貴族探偵

みなさま、こんにちは。今回は、2017年4月17日スタートのドラマ『貴族探偵』から、放送前にネットで気になる噂をキャッチしたので調べてみました。

ドラマ『貴族探偵』は、フジテレビが1987年4月よりスタートした月9枠30周年記念作品であり、主要キャストも超豪華俳優陣を揃え、主演に日本を代表するアイドルグループ「嵐」のメンバー「相葉雅紀」さんを迎えるなど、最近低迷していた月9枠を記念すべき作品で盛り上げようとフジテレビの意気込みが感じられる作品である。・・・・・が、放送スタート前にも関わらずネットで『貴族探偵』はパクリ満載と噂されている。

気になってので、調べてみると『富豪刑事』『謎解きはディナーのあとで』『IQ246~華麗なる事件簿~』3つのドラマのパクリだと噂されています。

実際の所どうなのか?気になったので調べてまとめてみました。ご覧ください。

スポンサーリンク

貴族探偵って、どんなドラマ?


・原作は麻耶雄嵩さんによる、本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』であり、原作のあらすじは主人公は年齢・家族・学歴・住所・本名と全く不明の青年で、自分の事を〝貴族“と名乗り、探偵を趣味としている。が、捜査・推理は全くせず優秀な使用人達を使い事件を捜査・推理し解決していく異色の探偵物語である。

・主人公役は相葉雅紀さんで、主要キャストに武井咲さん・生瀬勝久さん・滝藤賢一さん・中山美穂さん・松重豊さんなどがいる。

富豪刑事って、どんなドラマ?


・原作は筒井康隆さんの小説「富豪刑事」であるが主人公は女性に変更。またドラマオリジナルストリーもあり、内容は大富豪の孫娘が主役。少々天然ボケ気味だが、富豪ならではの奇抜な発想と桁違いの金遣いで、数々の難事件を解決していく刑事ドラマである。

・主人公役に深田恭子さん、主要キャストに夏八木勲さん・市毛良枝さん・山下真司さん・虎牙光輝さんなどがいる。

謎解きはディナーのあとでって、どんなドラマ?


・原作は東川篤哉さんの小説『謎解きはディナーのあとで』であり、原作の内容は世界的な企業グループの令嬢の宝生麗子が主人公で、正体を隠し新米刑事として勤務し数々の難解な事件にぶち当たる。自宅に戻り事件の概要を執事の影山に話すと、現場も見ずとも聞いただけで事件を推理し、解決へと導いていくストーリーである。ドラマは麗子ではなく執事の影山を主人公にし、影山の活躍を前面に出している。また影山は執事でありながら麗子に暴言スレスレの毒舌で指摘したりと、ユーモアを取り入れた作品になっている。

・主人公の執事影山役に櫻井翔さん、麗子役に北川景子さん主要キャストに椎名桔平さんなどがいる。

IQ246~華麗なる事件簿~って、どんなドラマ?


・原作は無く、ドラマ完全オリジナルストーリー。内容は貴族の末裔 法門寺沙羅駆はIQ246の天才。常に暇を持て余し、自らが解くに値する謎を求めて警察の事件捜査に首を突っ込み、膨大な知識と鮮やかな推理で難事件を解決するというストーリーである。

・主役に織田裕二さん、主要キャストに土屋太鳳さん、ディーン・フジオカさん、中谷美紀さんなどがいる。

スポンサーリンク

貴族探偵と3つのドラマのそれぞれの共通点と相違点

 「富豪刑事」

共通点:① 両ドラマの主人公がお金持ち ② 両ドラマとも小説が原作
相違点:① 主人公が探偵に対し、刑事 ② 自ら捜査や推理はせず使用人任せに対し、富豪ならではの金遣いで事件を解決する

こう見ると全く違うと分りますね。ドラマのタイトルのニュアンスが似ているのでパクリ疑惑が出たかと思われます。

 「謎解きはディナーのあとで」

共通点:① 主役が嵐のメンバー ② 両ドラマとも小説が原作 ③ 使用人が捜査・推理する・執事が推理し謎を解く ④ 両ドラマの豪邸のロケ地が、東京都台東区にある旧宮崎邸庭園を使用 ⑤ 放送はフジテレビ
相違点:① 原作の主人公の性別が違う ②原作の主人公が探偵に対し、刑事 ③ 原作の主人公は自ら捜査や推理はせず使用人任せに対し、捜査や推理はするが的外れで執事の推理で解決に導いてもらっている ④ 同じフジテレビでの放送だが曜日が違う

見てみると共通点の方が多いですが、見て分ると思いますが内容的には違いますね。主役が嵐のメンバーで使用人と執事が推理するという共通点が強調されてパクリ疑惑が出たかと思われます。

「IQ246~華麗なる事件簿~」

共通点:① 主人公が両ドラマ共に貴族 ② 両ドラマ共に執事がいる ③ 両ドラマ共に主人公が男性
相違点:① 小説が原作に対し、テレビドラマオリジナルストーリー ② 主人公は全く捜査・推理しないに対し、主人公自ら持っている膨大な知識で推理し事件を解決する

こちらは、『貴族探偵』は原作小説があり、『IQ246』はドラマオリジナル作品。原作小説は2010年5月に出版されており、『IQ246』は昨年放送のドラマである為、もし仮にパクリであるのであれば『IQ246』の方になってしまう。ちなみに『謎解きはディナーのあとで』の原作は2010年9月に出版されたものである。

スポンサーリンク

まとめ・結論

いかがでしたでしょうか?『貴族探偵』のパクリ満載疑惑について調べてみましたが、まず原作小説がある作品はパクリであれば出版した段階で、パクリだと騒ぎ出されますよね、まぁその前に出版社が出さないでしょう。『IQ246』に関しても『貴族探偵』がパクリで無いことは明らかになりましたので、「貴族探偵って、パクリ満載!?」疑惑は、シロと結論付けます。

今の世の中、これだけ多くの推理物の小説やドラマ・映画があるので、若干設定が被ってしまったり、トリックが被ってしまう事もあるかと思いますが、視聴者や読者が面白ければ良いと思います。著作権とかに引っかかるのはダメですよ。

ドラマ放送開始前から、このような疑惑が噂になるという事は注目されている証です。
最近低迷している月9を、30周年という記念作品で盛り上げてくれることに期待してます。
頼みますよ!フジテレビさん。

では、今回はここまで。また。