絡が来ていたのです。
甲斐を説得するように桜庭には頼まれたのです。

甲斐「あんな上から目線の条件とてもじゃないけど飲めません。それでも、クライアントの意志を尊重しろと?」
幸村「今回はあたしもあなたに乗ろうかな。」

と言ってきました。
相手側の代表弁護士が聖澤だと分かったからです。
聖澤の出してきた条件は、どの弁護士でも反対してくるものでした。
もしかしたら、聖澤は“上杉”のいないファームの実力を試しているのかもしれない、と幸村は感じたようです。

聖澤と幸村 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

大貴は、先ほどの聖澤と甲斐のやり取りを見て、何かあったのではないかと思い玉井に聞くことにしました。
玉井の話によると、聖澤となにかあったのは甲斐ではなく幸村だったのです。
事務所の名前にもなっている“上杉”という人物。
しかし、現在事務所に上杉という弁護士は在籍していません。
なぜなら、上杉は幸村に事務所を追放されているからです。
上杉と大学時代の同期で親友である聖澤は、幸村のその行為を気に入っていないと玉井は言います。
憶測ではありますが、上杉についてのことで、幸村と聖澤は対立しています。

聖澤への接触 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

聖澤は真琴とカフェで話をしています。
パラリーガルの仕事ならどこでもできるから、セイントへ移らないか…と。
しかし、真琴は今の事務所が気に入っているから移りたくないといいます。
そんな話をしている中、聖澤は仕事の時間になってしまいます。
2人はカフェをでました。

カフェを出た後、聖澤の元に来たのはなんと、蟹江でした。
そして、一冊のファイルを蟹江が渡します。
その様子を、偶然にも真琴が見ていました。

外堀固め ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

「KJO」グループは、ジーン社長と桜庭の2ショット写真をインスタに載せ、合併をにおわすような書き込みもしていました。
外堀を埋めてきたのです。
甲斐は、大貴に調べるよう命じてあるタイでの問題を早急に、と求めてきました。
大貴は命じられた通り、タイの従業員を探す業務へと戻ります。
その途中、電話が鳴りました。
真琴の親友で大貴が替え玉受験をした女性です。
そして、もう一度替え玉受験をしてほしい、というお願いをされてしまいました…。

帰宅した大貴は、ご飯を作りに来ている砂里(今田美桜)に相談しました。
悩み続ける大貴の様子に砂里は少し寂しそうな表情を見せました。
大貴のマンションからの帰り道、砂里に電話がかかってきます。
兄・遊星(磯村勇斗)からです。
静岡に帰り、就職した遊星ですがもう一度東京へ来て、大貴と勝負したいとのことでした。
大貴に伝えてほしいという遊星でしたが、砂里は「大貴を困らせるようなことはもうやめて!あたしにも電話して来ないで!」と言って、一方的に切りました。

タイから連絡 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

早急に、と指示されていたタイでの問題が何だったのか判明しました。
タイのホテルでアジア圏を統括しているマネージャーが横領し、ストライキが起こっていた事を桜庭に伝えました。
またKJOグループはそのことを隠ぺいしているとも。
その事実を知った桜庭は、「先生の予想が的中しましたね…。」と表情を曇らせます。
しかし、甲斐は「いい方向に。これでウィンウィン以上の関係になります。」と言ってきました。

2回目の合併交渉 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

交渉内容を大きく変え、甲斐が聖澤と木次谷のところへ来ています。
横領事件があったこと、それを隠ぺいしていること、さらに隠したいがために合併の話を持ちかけたこと、全てを考慮しての条件を提示したのです。
甲斐の説得もあり、聖澤からは「前向きに検討します。」という言葉をもらうことができました。
そして、お互いの資産情報を交換し、2回目の交渉を終えました。

その交渉を終えた後すぐに、なぜか桜庭リゾートの株が大量に買われていきます。
条件に同意したくないKJOグループからの敵対的買収でした。
KJOグループの本当の狙いは、合併に見せかけた買収だったのです。
そのことがわかり、状況が大きく変わってきてしまった今、甲斐たちにクライアントを救う手立てはあるのでしょうか?

桜庭を救うために ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

甲斐はある1つの大きな手段を見つけ出しました。
それは、5つ星獲得が決定されているホテルを売却することです。
桜庭からの了承を得た甲斐と大貴は、ジーン社長と聖澤の元へ行きました。
そして、大貴から一枚の紙を渡します。

聖澤「なんなんだこれは。」
甲斐「みての通りですよ。あなた方が買い漁っている桜庭リゾートの資産価値は、間もなく半分以下になります。」
聖澤「ホテルを売却するつもりか?」
大貴「東京・京都・金沢・沖縄の4つを。」
甲斐「その4軒は5つ星が決まっていたんですけどね。持ち主が変わると、星も変わるかもしれません。」

そして、畳みかけるように大貴から売却先はモリーザホテルになると聞かされます。
そのホテルはKJOグループのライバルなのです。
甲斐たちの本気に、手も足も出ない状況になってしまった聖澤とジーン社長は、「合併の話に戻せないか?」と言ってきました。
そして、「もう一度交渉させてくれ。」と聖澤も言葉を付けたしました。
甲斐は、「聞く耳を持たない訳じゃない。」と言いますが、1つの条件を出しました。
KJOグループが“顔”になることはない、というものです。
こうして、桜庭リゾートは守られ、お互いが本当の意味でウィンウィンの関係になるよう交渉が進められていくことが決まりました。

大貴の問題 ~SUITS(スーツ)月9日本版 7話あらすじネタバレ

桜庭リゾートの件が片付いた大貴。
真琴にランチに誘われていました。
オシャレなお店に行くと思いきや…親友とご飯を食べていた行きつけの三宝食堂に案内されました。
なんと、そこで大貴が替え玉受験をしたことがバレてしまいました。
先日、親友が打ち明けた替え玉受験をしてしまったこと、また替え玉受験の待ち合わせ場所に大貴が来たこと、全てを踏まえて真琴から言われてしまったのです。
すると、お店に「ごめーん、お待たせ。」といって親友も入っていきました。
そして、大貴の顔をみると「あれ…大さん?」と声をかけてきました。
真琴の中で全てがつながってしまいました。
バレてしまった大貴はどうなるのでしょうか…?

SUITS(スーツ) 月9 日本版 7話 見逃し無料動画は?

ドラマ「SUITS」見逃し無料動画はFOD!
SUITS以外にもフジテレビ系ドラマを幅広くみれますよ!
⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。