コードブルー 動画 1シーズン 6話がめっちゃ面白い!

コードブルー3

引用:https://www.fujitv.co.jp/codeblue/

みなさま、こんにちは!コードブルー3がとうとう終わってしまいましたね。。映画化が決まったみたいですが、2018年という事でもうコードブルーロスってます。。

映画「劇場版コードブルー ドクターヘリ救急救命」あらすじ解説!ネタバレあり。無料動画も

そんな私がコードブルーをシーズン1から見直してみまして、やっぱり6話が面白いと感じておりまして、周りに確認するとやっぱりそうだったので、6話について中心に語っていきたいと思います。

【無料動画フジテレビオンデマンド】31日間無料キャンペーン中【FOD】
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

スポンサーリンク

コードブルー 動画 1シーズン 6話 みんなの感想

コードブルー 動画 1シーズンの特に反響の多かった6話について、コードブルーファンから意見を頂戴しましたので、ご紹介したいと思います。

コードブルー 動画 1シーズン 6話 病気になった時に気づく家族の大切さ

結婚に反対された娘が父親を突き飛ばしたことが原因で救急搬送され、その時偶然に緋山がステージ4のガンを見つけ宣告をします。やんちゃな娘へ生き方の助言をし、結婚を許します。

 

父親は緋山に「先生、結婚式まで持ちますか?」と聞くシーンが切なかったです。でも、娘に突き飛ばされたことから病気を発見することができ運命のようなものを感じます。

 

一方、藤川が担当した男性に付き添う息子の姿がありました。息子は勉強の事をうるさく言う父親に対して黒魔術の呪いをかけたといい、その通りかと思うほど原因不明でした。

 

結局、黒魔術ではなく歯の治療が原因で髄膜炎になっていたのですが、男性の病気のヒントを与えたのが看護師の冴島。藤川は冴島のことを「医師より優秀なナース」と言って手柄を独り占めしませんでした。

 

その態度をきっかけに冴島が藤川に心を開くようになったような気がしました。

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 覚えていますか?忘れていませんか?

一挙4人の患者の親子の話です。藍沢のおばあちゃん入院.認知症発症。父親の年金目当ての娘。父親に黒魔術をかけた息子。父親に結婚を反対され反発する娘。

 

色んな親子の形があります。でも、どの親子にも共通するのは、「親の心、子知らず。」親子だからこそ素直に慣れない、私自身も子供の頃は、父親が大嫌いだと思っていました。突然病気になられた時は、やはり、このドラマの様な状況だったのを思い出します。

 

患者だけでなく、白石、緋山、冴島の親子の関係も明らかに。それにしても藍沢強い。子供は、親から「無償の愛]」を受けられる(友達や夫婦でも無償の愛は難しと思います。)。子供は、この愛に気づき、どんな形で答えられるのか凄く難しく、考えさせられた6話でした。

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 成長していく心の変化がすごいです。

コードブルーでは、それぞれの研修医が個性的ですが、皆バラバラだったのが経験を経ていくうちに結束してまとまるというか、仲良くなり心の距離も縮まって良い仲間になったという印象でした。

 

そして一人一人が悩みや葛藤や苦しさを乗り越えて成長していく変化がすごく良いと思いました。冷たいように見える藍沢も実は内面に熱いものを抱えていたり優しさがふとしたときににじみ出たりしていて、山下智久さんの演技がすごかったです。

 

個人的には、黒田先生が白石を助けるために下敷きになって腕を切断しないといけなくなる場面がすごく記憶に残っていて、好きでした。

 

藍沢だから任せたいみたいな託した黒田の気持ちや、自分を責める白石の気持ちが切なかったです。辛い経験が彼らの医師人生を豊かにするんだなと感じて見たドラマでした。

【無料動画フジテレビオンデマンド】31日間無料キャンペーン中【FOD】
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

コードブルー 動画 1シーズン 6話 命の大切さを学べたドラマでした。

コードブルー全部は見てはいませんが、病院で働くって本当に大変なんだと実感させてくれるドラマでした。みなさんの必死な姿の演技に心を惹かれて、時には涙が出そうになる場面もたくさんありました。

 

私は救急車しかまだ実感したことなくって、ヘリーで動いたりするんだなって改めて実感する事ができました。命の大切さを感じさせてくれるドラマでした。

 

1分1秒本当に大切なんだな。って思いました。私も実は看護師や介護士目指していましたが、途中で諦めかけていましたが、コードブルーを見てもう1度頑張ろうと!思えました。

 

素敵なドラマに出会えたことが本当に私の勇気の1歩に繋がりました。また、FODでみたいドラマになりました!作ってくださり本当にありがとうございます!

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 皆んな最初は研修医。

コードブルーシーズン3では、フェローを育てる上司ですが、シーズン1では、皆んな研修医(フェロー)です。フライトドクターになる為全員ライバルでした。皆野心家です。

 

シーズン3のフェローよりも皆んな仕事は出来ました。黒田の冷たい態度(藍沢以上にクール)にも研修医は必死に食らいついてました。特に、藤川のフライトドクターへの思いは、感動、涙なしでは、見れません。

 

黒田が根負けするほどです。藍沢・白石・緋山・藤川ブラス冴島それぞれプライベートに問題を抱えながらも、医者として成長していくサマが凄く面白かったです。し、時代にあったテーマ(介護問題、親子関係のあり方など)考えさせられるシーンも多かったドラマです。

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 悲しみと面白さで大変

結婚に反対されて父親を突き落としたのはほんと衝撃的だったけど、まさか検査していくうちにガンだとは思いもしなかった。

それで娘は泣きくずれて嫌だ、死ぬなんて嫌だ〜と突き落とした事に後悔をするが、父親は娘にお前が突き落としてくれたおかげでガンを見つける事が出来た、ありがとうと言ったあのシーンはほんとに泣けた。

でもそんな中藤川が担当する黒魔術のやつはほんとに笑えた(笑)

患者が土を食べてたりしてると藤川はほんとに黒魔術だ〜と信じる姿を見た冴島のあの冷たい表情がほんとに面白くて爆笑した。黒魔術の時点で面白かったのに、それを信じる藤川はやっぱり藤川らしくてほんとに爆笑した。藤川と冴島のあのコンビは中々最強。

コードブルー 動画 1シーズン 6話 医師として未熟すぎる自分との葛藤

自分たちは、それぞれの病院でうまくやってきただから今回の病院でもうまくやり立派なフライトドクターになるんだという気持ちを第1話から打ち消された感がすごくうまく表現されていました。

 

同じ医師なのに相沢があまりにも医師としても人間としても出来ているからこそ、きっと白石やヒヤマ・藤川は葛藤した部分もあったと思います。

 

今まで経験したことのない救急での忙しい毎日と基礎知識だけでは治療ができない現実に自分は医師としてやっていけるのかと悩む姿も本当に素敵でした。

 

白石は特に、黒田先生の右腕を切断する事になったという重圧は本当に想像もできないし白石がその役でピッタリだったと思うし黒田先生の「腕を切ったのがお前で良かった」と相沢にいったセリフもごもっともだったと思います。医師として犯人前以上の4人の成長が本当に分かりやすく応援したい形で描かれていました。

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 医療のみに絞られた題材が良かったです

コードブルーはシーズン1からシーズン3までずっと見てきました。シーズン3では恋愛要素が多く、テーマの題材も多く、あれこれと手を広げた感がありました。

 

シーズン1は4人のフェローの医師としての成長を上手く描いたドラマで鬼気迫る過酷な現場を経験していく姿に胸を打たれました。

 

それぞれ4人の医師としての挫折もあり、見ているこちらも苦しくなるような場面が多かったです。でも、フェローたちが少しずつ成長していきまるで自分の子供ような感じで見守っているような気持ちにさせられました。

 

シーズン3ではその4人たちが指導者としてさらに成長しているところはすごく良かったのですが、救命以外の外野のシーンが多くて感情移入できないところがありました。

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 今思うとすごいメンバー

今考えてみるとシーズン1からほんとにキャストが豪華だなと思う。それにシーズン1はやっぱり何といっても、藍沢、白石、緋山、藤川はフェロだったからまだまだこれからって時だったからシーズン3と比べちゃうとシーズン1のが面白かった。

 

やっぱりヘリに1番に乗れるのは誰か、誰が1番最初にフェロ卒業するか、仲間でありライバルだった4人。段々出来るようになってきて育ってきたかなの思った時に指導医であった黒田先生の腕を藍沢は切るはめになった。

 

あそこのシーンはほんとにまさか過ぎて衝撃的だったし、今でも記憶に残ってる。だけど、シーズン3ではシーズン1程の衝撃的なシーンはなかった。両方とも面白かったけどやっぱり4人が頑張って育っていくシーズン1には敵わないと思う。

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 全ての面白さはシーズン1のフェロー時代から始まったと言っていいと思います!

コードブルーシーズン1は私が1番好きなシーズンです。藍沢先生をはじめとするフェローが何故医者を目指したのか、そして壁にぶち当たった時に同期の仲間で刺激しあい乗り越えていくという、見ているこちらもやる気の湧いてくるシーズンでした。

 

見所も多く、藍沢先生と育ててくれたお祖母さんとのシーンや黒田先生がフェローを厳しくも見守りながら育てていくシーン、そして終盤の事故によって黒田先生の腕が使えなくなり、医師生命が絶たれました。

 

失意の黒田先生を救ってくれた離れて暮らす息子さんとのシーン、どれも胸が熱くなり感動するシーンの連続でした。他の数ある医療ドラマとはテイストの違う衝撃的な面白さを感じたシーズン1でした。

 

コードブルー 動画 1シーズン 6話 続編があるな、とわかるような話し展開

ガッキーが好きだから、という安直な理由で見始めたコードブルーでしたが、いざ観終わってみると続編があるような話の構成だったように思います。まぁ、主要人物が4人もいる時点で容量オーバーな気がしましたが。

 

観て一番驚いたのが山下智久さんでした。彼のボソボソッという話し方が他のドラマでは鼻についたんですが、このドラマではそれがいい具合で味になっていたと思います。また浅利陽介さんというポジションがこのドラマではとても重要でした。

 

ベテラン俳優陣にひけを取らない演技力、また話と話の潤滑剤になっていて、様々な事が起こる現場の話をすんなり飲み込むことが出来ました。全体的に医療ドラマというよりもヒューマンドラマの要素が強く、患者の気持ち、ドクターの気持ち、どちらも共感できる部分が多かったです。

 

で、本題に戻りますが、私が続編を確信した理由ですが、それは戸田恵梨香の見せ場が圧倒的に少なかったことです。ほぼ無かったのではないでしょうか?このシーズンしか観ていない方には、ただの自信家にしか見えない感じに描かれていたのが少し残念です。

 

しかし、その後に続く伏線としては、初対面のクルーたちとシニアドクター他の人物構成が確立されて、とても良いシーズンだったと思います。

コードブルー 動画 1シーズン 6話 少しづつ交錯するみんなの過去、痛み

第六話で愛と、それが故に発生するする心も迷いや痛みが描かれていると思いました。突き落とした父親がまさかかの末期がんなんて、良い意味でドラマ感があり、あのシーンはいつ観ても泣けてしまいます。

 

反抗的だった娘がやっと素直になり、お父さんが反対しながらも、不器用に「バージンロード」と言った瞬間に、本当は嬉しいのに素直になれなかった親の気持ちを感じました。

 

残された時間が短いからこそ、伝えたい事、後悔する前に少しでも時間が会ってよかったです。それにしても冴島さんは凄いです。患者の症状から病名を当てる知識。確かに髄膜炎は一般検査ではわかりにくい症状です。

 

奇々怪々な症状まで出ているのであれば、抗生物質大分打たないといけないと思いますが、その手柄を藤川先生に譲った冴島さんの気持ちは考えさせられるものがありました。

コードブルー 動画 1シーズン 6話まとめ

コードブルー3を見てから1シーズン目を見るのもいいですね。山ピーやガッキーがとてつもなく若いです。
まだ見ていない人はせっかくですので今のうちに見直しておきましょう!

 

最新のドラマ放送を見逃した方や、過去の放送を見返したいなら方は、
フジテレビ公式動画サービス『 フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

【無料動画フジテレビオンデマンド】31日間無料キャンペーン中【FOD】
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。[AD]

ドラマ・映画・バラエティーなどが、最大1ヶ月間も無料で試せます♪

↓↓詳細はこちらをクリック↓↓

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。
【無料動画フジテレビオンデマンド】31日間無料キャンペーン中【FOD】
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。[AD]