suits -スーツ月9 日本版-

引用:https://www.fujitv.co.jp/SUITS/

織田裕二さん、中島裕翔さん、中村アンさん、鈴木保奈美さん主演の月9ドラマ、SUITS 5話のあらすじです。

出演者やドラマの概要、各キャラの設定などは月9 SUITS 登場人物、あらすじ等にまとめています。

ネタバレが含まれているので、SUITS 5話の内容を見たくない!という方は気をつけてくださいね。

決算報告 ~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

幸村・上杉法律事務所では、上半期の決算報告会が開かれていました。
トップの成績を残したのは、蟹江(小手伸也)でした。
トップの成績を収めた蟹江には、幸村(鈴木保奈美)から京都南座のチケットがプレゼントとして渡されました。
次に、幸村は「最も売り上げをあげた先生を」と言って発表を続けました。
蟹江は、当然自分の名前が呼ばれると思っていました。
しかし、そこで呼ばれたのは甲斐(織田裕二)の名前でした。
そこでも、幸村からプレゼントを渡されましたが、なんと…同じ京都南座の公演チケットでした。

幸村「偶然同じ日のチケットが取れたの~。一緒に行って来たら?」
甲斐・蟹江「「冗談じゃない!!」」

そう言って、2人の成績が好評され、報告会が終了しました。
報告会が終了したところで、タイミングよく大貴(中島裕翔)のスマホが鳴ります。
なんと、悪友の遊星(磯村勇斗)が警察に捕まってしまったのです。
大貴は遊星の釈放の件で警察署へいかなければならなくなってしまいました。
甲斐には、そのことを相談することも出来ず、「祖母が施設で転んでけがをしてしまった」という噓をついて、遊星のもとへ向かうことにしました。

事故の相手 ~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

緊急事態ということから、甲斐は事務所から車に乗って向かうように大貴に言いました。
「電車で行く」と遠慮した大貴でしたが、「個人で雇っているから」と、車を使えるように秘書の玉井(中村アン)に準備させました。

大貴は、車に乗り込むと運転手である赤城達男(ブラザートム)に、本当のことを相談しました。
遊星が捕まっていることを聞いた赤城は、「ご友人も警察でとても不安な思いをされていると思います。」と、快く警察署へ向かってくれました。
しかし!その警察署へ向かう道中、赤城がトラックと追突事故を起こしてしまいました。
赤城は、大貴が急いでいたことを知っているため、その場は自分にまかせて警察署へ向かってほしい、と伝えます。
その言葉通り、大貴はトラックの運転手に名刺だけ渡し警察署へと向かいまいた。

追突事故を起こしてしまった赤城は、事務所に戻りその旨を甲斐に報告していました。

甲斐「示談に応じない?」
赤城「はい…。保険会社を通じて交渉しようとしたんですが、どーーーしても訴える。」
甲斐「ありえない。あ、連絡先とか分かりますか?」

そう甲斐が聞くと、赤城は一枚の紙を出しました。
そこには、免許証のコピーと会社名・勤め先の住所が書かれていました。
紙を見た玉井が「あ!」と言います。
実は、このトラックの運転手・糸井は、前に甲斐が弁護した会社の社長だったのです。
今はその会社が倒産してしまい、トラックの運転手をしていました。
甲斐は、赤城に「ご心配なく。この件はこちらで処理します。」そういって、どうにか示談にできないか、糸井の元を訪ねることにしました。

身柄引受人の大貴により釈放された遊星は、大貴と2人で話すことにしました。
そこで、遊星の現状を聞きます。
お店で口論になってしまった遊星は暴れた拍子に、お店の食器などを壊してしまったのです。
お店側は、壊したもの全ての弁償を遊星に求めています。

遊星「もうないんだよ。」
大貴「ない?」
遊星「借金の返済で全部持ってかれた。マンションも車も…あの3000万も。」

遊星は、全てを失ってしまい今はネットカフェで暮らしているというのです。
妹の砂里(今田美桜)にも、着信拒否されていて、大貴の他に頼れる人がいなかったのです。
大貴は「どうにか克服するしかないよ。」と声をかけますが、遊星も知らないうちに借金の利息を増やされてしまいどうしていいのか分からない状況でした。

条件 ~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

翌日、大貴は甲斐に呼び出されました。
事故の時に、なぜ大貴が示談交渉をせずに、素人の赤城にその場を任せてしまったのか問われたのです。
また、祖母のケガが嘘だということもバレてしまいました。

大貴「すみませんでした!」
甲斐「例の悪友か?」

そう聞かれると、大貴は遊星は反省しているし、更生したいと思っているなら少しでも手助けをしたいと、本音を打ち明けます。
ですが、甲斐はすぐさま「ダメだ!」というのです。
なぜなら、大貴を雇う条件として、悪友との縁を切ることを命じていたからです。
「いい機会だ。ちゃんとケリつけてこい。」そう大貴に告げました。

甲斐と大貴の話を立ち聞きしていた玉井。一冊の雑誌を手にしたまま、大貴が帰った甲斐の部屋で話をしていました。

玉井「そんな簡単にリセットできるものなんですかね?」
甲斐「立ち聞きはいい趣味とは言えないな。」
玉井「一般論を言っただけですが。」
甲斐「じゃあ、一般論で言わせてもらうが、過去にいつまでも縛られて未来を台無しにするなんて馬鹿げてる。」
玉井「分かっていても割り切れないのが人間なんじゃ?」

そういうと、手に持っていた雑誌のあるページを甲斐に見せました。
そこには、甲斐の元上司で検事の柳慎次(國村隼)が“汚職事件の黒幕”と書かれていました。
甲斐は頭を抱えてしまいます。

就職先 ~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

甲斐からの言葉を考えながら、遊星のいるネットカフェへと大貴は向かいました。
すると、遊星は日本全国の求人を見て、就職先を探していました。
ですが、高校を中退しているため、なかなか見つからないようでした。
大貴は、もう遊星とは会えないことを伝えるために来たのですが…先に遊星から「もう会えないって伝えに来たんだろ?そういう約束だったしな。」と言われ、自分から言いづらくなってしましました。
そこで、大貴の口からでた言葉は「いっぱい飲み行くか。」でした。

大貴と遊星は久しぶりに、2人で飲みました。
クラブのようなところで、辺りはとても騒がしいです。
そんな中、遊星は大貴が弁護士になったことを知ります。
ずっと大貴の夢だった弁護士になっていたことを知った遊星は嬉しくなり、ダンスしているグループの中心へと行きました。
机の上には、大貴のカバンから落ちた法律事務所の名前の書かれた封筒を置いたまま…。
大貴も遊星の様子をみて一緒に騒ぎながら笑っています。

糸井の要求 ~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

甲斐は、赤城がぶつかってしまったトラックの運転をしていた糸井の家へと足を運びました。
糸井は首にコルセットをしています。
追突した衝撃で、首を痛めたのでしょうか?
甲斐は、そのことについては触れずに、「話というのは?」という糸井にお詫びの言葉を述べました。
そして、事故についての話を始めました。

甲斐「うちのドライバーは不注意を認めていますし、あなたには最大限の賠償金が保証されます。示談での解決をお願いできませんか?」
糸井「…それは…できませんね。」
甲斐「はい?」

糸井は、事故以来ハンドルを握ることが怖くなってしまったというのです。
甲斐は「そこまで深刻な事故とは聞いていませんが?」と言いますが、糸井は「事故の損傷は軽くても私の心の問題ですよ!」と言い返してきました。

甲斐は、裁判をしても精神的苦痛を認められる可能性の低さ、裁判費用の負担など、糸井が不利になってしまうことを伝えます。
そして、“お見舞い金”といって封筒を手渡しました。
そこには数十万円が入れられていました。

糸井「これで、訴訟を諦めろと。」
甲斐「無駄な争いはしたくないんです。」
糸井「たったこれだけで。」
甲斐「……いくらなら納得するんです?言ってください。いくらほしいんです?」
糸井「そうくると思ったよ。これ、こういうのは買収というんじゃないのか?!」

甲斐はあくまでも、「示談交渉です。」と答えるものの、糸井は「今ので精神的苦痛を被った!」と言って、お金を突き返し「帰れ。」と言ってきました。
また、「あの運転手には何の恨みもないが、あんたのお抱えとわかった以上、示談には応じない。」と加えて家へと帰っていきました。

一二三物流の顧問弁護士~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

示談で済ませたい甲斐は、一二三物流の顧問弁護士と話し合いをすることにしました。
その顧問弁護士というのは…蟹江でした。
蟹江に口利きをしてもらい、一二三物流の上層部から糸井に示談をのむように説得してもらおうという目的でした。
蟹江は、自分への見返りは何か?と聞きます。
甲斐は一つ目として、京都南座のチケットを渡しました。
二つ目として、アメリカ行きのチケットに田中投手との食事つきという夢のような提案も出しました。
マー君との食事に、蟹江はすぐさま食いつき、目を輝かせますが…うなずきはしませんでした。
そこで、甲斐は「何が望みなんだ?なんでも言ってくれ。」と言いました。
蟹江は「なんでも?」そう聞き返し、ある条件を出してきました。
玉井に二日間秘書をしてほしいということでした。

一方、事故の時のドライブレコーダーを見返していた大貴。
糸井の運転にある問題があったことを見つけます。
そこへ、受付から電話がかかってきました。
お客様が来ているというのです。
受付に行くと、遊星とクラブに行ったときにすれ違ったガラの悪い2人組でした。
机に置かれていた封筒を見ていたのです。
遊星とかかわりがあると判断し、大貴に会いに来たのです。
大貴はすぐさま駐車場へと逃げ出しました。
車の手入れをしていた赤城に匿ってもらい、何とかその場をやり過ごすことができました。

ネット流出~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

甲斐は、幸村に呼び出されていました。
蟹江も同席しています。
そこで、ある動画を見せられました。
それは、甲斐と糸井のやり取りが録音されたものでした。
しかし、一部は編集されて糸井の都合のいいように変えられていました。
この動画がネットにあげられてしまったことで、事務所には顧問契約を考えなおしたいという電話がかかってきてしまう事態に陥っていました。
このままでは、大口顧客まで手放すことになってしまいそうです。
甲斐は、大貴の見つけた手がかりが事実かどうか、探し出すことにしました。
そして、ネットに流れてしまった動画を消させるべく、戦い始めたのです。

糸井は、なにかやましいことがあったのか、事故当時のドライブレコーダーのデータを削除していました。

事務所に戻ると、甲斐の元へ幸村が来ました。
甲斐と赤城に訴状が届いたのです。
また、事務所には顧問契約を考えなおしたいという電話が後を絶たなくなってしまっていました。
幸村は、「庶民いじめをする傲慢なファームの烙印を押されるのは我慢できないから。」といって、糸井との間にある問題にきちんとケリを付けるように言いました。

甲斐は、糸井が設立した会社と過去に裁判をしていました。
糸井ペアリングを経営していた糸井ですが、甲斐のクライアントの製品をまねてしまいました。
裁判で勝てるはずもなく、会社が倒産し、妻にも従業員にも逃げられてしまいました。
過去の訴訟で恨みをかってしまった甲斐。
ネットで拡散されてしまった事務所の評判も、過去のことにけりがついていなかったからなのです。
弁護士だからこそ、このような逆恨みも受けてしまうと甲斐自身も幸村も分かっていました。
だからこそ、ケリをつけつように言ってきたのです。

事故の真実~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

翌日、甲斐と大貴は糸井のところへと向かいました。
糸井はトラックの洗車をしていました。その首にはコルセットがありません。

甲斐「もういいんですか?首。」
糸井「…。」

3人は場所を変えて話すことにしました。

糸井「訴状はもう送った!何も話すことなんてないけどな。」
甲斐「訴訟の前にあなたにお見せしたいものがありまして。」

そういうと、大貴に事故の時に糸井の後ろを走っていた車のドライブレコーダーの映像を見せるように指示しました。
糸井は、道路交通法を違反していたのです。
一時停止の所で止まらす、さらにスピードも出しすぎていました。
糸井は再度、運送業で会社を立ち上げるべく悲劇の市民を演じ、お金をもらおうとしていたのです。

甲斐は、訴訟の前に糸井の件を解決することができました。

連帯保証人!?~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

糸井の件を解決し、事務所に戻ってくると遊星を追っている借金取りが大貴を待っていました。
そして、1枚の紙を渡してきたのです。
法的にはなんの意味も持たない、明らかに違法の書類でした。
そこには、500万の支払い、連帯保証人には大貴の名前が書かれていました。
正確には、パソコンで作成された誰にでもできる書類です。
大貴は支払いを拒否しましたが、借金取りは遊星の捕まっている画像を見せ、「どうなってもいいのか?」と大貴を脅してきました。
「少し時間をくれ」大貴がそういうと、借金取りは去っていきました。

甲斐「やれるか?」
大貴「僕がなんとかするしかないんですよね。」
甲斐「気楽にいけ。」

翌日、大貴は遊星を返してもらうべく、借金取りと取引をしに行きました。
遊星はボロボロになりながらも、大貴に「悪いな」と声をかけました。
借金取りは大貴の渡したアタッシュケースを開けます。
そこにはお金ではなく、写真を調査資料と書かれた紙が入っていました。

大貴は、借金取りの違法行為全てを調べあげていたのです。

大貴「貸金用法も利息制限法も無視した金貸し行為は完全に違法です。」
金貸し「なんだとこの?!」

借金取りの一人は大貴を殴ろうとします。
法を犯していること、警察に通報するということ、全てを大貴は正論で反論しました。
そして最後に、「このまま遊星を開放するなら今までの行為に目をつむる。」と言ったのです。

借金取りは、警察沙汰になり、今までの悪事がばれてしまうことは困るのか、煮え切らない表情をして帰っていきました。

悪縁を断つ大貴 ~SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話あらすじネタバレ

大貴は弁護士として、お金を払うこともケンカをすることもなく解決して見せました。
助けてもらった遊星は、これから心を入れ替えて真面目に働く、と大貴に伝えました。

大貴「もう、そういうのやめてくれ!」
遊星「…?」
大貴「恩を感じてるなら、もう俺に近づくな。電話もしてくるな。それが一番の恩返しだよ。」

甲斐に言われた通り、遊星との関係を断ち切ろうとしているのです。
遊星は急な大貴の発言に困っています。
「放り出す気か?」そう聞くと、「迷惑なんだよ。」と大貴に言われてしまいます。
それに加え、「俺は、お前の知っている俺じゃない。」とも言われてしまいました。
遊星は大貴を殴ることも出来ず、別れる事になりました。

一方、甲斐の元へは、週刊誌に取り上げられ警察からも目を付けられている柳検事が来ていました。
「手を貸してほしい。」そういった依頼でした。
しかし、甲斐はその依頼を断ります。
一番、柳検事を理解しているからこそ、依頼を拒否するというのです。
果たして、この2人の過去に何があったのでしょうか…。

SUITS(スーツ) 月9 日本版 5話 見逃し無料動画は?

ドラマ「SUITS」見逃し無料動画はFOD!
SUITS以外にもフジテレビ系ドラマを幅広くみれますよ!
⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。