コードブルー3映画化の脚本家について調べました!誰がいいですか?

コードブルー3

引用:https://www.fujitv.co.jp/codeblue/

みなさま、こんばんは!今回はコードブルー3の映画化が決まった事もあり、コードブルー3映画版の脚本家について、今後どうなるのかを調べてみました!

もしコードブルー3を見逃している方は今のうちに見ておいた方がいいですよ!

【無料動画フジテレビオンデマンド】31日間無料キャンペーン中【FOD】
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

スポンサーリンク

コードブルー3映画化の脚本家は?進化する藍沢先生降臨

脚本家の予想は、フジテレビに所縁のある外さない映画となる様に実績重視で君塚良一が抜擢されると予想します。

 

最終回の藍沢先生についてですが、前回の最終回の予告映像で藍沢先生が崩落事故に遭い生埋めになると言う感じでしたので最終回の冒頭で事故に遭い直ぐにサラッと復活したのには正直拍子抜けでした。

 

主役ですからしょうがないのでしょうか。藤川先生を助けに走り的確な判断をし救出する場面は感動というかスーパードクターの雰囲気が凄く出ていて画面に引き込まれました。

 

藤川先生を無事に救出脚も元どおりに動かせるようになったのは藍沢先生のお陰でしょう。トロント行きも決めて益々腕に磨きをかけて帰ってくる時がとても楽しみで仕方ありません。恋の進展も映画でしてほしいです。

 

コードブルー3映画化の脚本家は?藍沢先生にとっての救命

藍沢先生は一見クールで冷たく感じますが、実は誰よりも患者思いで、仲間のことを大切に思ってると思います。ピアニストの天野奏ちゃんの件は後遺症が残るのは仕方のないことなのに、すごく責任を持ち、苦しんでいました。

 

最終回のトンネル事故で、藤川先生が危なく、処置が遅かったら脚を切断しなけらばならなかった時は、白石先生も言ってましたが、コードブルー1で尊敬する黒田先生の腕を切断した過去もありましたので、二度とこんな事が起きて欲しくないと思ったと思います。

 

あの時はまだフェローでしたけど、今回はある程度ベテランなので、その経験から藤川先生を救ってくれて、流石だなと思いました。ところどころに見える藍沢先生の優しいところがすごくかっこよくて素敵です。

 

映画の脚本は、林先生にしてほしいという意見が多いですが、3rdもおもしろかったので、どちらにしてもぜひ観たいです。

 

コードブルー3映画化の脚本家は?映画もきっと安達さんですね。

映画も、シーズン3と同じ安達奈緒子さんが脚本を手がけると思います。シーズン3はそれぞれの行く道がはっきりしないまま終わったようでした。

 

藍沢はトロントに行くと決めましたが、藤川も緋山もはっきり「救命に残る」とは言っていませんし、灰谷は結局立ち直れないままでした。特に灰谷が失敗を引きずっている姿は意図的だなと感じましたし、初回で藍沢が白石に言った「救命にはお前がいる」というセリフが意味深で未だに忘れられません。

 

最終回でも「俺は出会いに恵まれた。お前との出会いも含めて」と言っていたので、映画への伏線なのかなと密かに意識しています。そういう事を考えると、シーズン3から映画までの脚本を初めから考えていたのではと思います。

 

脚本家が変わった事に不満の声もあるようですが、私はシーズン3もじゅうぶん面白かったです。冴島の流産や、地下鉄崩落事故での二次被害、優輔の心臓移植など考えさせられる話や号泣必至のシーンもたくさんありました。

 

ただ、ドクターヘリが出てくる回数がシーズン3だけ圧倒的に少なかったのが残念でした。それに伴ってか、パイロットなどヘリに関わる人物の登場も少なかったように思います。映画では、このドラマのテーマである「ドクターヘリ」をもっと前面に出してほしいです。

 

コードブルー3映画化の脚本家は?コードブルー3最終回から映画化に向けての藍沢先生について

コードブルー3がとうとう最終回を終えて、次は2018年公開の映画化に向けて動きだそうとしている。ドラマでは、藍沢先生が「このまま救命チームに残るか?」「医者としてのキャリアを積むために、トロントに行くか?」で苦悩する姿が描かれた。

 

ドラマ最終回で、トロント行きを決めた藍沢先生。映画化されると、トロントでキャリアを積んでパワーアップした藍沢先生を大スクリーンで見れると思うと、期待せずにはいられない。

 

コードブルー3で脚本家が前作から変更されて、前作にはなかった恋愛模様が多く描かれるようになった。しかし、やはりコードブルーは医療ドラマとして見たい。

 

個人的には、林宏司さんの復帰を期待したい。視聴者の多くも、それを望んでいるのではないだろうか?

 

コードブルー3映画化の脚本家は?藍沢先生、成長した姿。

コードブルーの映画の脚本化はシーズン3と同じ脚本家だと思います。シーズン1・2は医療シーンも多く、登場人物の人物像や内面が描かれており、医療ドラマらしかったのですが、シーズン3は恋愛模様が描かれ、医療ドラマという印象が薄れてしまい、残念に思いました。

 

映画では藍沢先生と白石先生の恋愛模様が描かれるのかなと思います。シーズン3最終回の藍沢先生は、あの崩落事故にもかかわらず、サイボーグのように起き上がり、脇目も振らず患者さんを診る姿はさすがだと思いました。

 

藤川先生を診る姿もプロらしくさすがだと思いましたし、成長した姿を見ることができました。ただ患者さんや家族のことを思えるようになったという成長の証かとは思いますが、シーズン1・2のような勢いを感じることができず、残念でした。

 

コードブルー3映画化の脚本家は?コードブルー3最終回の藍沢先生についての感想

地下2階で救出作業をしている。藍沢は天井から水が落ちていることに気付く。気付いた瞬間頭上から土砂が落ちてくる。雪村をかばいながら倒れこむ。

 

藍沢は無事なのでしょうか。藍沢は運よく助かる。藍沢は土砂が落ちてくるとき、冷静な対応をしたと思います。雪村をかばいながら倒れこむことで助ける事ができました。

 

白石が藤川のもとに向かおうとします。藍沢は白石に行かないように言う。藍沢は自分が現場に向かうと言う。藍沢は頼もしいなと思いました。

 

白石に対して的確な指示を出したと思いました。藍沢は白石と話している。9年前は自分の為に医者の仕事をしていました。今は誰かの為に仕事をしたいと思っている。藍沢は成長したと思いました。

 

コードブルー3映画化の脚本家は?藍沢先生と白石先生のシーンが良かった

前週のラストに土砂に埋まったところで終わったのに、最終回冒頭ですっと立ち上がって怪我も無いのには驚きました。白石先生を励まし、代わりに藤川先生を助けに行く為には無傷で無いといけなかったんだとは思いますが。

 

奏ちゃんとのシーンがさっと終わってしまい、他のエピソードもですが凄く急いで回収している感じで薄っぺらく感じてしまいました。

 

あまり感情を出さない藍沢先生ですが、ラストの白石先生とのシーンで「おれは仲間に恵まれた」と言っていて、救命チームが好きなんだなあとほっこりしました。

 

映画化するのは嬉しいですが、やはり忠実な医療ドラマだった前回の脚本家に戻してほしいです。コードブルーに恋愛要素は必要ないと思います。

 

コードブルー3映画化の脚本家 まとめ

コードブルー3が映画化となり、脚本家についていろんな人に聞いてみましたが、それぞれ意見が違いましたね。脚本家の方が誰であっても視聴者の方はコードブルーに期待しているということがわかりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最新のドラマ放送を見逃した方や、過去の放送を見返したいなら方は、
フジテレビ公式動画サービス『 フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

【無料動画フジテレビオンデマンド】31日間無料キャンペーン中【FOD】
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。[AD]

ドラマ・映画・バラエティーなどが、最大1ヶ月間も無料で試せます♪

↓↓詳細はこちらをクリック↓↓

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。
【無料動画フジテレビオンデマンド】31日間無料キャンペーン中【FOD】
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。[AD]