貴族探偵

みなさま、こんにちは。今回は毎週月曜夜9時に放送中のドラマ『貴族探偵』(フジテレビ)の第8話のネタバレ・あらすじ感想をお届けします。

↓↓↓ 貴族探偵も!フジテレビ系のドラマ配信サービスです! ↓↓↓

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したい方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

ドラマ・映画・バラエティーなどが
最大1ヶ月間も無料で試せます♪

 

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」

貴族探偵 前回までのあらすじ

前回、愛香の師匠 喜多見切子が最後に関わった事件の調査報告書を調べに都倉光恵を訪ねた。その事件には貴族探偵も関わっており、推理対決は貴族探偵の勝利となるが実は切子は都倉家をまとめるために、わざと間違った推理をしていた。

 

そして、切子はある人物の名前を貴族探偵に訪ねる。貴族探偵は秘書の鈴木に殺害命令を下した。切子の死に本当に貴族探偵は関わっているのか謎が深まる。

貴族探偵 キャスト紹介


貴族探偵   : 相葉雅紀
高徳 愛香  : 武井咲
鼻形 雷雨  : 生瀬勝久
玉村 依子  : 木南晴夏
常見 慎吾  : 岡山天音
冬樹 和泉  : 田中道子
喜多見 切子 : 井川遥
謎(ギリ・秘書 鈴木) : 仲間由紀恵
佐藤     : 滝藤賢一
田中     : 中山美穂
山本     : 松重豊
韮山 瞳   : 上原多香子
修善寺 潤子 : 樋井明日香
田京 恵   : 三浦透子
大場 和典  : 松川尚瑠輝
原木 一昭  : 中島広稀
三島 純夫  : 堀家一希
小林 刑事  : 野中隆光
小林の部下  : 大津尋葵

スポンサーリンク

貴族探偵 第8話ネタバレあらすじ 貴族探偵似の男

机の上から落ちたティーカップが椅子の脚に当たり砕け散った。何者かに背後から首を絞められる男。首に巻かれたビニールテープ。机に横たわる男の死体。扉の向こうの人影。使用中と書かれた掛札が床に落ちている。廊下を歩く後ろ姿は貴族探偵に似ている。

 

愛香は大事な話があると鼻形を事務所に呼びだした。喜多見切子の写真を鼻形に見せると「女神さん」と言い、切子のおかげで手柄を立てられ念願かない捜査一課に配属になったと話す鼻形。どうして女神さんを?と訊ねる鼻形に、自分の師匠であること告げる愛香。驚く鼻形。名探偵と呼ばれ社交界に幅広い人脈を持っていた事を教える愛香。

 

ワイン飲もうって約束してたし会いたいな何処に居るの?と言う鼻形に、1年間にこの世を去った事を伝える愛香。「何で!?」と驚き大きい声を出す鼻形、すると隣の部屋からうるさいと苦情を言うように壁を叩く隣人。「すいません」と謝る愛香。鼻形は切子がなぜ死んだか訊ねると、事故で亡くなったと答える愛香。「こんな美人が、何たる悲劇」と残念がる鼻形。

 

愛香は1年前の都倉電子社長の事件で切子と貴族探偵は推理対決をして、その後すぐに切子が死んだことを伝える、しかも白桜会の病院で亡くなっており医療法人白桜会にはあの貴族も関係していると話し、病院からの封筒に貴族探偵の紋章があるのを見せる。
「どういうことだ?」と驚く鼻形。愛香は切子の死に貴族探偵が関わっているのではと考えていた。そして1年前の事件の事を何か覚えていないか鼻形に訪ねる。

 

鼻形は少し考え、鈴木という秘書が来ていたと話す。どんな人か訊ねる愛香に「美人」と一言答える鼻形。呆れる愛香。そして、切子の手帳を取り出し鉛筆で浮き出した「政宗是正」という名前に覚えがないか問うが鼻形も覚えがない様子。ネットで調べれば分かるだろうと言う鼻形に、実際に携帯アプリ「ギリ」で試してみても、「その質問には答えられません」と返って来るだけだった。

 

そして愛香は警察なら何か情報があるのではないかと、「政宗是正」の事を調べて貰えないかと鼻形にお願いする。渋る鼻形に「私の為じゃなくて、師匠の為にお願いします」と頭を下げる愛香。女神様には世話になったから仕方ないなと承諾する鼻形。その時愛香の携帯が鳴る。電話に出た愛香は「えっ!?」と電話の相手に聞き返す。

 

東都大学キャンパスにやって来た愛香。理工学部生物環境学科 研究棟に入って行く。階段を上っていくと水道工事をしており、掲示板には断水のお知らせが貼られていた。更に上へ行き廊下を歩くと使用中と書かれた立札が落ちているのに気づき、拾い目の前の部屋のドアに掛ける。
そして韮山瞳准教授室の扉の前に行き部屋のドアをノックする。「失礼します」と声を掛けて扉を開けると、韮山がパソコンでテレビ電話をしている。愛香が来たので韮山はテレビ電話を終えて愛香を出迎える。

 

久しぶりの挨拶を終え、髪を切ってキノコっぽいと褒めているつもりの愛香。韮山は愛香に「まさか彼と知り合いだったなんて」言って部屋のブラインド開け、隣の部屋にいる貴族探偵を見せる。隣の部屋では貴族探偵が女子研究員と話している。隣の部屋を見渡し「大場君は?」と訊ねるが愛香。さっきまでいたんだけどと言い、学部長に呼ばれたと慌てて部屋を後にする韮山。

 

隣の部屋のドアを開け、貴族探偵に話しかける愛香。「いやぁ、これは女探偵さんごきげんよう。ご一緒にキノコの観察でもいかがですか?興味深いですよ!」と訊ねる貴族探偵。みんなの邪魔だと言う愛香に、「ごめんなさい、私が相談に乗ってもらっていただけで」と涙を拭いながら言う修善寺 潤子。乙女の恋の相談に乗っていたと言う貴族探偵。そして菌類と恋というのは中々にして似ているようで、両方とも根が深いと誇らしげに言い放つ貴族探偵。

 

貴族探偵 第8話ネタバレあらすじ ミステリー研究会の仲間たち

そこに、田京 恵が部屋に入ってくる4人の研究員は何やら雰囲気が悪い。使用人の田中が愛香にお茶を勧めるが、皆の邪魔になるのでこっちでと准教授室に貴族探偵を連れて行く。そして何故ここにいるのかと問う愛香。

 

韮山に光るキノコを見せてもらいに来たと言う貴族探偵。とあるパーティで知り合ったと言い、愛香とは大学の先輩後輩でミステリー研究会の仲間だったらしいが、韮山は31歳にして一流の研究者として准教授にまでなり、一方愛香は三流の探偵 人生とは面白いもんですねと小ばかにする貴族探偵。

 

「あなたは何人恋人がいるのですか?」と問う愛香に、「それはこの貴族探偵をもってしても永遠の謎です」と返す貴族探偵。そして自分のプライベートにそんなに興味があるのかな?と訊ねる貴族探偵。否定する愛香に以前にも忠告したが私の事を調べるなら命がけですよと再忠告する貴族探偵。

 

しかし愛香のような三流の探偵には決して解き明かせないでしょうがと付け加えると、「推理をしない探偵に言われたくありません」と返す愛香、「その推理をいつも間違えているのは君の方だけどね!」と言い返されてしまう。さらに「今は亡き君の師匠も嘆いているのでは?弟子の無能ぶりに!」とダメ押す貴族探偵。

 

さすがに愛香も腹が立ち、「勝手な事言わないで下さい。」と机を叩き立ち上がる。すると田中が間に入りお茶が出来たのでお座りになって下さいとなだめる。貴族探偵にもお茶を勧める田中だが散歩に行くと部屋を後にする貴族探偵。

 

よくあんな男に仕えてますねと田中に言う愛香。そんなことないですよ、今も愛香が落ち着くように自分から席を立たれた優しく素晴らしい方だと言う田中。愛香は田中になんで貴族探偵のメイドに?と訊ねるが、主人の許可が無ければ言えないと言う田中。貴族探偵は使用人を信用しており、それに応えるために自分達も信頼していると語る田中。

 

どうして探偵を目指したのか訊ねる田中に、師匠に巡り合えたからですと答えご存知ですよね喜多見切子と聞き返す愛香。田中の表情が一瞬変わり「はい、存じ上げております」と返す田中。その時、廊下から悲鳴が聞こえて来た。愛香が外に出て悲鳴の聞こえた部屋を訪れると、そこには潤子が座り込んでおり「どうしたんですか?」と訊ねる愛香に、「あら!あれ!」と指をさす方を見ると、そこには大場の絞殺体があった。「大場君」と呟く愛香の背後から貴族探偵が現れ、「あなたといると本当によく事件に出会う」と言う。

 

愛香は早速現場検証をする。他のメンバーも集まり大場の死体に驚く。「襲われた時カップが落ちた」と呟く愛香に「随分貧素なカップですね、紅茶も薄そうだ」と告げる貴族探偵。すると部屋の水道から、いきなり水が出たり止まったりを繰り返す。どういうことか不思議に思う愛香に、「これでございます」と断水の告知を見せる田中。水を止めシンクにある食器と紅茶の入れ物、未使用のカップを確認する愛香。そこに韮山も現れ大場の死体を見て驚く。被害者について聞く貴族探偵、ゼミ幹の大場和典だと答える韮山。

スポンサーリンク

貴族探偵 第8話ネタバレあらすじ 死亡推定時刻

警察が来て現場検証が始まる、捜査一課の小林が全員に指紋を提出してもらっているので愛香にもお願いしたいと言いに来る、その後准教授室に戻った愛香は、貴族探偵に捜査協力を申し出たが断られたようだと言われる。

 

死亡推定時刻は14時から15時で貴族探偵が居た時刻覚えている事は無いか問う愛香。乙女の恋話の相談を受けていたから分からないと答える貴族探偵。愛香は貴族探偵がやっている事を訪ねるとコッタボスという遊戯だと答える貴族探偵。愛香はギリで調べる。本来はワインでやるが暇つぶしには丁度いいという貴族探偵。結構な御身分ですねと皮肉る愛香だが、結構ご身分だからと返され皮肉が通じない。

 

この事件を捜査したいなら口利きしてあげようと田中に指示する貴族探偵。勝手な事をしないでと言う愛香に、この程度の事件に私の使用人を使うまでも無いので、君に依頼する位が丁度良いと返す貴族探偵。

 

部屋を出た田中がすぐに戻ってきて、少々問題がと言うと、田中の後ろから刑事の小林が現れ重要参考人として話を伺いたいと愛香に告げる。驚く愛香に、状況証拠から愛香の指紋などが出てきているのと過去に被害者とトラブルがあったと韮山から聞いているので、ゆっくり話が聞きたいという小林。これは中々面白くなってきたと言う貴族探偵。

 

警察の取調室で取り調べを受ける愛香。そこに小林の部下が入ってきて小林に一課長の命令だと伝え愛香を残し部屋を出る。すると鼻形が現れ貴族様から連絡を受けて駆け付けたと言う。

 

土産を持ってきたと取り調べの定番カツ丼を出し食べだす鼻形。状況証拠は揃っていると言う鼻形。愛香と被害者の過去のトラブルについて訊ねると、学生時代ストーカー被害にあった後男の人恐怖症になっていた時に大場がしつこく誘ってきて、困った愛香は切子に相談すると切子は大学にいきなり乗り込んできて、大場の胸ぐらを掴み「今度愛香にちょっかい出して来たら、私が許さない」と忠告してくれ、それ以来大場が付きまとう事が無かったと話す愛香。

 

誰がやったんだ?と訊ねる鼻形に、当日の状況を説明する愛香。犯行時刻は断水の最中と伝える愛香。つまりあのフロアにいた人の中に犯人がいる可能性が高いので、現場の状況と最近の大場の人間関係調べて欲しいと鼻形にお願いする愛香。

 

「今度美味しいワイン奢りますから、それに真犯人捕まえたら大手柄ですよ」と鼻形しか頼れないと言う愛香。鼻形は1年前に切子も同じような事言っていた、師匠にそっくりだと言い、俺も刑事だ大船乗り換えのつもりでこの事件任せろと言う鼻形。「大船に乗ったつもりでね!」とツッコむ愛香。

貴族探偵 第8話ネタバレあらすじ ティーカップ


鼻形は常見と和泉を従え、聞き込み調査を開始する。刑事らしい捜査と鼻形らしいボケを取り交ぜながら操作する一同。取調室で待つ愛香。

 

捜査状況をまとめ、会議をする鼻形一同。死因は窒息死だが後頭部に鈍器で殴られた跡があるので、事前に鈍器で殴り意識朦朧とした所を首を絞め殺害した為女性でも可能と報告する和泉。鈍器はキノコの榾木ロープは梱包用の備品、落ちて割れていたティーカップには被害者の指紋だけと伝える。犯行時刻に犯行が可能だったのはこの6名と愛香と韮山を含めたゼミの5名で全員アリバイ無しと伝える常見。

 

難しい捜査になりそうだ、取り合えず今日は帰るかと言う鼻形。するとどこからか「お待ちください」と言う声が聞こえ、その声が聞こえた方に行ってみる鼻形一同。そこには貴族探偵の使用に佐藤・田中・山本が衣装が変わった姿で待っていた。ご縁ある高徳様の危機の為、自分達も捜査したと伝え情報を提供する。

 

注目すべきはティーカップ、給湯室には5色のカップが2組づつあった。色により使う人物が分けられており、緑は大学院生の男子 大場と原木、レモンは院生の女子 修善寺、水色が学部生の男子 三島、ピンクが学部生の女子 田京、黒が来客用(愛香)だと教える。韮山はいつもこだわりのお茶を水筒に入れているため、ティーカップは使用していない。

 

しかも断水の為ヒントが残されることになったと教えると、鼻形も気づき殺害後に自分のカップを洗おうとしたが水が出ないので洗えず、洗剤が入った桶に浸けてカモフラージュ用に2つ追加したと分かる。桶に残ったカップは三島・田京・愛香の色だった。

 

次に動機について佐藤が報告する。大場は女性関係が派手で半年前に三島が修善寺に交際を申し込んだが、大場が強引に修善寺を奪い取り、さらに先週 大場は修善寺を捨て原木と付き合っていた田京を強引に奪い乗り換えた。

 

つまり三島・修善寺・原木は大場に恨みがあった、田京も交際が始まったばかりでトラブルを抱えていた可能性もあると伝える常見。三島か田京が濃厚と言う鼻形。しかし田中から韮山が言っていた情報を聞く。

スポンサーリンク

貴族探偵 第8話ネタバレあらすじ 上座・下座

大場は女性関係はルーズだが研究者としては優秀で、それに上下関係には厳しく上座と下座には特にうるさかった為、下級生が大場の上座に座る事は無いと教えられ、ティーカップは三島・田京・来客用しかも大場の上座に座る人間と気づき、真犯人が分かったのでみんなを集めてもらうようお願いする鼻形。すぐに用意すると言う使用人達。

 

集められた関係者。愛香も小林に連れられ現れる。貴族探偵が現れメンバーが揃ったところで鼻形の推理が始まる。今回の事件、犯行推定時刻に現場に入れる人間にアリバイは無く犯人特定は不可能と思われたが、ティーカップの色、上座・下座の情報などで犯人を絞り込むことが出来たと言う鼻形。

 

シンクに残されたティーカップの色から三島と田京が容疑者として上がったが、上座に座る事は無い。つまり犯人は来客用の黒のカップを出された人間。愛香ではと小林が言うが、大場は女性をなめていた傾向があり同級生の彼女に上座に座らせることは無いと言い、一人だけ来客用のカップを出され上座に座る人間がいると言い、「犯人はあなたですね、貴族様」と指摘する。前述した内容から「犯人はあんただ!貴族探偵!!」と言い放つ鼻形。

 

覚悟は出来ているんだろうねと聞く貴族探偵に、貴族探偵専任腕章を取り床に投げつけ、普通の刑事に戻らせていただきますと言い切る鼻形。貴族探偵はこんな事件は女探偵と官憲殿に任せるつもりだったが仕方がないと言い田中に推理の手本を見せるよう指示する。

 

あなたが推理するのでは?と韮山が言うが、推理など雑事は使用人に任せとけばいいと言い、田中が推理を始める。

 

愛香が犯人では無いとすると容疑者で大場の上座に座る人間はいない。となると犯人は大場殺害後に下座に移動させたと考えられると話す田中。愛香はそんなことしても大して意味がないのでは?と指摘する。

 

ではもっと直接的な偽装について説明すると言い田中は殺害時刻は断水前で、大場殺害後に机の上のティーカップは洗い棚に戻し偽装工作としてピンクのティーカップを机の上に残していった。そして田京が最初に遺体を発見しピンクのカップに気付き、疑われないように証拠を隠滅しようとしたが、その時には断水が始まっており仕方なく、他のティーカップと一緒に桶の中に入れたと考えられる。

 

田京が何故そんな事をしたと言い切れるのかと指摘する小林。遺体発見前の彼女の表情でただ事ならぬ事態が起こった事が分かったと言う田中。田京もその事を認める。しかし愛香は田京に罪を着せるなら下座に移動させるのは意味がなく蛇足になるのでは?と指摘するが、犯人は上座・下座関係なく被害者を移動しなければならなかったと考えれれると言う田中。

貴族探偵 第8話ネタバレあらすじ 犯人はこの人

この状況から考えられることは1つ、大場が上座に座っていたと言う事は落ちていたティーカップは犯人の物だったと考えれれる、それが殺害時に転がり落ちてしまい割れてシミも出来たのでカップの位置は変更できず、犯人は被害者を移動させて落ちたカップには被害者の指紋を付けることで落ちたカップが被害者の物だったと偽装したと話す田中。

 

落ちていたカップは犯人のものとなり、緑のティーカップを使う大場と同じ院生の男子原木が犯人であると結論づける田中。「犯人は君だね!」と指摘する貴族探偵。

 

なんで?と問う田京に、恋人を奪われた怒りで逆上して殺害し、その罪を田京に擦り付けようとしたと語る田中。「はい、その通りです」と素直に罪を認める原木。韮山は自分が指導教官としてちゃんとしていればこんな事にはならなかったと責任を感じる。
色恋沙汰は本人の問題、しかも女性に罪を擦り付けようとは浅ましいにも程がある目障りだと言い放つ貴族探偵。そして小林にもさっさとこいつを連れて行けと指示する。田中に本物の紅茶をみんなにふるまえと指示する。

 

愛香はまたも貴族探偵が最初から真相に気付いていたと指摘し、さらに大場の遺体を最初に見つけていたのでは?と続けた。その為、自分をここに呼びつけ過去に大場とトラブルにあったことから容疑者になると思っていた。
自分が1年前の事件を調べあなたの正体に近づこうとしていることに対する警告では?と投げかける愛香。そんな回りくどい事をしなくても抹消できる、ただ切子の死の真相には触れないことをオススメする、切子もそれを望んでいると伝えその場を去る貴族探偵。

 

事務所に戻った愛香の元に変装した鼻形が現れる。そして政宗是正は公安絡みで、全ての情報が謎になっており写真も無い状態と伝える。ただ、シンガポールを拠点に黒い活動をしているという以外何も分からないと話す鼻形。全て謎って・・・もしかして・・・・と言う愛香。

第8話 完

まとめ・感想

いかがでしたでしょうか?今回は鼻形がメインで活躍していましたね。鼻形っていうかやっぱり生瀬さん、面白いですよね。そして、貴族探偵の正体に近づくと思ったが全てが謎と真相に辿り着けるのでしょうか?
次回も楽しみですね。

では、今回はここまで。また。

↓↓↓ 貴族探偵も!フジテレビ系のドラマ配信サービスです! ↓↓↓

最新のドラマ放送を見逃した方や
過去の放送を見返したい方は、

フジテレビ公式動画サービス
フジテレビオンデマンド 』で視聴できます。

ドラマ・映画・バラエティーなどが
最大1ヶ月間も無料で試せます♪

 

ドラマ見るならFOD
※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回1ヶ月無料です。

まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」