僕たちがやりました

引用:https://www.ktv.jp/bokuyari/index.html

みなさま、こんにちは。今回は2017年7月期の注目のドラマの配役をご紹介します。今回は2017年7月18日 火曜夜9時スタートのドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ)。このドラマの原作は週刊「ヤングマガジン」(講談社)で連載していた同名人気漫画です。配役が気になりますね。

 

主演を務めるのは高い演技力で見る者を魅了する実力派俳優「窪田正孝」さん。ドラマ・映画で数々の主演を務めてきた窪田さんがカンテレ・フジテレビ系ゴールデンプライム帯連続ドラマ初主演です。

 

その他のキャストも魅力的な人気キャスト陣が揃い、実写化困難と言われた衝撃作に挑みます。今回は注目のドラマ『僕たちがやりました』のあらすじと配役、豪華キャスト陣をご紹介します。

では、是非ご覧ください。
⇒「僕たちがやりました」などもまずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」[AD]

 

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

僕たちがやりました あらすじ紹介

“そこそこ”でよかったはずの日常が大激変!
クズだけど必死に生きる若者たちの、青春逃亡サスペンス!!

 

“そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者。凡下(ぼけ)高校に通う、増渕トビオ(窪田正孝)、伊佐美翔(間宮祥太朗)、丸山友貴(葉山奨之)、高校のOB・小坂秀郎(今野浩喜)。

 

ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校で有名な矢波高校の不良たちに、仲間をボコボコにされてしまう。ちょっとしたイタズラ心で、復しゅうを企てる。ところが、計画実行の日、それはどんでもない大事件に発展してしまう。気付いた時には、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分らないまま、あっという間に“爆破事件の容疑者”になってしまった彼らが選んだ道は“逃げる”こと・・・。

 

こうして、現実に向き合えない若者たちの青春逃亡劇が始まる。彼らを待っていたのは刑事や教師の追跡、不良たちの報復、抑えきれない欲望と仲間割れ、大好きなあの子との別れ、そして罪悪感・・・!そんな彼らが右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描いた青春逃亡サスペンスである!!

 

僕たちがやりました 配役の主要キャスト紹介

・ 窪田 正孝 (役:増渕 トビオ)

増渕トビオ

凡下高校に通う、イマドキな少し冷めた高校2年生。人生“そこそこ”楽しけりゃ幸せだと、何事にも過度な期待はしない主義。幼馴染の蓮子のことが気になってはいるが、どうせ自分のことなんか相手にしないだろうと、勝手に諦めている。

 

向かいの矢波高校のヤンキーたちに仲間のマルがひどい目に遭わされたのを受けて、ちょっとしたイタズラ心で仕掛けた復讐がとんでもない事件に発展し、逃亡することに。現実逃避を繰り返すが、一方で罪の意識にもさいなまれ、もがきながらも自分の生きる道を模索していく。

 

窪田正孝

1988年8月6日生まれの28歳。神奈川県出身。高校在学時にスターダストプロモーションのオーディションに応募し芸能界入り。2006年4月深夜ドラマ『チェケラッチョ!!inTOKYO』で俳優デビューで初主演を果たす。

 

2014年NHK連続テレビ小説『花子とアン』に出演し知名度を上げ、以降『Nのために』(TBS)、『アルジャーノンに花束を』(TBS)、『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ)、『デスノート』(日本テレビ)など立て続けに出演し一気にブレイクする。

 

2017年はドラマ『ヒトヤノトゲ~獄の棘~』(WOWOW)、『4号警備』(NHK)、『僕たちがやりました』、映画『東京喰種トーキョーグール』(松竹)など主演作品の他にドラマ1本、映画3本と今最も注目を集める俳優である。

 

・ 永野 芽郁 (役:蒼川 蓮子)

蒼川蓮子

ドビオの幼馴染で、同じ凡下高校の2年生。美人でスタイルが良く、あか抜けていて周りの男子からも女子からも憧れの存在。明るくて芯の強い凛とした女の子。実は密かにトビオに想いを寄せていているが、幼稚で不器用なトビオにいら立つ。

 

永野芽郁

1999年9月24日生まれの17歳。東京都出身。小学校3年生の時に買い物中にスカウトされ芸能界入り。2009年公開映画『ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル』で子役としてデビュー。

 

2010年からファッション誌でモデル活動をする傍ら、ドラマ・映画で女優としても活動し2015年公開映画『俺物語!!』のオーディションを勝ち抜きヒロイン役に抜擢される。

 

2016年ドラマ『こえ恋』で連続テレビドラマ初主演、2018年度上半期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』ではオーディション参加者2,366人からヒロイン抜擢された。

 

・ 新田 真剣佑 (役:市橋 哲人)

市橋哲人

矢波高校の2年生。不良の巣窟で、数々の事件を起こしている矢波高校のトップに君臨する、とてつもなくヤバイ男で警察からもマークされている。凡下高生たちにも威圧と暴力を繰り返している。

 

新田真剣佑

1996年11月16日生まれの20歳。アメリカ合衆国・ロサンゼルス出身。本名・前田真剣佑、父は俳優の「千葉真一」。

 

LA空手大会で優勝する実力を持ち、2005年ドラマ『アストロ球団』や、2007年に父が主演・監督した映画『親子』に子役として出演するが、学業を優先し高校卒業まではハリウッドで暮らす。

 

2017年に映画『ちはやふる-上の句-/-下の句-』で、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。2017年5月22日に浅井企画からトップコートへ所属事務所を移籍した。同時に芸名を真剣佑から新田真剣佑に変更したことを発表。

 

・ 間宮 祥太朗 (役:伊佐美 翔)

伊佐美翔

トビオの同級生で遊び仲間の一人。イケメンでお調子者。女好きで4人の中ではその方面の知識と経験に長けている。一番冷静で、一歩引いた目線を持っているが性欲は圧倒的に強い。後輩の今宵と付き合っているが、あくまでも刹那的な恋愛だと今は思っている。

 

間宮祥太朗

1993年6月11日生まれの24歳。神奈川県横浜市出身。中学生時代に雑誌の読者モデルとして活動し、「スマイル王子」と呼ばれ一躍人気を博す。モデル活動を経て2008年『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ)で俳優デビュー。以降テレビドラマ・映画で多くの作品に出演している。高校生役が多い

 

・ 葉山 奨之 (役:マル(丸山 友貴))

マル(丸山友貴)

トビオの同級生で遊び仲間の一人。キノコカットがトレードマークのカワイイ系で、イジメられっ子体質。寂しがり屋でトビオたちと4人で遊ぶのが誰よりも好き。

 

葉山奨之

1995年12月19日生まれの21歳。大阪府出身。小栗旬に憧れて中学3年生の時に「トライストーン・エンタテインメント」のオーディションを受けて合格し芸能界入りする。2011年にドラマ『鈴木先生』で俳優デビュー。2015年NHK連続テレビ小説『まれ』で主人公の弟役を好演し注目される。以降テレビドラマ・映画で主演を務めるなど多くの作品に出演し活躍中。

 

・ 今野 浩喜 (役:パイセン(小坂 秀郎))

パイセン(小坂秀郎)

凡下高校をとっくに卒業しているOB。いつもトビオたちのところに顔を出し、一緒に遊んでいる。実は親がとんでもない金持ちで、たいていのことは金で解決する力を持っている。しかし、職も彼女もなく、トビオたちとも金で繋がっている危うい関係。

 

今野浩喜

1978年12月12日生まれの38歳。埼玉県新座市出身。元お笑いコンビ「キングオブコメディ」のボケ担当。2008年から俳優としても活動し、コンビ解散後は俳優活動をメインに活躍している。「ブサイク芸人」としても知られており、役柄も個性的にな役柄が多い。

 

・ 川栄 李奈 (役:新里 今宵)

新里今宵

凡下高校の1年生。伊佐美と付き合っている。巨乳で小動物系のエロかわ女子。派手目で可愛いが、つかみどころがなく、ちょっと抜けた女の子。

 

川栄李奈

1995年2月12日生まれの22歳。神奈川県出身。元アイドルグループ「AKB48」メンバー。2014年ドラマ『SHARK』(日本テレビ)で初めて単独ドラマ出演し、2015年「AKB48」卒業後は女優として活動し2016年NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演するなどテレビドラマ・映画・舞台で活躍している。

 

・ 岡崎 紗絵 (役:三浦 由佳)

三浦由佳

凡下高校2年生。オシャレであか抜けたイマドキJK。矢波高ナンバー2の不良・有原と付き合っている。蓮子が本音で話せる親友。

 

岡崎紗絵

1995年11月2日生まれの21歳。愛知県出身。2012年に開催された雑誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」に6515人の応募者の中から選ばれ、同誌専属モデルになる。2015年公開映画『脳漿炸裂ガール』で女優デビューし、2017年は『嫌われる勇気』『人は見た目が100パーセント』『僕たちがやりました』と3期連続で連続ドラマ出演。

 

・ 板尾 創路 (役:西塚 智広)

西塚智広

裏社会で暗躍する悪徳弁護士で、輪島の顧問弁護士を務めている。パッと見、真人間に見えるが、いんぎん無礼で、腹の底では何を考えているか分らない。

 

板尾創路

1963年7月18日生まれの53歳。大阪府富田林市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人であるが俳優としてもテレビドラマ・映画・舞台など数多くの作品に出演し活躍している。良い人というよりは、裏がある悪役などに定評がある。

 

・ 榊原 郁恵 (役:増渕 優子)

増渕優子

トビオの母親。女手一つでトビオと妹ハルを育ててきた。子供たちとは、友達のように接する明るく優しいお母さん。トビオの逃亡後は、心配しながらも息子を信じて待つ。

 

榊原郁恵

1959年5月8日生まれの58歳。神奈川県川崎市出身。本名・渡辺郁恵、夫・渡辺徹(俳優・タレント)、長男・渡辺裕太(俳優・タレント)。高校2年の時にホリプロ主催「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝し芸能界入り。1976年公開映画『春琴抄』で女優デビュー。1997年歌手デビュー。現在はタレントとして活躍する一方でテレビドラマで女優としても活躍している。

 

・ 水川 あさみ (役:立花 菜摘)

立花菜摘

凡下高校の英語教師で、トビオたちの担任。美人で優しく生徒思いの理想の教師で、生徒からも人気がある。しかし、本音では何を考えているか分らない。裏に何かしらの企みを感じさせる人物。

 

水川あさみ

1983年7月24日生まれの33歳。大阪府茨木市出身。13歳の時に芸能事務所に入り、1996年に旭化成「ヘーベルハウス」のCMでデビュー。1997年公開映画『劇場版 金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』のオーディションに合格し、女優デビュー。2003年公開映画『渋谷怪談』で映画初主演。

 

2008年ドラマ『夢をかなえるゾウ』で連続ドラマ初主演。2013年ドラマ『シェアハウスの恋人』でゴールデンタイムの連続ドラマ初主演、同年舞台『激動-GEKIDO-』で舞台初主演を飾るなど、女優としてテレビドラマ・映画・舞台など数多くの作品に出演し活躍している。

 

・ 三浦 翔平 (役:飯室 成男)

飯室成男

凡下高がある地域の所轄刑事。クールで冷酷なまでに犯罪者を追い詰めていく。逮捕のためなら違法スレスレの強引な捜査手法も厭わない。

 

三浦翔平

1988年6月3日生まれの29歳。東京都調布市出身。2007年に第20回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で「フォトジェニック賞」と「理想の恋人賞」を受賞する。2008年放送ドラマ『ごくせん 第3シリーズ』に出演し注目される。

 

2010年、初主演舞台『SAMURAI 7』を演じる。2011年、映画『THE LAST MESSAGE 海猿』で第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後数多くのテレビドラマ・映画に出演し、今クールはドラマ『警視庁いきもの係』にも出演するなど活躍を続けている。

 

・ 古田 新太 (役:輪島 宗十郎)

輪島宗十郎

裏社会を取り仕切っている謎の人物。飯室からマークされているが、全く相手にしていない。物語が進むにつれ、徐々にその正体が明らかになっていく。

 

古田新太

1965年12月3日生まれの51歳。兵庫県神戸市西区出身。劇団『太陽族』に所属していたが、大学の先輩である俳優の「渡辺いっけい」さんに誘われ「劇団☆新感線」に移籍。

 

「劇団☆新感線」の看板俳優として現在も活躍する一方、テレビドラマ・映画など多くの作品に出演し活躍を続ける。劇団以外の舞台や声優・ラジオのパーソナリティなどでも活動しており、幅広い場で活躍を続けている。2010年、第45回紀伊國屋演劇賞・個人賞を受賞。

 

スポンサーリンク

僕たちがやりました配役 関係者からのコメント紹介

『主演の窪田正孝さんからのコメント』

米田プロデューサーから熱い想いが書いてある手紙と一緒にオファーを頂き、原作を読ませて頂きました。原作は刺激的な部分がいっぱいありますが、突き詰めていくといろんなものが見えてきますし、若い世代から大人の方まで観ていただける青春ドラマになっていると思います。

 

社会で生きていく中で、人間はどこか仮面を被っているし、大人になればなるほど本音を出せなくなってくる。ただ、言わないだけで心に思っていることは色々あって、だから人間って美しくもあるし、すごく醜くもある。人間のそういう本質的な部分を、高校生の目線から暗くならずに爽快に描いているのがこの作品の魅力なので、その辺りは嘘をつかずに全力でやりたいです。

 

大人の方にはご自身の青春時代を思い出しながら見ていただいて、現役高校生の方にとっては『あなたの時代の青春ドラマって何?』って話になった時に『僕たちがやりました』という名前が出てくるような作品になれば一番幸せです。そうやって先に繋がっていく作品として、記憶に残ってほしいなと思いながら、全力でやります!

『米田孝 関西テレビプロデューサーからのコメント』

“そこそこ”で生きていければいいと思っていたイマドキな若者たちが、とんでもない事件の容疑者となってしまったことで、皮肉にも初めて生きることに必死になる

 

誰よりも右往左往し、人間臭く生きる主人公・トビオ役には、変幻自在のお芝居で喜怒哀楽を余すところなく表現できる「窪田正孝」さんしかいない!そう思ってオファーしました。

 

彼らの逃亡と自分探しの旅を、ハラハラドキドキのサスペンスと、とびっきり笑えるエンタテインメントでくるんだドラマにしてお届けします。人は間違える生き物。間違えた時、彼らがどういきるのか。是非、一緒に見届けて、何かを感じていただけたら幸いです。

僕たちがやりました配役 まとめ

いかがでしたでしょうか?“そこそこ”で楽しければ良いと思っていた主人公たちがある日、爆破事件の容疑者になってしまい、彼らが選んだ道は逃げる事!現実に向き合えない若者たちの青春逃亡劇!!ってもう面白そうですよね!?

 

実写化困難と言われた作品を、どう描くのか今から楽しみで仕方ないです!!主要キャスト陣も、人気の若手俳優から、実力派ベテラン俳優まで揃っており、もうこれは見るしかないです!!

 

ということで、7月18日 火曜夜9時スタートのドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ)を皆さんも一緒に見ましょう。

では、今回はここまで。また。

「僕たちがやりました」を見逃した人はこちら!!

 

「僕たちがやりました」を見逃した人はこちらから見れます!そのほかにも窪田正孝さん出演の「最高の離婚」や「ゲゲゲの女房」などもFODプレミアムで見放題です!!

 

↓↓↓ 最新のフジテレビ系列ドラマはこちらから ↓↓↓

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したいなら方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ・映画・バラエティーなどが
↓↓最大1ヶ月間も無料で試せます♪↓↓

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。
⇒まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」