引用:https://www.fujitv.co.jp/codeblue/

みなさま、こんにちは。今回は2017年7月17日月曜夜9時スタートしたドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THERD SEASON』(フジテレビ)の第1話のネタバレ・あらすじ感想をお届けします。

 

このドラマは2008年7月にスタートした“ドクターヘリ”をテーマに取り上げた、かつてない医療ドラマ『コード・ブルー』の第3弾です。2008年の1stシーズン、翌2009年1月の新春スペシャル版、更に2010年の2ndシーズンと放送された大人気ドラマの第3弾として注目を集めていたドラマが、ついにスタートしました。

では第1話のネタバレ・あらすじをご紹介します。しっかり目に書いたら1万字を超えちゃいました。。

初回1話の見逃し配信をお探しの方はこちらの記事もどうぞ!!
コードブルー1話初回動画、pandoraやデイリーモーションで見れる??

スポンサーリンク

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ キャスト紹介

藍沢 耕作  : 山下智久
白石 恵   : 新垣結衣
緋山 美帆子 : 戸田恵梨香
冴島 はるか : 比嘉愛未
藤川 一男  : 浅利陽介
名取 颯馬  : 有岡大貴
灰谷 俊平  : 成田凌
横峯 あかり : 新木優子
雪村 双葉  : 馬場ふみか
梶 寿志   : 寺島進
三田 恒夫  : 中村梅雀
西条 章   : 杉本哲太
三井 環奈  : りょう
新海 広紀  : 安藤政信
橘 啓輔   : 椎名桔平

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 三井先生が辞める?


大空を飛ぶドクターヘリ。病棟を歩く藍沢耕作の後ろ姿。

「こちら翔北ドクターヘリ。離陸10時26分。あと8分で翔北に到着します」「こちら翔北CS。8分後到着予定了解しました」

海岸沿いを飛ぶドクターヘリ。振り返る藍沢。

 

「七夕の短冊。子供の頃素直に願いを書いた。けれど大人になると書かなくなる何故だろう?」と病棟の七夕の飾りと風景を映し、藍沢のナレーションから始まる。

 

「三井先生、脈が少し早くなってます」とドクターヘリ内で、はるかが三井に報告する。「点滴全開にしましょう」と三井が指示する。

 

「どんなに願ったところで、叶わないことがあると知ってしまっただろうか?」

 

「三井先生が今週で辞める!?」と驚く藤川。「私もさっき聞いたの」と返す白石。そんな中救命に新しく来たフェローたちは、白石の指示に右往左往する灰谷俊平、携帯をいじりながらやる気の無さそうな名取颯馬、のんびりと緊張感の無い横峯あかり、そしてやる気が空回りしている雪村双葉と新人教育に苦労している白石と藤川。

 

2時間前、三井が辞めることを「申し訳ない」と白石に頭を下げる夫の橘。辞める理由もプライベートな事なのでと教えてもらえない。

 

緋山が戻るという事で、少しは楽できると思っていたのに俺達に死ねって言ってるの?と不満を口にする藤川。何か事情があるんだと言う白石に自分が橘先生にビシッと言ってやると意気込む藤川。

 

そこに「おはよう」と現れた橘。「おはようございます」と結局何も言えない藤川。白石は目で合図し「藤川先生がお話があるそうです」と橘に伝える。「何?」と聞く橘に、「いや何も」と藤川が言った瞬間に救命の電話が鳴り響く。それに便乗し誤魔化す藤川。

 

マンション火災で熱傷の患者の受け入れ要請の電話だった。高所転落の患者が来ると忠告する藤川を無視し、「受け入れましょう!運んで下さい」と返事をする白石。

 

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 藍沢がオペ中で


その頃、藍沢はオペ中だった。「面白い!」と難しい手術程、面白いと藍沢らしく腕を磨いていた。今日は朝から飛んでおり救命の人手不足を指摘する西条。「みたいですね」と今更興味ないような発言をする藍沢。「これ終わったら、ちょっと話があるんだ」と告げる西条。「分かりました」と答える藍沢。

 

ドクターヘリが到着し、迎える救命スタッフ。「緋山今日からじゃないの?」と言う藤川。電話してるけど出ないと返す白石。「ったく、やってけるのかねうちは!」と愚痴をこぼす藤川。

 

三井とはるかに患者の症状の報告を受ける救命スタッフ。患者を運んでいると救急車も到着し藤川と共に走り迎える白石。救急車の中にはマンション火災で熱傷を負った患者に処置をしている全身真っ黒になった緋山の姿が。マンション火災は緋山の家の上の階だった。

 

救命センターは同時に患者を受け入れ慌ただしかった、緋山が来たことを三井に報告した白石。目が合い挨拶をする緋山と三井。

 

一方、手術が終わった藍沢は更衣室で西条に脳外科に来て何年になるか訊ねられていた。「7年目です」と答える藍沢。実はトロント大からレジレントを受け入れたいと話が来ている事を告げる西条。トロント大の症例数の多さと医療水準の高さは世界屈指で脳外の医者をやっていて興味の無い医者はいないと「良い話ですね」と答える藍沢。

 

「うちとしてもできる奴を送りたい。となると、お前かあいつになる。良い話には競争はつきものだ!」と言う西条。「そうですね」と答える藍沢。

 

そして脳外科部長室に入る藍沢と西条。そこには先に新海が来て待っていた。西条は藍沢か新海にトロント大にレジレントとして行ってもらう旨を伝える。その椅子は1つ。「この椅子は譲れないな」と藍沢に宣戦布告をする新海。

 

救命センターは以前慌ただしかった。フェロー達の様子を見て「なんか想像以上にやばいね、今の救命」と藤川に言う緋山。「お前が来てくれて助かったよ」と返す藤川。そこに新たな連絡が入る。ドクターヘリの出動要請だった。三井に手動を命じる橘。三井とはるかはドクターヘリに向かう。

 

白石は処置中の患者の状態を確認し、CTを取りに行く間に脳外にコンサルを頼むように横峯に指示する。

 

午前中だけで4フライトと今日は多い「これはまたこっちに押し付けてくるぞ」と言う西条。「救命は受け入れるだけ受け入れて捌ききれてない」と失笑する新海。藍沢はトロント大の件の話しの続きを催促する。「行くのは年明けだから、秋には決めたい」と伝える西条。その時、救命からコンサルの要請が藍沢に入る。「ほらっ来たぞぉ」と言う西条。部屋を出て向かう藍沢。

 

スポンサーリンク

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 藍沢と緋山


慌ただしい救命にコンサルに来た藍沢。緋山とすれ違うが挨拶は無し。そこに新たな患者が三井らの手によって運び込まれてきた。橘が処置をする患者のCTを診て手遅れの旨を伝える藍沢。死亡確認を伝える橘。三井と白石が処置を担当する患者も死亡を確認。

 

2名の患者を救えなかったことに苛立ちを見せる白石。センターの空気は最悪に。橘は「戻ってこないか?藍沢!」と藍沢に言う。白石はスタッフリーダーとして良く回しているが人手不足は深刻。藤川も最近家に帰っていない状態でフェローの教育もあると話す橘。緋山が戻ってきてくれ感謝しているが、それでもまだ戦力が足りないタフに患者に向き合える医者じゃないと務まらない「藍沢!戻ってこないか?」と聞くも「スイマセン、救命に戻るつもりはありません」と答える藍沢。

 

「しっかし藍沢は冷たいな」と言う藤川。「患者の脳みそしか興味ない奴なんだから」と返す緋山。「緋山は偉いよ戻ってきてくれた。お前は情に厚い」と褒める藤川。「頼んできたのがあんたなら戻らないが、三井先生に頭下げられちゃうと」と言う緋山。「だのに、三井先生も薄情だよ、突然休職するなんて」と口が滑る藤川。「えっ!?」と驚く緋山。

 

「あっ!もう3分経ったんじゃない?カップ麺とか食べきれたら奇跡だよ」と慌てて誤魔化す白石。「ちょっと三井先生休職するの?どういうこと?」と誤魔化しきれていなく、ツッコむ緋山。困り顔の白石。

 

その頃、藍沢はCT画像を見て新海と話していた。「今朝の救命の患者ダメだったんだって!?お前も人が良いよな古巣の頼みは絶対断らない、でも大丈夫か?俺はキチンと腕を認められ行きたい。藍沢が救命に振り回されたおかげなど言われたくない」と告げる新海。「お前は自信家だな」とほくそ笑む藍沢。

 

緋山は火災に巻き込まれ不機嫌。帰る家も無いので白石に1ヶ月位泊めろ迫るが、無理と断られる。「家はメチャクチャ、今日寝る場所も無ければ着替え一枚ない、その上職場は人手不足で扱う症例はツマラナイ、やってられないんだけど!」とキレまくり。そして白石にスタッフリーダーとして藍沢に戻ってこいって行って来いと迫る。困る白石。

 

絶対無理だよと独り言を呟き、エレベーターに乗る白石。そこには藍沢が居て思わず「あっ!」と声が出てしまう。チラチラと藍沢の様子を伺う白石。その様子に気付き「なんだ?」と訊ねる藍沢。今朝のコンサルの件で礼を言い誤魔化す白石。

 

「午前中だけで5件とはキツイな」と言う藍沢。しかし白石は緋山先生も戻って来たしフェローも育てるから大丈夫、橘先生がいきなりあんなこと言うからビックリしたと、子心の声とは真逆の事を言ってしまう。「コンサルならいつでも呼んでくれ」とエレベーターを降りる藍沢。「ありがとう助かる」と言いながらも落ち込む白石。

 

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 白石が出発


ドクターヘリ出動要請を受け出発する白石。救命センターにやってきた緋山は「ドクターあたしだけ」と不安な表情を浮かべる。そこにオペ中の藤川からこっちに来れないか?と連絡が入る。無理だと伝えるが人手が足りないと言う藤川。

 

緋山はフェローに指示し藤川の応援に向かう。しかしフェローは緋山の指示を理解していない。ナースの雪村が「輸血の準備をして待ちましょう」とアドバイスする。

 

白石がドクターヘリで患者を連れて戻った。脳外にコンサルの連絡を入れるようフェローに指示する白石。患者の容態が悪化し開胸の準備をする白石。出血の場所が特定出来ない白石。そこに藍沢が到着し止血が出来たらCTを取りもう一度コンサルすると伝える。

 

しかし出血場所が特定できず血圧も低下し焦る白石。その様子を見つめる藍沢。フェロー達に指示するが中々特定できずに一層焦る白石。見かねた藍沢が手を差し伸べる。止血が出来血圧も戻り安堵する白石とスタッフ一同。

 

その頃、手術が終了し「上手くいって良かった」と話す三井。「うん」とだけ答える橘。そして「さっき連絡があって適合しなかった、気長にやろう」と伝える橘。「そんな時間は無い」と悲しそうな表情で答える三井。明るく接する橘だったが三井はその場を去って行く。

 

処置をした患者を運ぶ藍沢と白石。「ありがとう助かった」と礼を言う白石に、「フェローはいつもあんな感じなのか?あれじゃ経験を積んだナースの方が使える。医者は変にプライドがあるから」と言う藍沢。でも救命を回していくなら今は彼らを育てるしかないと言う白石に、育つ前に患者が死ぬなと指摘してしまい「悪い部外者が余計な事言った」と謝る藍沢。

 

「戻って来れない?」と聞いてしまう白石。しかしすぐに、自分も余計な事を言った脳外で頼られている事も西条先生が手放さないことも分かっているから今のは嘘忘れてと訂正する。トロント大の事を伝え「スマナイ」と詫びる藍沢。

 

「今日何時頃上がれる?」と藤川に訊ねるはるか。「そっちは日勤か。俺はまた朝までコースかな」と答える藤川。何かを伝えようと真剣な表情のはるか。「ちょっと話が・・」と言いかけたところで、白石と緋山が自宅に泊める件でモメながら現れ、はるかの話しは流れてしまい去って行ってしまった。

 

緋山は藍沢の件は?と白石に問うが「断られた、トロント大のレジレントだって」と伝える白石。「変わらないな藍沢はホント自分ばっか」と呟く緋山。「こっちはこっちでやろう!私がフェロー育てるから」と意気込む白石。その様子を見て「白石も変わらないな、一人で背負わない方が良いよ」と伝えICUに向かう緋山。

 

エレベーターで三井と一緒になる緋山。人が足らないから来たのに三井が休職してしまうと状況は変わらないと詰め寄る緋山。謝る三井。理由を教えてくださいと言うも、答えずにエレベーターを降りる三井。

 

スポンサーリンク

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 七夕祭りで事故


七夕祭りで山車が民家に突っ込み負傷者多数。ドクターヘリの出動要請が入る。白石は負傷者の状況を聞くが現場が混乱し詳細が分からないとの事。要請を受け緋山・はるかと一緒に出動する白石。ヘリに乗り込み「懐かしい」と呟く緋山。

 

現場に向かうヘリの中で再度現場の状況を確認する白石だったが、やはり現場は混乱しており負傷者の詳細は分からず。現場に着いたらトリアージからと判断する緋山。トリアージの準備をするはるか。

 

現場に到着し消防隊の案内で現地に行く白石・緋山・はるか。重傷者は現在確認できているのは3名とのこと。負傷者も多数おり現場は悲惨な状況。白石は藤川とフェロー3名を現場に来させるように指示する。

 

重傷の女性2名を緋山が担当し、男性を白石が担当。処置に取り掛かる。後続の藤川・名取・横峯も到着し現地に向かう。消防隊から状況を確認する藤川。その光景を見て「スゲーな」と呟く名取、緊張で顔が強張る横峯。

 

消防隊から山車の下に女性がいたと報告を受ける白石。今診ていた患者を藤川に引継ぎ、山車に向かう。名取に緋山のフォローに入るよう指示する藤川。そして緊張している横峯に深呼吸し落ち着くことを指示し、スーパーの駐車場にいる軽傷者を見てくるよう指示し、状況悪化した患者がいた場合は上の医師を呼ぶよう伝える。走って向かう横峯。

 

白石は山車の下にいた女性を診ていた。患者は何か言いたそうだったが「こ・こ・こ」と言うだけで伝えられず。

 

駐車場に向かった横峯は消防隊から怪我人が見つかった事を伝えられ、戸惑うが消防隊の勢いに押され診に行くことに。そこで目にしたのは山車と家の壁に挟まれた血まみれの子供だった。パニックになる横峯。そして白石に報告しに行く。白石は今診ている患者がさっき言いたかったのは子供の事だと気付き患者に確認する。やはりそうだった。

 

横峯に今誰がその子を診ているか確認するが、横峯はパニックのあまり放ってきてしまった。「誰もいないなら呼んで。何のためにレシーバー持ってるの!」と思わず声を荒げてしまった。そして今診ている患者を横峯に任せ、子供の所に向かう白石。

 

灰谷も現場に到着し、藤川の指示のもとスーパー駐車場に向かう。が、いきなり逆に走り出し不安な灰谷。

 

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 危険な状態


白石は山車に挟まれた男の子の症状を確認。危険な状態と判断。緋山にレシーバーで連絡し、来てもらうことに。緋山はフェローに今の現場を任せるべく指示を出し白石の元に向かう。

 

白石の元に合流した緋山。サポートし処置に入る。

 

灰谷は軽傷者の処置に追われ、泣き出しそうな位頼りない。意識レベルが下がった患者が現れたと聞き慌てる。

 

白石をサポートしている緋山に名取から、足を怪我した太った女性がさっきまで騒いでいたのに腰のあたりから出血していると連絡が入る。緋山は経験から思い当たることがあり、そっちに向かうことに。太って見落としていたが、やはり妊娠しており破水していた。

 

白石は患者のレベルが低下し焦る。そこに灰谷から連絡が入り、指示を出す。当たり前のことを聞かれ苛立つ白石。しかしすぐ落ち着いて、やれるだけやるよう灰谷に指示する。藤川に灰谷のサポートに行けるか確認するも無理。今診ている患者もまだ救出までに30分はかかる。追い込まれる白石。携帯を取り出し、祈るような思いで「お願いまだいて」と電話する。

 

「脳外科医局です」と藍沢の声が。頭部外傷の子供がいて救出までに30分はかかると状況を伝えている途中で「もういい、分かった。現場に向かう」と話しを遮り、現場に向かうことに。そして走りヘリに乗り込む。

 

現場に到着し、入れ替わりで藤川が患者を連れ病院に向かう為ヘリに乗り込む。「白石と子供は民家だ頼む」と伝える藤川。「分かった」と用具を持ちヘリを降り走り出す藍沢。嬉しそうな藤川。

 

患者女性の出産をしている緋山の元に、道具を置き「使え」と現れた藍沢。そしてすぐに走り白石の元に。「来るならもっと早く来いよ」と嬉しそうに呟く緋山。

 

白石の元に到着した藍沢。状態を確認し病院までは持たないと判断。その場で処置することに。そこにはるかも到着。藍沢は白石に「何している。お前が一番重い患者に付きっ切りでどうする。現場は指揮官を求めている。消防も救急も警察も目的は同じだ。一つでも多くの命を救うためにしている。その方法を一番よく知っているのが医者だ。

 

だから現場は医者の判断で動く。だが医者がただ大勢いたとしても機能しない。引っ張っていく人間が必要なんだ。白石、指揮官になれ。お前は仲間の能力を知っているし患者とその家族両方の事を考え決断できる。他の組織の人間とも上手くやれる。治療が出来る医者は他にもいる。緋山も藤川もそれに俺もいる。行け!」と指示する。

 

スポンサーリンク

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 決心する白石


藍沢の言葉を受け、決心する白石。その場をはるかに任せる白石。そして処置が出来たらその子を第一優先で運ぶよう消防とCSには伝えるので動くよう藍沢とはるかに指示し、その場を後にする。

 

緋山の元に状況を確認しに来た白石。そしてその判断を消防に伝える。

灰谷と横峯の元に現れ、指示する白石。そして消防と救急に、今後の対応の指示を伝える。

藍沢も男の子の処置を成功させ病院に向かう。ヘリから下の様子を伺う藍沢。

緋山は無事出産させられ、軽傷者の搬送も順調に進んでいる。

 

その夜ICUにいた藍沢。一人の男性が現れる。先ほどの男の子の父親だった。藍沢は子供の所に案内する。全身怪我だらけで眠る息子に泣きながら一緒にいてやれなかったことを謝る父親。藍沢は椅子を差し出し、一緒にいてあげて欲しいと伝える。

 

急に仕事が入り仕事に行った事を後悔する父親。藍沢は “おとうさんみたいな駅長さんになりたい”と書かれた七夕の短冊を見せる。父親は「俺はただの駅員だよ、いつもいっているのに」と涙ぐむ。「目を覚ましたら教えてあげてください」と、父親の気持ちを和らげる藍沢。

 

白石のスウェットに着替え病院に泊ることになった緋山。藤川は久しぶりに自宅に帰ると言い「お疲れ」と挨拶する。フェローも帰ってることに腹を立てる緋山。寝ようとしたところに小児科のナースが現れ、橘宛てに急ぎの検査結果を持ってきたと伝える。電話し渡しとくと受け取る緋山。

 

橘に電話しようとその検査結果をみて“橘優輔”と書かれている事に驚く。そして検査結果を橘のデスクに置き、何処かに向かう緋山。途中躊躇うが、走り出す緋山。小児病棟に入って行き橘と三井がいる病室のベットで寝ている二人の息子を見て驚く。三井が緋山に気付き「緋山」と呟く。橘も振り向き、頭を下げる緋山。

 

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ 拡張型心筋症


6年前に息子の拡張型心筋症が分かり、移植しか方法は無いが優輔の年齢でドナーが見つかる確率は限りなく低く、出来るだけ側にいてあげたいと話し出す三井。補助人工心臓を付けて3年近い、多分もうそんなに時間は無いと涙ぐむ三井。そして医師として今が一番面白い時期の緋山に救命を押し付けた事を詫びる。

 

その頃、七夕祭りで負傷した少年が間を覚まし、安堵する藍沢。

ドクターヘリを見つめる藍沢。そこに白石が現れ缶コーヒーを差し入れる。そして今日の礼を言う白石。藍沢のおかげで目が覚めたと言い指揮官になる決意を語るが、「悪い癖だな。そんな背負い込むな。お前が救命の事を24時間考えている事はみんな知ってる。一人でやろうとするな、もっと周りの人間をこき使え。お前の言うことならみんな聞く」とアドバイスする藍沢。

 

「9年かぁ。」と呟く藍沢。「そんなに経つんだね」と白石。そして去り際「お前ならどうする。俺は救命で覚える事は一通り覚えた。今は脳外科の方が刺激がある。それだけでいいのか?」と問う藍沢。「どっちでもいいと思う。救命でも脳外科でも、藍沢先生がメスを握っててさえくれれば、だって何処にいたってあなたは絶対命から逃げない」と答える白石。

 

白石がデスクに戻ると、呆然としている緋山がいた。「初日からハードだったから疲れた、少し眠るわ」と部屋を出ようとすると、「しょうがないな。家に来てもいいよ。ただし条件がある。家でもここでも、私の言うことには従ってもらう」と伝える白石。「なにそれあんたの下で働けって?」と聞き返す緋山。「そうよ。だって頼れるから」と答える白石。笑いあう二人。

 

藤川は自宅に帰って来た。疲れ果てソファーに寝転ぶと、隣の部屋からはるかが現れ「今何時?」と聞く。「あっゴメン」と謝り、まだ寝てるよう促す。藤川が伸びをした瞬間はるかのバッグを落としてしまう。散らばる荷物の中から、妊娠7週と記載された母子手帳を見つけ喜ぶ藤川。

 

翌日、三井から息子の事を救命スタッフに説明し謝罪する。そして橘から「もう1つ話がある。安心しろ良い話だ」と告げ、フェロー達の新しい指導員を紹介すると伝える。部屋のドアが開き現れたのは藍沢だった。

 

「来たよ」と緋山、嬉しそうなはるか、「なんだよ、また俺と張り合う気かよ」と藤川、何も言わず見つめる白石。「脳外科から来た藍沢先生だ」と三井が紹介する。「よろしく」と一言いう藍沢。

 

(ほとんど叶う事の無い願い、それでも人は願いを託す。切実な願い。無邪気な願い。)

エレベーターに一緒に乗り込む、藍沢と白石。「どうして救命に戻ったの?トロント大に行きたかったんじゃないの?」と質問する白石。「行くよ。新海に勝って。夏は脳外は患者が減る。新海と少ない患者取り合いになる。救命にいれば頭の患者独り占めだ。脊髄損傷などの神経系も診れる。症例を増やしてアピールできる。良いことだらけだ」と答える藍沢。「藍沢先生らしい」と白石。

 

「それに救命にはお前がいる」と告げる藍沢。驚く白石。

(1人では叶うと信じる事すら困難な願いがある。そんな時はどうする?共に信じてくれる仲間と願えばいい。)

 

七夕の短冊に“黒田先生の救命を超える救命を作る絶対やる!わたしたちで!!”と書かれていた。

「お前は面白い」と告げエレベーターを降りる藍沢。「えっ!?」と白石。

第1話 完

 

コードブルー3 1話ネタバレあらすじ まとめ・感想


いかがでしたでしょうか?とうとう始まりました話題のドラマ『コード・ブルー』。相変わらず多くは語らずにカッコイイ藍沢でしたね。他のメンバーも変わりなくいつも通りでした。が、藤川とはるか同棲ですか?結婚ですか?ビックリしました。

 

そして、何とも頼りないフェロー達。ドラマ前から実際にも問題起してくれちゃって、この後どうなるんでしょうか?

 

そしてそして、やはり黒田先生の名前が最後の最後で出てきましたね。これはネットの反響を意識したものでしょうか?この後実際に登場するのか見ものです!

面白かったですね。来週以降も見逃せません!!

では、今回はここまで。また。

 
初回1話の見逃し配信を見たくなった人はこちらの記事もどうぞ!!
コードブルー1話初回動画、pandoraやデイリーモーションで見れる??

↓↓↓ 最新のフジテレビ系列ドラマはこちらから ↓↓↓

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したいなら方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ・映画・バラエティーなどが
↓↓最大1ヶ月間も無料で試せます♪↓↓

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」