スポンサーリンク
嘘の戦争

引用:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/uso/

みなさん。こんにちは。
前回の記事で草彅剛さん主演ドラマ「嘘の戦争」に登場するキャストを紹介しましたが、今回は気になるあらすじをざっくりと私なりに紹介したいと思います。

あらすじ

主人公である一ノ瀬浩一(以下、浩一)がまだ9歳の頃、突然悲劇はやってくる。
それは父親が母親と弟を殺害し無理心中してしまうのだ。
だがそれは、仕組まれた罠であった・・・。

浩一は、真犯人の顔を見たからである。
浩一は亡き父親の無実を証明するために幼いながらも母親と弟を殺害したのは、
父親ではないことを警察に証言した。

しかし、警察に信じてもらえず、浩一の言葉は届くことなく消えてしまう。
それどころか「嘘つき」と罵られ、親戚からも変な目で見られるようになってしまった。
この日から、浩一は真犯人に復讐することだけを考える鬼となった。

やがて、30年の月日が経ったころ、浩一は本物の「嘘つき」として成長していた。
日本からタイに行き、名前を変え経歴を詐称し天才的な記憶力と
巧みな話術で天才詐欺師として活躍していたのである。
そんなあるとき、記憶の中にあった真犯人と再会を果たす。
そこで両親と弟の仇をとるため、浩一は復讐することを誓い日本に戻る。

日本に戻ると殺人事件の真実に迫るなかで次々に出てくる関係者。
相棒である女詐欺師の十倉ハルカ(以下、ハルカ)と潜入捜査を行い事件関係者に
浩一の詐欺師としての巧みなテクニックで罠を仕掛け、社会的に抹殺しようと企てる。

だが、そう上手くはいかなかった。
浩一が仕掛けた罠を破り拒もうとするニシナコーポレーションの社長である
二科隆が浩一の行く手を塞ぐ敵として登場するのであった。

スポンサーリンク

嘘の戦争は何かのシリーズ?

いかがでしたでしょうか。
今作「嘘の戦争」は後藤法子さんのオリジナル作品のため、どういった結末を迎えるのか関係者しかまだ誰も知らないドラマとなっています。

そういった意味では毎回わくわくしながら見ることができますね。

後藤法子さんは、2015年「銭の戦争」の脚本も行っており、今回は「~の戦争」シリーズの第2作目です。
タイトルが似ているため、何か関係があるのか思ったのですが、まったく関係ないみたいです。

また、浩一は天才詐欺師ですので、どのような罠を仕掛けて事件関係者に復讐していくのか。そしてそれを防ごうと動くニシナコーポレーションの社長との攻防戦も必見です。

この記事のまとめ

公式ホームページが真っ赤で燃えているデザインから壮大な復讐劇が繰り広げられることが伝わってきます。
キャッチフレーズである「嘘つきは復讐の始まり。」という言葉も大変な嘘をついたことがある人が見ればドキッとする言葉かもしれません。

また、復讐劇だけではなくニシナコーポレーションの会長の娘で女医である二科楓が
浩一とハルカの前に登場しドロドロした三角関係を築くという情報も出ています。

初回は2時間スペシャルと大ボリュームとなっています。
浩一の復讐の鬼としてどのように罠を仕掛けるのか。
三角関係はどうなるのか。

非常に楽しみです。

それでは、またお会いしましょう。