貴族探偵

みなさま、こんにちは。今回は毎週月曜夜9時に放送中のドラマ『貴族探偵』(フジテレビ)の第10話のネタバレ・あらすじ感想をお届けします。

貴族探偵は来週の11話まで!最終回まで時間があるのでFODでイッキ見をオススメします!

スポンサーリンク

↓↓↓ 貴族探偵も!フジテレビ系のドラマ配信サービスです! ↓↓↓

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したい方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

ドラマ・映画・バラエティーなどが
最大1ヶ月間も無料で試せます♪

 

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」

貴族探偵 前回までのあらすじ

前回、師匠「喜多見切子」が亡くなった現場を訪れ、捜査に関わる資料等を鼻形と一緒に調べる愛香。そこで、ベストセラー作家「大杉道雄」と義妹「水橋佐和子」殺害事件に遭遇し事件の捜査をすることに。

 

あと一歩のところでまで追い詰めるが、詰めが甘くまたも間違った推理をしてしまう愛香。貴族探偵と使用人達に“尻拭い”とまで言われてしまい、事件を無事に解決されてしまう。

 

本来の目的である捜査資料を調べると、貴族探偵が調査報告書作成に関わっていた事を知る。愛香は貴族探偵の元を訪れ、「喜多見切子はあなたが殺したんですね、政宗是正さん!」と貴族探偵に伝える愛香だった。

 

貴族探偵 キャスト紹介

貴族探偵   : 相葉雅紀
高徳 愛香  : 武井咲
鼻形 雷雨  : 生瀬勝久
玉村 依子  : 木南晴夏
常見 慎吾  : 岡山天音
冬樹 和泉  : 田中道子
喜多見 切子 : 井川遥
謎(ギリ・秘書 鈴木) : 仲間由紀恵
佐藤     : 滝藤賢一
田中     : 中山美穂
山本     : 松重豊
具同 弘基  : 桐山漣
具同 真希  : 矢作穂香
具同 佳久  : 辰巳雄大
有岡 葉子  : 南沢奈央
国見 奈和  : 佐藤めぐみ
平田 早苗  : 高橋ひとみ

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ 政宗是正さん?

貴族探偵に「喜多見切子はあなたが殺したんですね?政宗是正さん?」と問う愛香。「何を根拠に、そのようなことを?」と返す貴族探偵。花飾りを外し返し1年前の都倉電子事件のことから語る愛香。

 

その事件で切子と貴族探偵は対決し、事件解決後に切子は仕事の話しとして「政宗是正」という名前を貴族探偵に突き付けた事が引き金となり、本名を知られたあなたは切子殺害を秘書の鈴木に命令したと言う愛香。

 

これまでも何度も私に自分の事を調べるのは命がけだと警告して来た、警察の資料にすら政宗是正の情報は無く分かったのは、シンガポールを拠点に黒い活動をしている人物だという事だけ。まさにあなたです、そしてその正体を探ろうとした喜多見を抹消したと語る愛香。

 

もちろん何でも人任せのあなたが自分の手を汚すはずも無く、この計画を実行したのは秘書を名乗る鈴木という人物。命を受けた鈴木は切子を崖から突き落とし、事故死として処理させた。

 

遺体が搬送されたのは桜川鷹亮の息のかかった白桜会の病院であり、あなたの意のままに死亡診断書を作成させ警察の上層部にも太いパイプがあるあなたは、事故を管轄する清倉警察署に鈴木を派遣し警察資料を事故死として作成させた。

 

ただ、あなたは誰よりも女性を大切にする人切子を殺したくはなかったが、立場上どうしても自分の正体を知られる訳にはいかずに、苦渋の決断を下したと続ける愛香。

 

だから切子の遺体が発見されたあの場所に、無言の愛情という花言葉を込め月見草の花束を置いたと、まとめた愛香。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ 証拠はない

貴族探偵は、とても面白い推理だが裏付ける証拠は無いと話す。悔しいが愛香も立証する証拠は無いと話す。

 

自分自身の身に危険が及ぶかもしれないのに、何故そのような推理を自分に話すのか?と訊ねる貴族探偵。それでも真実が知りたい、あなたの良心を信じて来たもし償いの気持ちを持っているのなら、せめて本当の事を教えて欲しいとお願いする愛香。

 

すると貴族探偵は、切子の死の真相を教える代わりに条件として愛香が探偵を名乗りながら一度も事件を解決して来なかった事を指摘し、自分の前で事件を紐解くことが出来たら教えると告げる。愛香は「約束ですよ!」と返す。「私は約束を守る男ですよ!」と貴族探偵。愛香はその場を立ち去る。

 

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ そろそろケリをつける


「聞いてたか?」と使用人達を呼ぶ貴族探偵。「はい!」と答え、集まる山本・田中・佐藤。そして、シンガポールにいる鈴木に「そろそろケリをつける」と山本に伝えるよう指示する。「残念だな、女探偵さんともお別れだ」と花飾りを手に取り語る貴族探偵。

 

高層マンションの一室。薬を飲む具同真希。「服を着てください」と言う真希に、「従兄の裸で何照れてるんだよ!そんだだから良い相手が見つからないんじゃないか?真紀?」と返す具同弘基。シャンパンをススメるが断る真希に「医者に止められてるのか?」と弘基が聞くが、「そんな訳じゃ」と答える真希。

 

急に訪ねて来たことに「どうしたんだ?」と聞くと、真希は口籠り「親父か祖父さんに偵察を頼まれたのか?だったらまだまだ結婚はしなそうだ」と答えといてくれと言いレコードを掛ける弘基。

 

すると真希は“具同家・スピカの宴の皆様へ”と書かれた1通の手紙取り出し、「星見荘にこれが届いていたらしいんです」と伝える。弘基はその手紙を受け取り内容を確認する。

 

そこには“お前が緒方修を殺したことを知っている”と書かれていた表情が強張る弘基。星見荘に届きスピカ宛てだったので自分に転送されてきた、どういう事だと思うか?訊ねる真希。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ スピカの宴

イタズラだろうと答える弘基。今年は中止にした方が良いか訊ねる真希に、そんな事言っているから具同の亜流だと言われるんだお前の為に予定を開けており何人にも声を掛け佳久も大学の先輩を連れてくるのに今更中止はあり得ないよな!?と返す弘基。「いつもありがとうございます」と言い頷く真希。

 

なにより俺は具同の後継者だ!こんなくだらない脅しに屈していたら笑い者もいい所だと言い放つ弘基。真希は祖父にお願いし貴族探偵を呼ぼうと思うと伝えるが、冗談だろう?あんな奴。俺は御免だねと返す弘基。そして、心配するな何も起きないいつも通り皆で楽しくとフォローする弘基に、分かりました今年も楽しみにしていますと答え部屋を後にする真希。

 

弘基は国見奈和に電話し1年前のあの事誰にも話していないよな?と確認する。「どうしたの急に?言う訳ないでしょう!」と答える奈和。何かあったの?と心配そうに聞く奈和に、何でもないじゃぁ週末星見荘でと言い電話を切る弘基。

 

そして昨年の「スピカの宴」の写真を取り出し眺める何かを考える弘基。同じくバーで携帯で撮った「スピカの宴」の写真を見ていた奈和。真希も同様に写真を見て兄の佳久にメールする。

 

「予定通り、スピカの宴、開催するからよろしくね。」とメールを受け取り「了解楽しみにしてる」と返信し、先輩の有岡葉子にその旨を知らせ写真を見る佳久。葉子は緒方と一緒に映っている写真を眺める。

 

スポンサーリンク

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ 星見荘について

一方、愛香はネットで政宗是正について調べるが、全く情報は無い。そして郵便の中から一通の愛香宛ての手紙を見つける。差出人の明記は無い。中を確認すると“依頼書 6月17日に星見荘に来られたし こちらに半額を同封しておきます”と書かれた手紙と大量の1万円札が同封されていた。

愛香は星見荘についてを携帯アプリGIRIに訊ねる。星見荘は神奈川県北西部にある別荘で、絶好の星の観測スポットとして国内外の天文ファンを魅了してきたが、1978年に具同家が買収し現在は一般には公開されていない。

 

具同家は日本を代表する門閥、日露戦争で軍功を挙げた具同元基親が造船所を設営したのが始まり。その後は軍部との関わりが深くなり、いわゆる武器商人として財を成す。現当主、具同基文はアジアのマーケットに進出。

 

現在はシンガポールを拠点にインド・中東に向け軍需品の販売を加速していると分かる。愛香はシンガポールを拠点という事に引っかかる。そこに切子が現れ、政宗是正と関係あると思っている?だとしたら罠かもしれない、危ないから止めなさいと愛香に忠告するが、貴族探偵の真相を探るチャンスかもしれないと呟く愛香。そして本当は貴族探偵に殺されたんですよね?と切子に訊ねる愛香だがそこには誰もいない。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ 飛行機で帰国

飛行機で帰国する鈴木。空港には佐藤が車で迎えに来ており、助手席に乗り込み「ただいまもどりました」と後部座席に挨拶する鈴木。

 

後部座席には貴族探偵がおり「ご苦労」と鈴木に投げかける。「準備は整っております」と言う鈴木に、「では終わらせようか」と答える貴族探偵。「かしこまりました」と鈴木が返事をし車が走り出す。

 

湖に車を止め降りて来た葉子と佳久。夜は雨みたいで満天の星空を見せたかったのになぁと話す佳久だが、葉子は何かを考えており返事をせず。「先輩大丈夫ですか?」と問う佳久に、慌てて「連れて来てくれてありがとうね」と答える葉子。飲み物を買ってくると席を外す佳久、湖を見つめる葉子。

 

星見荘では真希が客室を回りオブジェを飾る。そこに使用人の平田早苗も現れ「準備はわたくしに任せて、ゆっくりしてて下さい」と伝えるが、「これだけは自分で」と返す真希。

 

佳久とお客様の出迎えに行くという早苗に、弘基さんは?と問うと仕事の関係で遅れるが奈和と一緒に夕食のパーティーには間に合うと連絡があった事を伝える早苗。「そうありがとう」と答え佳久と葉子の事をよろしくとお願いする真希。

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ リビングで待つように

星見荘に到着した佳久と葉子。出迎える早苗。挨拶を交わし屋敷内へと案内する早苗。その途中で佳久は料理から掃除まで何でもこなせる凄い使用人だと早苗を褒めるが、まだ客室の準備が整っていないのでリビングで待つようお願いする早苗。

 

他のゲストの方も来ていると言われリビングに行くと、そこには愛香がいた。愛香が挨拶をすると誰に招待されたか訊ねる佳久。愛香が戸惑っていると「きっと弘基さんですよね?」と佳久は勘違いする。そして佳久たちも自己紹介しリビングで待つことに。

 

愛香は「これはどういった集まりで?」と佳久に訊ねると、妹の誕生日会で「スピカの宴」といい、毎年親戚と友人が集まり星の好きな妹と正座を見ながらお祝いをしていると話す佳久。葉子の表情が一瞬暗くなるが何事も無いように振る舞う。

 

そこに「全部出た~!」と依子が現れる。愛香を見つけ「もう着いてたの?」と近寄り、もう少し早く来てれば一緒にフォレストヨガできたのにといつものマイペースで語りかける依子。

 

部屋の準備が出来たと早苗がやってきて、佳久達を案内する。リビングに残った愛香は依子に「イタズラですか?お金持ちのパーティーに報酬に釣られノコノコやって来た探偵ですと紹介するつもりですか?」と詰め寄る。

 

そんな意地悪じゃなく愛香を具同家に紹介してあげようと思ったのと話す依子。依頼書は依子が?と問う愛香に、「さぁ?」というジェスチャーをする依子。具同家との関係を聞く愛香に、よく分からないが遠縁にあたり、真希とは絵画教室が一緒だったが両親が亡くなって引っ越してしまったのだが、本当に依頼があるらしく依子が愛香を紹介した様子だった。

 

依子が真希を連れて来て、愛香と対面し挨拶を互いに交わす。若いのに喜多見切子の弟子で凄いと話す真希。自分は体が弱く殆ど家にいるので働く女性に憧れていると続ける真希に、「いえいえ、そんなぁ。」と嬉しそうに否定する愛香だったが、「でも全然推理当たらないんだよ」と口を滑らせる依子。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ 手紙の内容

依頼内容を訊ねる愛香に、例の“具同家・スピカの宴の皆様へ”と書かれた手紙を見せる真希。手袋をし中を確認し“お前が緒方修を殺したことを知っている”と書かれた内容に驚く愛香。真希は去年の「スピカの宴」について話し出す。

 

去年は弘基と奈和と兄と兄の大学院の先輩 緒方が来て祝ってくれ、満天の星空も見ることが出来凄い楽しかったと語る真希。しかし翌日、湖で免許を取ったばかりの緒方は楽しみにしていたジェットスキーを弘基に借りにやっていたが、スピードの出し過ぎで投げ出され頭を強く打ち亡くなってしまったと話した。

 

本当に事故だったのか訊ねる愛香に、その場にいた弘基と奈和が単独事故だったと証言したと伝える真希。すると依子が本当に復讐するつもりならわざわざこんな手紙を送って来ずに、不意打ちしちゃえば良いのにと真希に投げかける。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ 手紙の事を知っている人物

真希もそういえばそうですねと同意し悩む。愛香は手紙の事を知っている人物は?と真希に訊ねると、弘基だけには相談したと答える真希。

 

弘基とは?とさらに訊ねる愛香に、自分の従兄で具同家の嫡男、正統な後継者と答え弘基は単なるイタズラだろうと言っていたと言う真希。他には?と訊ねる愛香に、詳しくは言っていないが貴族探偵には連絡した旨を伝える真希。

 

「えっ!?貴族探偵!!」と驚く愛香、知らんふりをする依子。無理だと思ったが祖父にお願いし貴族探偵に相談したが、断られてしまったと話す真希。それで貴族様の代わりに愛香を紹介してあげたと言う依子。「ちょっと代わりって!」と不満そうに言う愛香。

 

そこに早苗がやってきて、愛香に案内するのでいつでもお声掛け下さいと伝える。愛香は自分が探偵であることを知っている人物は?と問うと、自分の友達だとしか伝えていないと答える真希。

 

愛香は内々で調べたいので自分が探偵であるという事を伏せて欲しいと真希にお願いし承諾する真希。「なんか愛香探偵っぽい」と横槍を入れる依子。

 

スポンサーリンク

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ イタリアで結婚式

真希は愛香に「よろしくお願いします」と伝え、その場を去る。すると依子も「じゃぁ、あたし帰るね!」と言い出す依子。「もう帰っちゃうんですか?」と驚く愛香に、イタリアに結婚式に行かなきゃだから帰ってきたらデートしようねと愛香の頬にキスをし「チャオチャオ!」と去って行く依子。その様子を見ていた早苗は何か勘違いをしてしまい引いている。愛香は「そういう関係じゃ」と否定し慌てる。

 

部屋に案内された愛香。同じ客室棟には真希・葉子・奈和の4人の女性が泊まるとの事だった。客室も料理も全て早苗が一人で担当していると聞く愛香。優秀な使用人なのでもしかして推理も?と訊ねる愛香だが、早苗は違った。

 

愛香がこれが貴族探偵が仕組んだことなのでは?と考えていると、携帯が鳴り出ると依子からで、具同家のパーティーだからそれなりの格好をしなきゃと愛香の部屋にプレゼントのドレスを置いといたと伝え、さらに弘基は手が早いから気を付けてと付け加え電話を切る依子。クローゼットの中を確認すると、ドレスがかかっていた。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ 一緒に写った写真

そのころ、葉子は緒方と一緒に映った写真を悲しそうに眺めていた。

その夜、夕食の席で挨拶を交わす弘基と葉子。そして奈和も紹介され奈和は弘基の母と母親同士が姉妹だと伝える。佳久が大学院でしっかりやっているか訊ねる弘基。

 

葉子は学者には向いているタイプと褒めると照れる佳久。佳久が研究室に残りパトロンとして研究費の援助が受けれれれば皆が幸せになると話す葉子。佳久の利用価値はそんな所にあったか!と少し小ばかにし話す弘基と笑う奈和。

 

佳久は両親が死んでから弘基の世話になっているので、大学院を出たら妹の分も働くと話す。お前の就職については自分と父が世話してやるから安心しろと言う弘基。「ありがとうございます」と頭を下げる佳久。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ バースデーケーキ

夕食が進み、そろそろバースデーケーキを用意しましょうか?と弘基に訊ねる早苗。でもまだ愛香がと言う真希に「愛香さん?」と言う弘基。そこにドレスに着替えた愛香が現れる。

 

「スイマセン遅くなりました」と言う愛香に、「こんばんは」と近寄りようこそスピカの宴へとエスコートする弘基。そしてケーキが運ばれてきて祝う一同。

その頃1台の車が走っており、乗っているのは貴族探偵。

 

夕食が終わり、曇っており星が見えない事を残念がる佳久。でも皆が集まり嬉しいと話す真希。去年は結構見えたのにと奈和。その言葉に反応する葉子。

 

弘基は、愛香と2人で話しており口説きモード。愛香は弘基に同じシンガポールを拠点に活動している「政宗是正」を知っているか?訊ねる。表情が険しくなり「どこでその名を?」と聞き返す弘基。商売敵にあたり良からぬ噂も多いのであまりその名を口にしない方が良いと言う弘基。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ ジェットスキーで事故

奈和が真希に貴族探偵を呼ぼうとしていた事を話しだす。断られた事を伝えると会って見たかったと残念がる奈和。自分は好きになれないあんな奴と話しに入って来た弘基。

 

貴族探偵とは何度か話した事もあるという弘基に彼は何者?と問う愛香。興味があるなら後ほど部屋に来て下さいと伝える弘基。

 

佳久が真希に探偵を呼ぼうとした経緯を問うと、例の手紙を見せる真希。その手紙を見て「どういうことですか?」と声を荒げる葉子。

 

葉子が緒方の恋人だったと知らせる佳久。驚く一同。緒方が亡くなった場所を見てみたいということで今回来たと話す佳久。緒方は何事にも慎重な性格で車も安全運転で慣れていないジェットスキーでスピードを出し過ぎるなんてありえないと語る葉子。

 

そして緒方は事故じゃなかったんですか?と問う葉子。葉子に近寄り、あれは不幸な事故でしたと答える弘基。納得のいかない表情の葉子。

 

貴族探偵 第10話ネタバレあらすじ ICレコーダー

弘基の部屋にて、手紙の事を問い詰める奈和。知っていたら来なかったと言う奈和。安心しろ証拠は無いという弘基。誰があんなものという奈和に、もしかしたら?と言う弘基。その会話を録音するICレコーダーが部屋の扉の下にセットされている。

 

そして屋敷を見つめる人影。少しずつ屋敷に近づく人影。パーティー参加者はそれぞれ自分の部屋で各々に過ごしている。早苗だけ屋敷の戸締りで回っている。屋敷を見つめていた人物は屋敷内に入ってきていた。愛香は貴族探偵の事を知りたく罠かもしれないが、弘基の部屋に行く為自分の部屋を出る。

 

その頃、弘基の部屋をノックする音がし、出迎えた弘基は「なるほど、やはりあなたでしたか?」と部屋に招き入れる。

 

愛香が弘基の部屋に着きノックするが返事がない。「失礼します」と部屋の中に入ると弘基が倒れて死んでいた。近くには凶器と思われるオブジェが落ちていた。

 

愛香は自分の部屋に携帯を取りに向かっていた。葉子の部屋の扉が少し開き明かりが漏れていた。恐る恐るその部屋に近づき扉をノックし葉子に呼びかけるが返事がない。「失礼します」と部屋に入ると葉子が倒れており死んでいる。その様子を見つめる人物が・・・

 

愛香は自分の部屋に戻り、携帯で鼻形に連絡をする。繋がり話そうとした瞬間に愛香は何者かに殴打され倒れてしまう。携帯からは「おいどうした?」と鼻形の声が聞こえる。

 

雷鳴が轟く中、意識を失った愛香を抱きかかえ歩く貴族探偵。

 

第10話 完

まとめ・感想

喜多見切子を殺したのが貴族探偵とは考えたくないですが、そう思わせるような謎の言動が多いので、気になってしまいます。

 

どことなく憎めない貴族探偵にも、コミカルで有能な3人の使用人たちにも、隠された闇があるのでしょうか?今回の事件は、お金持ちの豪華な別荘が舞台なので、華やかで良かったです。星を見ながらのパーティーなんて、優雅で素敵です。愛香のドレス姿も似合っていて綺麗で、彼女をいつも馬鹿にする貴族探偵も、放っておけなくなるのでは?と思いました。

 

誕生日パーティーの主役である、具同家の真希をはじめとし、若い男女がそろいましたが、1年前の事件、今回の事件、犯人は一体誰なのでしょうか。具同家の跡取りの弘基が、いとこの佳久に対して傲慢な態度を取っていたのが、気になります。弘基が女好きなようなのも、トラブルのもとになっていそうです。

 

真希が体が弱いというのも、謎を解くカギでしょうか。飾られていた謎のオブジェや、使用人の平田さんの思わせぶりな表情も、怪しいです。愛香は、見事この事件を解決に導いて、貴族探偵から切子の死の真相を聞き出すことができるのでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか?次週はいよいよ最終回ですね!愛香は無事なんでしょうか?犯人は?貴族探偵は切子を殺したのでしょうか?全ての謎が次回ハッキリスッキリしますね!来週も見逃せません。

では、今回はここまで。また。

 

【貴族探偵】10話動画をpandoraやデイリーモーションで見てはいけない??

 

↓↓↓ 貴族探偵も!フジテレビ系のドラマ配信サービスです! ↓↓↓

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したい方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

ドラマ・映画・バラエティーなどが
最大1ヶ月間も無料で試せます♪

 

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」