引用:https://www.fujitv.co.jp/codeblue/

みなさま、こんにちは。今回は月9ドラマ、コード・ブルー3の第2話が放送されましたのでネタバレ・あらすじ感想と視聴率についてお届けします。

前回の放送では16.3%といいスタートを切れたコードブルー3ですが2話の視聴率はどうだったのでしょうか。コードブルー3、2話のネタバレあらすじとともに見ていってください!

では、ご覧ください。
 
ちなみに見逃し配信についての記事はこちらに書いています。
コード・ブルー3、動画2話を見逃した時に視聴する方法【完成版】

スポンサーリンク

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ キャスト紹介

藍沢 耕作  : 山下智久
白石 恵   : 新垣結衣
緋山 美帆子 : 戸田恵梨香
冴島 はるか : 比嘉愛未
藤川 一男  : 浅利陽介
名取 颯馬  : 有岡大貴
灰谷 俊平  : 成田凌
横峯 あかり : 新木優子
雪村 双葉  : 馬場ふみか
梶 寿志   : 寺島進
三田 恒夫  : 中村梅雀
西条 章   : 杉本哲太
三井 環奈  : りょう
新海 広紀  : 安藤政信
橘 啓輔   : 椎名桔平
宮本 勉   : 平山祐介
宮本 望海  : 古畑星夏

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 視聴率は??

7/24(月)に放送されたコードブルー3の第2話ですが、視聴率は15.6%でした!前回の放送が16.3%だったので下がってはいますが、この数字はかなりいいのではないでしょうか?
 
ちなみに月9で初回視聴率15%越えは「信長協奏曲」以来2年半ぶりだそうで、ともに主題歌がミスターチルドレンという。すごいですね。

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 前回のあらすじ

医師として10年以上のキャリアを持った彼らは自分の人生と向き合い、それぞれの道を歩み出していた。藍沢耕作は救命救急センターを離れ、脳外科医として研鑽を積み更なる高みを目指し日々腕を磨いていた。

 

白石恵は翔北救命救急センターでフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘しており、緋山美帆子は翔北病院を離れ周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩み、冴島はるかは今もフライトナースのエースとして活躍を続け、藤川一男も白石と共に翔北救命救急センターを支える整形外科専門の救命医となっていた。

 

そんな中、救命センターには新たにフライトドクターを目指す若きフェロー、名取颯馬・灰谷俊平・横峯あかり、フライトナースを目指す雪村双葉が加わる。しかしフェロー達は使い物にならず救命センターは人材不足で白石たちは彼らを必死に育てようと努力していた。

 

緋山はかつての恩師・三井から頼まれ救命センターに戻ることになる。しかし当の三井は休職すると聞き驚く緋山。しかし三井と橘の息子・優輔は拡張型心筋症を患っており、移植しか助かる方法は無い状態だった。

 

ある日、祭りの山車が民家に突っ込み大惨事になり、現場にドクターヘリ要請が入る。現場に行き処置に当たるが、人手不足と容体が悪化する患者を前にどうすることもできない状態の白石。藍沢に連絡し応援に来てもらう。藍沢に言われ目が覚めた白石は現場の指揮官となりその現場をまとめ処置を完了する。

 

そして、藍沢は自らのため症例を増やしアピールしトロント大にレジレントとして行くためと言い、フェロー達の指導員として救命に戻ってきた。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ ドクターヘリで吐いた


フェローの灰谷俊平がドクターヘリの中で吐いた事を緋山に話す藤川。「灰谷だけに吐いたーってな!」と冗談を言う藤川。飴をあげ遠くを見ていろと指示したらメチャメチャ素直に従っていたと話す藤川。

 

「で、今日のヘリ担当は?」と聞く緋山。「藍沢と横峯」だと答える藤川。「うわぁー何かやらかしそう」と言う緋山に「飴舐めてたりな」と言う藤川。「まさかぁ・・・」と緋山。

 

ドクターヘリの中では横峯が飴を頬張り遠くを見つめていた。「気持ち悪い・・・」と呟く横峯。それを見ている藍沢と冴島。

 

「こちら翔北ドクターヘリ。17歳女性、右足関節の開放骨折だ。まもなく到着する」とCSに報告する藍沢。横峯は気持ち悪そうにしていた。それを見つめる冴島に気付き、無理して笑う横峯。

 

『親の心子知らずという諺がある。確かにそうだ。親にはなっていないけど今はその心が凄く理解できる。毎日思うから。教える者の気持ちを教わる者は分かってくれているのだろうかと』とヘリポートでドクターヘリの到着を待つ白石が頼りなさそうなフェローを見て心の中で呟く。

 

「宮本望海さん17歳、呼吸・循環共に安定しています」と救命センターに運び込み冴島が報告する。さらに「妊娠15週です」と付け加えると、「妊娠!?」と藤川が繰り返し、動揺し躓く。それを見て「何やっているの?」と指摘する緋山。

 

気持ち悪そうにする横峯を見て「大丈夫?」と声を掛ける白石。「大丈夫です」と答える横峯。「乗り物酔いをする奴がフライトドクターになろうとは、どうかしてるな!」と言う藍沢。

 

落ち込む横峯。「ファーストミッションで緊張するのは当り前よ!どうしてそういう言い方するかな」とフォローする白石。その言葉を無視し処置を続ける藍沢。「聞いてないし」と呟く白石。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 空気悪すぎ

救命救急部医局にて、藍沢が来て1週間救命の空気悪すぎと嘆く藤川。「だから戻って来るの反対したんだよ」と緋山に愚痴る藤川。「あんた大賛成してたじゃん!」とツッコむ緋山。

 

そしてフェロー何て罵倒されて育つんだから白石の生真面目にもどうかと思うと続ける緋山。「だったら、もう少し上手くやるように言ってくれ」と緋山にお願いする藤川。「どっちに?」と返す緋山。

 

そこに、藍沢と白石が入ってきた。「だからもう少し言い方があるんじゃないの?横峯さんが辞めるなんて言い出したらどうするの!」と先ほどの事を指摘する白石。「あの程度で辞めるなら早い方が良い」と返す藍沢。

 

「フェローは大事に育てなきゃいけないの!うちの人手不足解消には彼らを一人前に育てないといけないの!」と言い返す白石、「それで治療が遅れたらどうする。あいつら指導してたら死にましたって患者の家族に説明するのか?」と鼻で笑い言う藍沢。

 

「じゃぁ初めから優秀な若手を連れて来てよ!出来ないでしょ!救命は今のメンバーでベストを尽くすしかないの!とにかくその人を突き放すような言い方は止めて!」と言う白石。「俺は頼まれて救命に来ただけだ」と上から目線で言い返す藍沢。

 

「そうね頼んだ私がバカだった。1週間前の私に言ってやりたいわ、この性格の悪い医者は止めとけって」と皮肉る白石。それを無視して部屋を後にする藍沢。白石は「そうよ、ああいう人だった!」と苛立ち机にバン!と資料を叩きつける。その様子を無言で見ていた緋山と藤川。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 指導教育


フェローの灰谷に指導教育を親切丁寧にしている白石。その横で冷たく厳しく指導教育を横峯にしている藍沢。藍沢の態度に委縮し恐る恐る練習する横峯は失敗してしまい、泣きそうにながら「スミマセン。出来ません」と藍沢に言うと「現場でもそうやってさじを投げるのか?ドクターヘリでは医者はお前一人だ。

 

隣でいちいち教えてくれる指導医はいない。お前が失敗すれば患者は死ぬし、何もしなくても死ぬ」と冷たく言い放つ藍沢。「やります」と答えるが緊張のあまり手が震える横峯。

 

その時「絶対に無理だ!」と大声が聞こえる。先日運び込まれた17歳の患者・宮本望海の父親・勉が、妊娠している娘に産むことを反対していた。大声で産むことに反対する勉に「お父さん少し声が・・」と指摘し、どうするかは少し話し合うよう勧める緋山。

 

「おろすの?それは無いって!ママになるのも有りだな!」ってと軽く言う娘に「バカヤロー!」と頭を叩く父。言い合う宮本親子。「お父さん、あちらでご説明しますね」と父親を連れ出す緋山。その様子に立ち会い複雑な表情を見せる冴島。

 

ナースの雪村に指示しながら歩く藍沢。「分からないことがあったら冴島に聞いてくれ」と伝えると「私は1人でも出来ます。私はちゃんとやれます、冴島さんと同じくらい」と強気に言い放つ雪村。「そういう事は看護室長に言え」と言う藍沢。

 

別室で妊娠についてフェローの名取と緋山に説明される勉。産むことはありえないと一切聞く耳を持たない勉。「とにかく、ご本人も交えて一度きちんと話し合いましょう」と提案する緋山。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ うちの父はいい父親

勉が去ると「俺ああいう親父、苦手なんですよ」言う名取。免疫が無いんでしょと指摘する緋山に「うちは名家だから家族で怒鳴り合うとか信じられませんね」と答える名取。「あんたお父様とか呼んじゃったりするの?」と冗談半分で聞く緋山。「呼んでもいいくらい良い父親ですよ。・・・うちの父は」と何か裏がありそうな表情で返す名取。

 

食堂にて、宮本親子の事を話しながら食事を取っている白石と緋山。そこに藤川がやって来て、気付いて欲しい素振りをする。「何藤川?聞いてもらいたいんでしょ!」と緋山がツッコむと、喜んで二人に相席し冴島の妊娠について相談する。

 

「何で言ってくれないのかな?」と言う藤川に、「あんたの子じゃないんじゃん?」と冗談を真顔で言う緋山。「冗談でも止めろよ!」とツッコむ藤川。白石から「まずそんな大事な事、人に言っちゃだめだと思う」と指摘され、はるかが怒るか心配になる藤川。

 

緋山にも「一生言われるか、別れるか」どっちかだねと冷たく言われる藤川。やばいと焦る藤川に「一つ確認していい?」と聞く藍沢。そして「お前ら付き合ってたのか?」と真顔で聞く藍沢に「そっから?」と驚く3人。

 

熱心に胸腔ドレーンのやり方をビデオ学習している横峯。その横では灰谷が乗り物酔いのツボを調べて必死に克服しようと「痛い!」と叫びながらツボを押している。

 

宮本望海の検診をしている緋山。望海は高校を辞め今バイトしている所で働きたいと父・勉に言うと、急に怒りだしたので3ヶ月も家に帰っていないと言う。とにかく自分の事を思い通りにしないと気が済まないと父に対しての不満を口にする。

 

出世するわけでもなく、趣味があるわけでもない、女も友達もいない、会社でも誰にも相手にされず毎日19時にはピタッと帰って来るつまらない人生を送っていると父のことを語る望海。「でも今回はお父さんとちゃんと話し合わないとね!」と釘を刺す緋山。「はぁ~い」と軽く答える望海。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 小児病棟にて

緋山は橘を探し、小児病棟で入院中の子供達が水遊びをしている所を訪れる。橘と三井の息子・優輔は水遊びに混じる事も出来なく見ているだけ。水鉄砲で遊ぶことだけで、羨ましそうに他の子供達を見ていた。複雑な面持ちの橘と三井。それを感じ「大丈夫だよお父さん。僕十分楽しいよ」と言う優輔。緋山が橘に患者の事で相談し仕事に戻る橘。その父の後ろ姿を見つめる優輔。

 

ドクターヘリで荷物の検査をしている冴島。そこに「ちょっとだけ良いかな?」と藤川が現れる。そして検査表を見た事を告げ、何で言ってくれないんだよと聞く。産むかどうかまだ決めていないと伝えると落ち込む藤川。

 

産みたくない訳じゃなく、今は仕事が面白くやりがいを感じているため色々考えたいと伝える冴島。「うん」と答える藤川。「だから今は誰にも言わないで」とお願いする冴島。「あっ!」と既に言ってしまっている事を思い出す藤川。「言ったの?」と詰め寄り舌打ちをして去って行く冴島。

 

エレベーターに乗り込む冴島、中には白石と緋山が乗っていた。「あっ!」と言ってしまう白石。「なんですか?」と聞く冴島。「聞いたんですよね、藤川先生から」と不機嫌な冴島。

 

どうするか決めているの?決めてないにしてもヘリは負担がかかるから降りた方が良いと言う白石に、1人しかいないフライトナースが現場で倒れたら仕事にならないし患者の命を危険にさらすしと皮肉る冴島。

 

「友達として?それとも現場責任者として?」と聞く冴島。「もちろん友達として」と答える白石。「だったら何も言わないで下さい」とエレベーターを降りて行く冴島。「どうしてみんなこうなの!」と愚痴る白石。「あんな怖かったっけ?」と呟く緋山。「あんなだったよ」と返す白石。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 胸腔ドレーンの練習

熱心に胸腔ドレーンの練習をしている横峯。しかし失敗し愚痴る。それを見かけた藍沢は、「おいチョット来い」と横峯を患者の所に連れていく。そして意識の無い患者の所で「やってみろ!」と言う藍沢。

 

せっかくこれだけ患者がいるのに人形相手に練習していないで実践で覚えろ、最高の練習台だと言う藍沢。「練習台って・・・ご家族が聞いたら何て思うか」と反論する横峯。「医者は生身の人間で練習する以外、上手くなる道はない」と言う藍沢。

 

その様子を見ていて堪らず「藍沢先生少し言い方が」と指摘しに来た白石。「ここには腕を磨くには丁度いい重症患者が山ほどいる、若い医者がわざわざこの病院を選んでくるのに他に理由があるのか?」と言う藍沢。

 

「そんな酷いです。患者さんは物じゃありません。藍沢先生は人として最低です」と泣き出す横峯。「相手にしてられないな」と言いPHSが鳴ったのでその場を後にする藍沢。

 

HOT LINEが鳴り電話に出る白石。船をクレーンで上げ浄化中に船が落下し近くにいた30代女性と子供にぶつかった為、ドクターヘリの要請が入る。ドクターヘリに乗り込む藍沢・横峯・冴島。現場に向かう途中に患者情報を確認する藍沢。負傷者2名だと報告していたがもう1名おり計3名になると報告を受ける。

 

母親と7歳と4歳の女の子だと。「1人は私が」と言う横峯に、「3人任せる、フライトドクターはお前だ。俺はただの付き添いだ」と告げる藍沢。緊張で強張る横峯。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 藍沢を見てるだけ


ヘリが到着し現場に走る3人。救急車の中で患者(7歳の少女)を診る横峯。藍沢は見ているだけ。最初の患者を診て救助隊に指示し次の救急車に移動する横峯。そして母親を診る。横には4歳の少女が座っていた。藍沢は少女の異変に気付くも何も言わない。

 

「バイタル異常ありません」と藍沢に報告する横峯。藍沢はそれだけか?と言う表情で何も言わない。すると4歳の少女が倒れる。すぐに診る横峯。「意識レベル悪いです!」と報告する横峯に「それで?」と訊ねる藍沢。戸惑う横峯。「まずは順番を決めろ」と指示する藍沢。どうするか迷う横峯。迷い考え決意する。

 

4歳からヘリで運び、次に7歳とタッチアンドゴーでヘリで搬送し、その間に母を救急車で近くの病院に運ぶと決める。「悪くない、ただ7歳と4歳だ母親と一緒の方が良い、白石に確認しベットの空きを確認しろ」と指示する藍沢。

 

病院に搬送後の指示をする藍沢。そして搬送時の判断を横峯に任せ、その指示に従う藍沢。横峯・冴島はドクターヘリに。藍沢は7歳の少女と救急車、母親は救急隊と救急車でそれぞれ出発する。

 

病院に到着したヘリ。最初の4歳の患者を引き継ぎ、急いでヘリに戻る横峯。「横峯張り切ってんな!」と藤川。

 

次のランデブーポイントで7歳の少女をヘリに移動し、藍沢から引き継ぐ横峯。藍沢は母親の救急車に移動。それぞれ出発する。母親の容体が悪化。心タンポナーデになり、救急車の中で開胸することを決意する藍沢。

 

その時ヘリの横峯から連絡が入る。7歳の少女の容体に異変があると報告する横峯。状況を聞き今すぐ処置をすることを指示する藍沢。それは今まで苦手で練習していた胸腔ドレーンだった。戸惑う横峯。

 

「どうした?すぐ治療開始しろ!数分で死ぬ」と藍沢が告げる。「もし上手く出来なかったら」と伝える横峯。「練習したんだろ?何度も練習したのは何のためだ?患者を救いたくてやってたんじゃないのか?お前は医者だ、目の前の7歳の少女の命を救え!」と背中を押す藍沢。「分かりました!やります!」と決意し処置に入る横峯。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 横峯のフォロー

藍沢は自分は処置中で手が離せないため白石に連絡し横峯のフォローを依頼する。横峯に連絡し指示する白石。緊張し手が震えているが上手く処置に成功した横峯。喜び安堵する横峯。

 

その頃藍沢は、環境の悪いなか無理な体制で救急車の中でオペ処置をしていた。処置は無事成功。

 

一方、妊娠問題の宮本親子は名取と緋山が対応していた。「産むよ」と言う望海。「まだ分からないのか!」と平手をする勉。口論する二人。「意地の張り合いは止めませんか?今は冷静に、これからの事をキチンと話し合うべきです」と緋山が間に入る。「そうですね」と落ち着く勉。

 

そして冷静に話し合いを始める。相手の男とは結婚しない事を伝える望海。一人で子供を育てることがどういうことかを話し出す勉。

 

「赤ん坊の時は一時も目が離せず、保育園に預けられるようになっても夜遅く帰るわけにはいかない、だから出来る仕事も限られる、誘われても断ってばかりだから友達もいなくなる、趣味何てやる余裕も金も無い、それでいつのまにか時間が過ぎて、気付いたら17年経っている」と自分の過去に擦り合わせ説明する勉。

 

「同級生が洋服や合コンだと楽しんでるときに毎日子供の世話をしなきゃいけない、17歳は17歳の時に出来ない事をしろ」と説くと、「お父さんは後悔してるの?」と聞く望海。「後悔したことは一度も無い。お前といてずっと幸せだったよ」と告げる勉。「お父さん、私やっぱり産みたい」と答える望海。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 最悪、俺が育てます


「出産は綺麗ごとじゃない、17歳の娘に勢いで産ませるなんてバカな父親だと思ってるでしょうね?」と緋山に言う勉。

 

「何歳ならいいんでしょうね?17歳だからダメという事は無いと思います。30歳・40歳で産んでも育てられない人もいます。だからみんな迷うんだと思います。私の友人でも産むことを迷っている人がいます。その人は仕事も凄く出来るし、しっかりしていて優しい。そんな人でも迷うし、私も何て声を掛けてあげれば良いか分からないんですよね。でも望海さんは迷ってなかった。妊娠したことを知った瞬間に産むことを決めていた。お父さんの子育てする姿を見ていた。自分を必死に育ててくれたお父さんを見ていたからだと思いますきっと」と伝える緋山。

 

泣きながら「あいつバカなんですよ。最悪、俺が育てます!」と言い去って行く勉。その様子を病室から見ていた冴島。

 

運び込まれた親子は無事に処置を終えていた。横峯の元に藍沢がやって来て、「喚起が出来ない位でいちいち連絡してくるな。緊張性気胸を疑ったんだろう?」と聞く藍沢。「疑いました」と答える横峯。

 

「じゃぁ自分でどうにかしろ、それにへりの中で制限があったとはいえ下手くそ過ぎだ。だが思い切って創を大きく取ったのは正解だ。短い時間でドレナージするには最適な大きさだ、それに4歳の子を優先した搬送プランも良かった。良くやった」と告げ去って行く藍沢。

 

最初は叱られ「はいっ。はいっ。」と俯き聞いていた横峯だが「えっ?えっ!?」と驚く。褒められた事が嬉しそうな横峯。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 親の心子知らず

乗り物酔いを気にしている灰谷に、あの日はたまたま風が強くそこまで揺れる事は滅多にないと話す操縦士とCS町田。藤川は「霧が晴れたみたいな顔していいな。俺は濃霧警報出っぱなしだよ!」と冴島の写真を見てぼやく。

 

戻った藍沢に「お疲れ様」と声を掛ける白石。そして「思い出した。愛情が無いわけじゃないのよ、あなたもフェローを育てようとしている。まぁそのやり方が正しいとは思わないけどね。

 

どんなに正しいことでも、言い方を間違えれば相手は傷つくわけだし。あともう一つ思い出した。黒田先生によくやったと言われた時、凄く嬉しかった。信頼できる上級医からの良くやったってフェローにとっては魔法の言葉、悩みも疲れもその一言で吹き飛ぶ」と告げ去る白石。

 

『親の心子知らず確かにそうだ、でも親でも子供の心は分からない。優しくすればいいのか?厳しくすればいいのか?実際よく分からない。勝手な決断に振り回されたりする。でもそれでいいのだと思う。彼らの成功も失敗も一緒に背負ってやるその覚悟があれば』と思う白石。

 

緋山は橘から17歳の妊婦の事を聞かれ、産むことになった事を伝える緋山。「ブレなかったな」と言う橘に「お父さんは最後まで悩まれてましたけどね」と言うと、「だろうな」と複雑な表情を見せる橘。

 

昼間の水遊びで久しぶりにはしゃいだと言う橘に「良いじゃないですか楽しそうでしたよ」と返す緋山。「そうなんだよ、楽しいよって言うんだ、あいつが。一歩も車椅子から立ち上がれないのに、水も触らせてもらえないのに、僕は十分楽しいよって。親よりも子供の方が強いな」と言い、部屋を出ていく橘。

 

帰ろうとする白石と緋山。女子高生が藍沢を訪ねて来たところを目撃する。

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ 3.5cm


藍沢は「何だこんな時間に?」と聞くと、「コンクール近いから点滴来る暇なくて遅くなっちゃった」と言う女子高生。「ねぇ、何で脳外辞めちゃったの?」と聞くが「辞めてはいない。ささっと帰れコンクールが近いなら尚更だ、体調に気を付けろ」と冷たくあしらうと、「これが聞きたかったんだよね」と言う女子高生。

 

するとそこに新海が女子高生を探しに来た。「お母さん心配してるから戻ろうか?」と言う新海に「ちょっと待って飲み物買って来る」と去る女子高生。「どうだった?」と新海に訊ねる藍沢、「3.5cmだ」と答える新海。

 

仕事帰りにいつものバーに行く藍沢。しかし白石と緋山が来ているのを見て帰ろうとする。「ちょっと人の顔見て帰るとか気分悪い」と緋山が連れ戻す。

 

「シャイだからね藍沢先生は、ぶっきら棒な言い方しかできないんだよね。おばあちゃん子だし」と酔って言う白石。そして緋山が雑誌にさっきの女子高生が載っているのに気づく。

 

「そうとう気に入られていたね、藍沢先生何で脳外辞めちゃったの」と女子高生を真似るよう言う緋山。「また嬉しい癖に」と白石も言う。

 

「彼女は人生の全てをピアノに捧げてる。俺達が24時間医療に費やしているように。そして彼女には才能もある」と語る藍沢。

 

「いいね才能もあって認められたうえ、おまけにこんな可愛くてさぁ、運の良い子っているんだね」と緋山が言うと「小脳に腫瘍がある。手足の動きを司る様々な中枢が入り組んでいて、出来れば触りたくない位置だ。今日の検査で3.5cmを超えていた」と藍沢は告げる。

 

「そうなんだ」と緋山。

「不条理だ」と藍沢。

 

第2話 完

 

コードブルー3 2話ネタバレあらすじ まとめ・感想

いかがでしたでしょうか?今作も藍沢のぶっきら棒な指摘がバンバン出てきますね!感情を出すのが苦手なんでしょう!でも、横峯今回は頑張りましたね。教育係とフェローの関係を、親子関係と重ねた2話でした。

 

そして、藤川と冴島は子供どうするんでしょうか?気になります。橘の息子の事も気になります。

来週が待ち遠しいです。

では、今回はここまで。また。

コードブルー3の2話の見逃し配信を見たくなった人はこちらの記事もどうぞ!!
コードブルー3、2話動画、pandoraやデイリーモーションで見れる??

↓↓↓ 最新のフジテレビ系列ドラマはこちらから ↓↓↓

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したいなら方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ・映画・バラエティーなどが
↓↓最大1ヶ月間も無料で試せます♪↓↓

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」