ボク、運命の人です。

引用:http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/

みなさま、こんにちは。今回は、毎週土曜夜10時放送中のドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ)の第4話のネタバレ・あらすじや感想をお届けします。

では、ご覧ください。

スポンサーリンク

ボク、運命の人です。キャスト紹介


正木 誠    : 亀梨和也
湖月 晴子   : 木村文乃
四谷 三恵   : 菜々緒
葛城 和生   : 澤部佑
鳩崎 すみれ  : 渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)
宇久森 みどり  : 岡野真也
湖月 大地   : 杉本哲太
関原 卓    : 大倉孝二
湖月 善江   : 石野真子
烏田 翔吉   : 田辺誠一
謎の男     : 山下智久
定岡光圀    : 満島慎之介

最近話題の定岡が歌う歌、「手品師の鳩は平和のホロッホー」の記事はこちらです!
【ボク、運命の人です。】〝手品師の鳩は平和のホロッホー″って何!?

ボク、運命の人です。 前回までのあらすじ

ある日 正木誠の前に現れた自称〝神″と名乗る謎の男。その男に運命の女性は湖月晴子という女性だと言われる。最初は信じない誠も、晴子に運命的な物を感じ始めてアタックを続ける。

 

前回、恋のライバル定岡は晴子にプロポーズしたが断られてしまう、誠は、晴子に携帯の番号を教えることが出来、晴子から電話がかかってくる。少しだけまた距離が近づいた気がした誠だが、晴子は両親に「私、結婚できないかも」と告げた。

スポンサーリンク

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ ちゃんこ富田

晴子と待ち合わせした「ちゃんこ富田」にやってきた誠。店主と久しぶりの挨拶を交わし、「お連れさんもう来ているよ」と言われて奥の部屋に行くと、晴子ではなく三恵がいた。「晴子さんは?」と訊ねた誠に対して、「今日来ません!」と明るく言われ、「どうしてと聞く」誠に「私が止めました」と返す三恵。するとそこに「やぁ」と定岡が現れる。さらに驚く誠。三恵は「大事な話がある」と言って定岡も呼んでいたのだ。

 

事態が理解できない誠。すると三恵は「お二人には晴子に代わって謝罪させていただきます。この度は期待に沿えず本当に申し訳ございませんでした。」と頭を下げ、続けて「取り合えず乾杯しよっか」と明るく言う三恵。

 

その頃晴子は、一人映画館で映画を観ていた。今年の初詣で次に付き合う人と結婚できますようにと神にもすがる思いで手を合わせた事を思い出し、さらに先日 定岡からプロポーズされた時を思い出す。

 

結婚相手として理想的な相手だったが、でも付き合っていくうちに好きになればいいと言う割り切っ気持ちにはどうしてもなれず、誠との出来事に恋愛初期のドキドキ感を感じたのも事実で、昔の自分なら好きになっていたなと思うが、電話を切った後に〝本当にこの人で良いのだろうか?″と、予期せぬ場所で突然出くわす、嘘みたいな偶然が次々と起こり、電話番号を野球のスコアで伝えてくる。

 

結婚相手として考えれば考えるほど不安で埋め尽くされる、こうしてこの人と付き合ったらどうなるかと考えては、次々に減点しまた人を好きになるチャンスを逃してしまう。ダメなのは誠ではなく、こういう考えしかできなくなった自分の方だと落ち込む晴子。

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ 定岡が諦める

一方、ちゃんこ屋では晴子が自分の口で恋愛する意思がないことをハッキリ伝えると言っていたが、面と向かうと言えないと思い代わりに来た話す三恵。さらに定岡にも散々煽る様なこと言ってしまった事を謝罪する。「本当に自分じゃダメだと分かったからキレイさっぱり忘れられる」と返す。

 

誠は定岡に諦めるの?と訊ね、昔から切り替えが早いことを告げる定岡。次会った時に気まずくなるのは無しだよと三恵に伝言を託す。誠は自分は諦められないと言うが、三恵は女性には子供を産むというタイムリミットがあり、年々相手に求める物が増えていき仮に良いなと思っても次々に減点していき、不合格のハンコを押してしまうというが、不合格のハンコは押させませんと絶対に合格してみせると意気込む誠。

 

「月の光を我に力を」と月に向かって祈り、晴子に電話をする誠。晴子に気持ちはわかるがまだ結論を出すのは早くないか、自分をもっと知って貰えればと粘るも、「ゴメンナサイ」と電話を切られてしまう。

 

自宅に帰ると、まるで妻の様に労い迎える謎の男。結果はどうあれ30年後の未来の為によく頑張ったと褒められるが、すでに晴子を好きになってしまった誠は、謎の男に絡む誠。そして、謎の男が烏田に嫌いなニンジン食べさせるように指令を出す。誠は何か関係があるのかと信じないが、意味が無かったらこんな指令出さないだろうと核心を伝えてえしまう謎の男。

スポンサーリンク

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ 鳩崎に出くわす

翌日、エレベーターホールで晴子かと思いきや、鳩崎に出くわす誠。先日の異業種飲み会楽しかったとご機嫌の様子。烏田部長によろしく言っといてと去っていく。

 

オフィスでは、晴子が三恵に昨夜の事を聞く。定岡からこれまで通り友達として接して欲しいと伝言を預かってことを伝える三恵。誠は全然諦めそうになかったと言う三恵に、昨夜電話があったことを告げる晴子。

 

誠は、烏田にお昼一緒にと誘い、昼食にステーキを食べに行き、添えてあるニンジンを食べて貰うように懇願するが断られてしまう。そして、外回り中に〝嫌いを好きに変える98%″と言う塾の看板を見つけ眺めていると、関原が現れ会社辞めるのか?と訊ねる。

 

誤解だと説明し2人で公園で話す。関原は営業の極意を誠に伝える。営業マンは何処に行っても最初は嫌われ目障りな存在だと言い、嫌いな奴から商品を買いたいと思う奴はいない、そこで1日目に顔を覚えてもらい、2日目に声を覚えてもらい、3日目に名前を覚えてもらう。

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ 商品説明の方法

そして相手から「何しに来ている?」とあえて訊ねさせてから商品説明に入るという。嫌いな人間からの言葉と、可も不可もない人間の言葉、どちらが相手に届くかは明白だと。

 

誠は烏田にニンジンを食べさせる方法を聞く。嫌いな存在から可も不可もない存在に変えて、そこで相手から興味のある言葉が出てきたら、こっちのものだと教える。

 

そして、次の日から烏田にニンジン入りのクッキーやシフォンケーキを差し入れる誠。ケーキ屋で鳩崎に会い絶品だと教わる。

 

晴子は、自宅で夕食時に父親と大寒山の引退について語り合う。晴子が先日言った結婚できない発言に触れ。引退するのか?と聞く父。気にしてないとは言っても気になる様子。今度相撲観戦に行こうと誘う父、晴子も快諾する。母が先日誠が忘れて行ったクリアファイルを渡すよう晴子にお願いする。気まずい晴子は渋るが強引に押し切られてしまう。

スポンサーリンク

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ クリアファイル

翌日、誠の会社にクリアファイルを持ってきたのは三恵だった。晴子の代わりに持って行くが、みどりは不愛想に応対する。関原と葛城は三恵が去った後も、パワースポットが出来たと大喜びで残り香を嗅ぐが、みどりが消臭スプレーを巻き散らす。怒る関原と葛城。そして「世界遺産に落書ききする人いるよね?あなた、それ!」と興奮して怒る葛城。

 

オフィスに戻った三恵は、晴子と誠が壁1枚挟んだ真後ろに並んでいると説明し、「運命って怖いね!」と嬉しそうに告げる三恵。

 

外回りから帰って来た誠はクリアファイルの存在に気付く。みどりが三恵が晴子の代わりに持ってきたと事を知らせ。少しショックな誠。そして、みどりは葛城との運命を今日も見つけたと嬉しそうに報告する。誠は次の営業企画案を考えるように指示去る。席に戻ろうとした誠の目に、今朝のシフォンケーキの包みがゴミ箱に入っているのが飛び込んで来た。

 

烏田に先日のクッキーとシフォンケーキには結構な量のニンジンが練りこまれていた事を伝え、この後是非召し上がってもらいたい物があるので付き合って欲しいとお願いする。

 

晴子は偶然街中で定岡にバッタリ会う。そして気まずそうにしている晴子に、少し時間あるか?訊ね2人で話すことに。定岡は、何故プロポーズしたかハッキリ分からないと伝え、偶然再会しお互いフリーで、会社も近くて何か意味があるんだろうなと感じていて、晴子とは結婚すると決まっていると思いそのプロセスとして、プロポーズし付き合い結婚すると思っていたと告げる。だから、断られた時はフラれたショックより、結末が違ったショックの方が大きかったとの語る定岡。

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ 以前付き合った人

晴子は依然付き合っていた人と、まさにそんな感じだっと伝える。「今からプロポーズされるんだろうなと思っていたら実は結婚しているって伝えられたと話す。まさに運命が俺を見放した決定的な瞬間だっとと語る定岡。

 

その頃、誠は「エデンの森 園田」に烏田と一緒に来ていた。そして色々なニンジン料理を店長に次々出してもらう。烏田は誠に対し、何か深い悩みがあるなら聞くよと言う。上司の嫌いな物をこんなにも食べさせようとは普通じゃない、連日男性社員から甘い物を差し入れされる気持ちが分かるか?と、同性愛疑惑まで。

 

誠は、あくまでニンジン克服の為と言うが、誠がやろうとしている事はただの押し売りだと、商品に興味のないお客に無理やり買わせる事と一緒で、粘って成果を上げることも大切だが、引き際も大切だと言う烏田。

 

すると、誠は自分に全く興味ない人に好きになってくださいと言うのも押し売りか?聞いてみると、烏田は0にいくらかけても0だから、押し売りだと思うと答える烏田。

 

自宅に戻ると、謎の男が優しく迎えてくれる。最近優しいよねと言って、烏田にも愛の押し売りだと言われたから晴子の事は、キッパリ諦めると頭を下げる誠。上司と自分の言葉どっちを信じるかと問う男に、上司と即答する誠。

 

ショッキングピンクと言い、じゃぁ晴子に連絡しあなたの事は諦めましたとピリオドを打つように言う、誠は断るが男に促され電話をすることに。しかし晴子は電話に出ない。男は電話に出たくないから出ないんだと誠に言い、誠はそんなにまでかと少し落ち込む。

スポンサーリンク

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ ニンジンシフォンケーキ

翌日会社に出勤途中に鳩崎に会う誠。先日のニンジンシフォンケーキの話しをし、実は烏田がニンジン嫌いでと相談すると、千葉のオナキ農園のニンジンが日本一だから、そこのニンジンを食べさせると良いとアドバイスを受ける。無駄だと思うと言う誠に、電話しといてあげるからすぐに行きなさいと背中を押されオナキ農園に行く誠。

 

しかし、鳩崎から連絡を受けていないと言われてしまい、セールスかと疑われてしまう。事情を説明すると、嫌いな奴に何食べさせても一緒だよと言う農園の主。日本一のニンジンを作っている人なら、こう食べさせると良いとか無いか?と質問するも、好きで始めた仕事じゃないからなと言う主。

 

その頃、晴子は三恵とランチをしながら誠が昨夜電話してきた事を話し、電話に出なかった時点で必死に遠避けているのは少し好きってことだと三恵に指摘される。そして、今電話し断るように言われるが、何かと理由を付けて電話しない晴子。誠が定岡より上回っているのは往生際が悪いって事で晴子と性格まで一緒と言う三恵。

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ 日本一のニンジン

誠は、日本一のニンジンを会社に持って帰ってきており、烏田はマヨネーズをかけバクバクとニンジンを食べている。なぜ今まで食べなかったんだろう美味しいと言いながら、食べ続ける烏田。長年のただの食べず嫌いだったと言い帰る関原。葛城が烏田の大好物が勝ったと誠に言う。烏田は無類の日本代表好きだから、世界の農作物日本代表のニンジンを食べたのだと教える。烏田は先日の営業企画案の事を誠に聞き、今日中に出すと答える誠。

 

その夜、オフィスで残業する晴子。携帯の着信音が鳴り誠からかと戸惑うか実家からで、晩御飯の事を聞かれ、適当に食べて帰るから大丈夫と答える晴子。

 

隣のオフィスでも、誠が営業企画案の提出の為残業していた。コピーも終わりひと段落したところで、誠の携帯が鳴る。着信音で晴子からと分かり驚く誠。電話に出て、昨夜の電話の件を聞かれる誠。改めて伝えたいことがあると言う誠。そして先日の電話で自分の事を知って貰えれば好きになってもらえると言った事を撤回させて欲しいという誠。好きになってもらえるなんて大それたことだった、スイマセンでしたと謝る誠。

 

今日、日本一のニンジンを作る農園に行き、日本一のニンジンを作っているのに元々ニンジン作りは好きじゃなかったと主が言っていたのに驚いたことを話す誠。実家がニンジン作りをしていたので継いだだけと言っていたが、ニンジン作りは好きじゃなったが、嫌いでもなかったと。

 

嫌いだったらこんなに続けることが無かった最近になって好きになって来た。この話を聞いて最初から好きになってもらえなくて良いんだ、好きになることが出来ないという理由で遠避けるなら嫌いじゃない物を近くに置いてみる事から始めてみませんか?と晴子に提案する。

 

もし嫌いじゃないと言ってもらえるなら、晴子の事をずっと好きでいる自信があると言う誠。そして、1つだけ質問させて欲しいと言い、自分の事を嫌いか?嫌いじゃないか?と問うと、晴子は嫌いじゃないと答える。喜ぶ誠。あまりに大きな声で喜ぶ誠の声が壁を挟んだ隣のオフィスから聞こえて来て、隣でまだ残業していた事に気付く晴子。

スポンサーリンク

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ 好きなんて言っていない

好きなんて一言も言っていないと言う晴子に、もちろんです自分にとっては嫌いが0なら嫌いじゃないは0じゃない。0か0じゃないかが自分には肝心で、勘違いなんかしていないと言う誠。そしてこの前行きそびれた、ちゃんこ鍋に嫌なじゃないなら一緒に行ってもらえないかと誘う誠。嫌じゃないと答え、誘いを受ける晴子。大喜びで礼を言う誠。

 

向かいのオフィスから、その様子を定岡が眺めており壁が無いように話す2人を見て、壁なんか無くて、あるのは運命だけと女子社員に話すと、サムイと言われてしまう定岡。

 

会社を退社して帰ろうとエレベーターまで行く晴子。そこには誠がニンジンを落とし拾っている姿が。晴子を見て驚く誠。晴子も手伝い広い終えエレベータに乗ると、さっき話していた日本一のニンジンだと説明し、家族の分含め3本持って帰ってと渡す誠。受け取る晴子。ビルを出て、残りのニンジンを知り合いのちゃんこ屋に持って行くから良かったら一緒にと誘うが、また今度でと断られてしまう。が、ニンジンを持って笑顔で手を振る晴子を見て嬉しそうに手を振り返す誠。

ボク、運命の人です。 第4話ネタバレあらすじ 謎の男のアドバイス

自宅に戻り、謎の男から電話して良かっただろうと言われ、あそこで電話に出て諦めると言っていたら終わってたからと答える誠。しかし、電話に出ないことも承知で言っていたと言い返す男に、折り返しの電話もかかってこないと言っていたとツッコむ誠。

 

しかし男は〝昨日は″といい今日折り返しの電話があることも計算通りだったと言う。そして、もうすぐ30歳になる男が嫌いじゃないって言われたくらいで、あんなに喜べるなんて偉いと言うが、完全にバカにしているだろうと怒る誠。今夜のご飯の誘いは断られてるしと言うと、最後手を振ってくれたと言い返す誠。そんなに小さなことで喜べるんだから、燃費がいい省エネだよね、地球と女に優しいよね!と小バカにした口調で言う男に、飛び蹴りをかます誠だが、あっさり避けられてしまう。

 

もうすぐ晴子との大事な初デートなのに怪我したらどうするの?と言う男に、お前の言う事は絶対に信じないと言い返す誠。2人でホテルに行き、触れあう肩と肩、初めての共同作業、未来を断ち切る鋭利な刃物、涙する彼女、ハンカチの用意を忘れずにねと言う男。全く何のことか理解できない誠。

第4話 完

まとめ・感想など


いかがでしたでしょうか?今回は、明らかに二人の距離が近づいた感じがしましたね。誠の一生懸命で真っ直ぐな所に、晴子も少しづつ気持ちが動き始めたんではないでしょうか?そして、最後に謎の男が言った言葉の意味は?

ドラマも中盤になってきましたので、来週以降の展開が気になりますね。

それでは、今回はここまで。また。
今回見逃した方はこちらから見直すこともできますよ。ダンスを覚えたい方もぜひ。


ドラマを1話からイッキ見するならこちらの記事もどうぞ

⇒【ボク、運命の人です。】動画最終回10話を無料視聴!Pandora,デイリーモーションは!?

ボク、運命の人です。 第9話を見逃した方に!無料視聴の方法はこちら!

↓↓↓ 『ボク、運命の人です。』も配信中!! ↓↓↓

土曜ドラマ『ボク、運命の人です。』最新話は日テレ系で放送されているので、Huluで視聴できます!

無料お試しが2週間無料なので、見逃した『ボク、運命の人です。』も最新話を観れちゃいます♪

日テレ系のドラマを観るならHuluで無料トライアルを使って無料視聴することもお勧めします♪

まずは無料お試しで!Hulu