貴族探偵

みなさま、こんにちは。今回は毎週月曜夜9時に豪華キャストを揃え、記念すべき月9枠30周年作品ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ)より、第1話に笹部 恭介役でゲスト出演したハリー杉山さんに注目し、彼のプロフィールや経歴・家族など、色々調べてみました。

では、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

貴族探偵 ハリー杉山さんのプロフィール


貴族探偵にゲスト出演したハリー杉山さんのプロフィールについてご紹介いたします。
氏名    : ハリー杉山 (はりー すぎやま)
本名    : 杉山ヘンリーアンドリアンフォリオットスコットストークス 
生年月日  : 1985年1月20日生まれ
年齢    : 32歳
出生地   : 東京都
身長    : 184cm
体重    : 67kg
血液型   : A型
職業    : モデル・タレント・俳優
出身校   : ウィンチェスター・カレッジ ・ ロンドン大学 東洋アフリカ研究学院
趣味    : 読書・ライブ鑑賞・映画鑑賞・肉体改造
特技    :  サッカー・クリケット・三線・チェロ
所属事務所 : テイクオフ

貴族探偵 ハリー杉山さんの経歴など

まず最初に本名凄い長いですね!!びっくりします。しかも「ハリー」って入ってないじゃないですか。本名の「ヘンリー」を言いやすく「ハリー」に変えたか「ハリーポッター」から取ったか分らないですが、こっちの方が呼びやすいですね。

ハリー杉山さんはイギリス人の父と日本人の母の間に生まれたハーフです。東京で生まれて11歳までを東京で過ごし、その後イギリスに移住したそうです。

1999年 ウィンチェスター・カレッジに入学。
卒業後の2003年 18歳の時に単身日本に帰国。平日は投資銀行で勤務し、週末は洋服屋でアルバイトしながら、モデルとしての活動を開始する。

2年後の20歳の時にイギリスに戻り、ロンドン大学に入学。東洋アフリカ研究学院にて中国語を専攻し、中国の北京師範大学に1年間留学する。

2008年にモデル活動を再開し、同時期にタレントとしても活動し出す。同年4月より翌年3月までスペースシャワーTV『SPACE SHOWER MUSIC UPDATE』の金曜日を担当し、同じくハーフタレントの「SHELLY」さんと共に司会を務める。

2011年4月から『魁!音楽番付EIGHT』(フジテレビ)のMCを「DJ KAORI」さんと共に務め注目されるようになる。

2012年『ノンストップ!』(フジテレビ)で木・金曜日担当になり、翌年からは月~木曜日担当しブレイクする。

2013年1月1日に「(株)テイクオフ」に所属し、芸名を「杉山ハリー」から「ハリー杉山」に改名。

売れる前は結構大変だったらしく、イギリスに戻ろうかとまで思っていたそうです。

その後、情報番組やバラエティなど数々の番組に出演し、今年から俳優としても活動し始める。

スポンサーリンク

【ハリー杉山さんの家柄が凄い!!など

そんなハリー杉山さんは実は凄い家柄なんです。お父様は元ニューヨーク・タイムズ東京支局長・アジア総支局長の「ヘンリー・スコット・ストーク」さんです。「田中角栄」さんや「金日成」さんにも取材をした経験があり、作家の「三島由紀夫」さんとは親交があり、夕食会に招いたこともあるそうです。

そして、お母様は18歳でパリの美大に留学し、19歳の時にローマでお父様と出会い、恋に落ち結婚に至ったそうです。想像ではお父様が日本に来ていた時に出会ったのかと思ったんですが、なんかドラマの世界のような出会いですね。

さらに、ハリー杉山さんの家系は、誰でも知っている〝トランプのキング(K)″のモデルになったと言われる、プランタジネット朝の第5代イングランド王エドワード1世の子孫の1人なんだそうです!!

なんでもストーク家は代々、オックスフォード大学やケンブリッジ大学に通うのが通例だったそうですが、ハリー杉山さんは残念ながら受験に失敗しロンドン大学へ進学したそうです。200年の歴史の中で初めてのことだったそうです。

でも、ハリー杉山さんも英国パブリックスクールの中でも〝ザ・ナイン”と呼ばれる代表的な名門校のウィンチェスター・カレッジの入学試験で120人中7位の成績で合格するなど、頭はメチャクチャ良いんです。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?今回はハリー杉山さんに注目し調べましたが、驚くことばかりでした!
特に家柄凄いですね。売れるまでは本当に大変だったようで、イギリスの友人たちは一流企業でバンバン働いており、相当心配された様子です。

でも、努力して頑張ってここまで来て、もう売れっ子の仲間入りですね。凄いと思います。

今年から俳優業も開始してますます、売れていくこと間違いないです。
そんな、ハリー杉山さんを今後も注目し応援していきたいと思います。

では、今回はここまで。また。