僕たちがやりました

引用:https://www.ktv.jp/bokuyari/index.html

みなさま、こんにちは。今回は2017年7月18日 火曜夜9時にスタートしたドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ)の第1話のネタバレ・あらすじ感想をお届けします。

 

このドラマの原作は週刊「ヤングマガジン」(講談社)で連載していた同名人気漫画です。では第1話のネタバレ・あらすじをご紹介します。ご覧ください。

 

見逃し配信をお探しの方は今なら最大1ヶ月間無料なので試してみてもいいと思います。
⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

スポンサーリンク

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ キャスト紹介

増渕 トビオ : 窪田正孝
蒼川 蓮子  : 永野芽郁
市橋 哲人  : 新田真剣佑
伊佐美 翔  : 間宮祥太朗
マル(丸山 友貴)   : 葉山奨之
パイセン(小坂 秀郎) : 今野浩喜
新里 今宵  : 川栄李奈
三浦 由佳  : 岡崎紗絵
西塚 智広  : 板尾創路
増渕 優子  : 榊原郁恵
立花 菜摘  : 水川あさみ
飯室 成男  : 三浦翔平
輪島 宗十郎 : 古田新太

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 電車の中


『そこそこでいい。俺には必死こいて追いかける夢もやる気も無い。
そこそこでいい。そこそこ楽しく生きられればいいんだ。ずーっとそう思っていたのに。この日、そこそこだった俺の人生が終わった。』

 

電車の中、朝の通学途中のトビオ。前の女子高生3人組のスカートの中が見えそうで、見えない。トビオは座っている態勢を低くし眺める。

 

『あー学校シンドー、第3次世界大戦とか起こんねえかなぁ。でも死ぬのは嫌だなぁ。SEXするまで取り合えず死ねないよなぁ。ボーリングでスコア200出すまでも死ねないし、ってか、スカート短すぎなんですけどぉ』

 

と心で呟き一層低く座り眺めていると、女子高生たちが気付いた様子で「見てる見てる」と話し出す。ヤバイと思い寝たフリをするトビオ。しかしトビオではなく、その隣に座っている中年サラリーマンの事を言っていた。『セーフ。俺の人生希望しかねぇや!』とまた心で呟く。

 

「いいなぁトビオ。俺なんか絶望しかないよ」と嘆くマル。「なんかあった?」と訊ねるトビオだが、「何もないことに絶望する日々。俺も見たいなパンツ」と語るマル。「マル、お前朝っぱらから暗すぎ、俺の発表聞いてテンション上げろ!」と伊佐美。

 

そして「私、伊佐美翔、新しい彼女ができました」とノリノリで報告する。今回の彼女は小動物系と付け加え、トビオ達に何故彼女作らいのか訊ねる。「AVでいいよ」とトビオ。「新作手に入れたから見ようよ」とマルもテンション高くなっていた。

 

「そんなこと言ってんとパイセンみたくなるぞ!」「それだけはマジで勘弁だな」と笑い合いながら登校していると、クラスメイトの村上が矢波高の不良に殴られ連れていかれる所を目撃する。

 

スポンサーリンク

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 大丈夫かな?


「大丈夫かな?」と心配するマル。見て見ぬふりと立ち去る伊佐美、「あんなもん絡まれる方が悪いんだ」と同じく立ち去るトビオ。マルも「えぐっ!!」と行ってしまう。

 

「草食動物はライオンに食われる運命である、それは止むごとなき真理なのだ」と語るトビオ。要するにあいつらと俺達とじゃ生態系からして違うって話、俺達は食われないように身を潜めて生きるしかない草食動物、しかもうちと矢波高は道路1本挟んで向かいにあるんだよ、サバンナは不条理って話と説明するトビオ。

 

凡下高校に1台の高級車が入って来た。

その頃、トビオ達の教室では「今朝うちの生徒が矢波高生から暴行を受けたと連絡がありました」と報告する菜摘先生。矢波高トップの市橋の命令で凡下高生捕まえて遊んでるらしい、今朝の村上も多分そうだと、トビオに話すマル。帰り道変えた方が良いかなと悩むマル。

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 心の中


『頼みますバカども様。俺のそこそこの邪魔をしないで下さい。』と心で呟くトビオ。

その頃、村上は矢波高の溜まり場に連れて来られていた。倉庫の中には市橋が待っており、「ようこそ矢波高コロシアムへ」と告げる市橋。

 

一方、飯室刑事はチンピラ風の男を追いかけ捕まえ、輪島の写真を見せ「この男知っているな?」と質問する。

 

放課後、廊下を歩く3人は伊佐美の彼女のオッパイの話しをしていた。そこへ「伊佐美君!」と菜摘先生が現れ、上履きをちゃんと履くよう注意する。トビオには英語の課題を早く出さないと夏休みが無いと忠告する。マルは菜摘先生のお尻プリッとして良いと評価する。

 

部室に向かう途中、幼馴染の蓮子を見つけ遠くから見つめるトビオ。蓮子もトビオに気付き見るが目を背け去って行くトビオ。

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 部室にて


フットサル部の部室でAVを見ようとするトビオとマル。そこに伊佐美が彼女の今宵を連れてくる。小動物系だが戦闘能力高いと言い何カップか訊ねるマル。

 

「最近計ってないから、触ってみます?」と天然の今宵。マルとトビオが触ろうとするのを制止する伊佐美。すると「そこまでだ!全員手を上げ!!」と坊主頭のパイセンが入って来た。そしてトランプやる人と提案する。取り合えず伊佐美は今宵を先に帰す。

 

そして、今からトランプをやりジョーカーを引いた奴が、パイセン命令で散髪に行く事に。面白そうだと全員参加する。一番手は伊佐美。だがあっさりジョーカーを引き当てる伊佐美。パイセンの行きつけの代官山の美容院を紹介すると言われ、伊佐美は車で送るのでトビオとマルは先に歩いて行くよう指示される。

 

トビオとマルが歩いて向かう途中、パイセンは実家が凄い金持ちでニートしてても大丈夫だとマルに教えるトビオ。友達1人もいないので、遊んでやっているのは俺らの方だと。通りの反対側で矢波高の奴らがカツアゲをしている所に遭遇する。

 

見ずに行こうと言うトビオだが、マルは聞こえない様に矢波高の奴らに「死ね!マジ死ね!!」と言い放つ。焦りすぐ止めるトビオだが「矢波高全員死ね!!」と止まらないマル。

 

スポンサーリンク

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 矢波高の奴ら


すると背後から、市橋ら矢波高の奴らが現れ、「ヒデーなおい!俺ら何か悪いことした?」と詰め寄る。さらに「服全部脱げ」と耳元で市橋に指示されるトビオ。最悪ふざけんなよマルと思い、マルを見ると既に脱ぎ始めていた。困るトビオ。

 

そこにパイセンが「止めときや!」と車で現れる。「うちの若いもんが何したか知りまへんが、怒りは人間の最も愚かな感情でっせ!」と登場する。「誰だ?」と問われ、「名乗るほどの者じゃありまへん、ただの金持ちや」と返すパイセン。

 

怒る矢波高の奴らに「ゴチャゴチャ言わんでも、ええんとちゃいまっか!」と5千円を握らせる。「こんなんで済むと思ってんのかよ」と怒りが収まらない矢波高の奴らに「ハイハイハイハイ、ほなこれでどうでっか?」と更に1万円握らせる。市橋は「行くぞ!」と仲間を引き連れ去って行く。パイセンと抱き合い喜ぶトビオとマル。

 

栗原刑事が矢波高の奴らを傷害で捕まえようとしてマークしている。しかし被害者は奴らを恐れ被害届を出してこないと相棒の飯室刑事に説明する。市橋らに今朝凡下高生が殴られていたと通報があったので、お前らじゃないかと詰め寄るも、無視し去って行く市橋ら。飯室も腹減ったから飯食って帰りましょうと立ち去る。

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 伊佐美を待つ


トビオ達はボーリングをしながら、伊佐美を待っている。トビオが投げようとした時、ストライクゲームが始まる。再度気持ちを入れトビオが投げようとしたその瞬間、横から伊佐美が現れストライクを出す。そして髪形はエグザイルのメンディーカット。大爆笑のトビオ達。『そうそうこれでいいんだよ。俺の人生そこそこ楽しけりゃ幸せだ』と心で呟くトビオ。

 

その頃蓮子はクラブで踊りまくっていた。市橋に一緒に踊ろうと誘う蓮子だったが断られる。蓮子を見つめる市橋。

 

翌日、朝食を済ませボサボサの髪で家を出るトビオ。バイクで送ってもらい朝帰りをした蓮子にバッタリ会う。「おい、そこのお前!」とトビオに声をかける蓮子。「朝帰り?自由ですな~!」と学校に行こうとするトビオ。

 

すると「あれっ?お前昨日の奴じゃん」とフルフェイスのヘルメットを取る市橋。「死ねとか言ってた奴の友達だろ!?」とトビオを問い詰める。焦るトビオ。「後ろ乗れ、ちょっと遊びに行こうぜ!」とトビオを誘う市橋。

 

「学校あるし」と断るトビオだが、執拗に「遊びに行くぞ」と迫る市橋。ビビるトビオ。見かねた蓮子が「止めときなよ、それより今家誰もいないから上がって行かない?」と助け船を出してくれ、トビオは何とか逃げ出せた。電車の中で「あいつ今やってんのかな?」と思うトビオ。

 

スポンサーリンク

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 男に告白


「ずっと好きでした。付き合ってください」と男に告白している伊佐美。男相手に告白し成功しなければ散髪禁止というルールに苦戦している伊佐美。そこに「小坂じゃないか!」と田中先生が現れる。

 

「まだ働いてないのか?」とマジな忠告をされ痛いところを散々言われるパイセン。菜摘先生がその様子を見ており、話しを途中で止めてくれた。「全然響かへんし!」と背中を向け強がりを言い続け、振り向くと号泣していたパイセン。トビオ達に励まされるパイセン。

 

菜摘先生はパイセンの事を色々田中先生に聞く。学生時代から今と変わらず、親は海外勤務で高校時代から一人暮らしだったと。

 

アミューズメント施設でロデオにダーツ・バッティングと遊びまくるトビオ達。大爆笑しながら騒ぐ4人。マルがトイレに行くと言い一人で行くと、矢波高の奴らが現れ「いたいた。はぁーい捕まえた。昨日の続きしよっか?」とマルに詰め寄る。

 

マルが戻ってこないがローラースケートを光ゲンジの歌を唄いながらハシャグトビオ達3人。

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 矢波高の溜まり場


その頃マルは、矢波高の溜まり場に連れて来られていた。市橋から「キノコお前は俺達に死ねって言った罪。ウンコお前は俺達にガン飛ばした罪」とマル以外にもう一人究極のいじめられっ子のウンコ(水前寺)がいた。市橋は3分以内に相手を殺した方が勝ち、出来なければ2人共殺すと戦うことを指示される。

 

仕方無しに殴り合う2人。自分が生き残るために必死で殴り合いマルがウンコに馬乗りになりボコボコにし首を絞める。堪らずウンコは地面をタップし負けを認める。「勝ちました!」と喜ぶマルに「まだだろ?まだ生きてんじゃん!ちゃんと絞め殺せよ!」と迫る市橋。マルは怯えウンコの首を力いっぱい絞める。

 

その頃、マルのことを心配もせずにカラオケで郷ひろみを熱唱するトビオ達。

 

マルはウンコの首を絞め続け、ウンコは抵抗を止め落ちた。「キノコお前はもう帰っていいぞ」と言う市橋。「いや。死んでる」と呟くマル。市橋は「こんなんで死ぬかよ!」とウンコを平手打ちする。死んでなかったウンコ。それを見て「失礼します」と帰ろうとするマル。

 

しかし、「ちょっと待ったぁ~!第一印象から殺したいと思ってました」と矢波高生がゾウの被り物をして現れる。「ボーナスステージ」と市橋は言い、帰るならコイツに勝ってからだと指示する。マルに襲い掛かるゾウ男。

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ カラオケで


一方、トビオはカラオケを抜け伊佐美とトイレに。「マルから連絡あった?」と聞く伊佐美に「無いよ。帰ったんじゃないかな?」と答えるトビオ。いつもなら最後までいるのにと言う伊佐美。カラオケに戻ると虎舞龍のロードを涙ながら歌っているパイセン。

 

遊び疲れ、肉でも食いに行きましょうと車に向かう3人。パイセンの車の前に大きな段ボールが。中を見るとボコボコにされたマルが入っていた。死んでると思い必死に呼びかけるトビオ達。息はしていたマル。その様子を見て、大笑いする矢波高の奴ら。警察に連絡だと伊佐美が言うが「いいよそんな。っていうかさぁ、アイツら殺そう!俺達で!」と呟くトビオ。

 

翌日、神社の境内でパイセンが用意した小型爆弾(窓ガラスを割る程度)を試すトビオ達。1個10万の代物。マルの為に仕返しをすることに。夜中に矢波高に侵入し窓ガラスに爆弾を一杯仕掛け、明日の昼休み爆発させビビらす作戦。決行は今晩、担当も決めたると説明するパイセン。

 

マルの家まで車で送ると、ちょうど飯室刑事と栗原刑事がマルの家から出て来た。車の中の爆弾を隠すトビオと伊佐美。アミューズメント施設の駐車場で血だらけになって倒れていた凡下高の生徒がいると通報があって調べたら丸山君だった。矢波高の奴らにやられたんだろうと聞く栗原。

 

スポンサーリンク

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 刑事が登場

「おい何やってんだ?」と飯室に問われたトビオはトイレに行きたくてと答え、「早く行け」と言われ「いいっすか?」と車を出発させその場を去るトビオ達。

 

『危なかったな。割と大ごとになって来たし。でもなんかスタンドバイミーみたいで良いな。いやどっちかっていうとグーニーズかな』と心の中で思いニヤニヤするトビオ。するといきなり背後から飛び蹴りを食らう。吹っ飛び振り返ると「クリティカルヒット」と蓮子がいた。そして送ってもらったらしく市橋もいた。市橋を見るトビオ。そしてバイクで去っていった。

 

市橋が彼氏なのか蓮子に訊ねるトビオ。「全然、私矢波高嫌いだし」と答える蓮子。「おぅ!いいね!実はさ明日・・」と話しかけ爆破の事は口外無用とパイセン達と約束していたので、言葉を止めるトビオ。「明日?何?」と聞いてくる蓮子に咄嗟に「明日カラオケ行こうぜ」と誘ってしまうトビオ。「いいよ。超楽しみ」とOKを貰ってしまい、カラオケに行くことになってしまった。

 

そんなことを考えていると、市橋が先回りして待ち伏せしていた。「あいつまだ生きてる?」とトビオに訊ね蹴りをいれる市橋。「次はお前の番だからな」と言い残しバイクで去って行く市橋。

 

菜摘先生は矢波高の先生に抗議しに行くと言い、矢波高に向かう。田中先生も仕方なく同行すると。

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 爆弾を設置


夜21:39。トビオ達はそれぞれ支度をし矢波高前に集合する。覆面をして矢波高に侵入する4人。そして爆弾を次々パイセンの指示した場所に設置していく。ホボ設置が終わったところで、見回りの先生に見つかってしまうパイセン。逃げるパイセン。

 

他の3人もパイセンとは別に逃げる。門の前で待つ3人。捕まってしまったか心配する所、フラフラになりメッチャ足に来ているパイセンが現れた。しかも覆面を取っている。何とか門から出て逃げたが、そこを菜摘先生に見られてしまう。

 

カラオケで祝杯をあげる4人。Greeenのキセキを熱唱。トビオには蓮子から明日の待ち合わせの連絡がLINEで来て、18時に待ち合わせすることに。上機嫌なトビオ。

 

その頃飯室刑事は、輪島という裏社会の人間を訪ねあんたの周りで不自然にあんたから金を借りた奴が死んだり消えたりしている、心当たりありますよね?と訊ねる。が、全く相手にしていない輪島。弁護士の西塚が今後は自分を通すようにと名刺を渡す。「また来ますよ」と伝え去って行く飯室。

 

翌日、昼休み。菜摘先生が昨夜の事を訊ねるも、急いでいると言い屋上に向かうトビオとマル。屋上に向かう途中に蓮子から呼び止められ、18時半に待ち合わせを変更して欲しいと言われる。OKと言い屋上に向かうトビオ。

 

屋上には伊佐美が、もう来ていた。「おせーぞ!」と言われ、イチャついていたとチくるマル。「誰と??」と伊佐美が問うと蓮子とチクるマル。そこに高級スーツに身を固めたパイセンが現れる。首から双眼鏡をかけ、手には黒いバックを持っていた。双眼鏡で矢波高の様子を窺がうが爆弾はバレていない様子。

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ 起爆スイッチ、オン


「テッテレー」とバックから起爆スイッチを取り出す。(ドラえもん風に)「じゃぁいっちゃってください。パイセン!お願いします!」とトビオ達が言うが、「アホか!1発目はお前がいけ!お前が一番悔しい思いしたやん!」とマルに声を掛けるパイセン。

 

「その指先に思いを込めて、打てぇ!!」というパイセンの掛け声で、「ウォリャァー!」とスイッチを押すマル。矢波高の窓ガラスが割れ、「カチコミかぁ!」と息巻く不良たち。しかし相手はいない。次々と窓ガラスが割れ、狙撃されていると勘違いしビビる不良たち。大笑いし、次々と起爆スイッチを押しまくるトビオ達。

 

矢波高は騒然とし、市橋にもその報告が入り確認しに行く。が、相手は見えず次々窓ガラスが割れていく。ツイッターを撮るトビオ達。そして、パイセンが顎でスイッチを押した瞬間、矢波高で大爆発が起こる。驚き矢波高を見るトビオ達。矢波高は炎上していた。

 

警察の無線で飯室刑事にもその報告が入る。

凡下高の生徒も気づき、菜摘先生が校庭に避難するよう生徒達に指示する。

矢波高はパニック状態。全身に火が点き逃げ惑う生徒もいる。市橋も爆発に巻き込まれ頭から血を流し倒れている。仲間の呼びかけにも反応しない。

 

校内放送で「緊急放送!緊急放送!全校生徒は速やかに校庭に避難してください」というアナウンスが流れる。

呆然とその惨状を屋上から見つめるトビオ達4人。

『俺の人生、そこそこで良かったんですけど・・・』

第1話 完

 

僕たちがやりました1話ネタバレあらすじ まとめ・感想


いかがでしたでしょうか?人気コミックの実写版として、とうとう放送を開始しました。果たして漫画のような過激な発言や描写はできるのでしょうか?

ドラマは原作読んだことないですが、ピッタリはまっていたような気がします。

はたして、犯罪者になった彼らの運命はどうなるのでしょうか?来週以降も楽しみです。

では、今回はここまで。また。

 

↓↓↓ 最新のフジテレビ系列ドラマはこちらから ↓↓↓

ここまで、読んだら実際に見たくなっちゃった人もいると思います!

今なら期間限定で最大1ヶ月間も無料キャンペーンをしているのでオトクですよ!今話題の「コードブルー」も過去の作品も含めて見ることができますので私も利用しています!

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したいなら方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ・映画・バラエティーなどが
↓↓最大1ヶ月間も無料で試せます♪↓↓

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」